話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

バレンタインに告白はダメ!である理由

バレンタインに告白はダメ!である理由明日はバレンタインデー。このビッグイベントにあわせて、想いを寄せる人に告白しようと考えている女性もいるかもしれない。「教えて!goo」「告白した時期は?またはされた時期は?」という投稿が寄せられた。

投稿者は、自分以外の人がどんな行事の時に告白しているのかが気になっている様子。これに対しユーザーからは「一番ロマンチックに告白できたのは修学旅行から帰って一番にお土産を好きな人に持っていって、告白したっていうのですね~~~」(shaolinさん)や「ほとんどの場合が行事(バレンタイン・X'mas)とは関係のない日に告白されたり、したりでしたね」(ushyさん)などの声が挙がった。実際のところ、イベントは告白のタイミングに適しているのだろうか。心理学者の内藤誼人先生に聞いた。

■イベント中の告白がNGな理由


「告白は、イベントに合わせないほうがいいでしょう」(内藤先生)

出せない勇気を振り絞るのにイベントを活用していた人もいるはず。なぜ、告白をイベントに合わせてはいけないのだろうか?

「イベント中は気分が盛り上がってしまい、正常な理性が働かないものです。ですから、仮に告白自体はうまくいき交際がはじまったとしても、時間が経ち冷静になった相手は『なぜOKしちゃったんだろう』と考え、振られてしまう可能性があるからです。」(内藤先生)

これはスキー場での出会いにも共通すると内藤先生。ゲレンデではステキな人に見えても、日常生活に戻ったとき「ゲレンデでは素敵な人に見えたのに、帰ってくるとなんだかしっくりこない……」となってしまうのと同じなのである。

ちなみに旅行中に出会った人との恋が長続きしないのも、同様の心理によるものだという。

「旅行は一種のイベントですから、『イベント効果』が働き、冷静な判断ができなくなります。そのような状況下で交際を安易に決めると、相手が後から冷静になって後悔し、振られてしまうのです。」(内藤先生)

だがある意味、高嶺の花やイケメンにイベント効果を使って告白すれば上手くいくのではないか?

■「イベント効果」を使うかどうかは、あなた次第


「イベント効果を利用してOKを貰っても、最終的に別れることになれば、辛い思いをするだけです。私ならイベント中の告白はオススメしないですけどね。もちろん『イベント効果』を利用して付き合いたいということであれば、それもよいでしょう」(内藤先生)

周囲は恋人だらけで、街にはイルミネーションが輝く。そんなムードだと、つい告白を焦ってしまいがち。イベントの盛り上がりを利用して告白するのもよし、あえて別のタイミングを選ぶのもよし。それぞれメリットとデメリットがあるので、よく考えてから決めるとよいだろう。

●専門家プロフィール:内藤 誼人
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「3割しか話さないのになぜかうまくいくビジネス英会話のルール」(ジャパンタイムズ)、「ヤバい出世学」(大和書房)他、著書多数。

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

34

みんなの反応

93

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ