話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

エネファームと太陽光発電の導入に悩んでいます。

エネファームと太陽光発電の導入に悩んでいます。太陽光発電やエネファームは、電気エネルギーを自給できる方法として注目を集めているようです。特に、家を新築する際に導入を考える場合が多いとか。教えて!gooには、こんな相談が寄せられています。

エネファ−ムと太陽光

相談者は、新築で家を建てることを計画しているそうです。太陽光発電とエネファームの導入を勧められているのですが、メリットがあまりないような気がしているとのこと。太陽光発電は、屋根の向きや設計上の都合で2.1KWまでの設置となってしまうことや、エネファームで発電するほどガスを利用しないと考えているからです。両方設置するべきか、太陽光発電のみの設置にするべきかと悩んでいます。

■太陽光発電のパネルが小さすぎる


noname#196301さんは「両方とも要らないと思いますが。エネファームなら、まだ元を取れるかもですが、太陽光は無理でしょうし」と指摘しています。さらに、「月の電気代、ガス代から、元が取れるかを計算しないと、個々でちがいますが」とも。

この回答に対して相談者は「やはり太陽光がこのKWだと元が取れないですかね…」とお礼とともに返答しています。

「家を建てる時には30年後、40年後まで考えることです。たとえば40年後を考えると、エネファームという機械も壊れているでしょうし、太陽光発電パネルの効率も60%ぐらい落ちてしまうでしょう」(Mokuzo100nennさん)

また、「太陽光発電は年間の光熱費をゼロにするための道具です」と回答するのはyukiryoekaさん。その上で、「そんなちっちゃい設備では光熱費ゼロなどは不可能で、逆に損失が多く見えることがはっきり言えます」と指摘。

その理由について、「南面と東面を使ってもたったの2.1KWしかパネルを載せられないのなら、全くといっていいほどに太陽光発電の恩恵は得られないのです」と述べています。

今回寄せられた回答を見ると、パネルが小さすぎるということもあり、太陽光発電を勧める声はあがりませんでした。

■屋根の設計変更を検討してみる


noname#193837さんは、「私でしたら、屋根の形状変更を強く依頼します。敷地などの関係もあると思いますが、極力南側の面積を多く北側を小さくした変形の『切り妻タイプ』にして太陽光発電を目いっぱい載せます」とアドバイスを寄せています。

「ただ、元が取れるか云々に行きがちですが、少しでも環境保全に協力する!ということも良いと思います」と言い添えています。太陽光発電を考える人の気持ちを後押しする回答とも言えるのではないでしょうか。

太陽光発電やエネファームの導入は、それぞれの条件の違いによって検討することが重要なポイントとなるようですね。年間の発電量や設置のコストを比較して、最適な方法を選んでみてはいかがでしょう。


この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

14

みんなの反応

31

このコラムのQ&A

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ