私は内館牧子さんのドラマは面白くて好きなのですが、時々女性に対して強烈な悪意を感じる事があります。
特に30過ぎのOLやあまり仕事の出来ないOL、主婦、
冴えない女性などに冷酷なほどきつい仕打ちをしていますよね(まあ、ドラマの中だからこそ…という感じですが)
NHKの朝ドラ(「ひらり」や「私の青空」)では若いヒロインに
応援歌を歌っているかのような内容なので、がんばる女性
の味方かなと思うんですけど、民放のドラマでは女性の醜い部分や
情けない部分をこれでもかというほど見せるので、女の人が嫌いなの?という印象をもちます。
彼女は女性たちの味方なのか、それとも女嫌いなのか、どちらだと思いますか?

A 回答 (3件)

女性が同姓に対して厳しい(表現も)のはごく普通だと思います。

逆に男性に対しては好意的ですよね。内館さんも例に漏れずということだと思います。むしろ女性の本質をよく表現してくれる貴重な存在なのではないでしょうか。

内館さんは熱狂的な相撲ファンですが、以前スポーツ誌で初代貴ノ花の「まげ負け」を題材にしたコラムの中で、女性も土俵に上がるという男女平等論に対して「マゲも結えない女がたわごとを、女は蚊帳の外で良い」といった主旨のことを言っていました。
なるほど、ちょっと古い女性かもしれませんが、私は好きですね~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
一般的に女性の脚本って女性に対して厳しいものが多いですよね。橋田寿賀子さんなんかも結構強烈だと思います。
ただ内館さんの場合結構露骨なんですよね。「昔の男」の富田靖子さんの役柄とか、「女が嫌う女」を思いっきり凝縮させたかのイメージで…。
「週末婚」の松下由樹さんの役柄も結構露骨でしたよね。
露骨すぎて「ありえない」と思う半面、でも女性の嫌な部分をストレートに表現しているようにも思えます。
相撲に関する発言は、最初むっときましたが、相撲文化に関して詳しくないフェミニストにびしっといった感じで悪くはないですよね。

お礼日時:2004/09/06 10:48

昔から、妹が姉の彼氏取る話ばっか、書いてますよね・・・やっぱり不思議なんで、昔、この人が出した自伝本、読んでみた事があります。



◇美大出身の一般事務員経て、凄まじい努力で、現在の地位に就いた
◇ブス

これに尽きると思います
ちなみに、弟さんが居るそうです
ひらりでもしっかり、姉妹で渡辺いっけいさん、争ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに姉妹の男をめぐる争いの話が多いですよね。
あの年代の女性が今の地位についたのは相当の
努力があったことは想像に難くないですね。
しかし、そういう女性ならこそもう少し女性に優しい視点が
あってもいいのになあ…という気がします。

お礼日時:2004/09/03 14:24

なんとなく気になったので


内館さんの人となりを調べようと・・・
下記URLを軽く読みました。

それで思ったのは
「自分への近親憎悪」「頑張る自分応援」と、
どちらも内包されてる心理をピックアップして
アイデイへ発展させてるのかな?と。

あと、意地悪にも思ったのは
あまり、「美人」とは言えない方なので^^;
「美人女性」には厳しい視線やイヤな思い出はあるかも?
と、同性嫌悪もあるかもと思いました^^;

参考URL:http://www.tcvb.or.jp/jp/rashai_tokyo/interview/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼ありがとう御座います。
教えていただいたURL見ましたが…なるほど…と、
感じました。雇用機会均等法以前のOLさんで、なかなか
苦労された人だとは思います。
美人ではない、、、これも重要なキーポイントだと思います。

お礼日時:2004/09/03 14:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ