英語では強く発音されないtの音がテではなく、レやダの音に変化します

例えば、get upはゲタップ ではなく ゲラップ になるなどです。

このように予めゲラップであるということを覚えておけば問題ないのですが
同じ単語でもテの音になったり、レの音になったりすることがあります。

例えば、noticeのtの音です

http://ejje.weblio.jp/sentence/content/notice

このサイト調べると
同じ人が発音しているにも拘わらず

I have taken notice.
だと、ノウレス

You don't notice that.
だと、ノウテス

というように聞こえます。



この同じ単語でも、ノウテスにしたりノウレスにしたりする使い分けについて教えてください。


noticeをはっきり強調したい場合には、
ノウテス、
文章中でさらっと流して発音したい場合には、
ノウレス
になるのでしょうか?


あと、これってアメリカ英語だけで、イギリス英語だという
ノウテスと発音しますよね?

A 回答 (4件)

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。


リンクをつけ忘れました。
強勢や弱形発音は以下を参照ください。

◆強勢

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

13.-かぶせ音素(5/10)★文強勢(5)-英語のリズム★ .
(通してご覧ください。例だけなら7分10秒あたりからご覧ください)
↓↓(YouTube)


◆強形発音と弱形発音

弱形発音で主に省略したように感じるのは人称代名詞や前置詞、接続詞などですが「notice」も当然強い発音と流す弱い発音があると思います。

強形と弱形の解説はこちらで
(例だけなら7分30秒位からですが出来れば通してご覧ください。)
11-かぶせ音素(5/10) .
↓↓(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=ju9jfCI6UnA
    • good
    • 0

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。


私は英語は勉強中参考程度の回答です。

これは、強勢ではないでしょうか?

>I have taken notice.

ではtakenに強勢がある。

>You don't notice that.

ではdon't noticeに強勢がある。

と私は感じました。
一番伝えるべき内容に強勢を置くのは英語では普通だと思います。

tの音がレやダの音に変化する
一般には強い母音と弱い母音にtが挟まれるとそう言う傾向があると思います。
米語(アメリカ)ではダ行傾向です。
「ノウレス」はnoticeの弱形発音、強勢を置かない時の発音だと思います。
    • good
    • 0

>>同じ人によって異なる理由がいまいちよく分からないのですが・・・



え、だって、口の中の形、肺の大きさ、喉の強さ、舌の長さ、話すスピード、歯並びなどそれぞれ違うわけで、そういうことが全てその人の発音に影響するわけです
同じcommunityにいるからといって、全ての人が全く同じ発音するわけではないです
ただし、この/ t /の発音の"傾向"としては、アルリカだったら「ラ行」、イギリスだったら「タ行」で発音されることが"多い"ということです
どこで英語を覚えたかの"出身"も大きな要素ですよね

>> 周りが全員日本人の多い国際学会で8割の人がaspiration有りで発音していたら、自分だけネイティブを気取ってaspiration無しで発音するよりも有りで発音した方が良いということでしょうか?

これは状況によりけりです
聞く側の人がどの発音に慣れているか、いや、どの発音でも全然OKなのか
国際学会に出席するような人であっても、どこで英語を習得したかによって、得意不得意はあります
私の大学の先生はほとんどネイテイヴレベルの日本人バイリンガルなのですが、スコットランドの人の英語は何を言ってるかわからないことが多いと言ってました(そのスコットランド人は訛りが非常に強い人なわけですが)

aspirationで話す人が多いということであれば、aspirationのある発音に慣れている人が多いということで、その人らが聞きやすいようにaspiration有りで話す必要があるかもしれません
ただ、それによってfluencyが欠けてしまうのであれば、その分理解度は下がってしまうわけで、どちらがいいとは言えません

また、発音とというのは言語能力の中で特別なところがあって、四技能(L, S, R, W)がネイテイヴとほとんど変わらないにしても、発音だけは自分の国のアクセントが残っている人はいっぱいいます

またまた、"気取って"発音をしたとしても、ノンネイティヴの発音なわけですから、/ t /の発音以外のarticulation, もしくはイントネーション、ストレスなどにおいてはネイテイヴにはなり得ないです
(/ t /だってネイティヴのようには難しいわけですが・・・単に「ラ行」にすればいいというものではないです)
すぐノンネイテイヴだってわかりますよ

日本人は母音を挿入してしまったりして、英語オリジナルとは異なる発音をしてしまうことが多いわけですが、それがかえって"はっきり"した音として聞こえているようです
特に、相手の多くが日本人なのであれば、日本語の訛りの英語の方が"聞きやすい"可能性は高いわけです

自分が一番楽な、得意な発音をすべきと思います
意識すると不自然になります
発音は学習面では意識すべきところは多いですが、結果してできあがった音がその人の発音です
調音やストレス、リズムなどを無視して、/ t /は「ラ行」だとか、「タ行」だとか発音するのではなくて、意識せずに"結果して"出てきた音が一番自然な、「その人の」発音だと思います
    • good
    • 0

>>同じ人が発音しているにも拘わらず


I have taken notice. だと、ノウレス
You don't notice that. だと、ノウテス
というように聞こえます。

はい、そう聞こえます

>>この同じ単語でも、ノウテスにしたりノウレスにしたりする使い分けについて教えてください。
厳密な使い分けはありません
「結果してそうなった」というのが回答です

>>noticeをはっきり強調したい場合には、ノウテス、 文章中でさらっと流して発音したい場合には、ノウレスになるのでしょうか?

これは、そのとおりの場合もあります
t の音をはっきりさせたい場合は、意図的にaspirationを出すこともあると思います
writer というのと、rider というのはほとんど同じ音(「ライラー」もしくは「ライダー」)になるわけですから、区別しなければいけない場合は、writer のtにaspirationをつけて、「タ」に聞こえるようにすると思います


>>これってアメリカ英語だけで、イギリス英語だとノウテスと発音しますよね?

(同じ発話者の)例の発音を提示できませんが、イギリスの人であってもアメリカのようにaspirationが少なく発音するような状況(スピードやストレスによって)れば、ノウレスという発音になります
たぶん、Irishの人らはアメリカに似た発音ですし、イギリスと同じように扱われているオーストラリアの発音では、明らかにアメリカのように、「レラー」「ライラー」のように発音します

発音というのは、communityによって発音の仕方が違うわけですが、誰が決めたわけではなく、"自然とそうなる"ものです
割合として t は、アメリカは有声音化して「ラ」とか「レ」になることが多く、イギリスは本来のaspirationを伴った無声音「タ」や「テ」になることが多いですが、発音では個人差というのが非常に大きな割合で発音に影響するため、アメリカがどーの、イギリスがどーのと言うことができないのが実情です

イギリスの田舎の方の農場の人の発音なんかは、何を言っているのかわからないぐらいゴモゴモしていて、aspirationも少ないと思いました
時折、アメリカのような有声音化によって、「ラ」や「レ」のような音が出てきます

市街地の人らの発音は、仕事上はaspirationをつけて、"はっきり発音"していますが、いざ友達との会話に移行すると、いきなりはっきりしない音が出てきます

発音は決まりきった一つの発音だけなのではなく、状況に合わせてストレスやイントネーション、スピードが変わるので、発音は"変わらざるを得ない"わけです
本人は同じく発音している感覚であっても、聞いている人からは明らかな変化だったりするわけです

ちなみに、アメリカ出身の知り合いに発音させると、t の多くは有声音で「ラ行音」です
でも、速く読ませたり、きちんと発音するよう指示すると、t にはaspirationが伴ったりしました
本人は意識していないそうです

このように発音は、「そのように出そう」というのではなく、「結果してそういう音になる」ようです
その知り合い本人にとっては、「ラ行」だろうが「タ行」だろうが、/ t /には変わりないのです
結果して"異音"として現れただけのことです

get upの例で言うと、「ゲラップ」というのは、「ゲタップ」の「タ」の部分の t が有声音化"されただけのこと"です
無声の t も、有声の t も、/ t /には変わりありません
いやいや、t の有声音ではなくて、/ ɾ /ではないの? という人もいると思います
でも全て、/ ɾ /になるわけではなく、黒人系の人らはどちらかというと、「ゲダップ」という少し詰まったような発音をします
これはt の有声音化ということで説明ができます
/ ɾ /というのは、tap, flapと呼ばれるもので、舌によるはじきがプラスされたものです
t が有声音化されたことによって、即座にflap発音になるわけではありません(微妙なところではありますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。



国によるのではなくcommunityによって異なるということは分かったのですが

同じ人によって異なる理由がいまいちよく分からないのですが・・・


それと、例えば、
周りが全員日本人の多い国際学会で8割の人がaspiration有りで発音していたら
自分だけネイティブを気取ってaspiration無しで発音するよりも有りで発音した方が良いということでしょうか?

お礼日時:2014/09/15 22:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ