話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

弁護士に聞いた!ハロウィンのコスプレは著作権侵害!?

弁護士に聞いた!ハロウィンのコスプレは著作権侵害!?数年前から急速に普及し始め、今やすっかり日本の定番イベントとなったハロウィン。今年のハロウィンは週末ということもあり例年以上の盛り上がりが期待されるが、なかには数ヵ月前から衣装を準備している人も多いのではないだろうか。
でも、ちょっと待って! 楽しみにしている人に水を差すようだが、実はその行為、法律違反になる可能性があるというのだ。

■専門家が教えるハロウィン仮装の注意点とは?


著作権法に詳しい虎ノ門法律特許事務所の弁護士・大熊裕司さんによると、

「アニメキャラクターは著作物に該当すると思われます。そうすると、ハロウィンに行われるコスプレは、複製権侵害(著作権法21条)、本案権侵害(著作権法27条)に該当し得ます」(大熊さん)

とのこと。大好きなアニメのキャラクターに扮して街を練り歩きたいと考えている人は要注意! しかし、趣味で楽しみたいだけなのに、本当に法律に違反してしまうのだろうか?

「もっとも、コスプレを自分で製作したような場合は、『私的使用のための複製』(著作権法30条1項)として、著作権法上許容されると思われます。但し、友達用のコスプレも作成した場合や、コスプレ製作を業者に依頼したような場合は、『私的使用のための複製』と認められない可能性もありますので、注意が必要です」(大熊さん)

自分で製作して私的に楽しむだけなら例外規定に該当する場合が多いが、そうでなければ著作権者の許諾を得る必要があるそうだ。今は気軽にSNSで自分の写真を公開している人が多いが、簡単に個人を特定できるので、何もしていないと著作権者から訴えられてしまうかも!?
それでは、安心してコスプレを楽しむために、著作権者の許諾を得るにはどうしたら良いのだろう?

「まずは、アニメのキャラクターの著作権者を調べる必要があります。但し、著作権者の氏名が判明したとしても、許諾を得ることは草々容易いことではないと思われます」(大熊さん)

どうやら、事前に申請したからといってなかなか認められるものでもないようだが、確かに、個人で実行するにはかなりハードルが高そう……。実際には、著作権の及ぶ範囲がどこまでなのかは曖昧な部分もあるという。不安な場合は、詳細を専門家に相談してみるのも良いだろう。


「教えて!goo」では、「今年のハロウィンで仮装する予定はありますか?また過去にどんな仮装をしたことがありますか?」ということでみんなの意見を募集中。

(酒井理恵)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

9

みんなの反応

31

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ