上古音 の検索結果 (35件 1〜 10 件を表示)

魏志倭人伝等の倭国の各国々の名前について

…魏志倭人伝等の歴史書に出てくる倭国の各国々の名前について 各歴史書をトータルすると、建武中元2年(57年)に「漢委奴国王」という金印を授けたという記載に始まって、それ以降、だいた...…

解決

漢字 「易」

…「容易」「易者」など、単体ではすべて(?)横一棒がありませんが、複合では、「暢」「腸」「揚」など、横一棒が入った文字が多数ありますね。 この二つ(横棒の有無)は、出自がまったく違...…

解決

カタカナの「ト」の由來

…カタカナ(平假名もそうでしょうけど。)は漢字から出來たのですよね。 カタカナの「ト」は「止」という漢字の音讀みに由來するんですか?…

解決

内藤義英の俳号の露沾をロセンとよむ根拠は何でしょう

…内藤義英(内藤政栄)(1655-1733)の俳号の露沾をロセンとよむ根拠は何でしょうか? 沾をセンとよむ根拠を知りたいとおもっています。 彼の俳号を芭蕉の「はせを」のように かな表記したものが...…

締切

電気の電

…電気は、歴史的には比較的最近に出てきた概念です。 でも、電の字は電光石火などのように、中国や日本ではかなり昔から使われています。 で、多分電は雷の意味だと思われます。 では、...…

解決

「犬」を意味する中国語と印欧語の関係

…「いぬ」は現代中国語では、 狗 gou (3声) 印欧語では、 ギリシャ語 kyon (語頭に鋭アクセント、oは長母音) ラテン語 canis サンスクリット語 svan (sは口蓋音) トカラ語 ku 英語 hound ドイツ...…

解決

耗 という字の中国語発音

…「耗」という字の読みは、日本語では「モウ」と「コウ」。 コウは「心神耗弱」くらいで、あとは消耗とか、摩耗で、「モウ」です。 「毛」を読み、とすれば、モウ、なのに、どうしてコ...…

解決

音節末の音について

…つぎの表現に出合いました。 古代中国語の音節末におかれる子音には、現代の共通語(普通話)のn、ngのほかにm、p、t、kもあった。 何の根拠もなく、ただ抱いていた印象に比べ音節末におか...…

解決

☆彡コシツ・コシュウ 正しいのは?・・・

…「固執」の正しい読み方は? ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・…

締切

じ?それとも、ぢ?

…昔、小学校のテストで漢字の読みを書けという設問がありました。 「地面」という読みをひらがなで書くというものでしたが、僕は「ぢめん」と書き、間違ってしまいました。 「地」の訓...…

解決

検索で見つからないときは質問してみよう!

Q質問する(無料)

おすすめ情報

Q&A検索履歴

カテゴリ