話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

「結婚してよかった」と断言できる夫婦円満の秘訣

「結婚してよかった」と断言できる夫婦円満の秘訣3組に1組は離婚といわれ、結婚にマイナスイメージを持つ方も少なくないこの時代。そんな中でも円満な夫婦もいますが、その秘訣が気になるところです。

いつまでも夫婦円満

質問者さんは結婚3年目、2児の女の子のママ。夫婦関係は良好で幸せですが、この幸せがずっと続くか不安に思う時があります。「結婚してよかった」と断言できる方、夫婦円満の秘訣はありますか?とのご質問です。

■夫婦喧嘩の仕方にもヒント有り


「突き詰めてしまうと、わが家の場合は『適度な夫婦喧嘩』」(noname#79650さん)

というように、夫婦円満の秘訣は「夫婦喧嘩」という答えが1番多くみられました。「適度」というように、そのケンカの仕方にもちょっとしたコツがあるよう。

「言いたいことを言いつつも、言葉の暴力にならないよう節度と思いやりを持ち、でもケンカも出来る関係」(natuko_さん)

慣れ切った夫婦ともなれば、「自分の良さを主張し、相手をけなす」タイプのケンカが多いもの。ひどい言葉を羅列したり、人格否定することも少なくありません。しかし円満夫婦は言いたいことは言うものの、思いやりと節度を持っています。

またケンカしても「自分から謝れない人」が多いですが、

「喧嘩することもあります。これはちょっと私が悪かったなと反省して、潔く謝るのって快感だったりします。それは『謝ってくれてありがとう、嬉しかったよ』という一言があるから」(flap-awayさん)

という夫婦も。なるほど、「謝った後にありがとう」が待っていれば、素直に謝れますよね。

■旦那さんに学んだ「ありがとう」


「ありがとう」に関しては、こんなエピソードも。

「夫婦円満の秘訣は、『ありがとう』の言葉です。主人は何をしても『ありがとう』と言います。お茶を入れたり、近くのものを取ってあげたり、本当に些細なことにまでありがとうを言ってくれます。ですから私も自然とありがとうを言うようになりました」(noname#78137さん)

結婚すると、全てが「当たり前」に思えてしまうもの。感謝ができない人は協力もできず、夫婦2人というよりは個人プレーになってしまい、やがて夫婦に距離ができてしまいます。

この「当たり前思考」に唯一対抗できるのが、「ありがとうと言える感謝の心」でしょう。小さなことにでも「ありがとう」が言える人は、全てを当たり前と捉えません。常に相手に感謝でき、「夫婦2人で協力する」意識を持っています。夫婦喧嘩においても言い合いにならず、お互いの意見を尊重した話し合いができます。

まずは「ありがとう」と言うことが、円満夫婦への第一歩。この一言で言う側も、言われる側も、聞いている人まで心温かくなります。また「当たり前のことなんて1つもない」ことへの気付きが思いやりを生み、円満な夫婦を築き上げるのですね。


教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ