Rf値についてですが、アミノ酸の塩基性のものに酸性の溶媒を使うと、RF値は大きくなるんですか?他にアミノ酸とRf値についての関係はないんですか?

A 回答 (1件)

回答が付かないようですね。



何の Rf 値でしょうか。アミノ酸ですから,ペ-パ-クロマトか薄層クロマトだと思いますが。これらのクロマトにおいて一般論を言いますと,極性の高い化合物ほど小さな Rf 値を持ちます。

塩基性アミノ酸に酸性溶媒を使うと,塩基性部分がプロトン化されてカチオンになるため,極性は高くなります。したがって,Rf 値は小さくなります。

同様に,酸性アミノ酸に塩基性溶媒を使うと,酸性部の脱プロトン化によって極性が高くなるため,Rf 値が小さくなります。

この様に考えられますが,この辺りは使う溶媒によっても変わってくる所がありますので,必ずそうだとは言えません。

鈴木郁生 著「薄層クロマトグラフィ-の実際」(廣川書店)にアミノ酸の実際例がのっていますので,参考にしてみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ