テレビ局(キー局)のお仕事に興味を持ってます。高1女子です。

第一志望はアナウンサーですが、他にどんなお仕事があるかも知ってみたいです!ちなみに私は、取材やテレビを作る仕事にも興味があります!

なにも知らないので、ポピュラーなものから皆に知られてない細かなことまで教えてくださると嬉しいです(o^∀^o)

A 回答 (3件)

からすさんが考えているのはつまり、「テレビ番組制作」ということなのだろうと思います。




 ◆

テレビ局の仕事といっても、それこそ社員食堂の調理関係や設備の維持管理など多種多様ですが、ほかにも、総務省から免許を受けて公共の電波を使用するという「会社」ですから、役所関係とやりとりする仕事もありますし、テレビ局が企画運営したり、後援・協賛する○○フェスティバル、なんていうイベント関係の仕事などもあります。わかりやすいところではグッズ販売などもありますね。

テレビ局は一般に、テレビ番組を放送するだけではなく、テレビ放送とは直接関係のない様々な仕事(「事業」といいます)を行っているのが普通です。
とてもたくさんのお金を集めて作られている会社で、かつたくさんのグループ(「部局」などといいます)で作られていますので、たとえば番組制作志望で入局したとしても、まったく異なるところへ転属させられる可能性もあるということです。

またテレビ局で働いている人の大部分は、(アナウンサーやレポーター、お天気お姉さんも含め)そのテレビ局の局員ではありません。ほとんどが、別の会社の人たちです。
たとえば、日テレやTBSは、それぞれ正式には「日本テレビ放送網株式会社」「株式会社東京放送ホールディングス」という会社ですが、働いている人の大部分はこの会社の人ではありません。下請け会社、子会社、請負会社、協力会社などと呼ばれるところから給料をもらっている人々です。


 ◆

さて、テレビ番組制作の部分に絞って考えてみますと、大きく分けて「企画」と「制作」があります。

企画は、「いま世の中ではこういうことに関心を持っている人が多い。だからこんな番組を作って放送しましょう」と提案する仕事です。
もちろんただの思いつきでアイディアを出すのではなく、「わざわざその番組を作って放送する必要があるのか」、「(民放なら)お金を出してくれるスポンサーは集められるのか、そして局としてお金は儲かるのか」、「(公共放送NHKなら)企画審査部門の許可が得られるか、受信料を使ってまでやる意味のあることなのか」から始まります。

そして、作られる番組の種類(報道、ドラマ、音楽芸能などのエンターテインメント、科学、ドキュメンタリー...)ごとにも、出演交渉、取材交渉や許可取り、リサーチ(下調べ)、番宣(番組の宣伝)、番組制作の外出し(別の会社に作ってもらう)などなど、一般の視聴者からは見えないところのお仕事がたくさんあります。

つぎに制作です。
ここは一番イメージしやすいところだと思います。カメラ、音声、照明といった実際の制作現場で働く「職人」のような人々と、それをまとめるディレクターや監督、プロデューサーといった人々です。
このうちプロデューサーと呼ばれる人は、企画と制作全体をまとめ上げる立場のお仕事で、テレビのこと以外にも、たくさんのことを知っている人でなければ出来るような仕事ではありません。
NHKでは制作主幹など、違った呼ばれ方をすることがあります。


 ◆

ついでに少し話を広げてみますと、日本の民間放送局(特にキー局)は、大手の新聞社とのつながりが強くなっているのが特徴です。
たとえば、日本テレビは読売新聞、TBSは毎日新聞、フジテレビは産経新聞、テレビ朝日は朝日新聞、テレビ東京は東京新聞、といったぐあいです。
これは昔の政治家の考えでこうなったのですが、地方の放送局でもその地方の新聞社をはじめ、地元の有名企業がお金を出して作っているはずです。
これはつまり、NHK以外のテレビ局は、広告宣伝つまりコマーシャルを流すための会社、といった大切な役割があるためなのです。

NHKはもちろんテレビを置いている人からの受信料で成り立っていますので、スポンサー企業がいるわけではありません。だからこそコマーシャルは入りませんし、特定の企業名や商品名をうかつに言えないというルールになっているわけです。
ちなみに、「NHKは税金で成り立っている」とか、「国営放送だ」という人がまだまだいますが、これはまったく間違いです。おそらく国会中継などでNHKのお金のことを話しているシーンをテレビで見て、勘違いしているのでしょう。

NHKは民放とは比べ物にならない大きな組織であり、「ハンパないお金」を持っています。そしてそのお金の出どころは受信料であり、「なにかあるとNHK」といわれるように、日本国民はもちろん、外国人からの信頼も「ハンパない」わけです。
「そんな公共度の高い組織のお金はちゃんと監視しなければならない」ということで、国会というところで、国民みんながわかるようにお金の使い方をチェックしているのです。受信料は高すぎないか。集めたお金を正しく使っているか(使おうとしているか)をチェックしているだけなのです。
毎年大人たちが大騒ぎしている税金の使い道「予算」では、NHKに使うお金は出てきません。

もちろん、もしも税金で作られた放送局が日本に存在すれば「国営放送」になる可能性があります。
「金が出れば口が出る」ともいわれますが、つまり「誰が金出してやってると思てんねん!」というわけで、民間放送ならスポンサー企業が、国営放送なら政治権力者が、自分の都合のいいように放送局をコントロールしてしまいがちだというわけなのです。
幸いNHKも民間放送も「阿部さんの政治はメチャクチャだ!サッサとやめちまった方がいいんじゃないの?」と放送しても、放送局が潰されたり、番組担当者が処分されたりすることはありません。
でも、他の国では恐ろしくてとてもそんなことなどできない国もありますよね。


 ◆

ということでずいぶん長く、そして広いお話になってしまいましたが、テレビ局っていろいろ普通の会社とは違うのね~、ということがおわかりいただけましたでしょうか。
    • good
    • 1

No.1回答者です。


もう少し調べてみたら、こんなサイトもあったので紹介しておきます。
テレビ局も会社である以上、番組を作る以外の仕事も多くあります。
http://テレビ局転職.net/entry2.html
http://テレビ局転職.net/entry9.html
    • good
    • 0

「テレビ局の仕事」と検索してみたら、福島のテレビ局のサイトが出てきました。


http://www.fct.co.jp/zoomfct/
小中学生向けみたいですが、スイッチャーやタイムキーパーなど細かい仕事まで紹介されているので、だいぶ参考になるでしょう。
あと、テレビ番組のラストに流れるテロップをよく見ると、かなりいろいろな種類のスタッフが関わっているのがわかると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ