話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

「キスしたい」…女性の恋はその瞬間からはじまる

「キスしたい」…女性の恋はその瞬間からはじまる男女が出会い、恋愛関係へと発展するまでには、いくつものステップが存在する。最初に訪れるのは、相手のことが好きだという自分の気持ちへ気付いて認めるステージだろう。実るかどうかの結果や相手の感情よりも、自身のなかに相手への好意が生まれなければそもそも恋ははじまらない。

「教えて!gooウォッチ」の本欄「『タダの女性』から『恋する女性』へ。男性の中で恋心が芽生える瞬間」では、男性が思いを認識するキーとなる時間帯と刺激について紹介した。では女性は、どんなときに恋心を自覚するのだろうか。Facebookを利用した恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」の女性ユーザーから寄せられた回答から探ってみた。

■連絡だけでも「恋するオトメ」モードに


男性で最多回答だった「相手のことでアタマがいっぱいになっていると感じた時」は、もちろん女性も同じ。

「気付くとその人のことばかり考えている」「ちょっと会えただけで嬉しい時」「彼との接点がない日には寂しくなってしまう」「次も早く会いたい、別れ際が淋しくて離れたくないと思う時」

彼と会えない間の「連絡が来るだけでワクワクしちゃう」「相手から来たメールやLINEを何度も見返してしまうようになると」「他の人への連絡がおろそかになってきたり、違う人からの返信でがっかりしてしまったりする時」なんて、まさに「恋するオトメ」そのもの。もしも意中の相手が見れば、すぐに陥落させられそうにかわいらしい!

■ボールは男性から投げてほしい


相手からボールを投げられて恋愛対象だと気付くケースが多いのは、女性ならではの傾向のよう。

「女性として特別扱いされたとき」「かわいいって言われたら」「何度も好きって言われ続けると、好きかも? ってなる」

強引に突きつけられなくても、異性だと意識させられてしまったらそこもスイッチだ。

「男友達とは違う落ち着く雰囲気や安心感があって、自分が心を許している感じがする時」「ドキドキして目を見ることができなくなると」「ほかの男性といる時に比べてしまったら」

自分にとって特別な男性だと感じられること自体が好意の証し。恋愛感情へと変化するのは時間の問題だろう。

■触れ合いたいと思えたら


本能的にスキンシップを求める男性と違い、女性は本当に好きな相手としか触れ合いたくないもの。だからこそか、意外にも男性より「ボディタッチ」を挙げる声が多かった。

「手をつながれたりくっつかれたりするのが抵抗なくなった時」「抱きつきたい! と思った瞬間」「キスしたいと思ったら」

最多回答はずばり「キス」。生々しい交歓ではない愛情表現としてのスキンシップを求めたい相手は、恋人のみだからだろう。

しかしなにより女性ならではの特徴は、内面へ及ぼす影響の大きさ。

「化粧やおしゃれに気をつかうようになったら」「気付いたらその人好みの女性になろうとしていた時」「自分の世界が急に華やいで見えて、誰にでも優しくなれる時」

女性は恋をするときれいになるといわれるが、たとえ片思いであったとしてもその効果は絶大なもの。きっかけこそ男性にゆだねていても、恋愛から大きな力を得て自分の糧へと転換する。女性が急に魅力を増したら、それは彼女が恋心を抱いた時と思ってもいいのかもしれない。

情報提供元:「pairs」

(フィナンシェ西沢)

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ