浦沢直樹について聞きたいんですが漫画のモンスター、マスターキートン、20世紀少年は読みました。そこで、思ったんですが作者は一体何をやってたひとなんでしょうか?ブラックジャックのように医者の知識もありそうだし考古学の知識にも長けているようです。また軍についても詳しい。20世紀少年ではロックに関することもけっこう出てきてた。タイトル自体もだけど。あとはヤワラの柔道とかですか?ホームページとかをみてもモンスターについての対談のようなのばかりで作者自身についてのことはわかりませんでした。誰か詳しい人いたら教えてほしいです。

A 回答 (6件)

知ってる限りの事を書いておきますね。



年齢 40歳
居住地 東京都府中市
噂によると 「浦沢」 は本名(?)
出身校 明星大学経済学部卒業
作品 デビュー20歳(?)「BATE!」 「踊る警察官」 「NASA」
「パイナップルARMY」 「MASTER KEATON」「YAWARA!」 「HAPPY!」 「MONSTER」  「20世紀少年(20century boy)」

アニメ化作品 「YAWARA!」「MASTER KEATON」

役に立てたら嬉しいです♪ 
    • good
    • 0

気になったので、補足します、「HAPPY!]で、借金したのは父親ではなく兄です。

001046さん蛇足ですけど細野不二彦もチェックしてみては?
    • good
    • 0

浦沢さん!いいっすねー



前の方の補足ですが、
テニスの漫画は多分「HAPPY!」のことだと思います。

主人公の女の子がテニスで莫大な借金(たしか父親の)返済していくお話です。
「YAWARA!」の外見は猪熊柔ちゃんに似てるんですけど、
今度(?)は主人公がテニスが好きでやってるということが大きく違います。
(あくまでMY解釈)

まとめて読むと「おおッ!」と思いますよ。
気軽に読めるので(巻数は結構ある)ぜひ読んでください。
「MONSTER」や「キートン」とは違った面白さがあります!!
    • good
    • 0

浦沢直樹氏に関してオフィシャルな記事は当り障りの無い物ばかりだと記憶してます。

特に「MASUTAR KEATON]の 勝鹿北星 に関してはマニア誌でもタブーとされているようです。 
    • good
    • 1

今田幸司、東野幸司が一度テレビの企画で「浦沢直樹に弟子入り」と言うのをやったことがあります。


今田東野ともに浦沢直樹の大ファンなので盛り上がっていました。
しかし浦沢直樹はすごい不機嫌でした(途中から見たのでわからないけれどアポ無しだったのかも)
そのときは浦沢直樹の人柄がかいま見えて面白かったです。
その番組を見た印象は「自分に厳しく、人に厳しく、理論派。やさしい部分を人に見せるのを良しとしない」という感じでした。

浦沢直樹さんの漫画では「パイナップルアーミー」がおすすめですよ。
是非ご一読を
    • good
    • 0

間違い無く自身の体験からきている…と思われるのは、


今のところ音楽のみのようです。

テニスと柔道は部活で経験している可能性はありますが、
高校~大学にかけてバンド活動をしていた事を考えると、
指を痛めるのを避けてスポーツから遠ざかっていたフシ
もあります。

また、大学では経済学部に籍を置き、卒業後まもなく漫
画家活動を開始している事、また『パイナップルARMY』
と『マスターキートン』には原作者が別に存在している
事を考えると、とりあえず医学・考古学・軍事関連の知
識に関しては後から養われたもの、と考えるべきでしょ
う。

結局、浦沢氏の武器は
「尽きる事の無い好奇心」
「高度な情報収集能力」
「得た知識を消化するセンス」
…という事になるのでしょうか。

これだけ有名なのにここまで謎の多い人というのも、考
えてみると凄い話だなあ…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テニスって言うのは何の漫画なんですか?確かに情報収集能力と好奇心はすごいですね。敬服です。やはりこの人は謎めいてる人なんですね。

お礼日時:2001/06/07 01:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ