話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

【長谷川豊】絶対戻って来い!甘利アキラ!

【長谷川豊】絶対戻って来い!甘利アキラ!甘利大臣が辞任しました。

しょうがないこととは思いますが、個人的な感想と思って読んでほしいのですが……本音を言えば「残念」です。その一言です。

甘利大臣に直接インタビューをしたことは2回しかありません。しかも、第1次安倍内閣の時だったと思うので、もう9年・10年ほど前のことになります。

ユーモアがあり、笑顔の魅力的な人でした。何よりも、聞いたことに正確に答えられる人だなぁ……と言う印象がありました。
こちらが何を聞きたいかを理解し、慎重に言葉を選びながらも的確にインタビューに答えられるので、とても「頭のいい人だなぁ……」という感想を持ちました。おそらく番記者さんを含めて、甘利さんと直接かかわった人って、彼のことを悪く言う人、少ないんじゃないかなぁ……と思います。

経済についてもとても勉強されていました。
私たちのような人間がインタビューに行きますと……まぁ特に私などは結構きついインタビューもしますから、事前に
「何を聞くのか教えて下さい」
と聞かれることが多いのです。甘利さんにも、同様に事前に軽いインタビュー案はお渡ししていましたが、私はそもそもその原案通りにインタビューすることなど絶対にしない人間ですので、正確な知識や情報を持っていなければ、けっこう答えに詰まる閣僚の方もいらっしゃいました。

でも、甘利さんはかなりすらすらと答えてらっしゃったことをよく覚えています。そして、インタビューが終わった後
「ごめんなさいね、望んでいた答えじゃなかったかもね」
とはにかんできました。

その通りです。甘利さん。

私は、もっと意地の悪い、もっとVTRになった時に使いやすいコメントを求めていました。しかし、閣僚の一人としてかなり慎重に言葉を選びながらも、正確に答えてくれました。今の段階でこれを言うのはかなり憚(はばか)られるのですが、それでも、私は言いたい。
甘利さん、ある程度の禊が済んだら、戻ってくるべきだ。あなたは日本の政治シーンに必要な人間だと思う。

安倍さんは、間違いなく中心人物の一人として絶大な信頼を寄せていたことでしょう。安倍内閣の経済政策、その中心人物であることは間違いない甘利さんの離脱。これはかなりのピンチと言わざるを得ません。

現在、野党があまりにも体たらくな状態ですが、それでも2月4日には別の大臣が行くことになります。世界的に信用を失うことになるでしょう。もともと、日本は「政治家がコロコロ変わる」ことで知られる国です。世界ってそこまで変わりませんからね。

さて、政権のどの程度のダメージになるか。

長谷川豊 (Hasegawa Yutaka)

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ