話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

微妙に余ったカレーの意外なリメイク術

微妙に余ったカレーの意外なリメイク術1月22日はカレーの日である。なんでも1982年、全国学校栄養士協議会が1月22日の給食のメニューをカレーにすることに決め、全国の小中学校で一斉にカレーが給食に出されたという。家庭の定番メニューとして美味しいカレーだが、一度カレーを作ると次第に味に飽きてしまうのが玉に瑕(きず)である。なかにはカレードリアやカレーコロッケにリメイクして、頑張って食べている人もいるのでは? だが、さらに困ってしまうのは、こうした活用ができないほどカレーの量が微妙に残ってしまった時だ。先日これを体験してしまった筆者なのだが、何かいい解決策はないか。今回「教えて!goo」「残り物のカレーの活用料理ってある?」と、寄せられた意見を参考にしてみることにした。

■もう1品欲しい時に丁度いい?


まずやってみようと思ったのが「余ったカレーを4枚切りまたは5枚切りの食パンに切れ目を入れて流し込み、そのままトースターでカリカリに焼き上げて、自家製カレーパンの出来上がりです」(sayapamaさん)という意見だ。同じくsayapamaさんがオススメする「牛乳を1:1で入れて、良くかき混ぜてレンジでチンすれば、カレースープになります」も、簡単にできて美味しそうである。

ほかにも気になったのが「ドレッシングやディップ代わりに、サラダやスティックサラダにカレーつけて食べるのもおいしいですよ」(O-Gonさん)、「残りカレーに、ホワイトシチューやビーフシチューのルーを足すと、また変化した味わいに!」(ぽよぽよさん)という意見だ。いずれもカレーの量が少なくてもできるため、「もう一品食べたい!」という時に重宝できそうである。

■余ったカレーの意外なリメイク術


ではプロの意見はどうだろうか。上記では残ったカレーをそのままサラダにかけるという意見があったが、例えば残ったカレーをドレッシングにすることは可能だろうか? 料理研究家の熊谷真由美さんにお聞きした。

「ホットドレッシングがあります。フレンチではドレッシングは冷たいソースなので、ホットドレッシングは普通にソースになりますが、微妙な残り方、一食分にしては少ないかなあという量で出来るレシピです」(熊谷さん)

そこで今回は三つのカレーのホットドレッシングを熊谷さんに教えていただいた。

まずはトマトカレーホットドレッシングである。鍋についたカレーをヘラで落とし、トマトジュースで伸ばして煮込む(=これを作業[1]とする)。塩胡椒してサラダにかければ出来上がりである。

次にチーズカレーホットドレッシング。先ほどの[1]にピザ用チーズを入れて溶かせば完成だ。これはご飯にかけても美味しいとのこと。想像しただけで喉がなる。

最後はカレータルタルソースである。残りのカレーを牛乳で伸ばし、ゆで卵を刻んで入れれば、あっという間にカレータルタルソースの出来上がりだ。

今回ご紹介したレシピはどれも微妙な量に残ったカレーで簡単にできる。ぜひカレーが余った際にはホットドレッシング作りに挑戦し、さらなるカレーの美味しさを味わってみてはいかがだろうか?

●専門家プロフィール:料理研究家 熊谷真由美
パリの料理専門学校ル・コルドン・ブルーにて最高免状(グラン・ディプロム)取得。日本菓子専門学校卒。身近な素材を華やか&ヘルシーに調理。ソムリエ・フランスチーズ艦評騎士でもあり、フランス菓子・フランス料理・ワイン・チーズの著書も。中医薬膳コンセイエとしても活動中。

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

33

みんなの反応

56

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ