昨今、ゴルフの松山英樹、テニスの錦織圭、などハラハラ、ドキドキして試合を見ていますが本当に
世界のトップに立つ日が来るのでしょうか?テクニック、技術は決して劣らないと思っています。
身体的ハンディは致し方ありませんが個人的に思うのはメンタリティーだと思います。イメージトレーニングなど当然色々やっているでしょう。でも世界のトップと比較すると何か弱さを感じます。国民性なのでしょうか?
先日のラグビーは興奮しました。日本人だけじゃないチームと批判する方もいるようですが色々な意味で日本人の目指すべき意味合いがあったように感じられます。サッカーも然りです。皆さんはどう感じられますか?そんなことどうでもいいという方もいると思いますが、純粋に国民が応援する事は素晴らしいです。ヨーロッパのあの熱狂的な姿を見ていると誇りを感じながら自国を応援している姿は残念ながら日本人にはないような気がします。

A 回答 (3件)

競技に対する姿勢の違いでしょう。


日本では個人競技はあくまでも個人のため、団体競技はマイナーに甘んじている団体そのもののためでしか
ありません。「自分との戦い」「これを機に日本でも○○がもっと知られるようになるといい」これくらいの
動機付けしか選手にはないのです。

そもそも日本のスポーツ界は文化振興とか青少年育成みたいな建前を本気で考えすぎです。
その意味ではスポーツビジネスがとても下手で選手がモチベーション薄なのも無理からぬことです。

それらとは逆にベースボールはビジネスとして日本で大成功を収め、いろいろと御託を並べてても
国際的な大会でそれなりの成績を収めています。
然るに問題なのは選手をその国の代表として送り出す機関の商売下手と、ひとつ言えるでしょう。
    • good
    • 0

何が何でも勝つ。

勝てば官軍、負ければ..........精神の不足。負けても正々堂々という思いが少しでもある内は、一流は出ても超一流は無理。
    • good
    • 1

>>世界に通じるスポーツ選手が世界のトップに立つには何が必要か?



質問文からは離れるかもしれませんが、タイトルから。

金と皮膚の色と国籍。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ