7年前に購入した、VISTA/OFFICE2007プレインストールパソコンです。
フォーマットしなおしてWINDOWS7(32bit)をクリーンインストールしました、
その際、OFFICE2007のアンインストールなどはせず、いきなり消しました。

さて、付属品として、画像のようなOFFICE2007PERESONALディスク(未開封)が残っています。
このディスクは、なにか使い道があるのでしょうか?
・WINDOWS7にインストールできますか?
・まったく別のパソコンにもインストールできますか?
・Microsoftの再認証とかが必要なのでしょうか?
・何台までインストールできるのですか?

A 回答 (5件)

こんにちは。



結論としては、
>フォーマットしなおしてWINDOWS7(32bit)をクリーンインストールしました、
以下で述べている「チェックされる部分10項目」には、OSはカウントに入りませんので、インストールは可能です。

最初に余談にもなりますが、「違法」と書かれている方もいますが、「違法」とは、法秩序に反することです。使用許諾契約書(以下規約)は、法ではありませんから、この場合、「違法」とは言いません。

#1の方の言うとおり、
「使用許諾違反を起こせば、損害賠償訴訟を起こされる可能性」
ですが、日本マイクロソフトが民事訴訟を起こせばという条件です。規約違反で個人ユーザーに訴訟したことは、今までありません。それは、専門の弁護士も言っています。だから、ヤフオクでも、プレインストール版のCD-ROMは販売されていますし、流通に関して違法性を認識していません。また、一民間企業のマイクロソフトの要求にもヤフオク側は、従う義務などはありません。(かつてはあったようです)

認証の際にチェックされる部分は10項目(MACアドレスやHDDインターフェイスなど)で、同じものは何度変えても1点として、その120日間の変更を加算して、ある限度を越えると、はねられる仕組みになっていると言われています。(内容については検索して探してください)そして、ハードウェア情報は 120 日ごとにゼロリセットされます。他に、IPアドレスが抜かれています。

これは、理論的には、PCを変えても、そのほとんどを前の部品から取り出せば、認証されるということです。

しかし、そうでない場合は、インストールしても、何度か使用していれば、機能制限モードになるだけです。Office の各アプリの「ヴューワー」になってしまうということです。そうなって使用しても、何ら咎めなどはありません。「動かなくなる」ことはありません。その制限を改変しよう(未遂でも違法になる-事実上、物証がないと立証するのは困難か)とした時に始めて(国内法による)違法性が生まれます。

註:プライバシーは守るという原則はありますが、これはMicrosoft自体の問題ではありませんので、これがどこまで信用できるかは分かりません。中国や北朝鮮が、米国製品を嫌うのは、こうした理由があるからです。かつては、このような情報を入手することは国際的に禁止されていました。理由は、政治的に利用されることがあるからです。しかし、それが、西側諸国だけでも利用されていないとは限りません。

>WINDOWS7にインストールできますか?
これは既に述べましたので割愛します。

>まったく別のパソコンにもインストールできますか?
インストール可能ですが、認証が取れないと、しばらく(確か起動50回まで)して警告メッセージが出て、その後、機能制限モードになるはずです。「できない」というのは間違いです。

もしも、上記の条件(10項目)が揃わないと、そのままでは弾かれるはずです。
Office 2007は分かりませんが、今は、本当の意味でのプレインストール版というものはなくなりましたし、定期的に認証チェックが行われますので、未開封のCD-ROMでも、別のPCでは、認証は取れないはずです。ただし、ハード・メーカーによっても、その対応が異なります。いわゆる「SLP対応版」と「非SLP対応版」というものがあるということです。(SPL = System Locked Pre-installation :メーカー独自のBIOS情報を参照するバージョン)

>Microsoftの再認証とかが必要なのでしょうか?
再インストールには、再認証が必要です。

>何台までインストールできるのですか?
OEM/プレインストール(PIPC)版の1ライセンスに付き、1ユーザー/1PCです。

なお、この手の情報は、私自身、過去の記憶と経験からだけですから、固有の問題に対する正確な情報は、直接、マイクロソフト側にお尋ねください。

また、世界の中で、Officeは、日本だけが、割高なものを買わされ、特別バージョンの上に、認証も日本だけに限定されるとか、足かせ・手かせで、Officeのセットがガラパゴス化してしまい、ある意味で、日本人は「よいカモ」状態だと思います。むろん、アメリカ以外の国でも、不平等な点はあるのですが、だいたいは訴訟や不買運動が起きているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正確な情報ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/28 07:45

#2さんの回答が正解



Vista->Win7にアップグレードしたPCにインストールすることは
可能で、そのPCで使う限り、ライセンス上の問題も発生しません。
認証も自動で行われます。

ちなみに、「できてしまう」という点だけを言えば、どのPCでも
インストールすることは「物理的」には可能で、動作もしてしまい
ますが、前述したように「もともと添付されていたVista->win7の
PC以外で使うことは違法」になります。

また、「Vista->Win7のPCにインストールされている」状態でも
他のPCにインストールすることが「物理的」にはできちゃいます
が、この場合は「認証」でハネられ、何度か使っていると動かなく
なってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#2様と#4様に感謝。

お礼日時:2014/10/27 11:09

おはようございます。



んー。ライセンス的に、ソフト的には何も出来ません(無関係のWin
7でインストールして動かすと契約違反になります)。起動出来るの
は今はもう無くなっている7年前に購入したvistaパソコンのみです。

ディスクをコースターとか反射をカラス退治に使うとかであれば問題
ないとは思います。

この回答への補足

>起動出来るのは今はもう無くなっている7年前に購入したvistaパソコン

osがwin7に変わっているだけで元vistaマシンそのものは残っています。
それでもダメですか?
・ライセンス云々抜きに、動くのかどうか?
・ライセンス的にはやはりNGですか?

補足日時:2014/10/27 10:17
    • good
    • 0

Q/このディスクは、なにか使い道があるのでしょうか?



A/添付していたパソコンであれば使えます。

Q/WINDOWS7にインストールできますか?

A/インストール出来ます。

Q/まったく別のパソコンにもインストールできますか?

A/できません。

Q/Microsoftの再認証とかが必要なのでしょうか?

A/必要ですが、通常はオンラインで行われますので、手間は掛かりません。

Q/何台までインストールできるのですか?

A/そのディスクが添付されてきたパソコンのみです。DSP/OEM版は、購入したPC以外へのインストールはできません。即ち、1台、1ライセンスとなります。
また、一台のPCに複数のOS(Windows)をインストールしている場合でも、そのPCにおける一つのOS環境のみにインストール出来ます。

以上のようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#2様と#4様に感謝です。

お礼日時:2014/10/27 11:10

OEMは付属していたパソコンでのみ、使用が許可されているものです。


(そのパソコンでのみ使用限定だから値段安い・・・メーカーでの話ですが)
それ以外のパソコンでの使用は認められておりません。
付属していたパソコンで使った、使わなかった、認証をした、認証をしていないはすべて関係ありません。
これらはすべて契約の基づく決まり事です。
   
出来る事と、行うと使用許諾違反になる事は違います。
使用許諾違反を起こせば、損害賠償訴訟を起こされる可能性もあり得ます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ