質問

広告関連のライティングを中心に個人事業主として活動しています。
先日、取引先から請求関係の書式が変わりますという連絡を受けました。今日、届いた書類を見ると「注文書」「注文請書」「請求書」がセットになっており、必要事項を記入して捺印、「注文請書」には収入印紙200円を貼って郵送しろとのことなのですが。。。。。
今までいろいろな取引先と仕事をしてきましたが、発注書→納品書→請求書、あるいは見積書→請求書ばかりで、収入印紙を要求されたのは初めてでとまどっています。これは一般的なケースなのでしょうか? 今回は3万円というごく少額な取引ですが、今後もつきあいは続きそうです。これまで必要なかったのに、なぜ?という疑問も湧いています。印紙分が無駄な気がするのですが。。。。。なお、印紙代は経費になるのかどうかも、教えていただければ幸いです。

通報する

回答 (4件)

商品だけを売買する場合の「売買契約書」や「注文請書」「注文書」には、収入印紙の貼付は必要有りません。

ただし、請負にかかわる場合に注文請書を出すのは「請負契約」の締結ですから、契約金額によって、ランク別に収入印紙の貼付が必要になります。
1万円未満のもの・非課税
1万円以上 100万円以下のものは200円などです。
詳細は、参考urlをご覧ください。

この回答へのお礼

どんなに少額であっても、業務を委託で請け負ったのですから、印紙は必要になるのですよね。教えていただいたURLも参考になりました。ご回答ありがとうございました!

仕事の契約を交わすということにおいては注文書と請書の取り交わしはごく一般的なケースだと思います。
だいたい仕事を請ける方が印紙代を負担するのが普通です。
印紙代は契約金額によっても変わります。
1万円以下は非課税、1万円超え100万円以下は200円、100万円超え200万円以下は400円・・・という具合です。
これは税金なので無駄というか、義務だと思うんですが・・・。

この回答へのお礼

請書は契約書の一種で、印紙は義務なのですね。それなりの期間やっているのに、初めてのケースに遭遇すると、いまだにうろたえてしまいます。。。ご回答ありがとうございました!

>これは一般的なケースなのでしょうか…

この金額程度の取引では、確かにあまり見られない慣習かとは思います。
しかし、発注元の会社としては金額の大小に関わりなく、「注文を受けた」という確たる書面が必要なのでしょうね。
これを書くとなると、印紙税は避けて通れません。記載金額が、1万円以上 100万円未満で、200円の印紙です。
今回は 3万円とのことで貼らざるを得ませんが、もし、1万円ちょうどの契約があったとしたら、消費税が含まれているかいないかご注意ください。内税額が明記されている場合、本体価格が 1万円以上から印紙税の課税対象になります。

>印紙代は経費になるのかどうかも…

これらの印紙代は、「公租公課」として、当然経費に計上できます。

この回答へのお礼

先方に聞いてみたところ、今まで担当によってバラバラだった書式を統一し、外注先とも業務契約を整えたいという意向のようでした。面倒に思わず、こちらもきちんと対処しようと思います。消費税の件や勘定科目についてもご配慮いただき、非常に参考になりました。ありがとうございました!

下記のURLをご覧下さい。

>印紙代は経費になるのか…
なります。

この回答へのお礼

経費に計上できるのですね。参考になるHPも教えていただいて勉強になります。さっそくのご回答ありがとうございました。

このQ&Aは役に立ちましたか?192 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。
今ならダウンロードで話題の掃除ロボットや全天球カメラが 当たるプレゼントキャンペーンも実施中。


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ