伊勢物語を読んでいて、小野の雪の小野は、比叡山の裾野だと云ふことですが、大原、山科、大津に小野が有り、木地師の祖伝説によると滋賀だと云ふ。

伝惟喬親王墓が大原にあるので、大原の小野だろうとずっと思っていたのですが、どうなんでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • やはりそうですよね。しかし、Wikipediaの
    惟喬親王の項
    貞観14年(872年)病のため出家して素覚と号し、近江国滋賀郡小野に隠棲。
    木地師の項
    9世紀に近江国蛭谷(現:滋賀県東近江市)で隠棲していた惟喬親王が、周辺の杣人に木工技術を伝授したところから始まり、日本各地に伝わったと言う伝説がある。
    で迷った。
    大原から近江に移ったとすれば合点がいくのですが…
    因みにおらが町には小野小町の…という所が多数有り、山科の小野も其の一つとのこと。
    愚詠
    かき分けて行く先知れぬ笹の原小野とはいはじかへす涙は

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/03/02 22:05
  • 感謝
    貴殿の御回答読む毎に面白き。浅学の小生にとって原典を御提示頂く嬉しさよ。
    今後図書館で確認し,語りあえるにや。
    貴殿の質問は、見つつも小生には答ざらむや。

    愚詠
    小野の雪きえなば探す草の原跡をみつけし友の後追ひ

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/03/04 23:21

A 回答 (5件)

木地師など近江の問題に関しましては、



〇「史料としての傳説/柳田國男」
『史学 Vol4(No.2)/三田史学会/1925.5』(161-228頁)
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoon …
<25/68>(185頁6行目~)
近江に現存する惟喬親王の御異傳に關しては、近江輿地誌略以下の鄕土誌に、
若干の記述を見ないものは無いが、要するに取留めの無い話のみであつた。
特に此問題の研究書として、會津に於ける宮城三平氏の高倉宮御墳墓考に該當するものは、
田中長嶺氏の小野宮偉績考を随一とする。

(※『小野宮御偉績考/田中長嶺/近藤活版所/明33.8』)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/780616/6

此書は明治三十三年の八月、本居黑川栗田等當時の史學界の耆宿、或は谷鐵臣、
品川彌次郎、其他の大家の題辭を冠して、堂々として出版せられた立派なる著作で、
其經營辛苦は優に講學者の範とするに足るものであつたが、
缺點を申すならば研究方法の無視であつた。
筒井八幡宮に屬する一切の文書を、無判別に信用したことであつた。

偉績考の斷定に從ふと、親王は貞觀二年、即ち御弟宮御即位の次の年の三月に、
水無瀨の閑栖を立ち出でたまひ、漂然として近江の山村に遊びたまふ。
御供の面々には藤原實秀、後に小椋の姓を下されて、緣起類には小椋太政大臣とある人、
筒井の神主大岩某が家の始祖である。或は阿野大納言と稱する阿野某、堀川中納言と傳へ
らるゝ谷後某などもあつた。秀麗なる山水をめでゝ、土民に命じて假
<26/68>(186頁)
の宮所を結構せしめたまひ、暫く御滯留ある間に、此地は古樹老木に富めり、
之を棄置くは國の寶を空うするもの也と仰せられて、轆轤の挽きやうを教へて日用の食器
を作らしめたまふ。轆轤は卷物の軸の紐に倣ひ、或は又櫧の実の[うてな]を見本となされて、親王自ら之を發明したまふとある點は、奈良に一百萬基の三重小塔などもある以上は、
信じ難いことだと田中氏も謂つて居る。

それから今一つ、是は相應に重要な點に於て、
土地の人が田中氏に讓歩せねばならなかつたのは、十九ヶ年の小椋御在住と、
此山中の御所に於て薨去なされたと云ふ主張であつた。
偉績考では此地の要求を二ヶ年に制限し、其後京に還つて伊勢物語にある御歌どもを
詠じたまひ、やはり洛北の小野宮に於て、御隱れなされたことに改めて居るのである。
斯くして出來る限り中央の記錄と一致させ、此傳説を信じ易からしめたのは、
大なる恩惠のやうに見えるが、しかも内々は其が所謂有難迷惑であつて、
成るべくは此書物の澤山賣れてくれぬやうに、祈らねばならない人もあつたのである。…

※下記は手元の下書き段階では各項目本文抜粋済みですが、
字数制限を超過しそうなので各項目名のみにとどめ、本文は省略しました。
未読でしたら、お時間の許す時にでも御覧いただければ幸いです。※

・『大日本地誌大系.第2冊/大日本地誌大系刊行会編/大正4.1』
「山州名跡志卷之五 愛宕郡」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879427/95
<95/309>(116頁下段4行目~117頁下段13行目)
○惟喬親王塔
○御所内
○今宮

・『大日本地誌大系.第3冊/大日本地誌大系刊行会編/大正4.4』
「近江輿地志略卷之三十一 志賀郡」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879431/131
<131/217>(240頁下段10~13行目)
○小野村
※近江国の中では最も比叡山に近い「小野(村)」ですが、
惟喬親王との関連記述は有りません。※

・『大日本地誌大系.第6冊/大日本地誌大系刊行会編/大正4.9』
「近江輿地志略卷之七十三 愛智郡」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879446/96
<96/244>(181頁上段15行目~下段16行目)
○蛭谷村
○筒井正八幡神社
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879446/97
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879446/98
<97・98/244>(182頁上段1行目~184頁上段16行目)
○君畑村
○大皇大明神
○惟喬親王墓

上記「史料としての傳説/柳田國男」・「近江輿地志略/寒川辰清」
両氏の記述を合わせ見る限りでは、
少なくとも近江の問題は払拭出来るように思いますが、如何でしょうか?

以上 少しでも疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たくさんの資料を有難うございます。図書館で確認します。

お礼日時:2015/03/15 13:16

またまたplapotiです。

回答番号3の追記ですが、山城国愛宕郡以外にも、山城国宇治郡や丹後国竹野郡にも「小野」がありました。質問文中で御指摘のとほり、山科も候補です。いづれにしても「比叡の山の麓」といふ表現にいちばんふさはしいのは、大原あたりです。

地名事典や人名事典にあたつてみたのですが、やはり通説にしたがつてゐました。『古代地名大辞典』(角川書店411ページ)の「小野郷 京都府京都市」を引用しておきます。

*** *** *** *** ***

「和名抄」山城国愛宕郡十二郷の1つ。訓は「乎乃」。現在の京都市左京区のうち、比叡山の西北にあたる山間地帯。..........西行に「みやこちかき小野大原を思出るしばのけぶりのあはれなる哉」の歌があるが(山家集)、都に近い山里であるこの地は、貴族の人々の隠棲の場所としても知られる。「保元物語」が「惟喬親王は清和の御門に位をあらそひまけて、御出家ののちは、比叡山の麓小野といふところに引籠給ひしかば」と記すやうに、惟喬親王の隠棲は著名であり、「源氏物語」にも「みやす所、もののけにいたう患ひ給ひて、小野といふわたりに、山里持給へるに」(夕霧巻)」とか尼らが「比叡坂本に、小野といふ所にぞ、住み給ひける」(手習巻)などと見える。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

回答番号1,2のplapotiです。

きちんと調べたわけではないのですが、京都説の根拠のひとつは、『和名類従抄』なのだと思ひます。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2544218?tocOp …

上記サイトの「コマ番号31」愛宕郡(おたぎぐん)のなかに「小野」の地名が記載されてゐます。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2544219?tocOp …

他方、こちらの「コマ番号3,4,5」の近江国のデータには「小野」がありません。滋賀郡に「真野」はありますけれど。

『伊勢物語』『古今和歌集』のほかの注釈書を見ても、どれも京都説でした。Wikipediaが滋賀説を採用する根拠が不明です。私としては、一般的な解説のとほり、京都でいいと思ひます。

もう少し調べてみます。何もわからず、泣く泣く来にける、になりさうですけれど。
    • good
    • 1

「補足」拝見いたしました。

滋賀県といふ説は初めて知りました。ネット検索は不得手ですので、少しだけ見てみました。

http://blogs.yahoo.co.jp/hikojuro/24625598.html

上記のサイトに京都説と滋賀説の両方が記載されてゐて、京都説を支持してゐるやうです。文献として『日本文徳天皇実録』『日本三代実録』『日本紀略』『本朝皇胤紹運録』が示されてゐますが、持つてゐませんので、もう少し調べてみます。

小野小町伝説は、御指摘のとほりあちこちにありますね。それだけ魅力的な話なのでせう。

歌がお得意なのですね。「小野」探しもたいへんです。どこかに掛詞でもあるのですか。Oh, no.ではありませんよね。
    • good
    • 1

『伊勢物語』第83段(『古今和歌集』970)は、先日「忘れては夢かとぞ思ふ」といふタイトルで質問したばかりです。

地名の考証については、私の能力の及ぶところではありません。たちまちは、手持ちの文庫本からパクリ回答をしておきます。

石田穣二訳注『伊勢物語』角川文庫79ページ
「愛宕郡の小野。修学院から大原にかけての地。惟喬親王隠棲の地である。」

久曾神昇訳注『古今和歌集』講談社学術文庫(四)122ページ
「京都市左京区一乗寺付近」

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫225ページ
「京都市左京区八瀬の地」

窪田章一郎校注『古今和歌集』角川文庫219ページ
「京都市左京区。八瀬、大原のあたりで、比叡山の西麓。」
この回答への補足あり
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • お気に入りの俳句、短歌を教えてください

    国語の時間に習ったはずの「短歌」や「俳句」、解説された内容や意味は覚えていないのに、なぜか耳に残って、いまでも諳んじられるものがありませんか? 今回はそんな、記憶に残るお気に入りの一首・一句についてのQ...

  • 家の中の鳥、海亀スープ、傑作だと思ったなぞなぞ

    子どもの頃によくやったなぞなぞやクイズ。いま思えば頓智やユーモア満載の世界で、大人でも楽しめる秀作も少なくなかったように思います。教えて!gooにはこんなQ&Aが寄せられていました。 「『これは傑作だ!』...

  • そんな方法があったのか!百人一首の覚え方

    百人一首を、授業で暗記した経験をお持ちの方も多いと思います。ただ読むだけでは、中々覚えられずに苦労した経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。教えて!gooには、以下のような相談が寄せられて...

  • 小説をうまく書くコツを教えて欲しい!

    小説を読んでいると、その面白さに入り込んでしまい、時間すら忘れて読み続けることがあります。そんな小説に魅せられ、自身で書いてみようと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。教えて!gooには、小説...

  • 童謡「森のくまさん」で「お嬢さんお逃げなさい」と言ったのは?

    「ある日♪森の中♪くまさんに♪出会った♪」ではじまる森のくまさんは、遠足やピクニックなどで誰もが歌った思い出がある曲ではないでしょうか?そんなアップテンポな童謡「森のくまさん」について教えて!gooにはこん...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ