話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

白ブリーフを穿いてる人って実際どれくらいいるの?

白ブリーフを穿いてる人って実際どれくらいいるの?男性が穿く下着にはいくつかの種類がある。ブリーフ、トランクス、ボクサーパンツなどがその主なところだ。中でも「白いブリーフ」は少し特別な存在。以前「教えて!gooウォッチ」でも取り上げたが、白ブリーフを穿いていた高校3年生の男子が「友人に『白いブリーフは恥ずかしいかも』と言われた」と相談を寄せたこともある。
実際、白いブリーフを着用している男性はどのくらいいるのだろうか? 「教えて!goo」に寄せられた質問「白いブリーフ……今も履いている人はいるのでしょうか?」を参考にしてみよう。

■年代別の大まかな傾向


「フィットネスに通ってるからわかりますが、年配者はまだまだ白いブリーフ多いです」(destroyer777さん)

「60数年間、『白』以外、はいたことありません。白って、時代遅れなのでしょうか」(doug262さん)

「私の旦那さん(30代)はボクサータイプです。私の父(60代)は白のブリーフはいてます」(こーちゃん14さん)

「82歳のおじいちゃんは白いブリーフです。79歳のおじいちゃんはトランクス派。高齢者も色々」(beni-sakuraさん)

愛用者は年配の方に多いが、個人差はあるようだ。

「小学生の息子たちが白いブリーフです。おねしょしたらすぐ判るし(^_^;」(20150201gooさん)

「子どもが小さな頃は、そうでした。でも、小学校の高学年位から、変わったかなぁ」(nyanta1120さん)

「53歳になりましたが、白いブリーフは中学校一年生まででした」(aburemon-nextさん)

「僕は後期高齢者(75歳以上)だけど、高校在学中辺りで見かけなくなっていました」(タッチさん)

また、やはり大人になるにつれて白いブリーフを卒業していく傾向にあることがわかった。

■それでもまだまだ需要アリ


少数派と思われる白ブリーフ派だが、こんな指摘もあった。

「下着売り場にはいっぱい売っています。売れなければ、置きませんからね」(gouzigさん)

「衣料品も扱うスーパーなどでは、白系ブリーフ、色柄ブリーフ、トランクス系とがほぼ同じような売り場面積を占めている。少なくともそういうところで買い物をする顧客層にとっては、普通に着用しているひとが1/3は居るってことになる」(trajaaさん)

たしかに需要がなければ売られないわけで、下着売り場でそれなりの存在感を示す白ブリーフはまだまだ一大勢力といっていいのかもしれない。


教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ