話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

昭和の日ってどういう日?

昭和の日ってどういう日?ゴールデンウィーク初日の4月29日は「昭和の日」です。今や平成生まれの人も多い時代ですが、「なぜ昭和の日があるの?」という疑問をもったことはありませんか?和暦を挙げるのなら、大正の日、明治の日、平成の日があってもよさそうなのに…。

なぜ「昭和の日」があるのか、教えて!gooで調べてみました。

昭和の日について

■そもそも昭和天皇の「誕生日」だった


こちらに寄せられた回答を見ると、そもそも4月29日は昭和天皇の「誕生日」だったようです。

   「『昭和の日』は、昭和天皇の誕生日です。昭和天皇が亡くなって『みどりの日』になりました。そして、2007年から『昭和の日』になり、国民の休日であった5月5日が『みどりの日』になりました」(morito_55さん)

   「昭和を振り返ろうとかって理由もありますが、要は今までの祝日をなくせなかっただけのことです。昭和天皇が亡くなったら、4月29日の『天皇誕生日』が祝日でなくなったものの、ゴールデンウィークのスタートとして定着しているのでなくせず、『みどりの日』として祝日を継続しました」(2914-0168さん)

でも、現在は「昭和の日」ですよね?さらに、2914-0168さんが説明してくれています。

   「その後、5月3日~5日を3連休にするために『みどりの日』を5月4日にスライドし、4月29日は『昭和の日』になりました」

背景を少し整理してみましょう。まず「天皇誕生日」は、その時の天皇の誕生日、すなわち時代により異なる日付が該当し、次の時代になると以前の天皇誕生日が別の記念日に変わる、ということが繰り返されているようです。

4月29日は昭和時代に「天皇誕生日」だったのが、一旦「みどりの日」になり、そしてまた別の理由で、現在の「昭和の日」へと、3度も名前が変わってきたということになります。

3度目の変更理由は、以前は5月4日は「国民の休日」といって正式な祝日ではなかったのですが、これを祝日化するために「みどりの日」の名前が譲られ、その代わりに4月29日が現在の「昭和の日」になったようです。うーん、本当にややこしい。

■他の時代の天皇誕生日も残っている?


それでは、他の時代の天皇誕生日はどうだったのでしょうか。

4月29日の祝日について教えてください

   「文化の日(11月3日)も3つの名前が付けられました。もともとは明治天皇の誕生日ですが、その後名前が2回変わったようです」(neumannさん)

neumannさんの説明によると、現在の「文化の日」も、「(明治)天皇誕生日」~「明治節」~「文化の日」と名前が変わって来たようです。

■他にも、時により日付が異なる祝日があった!


先に挙げた通り、「みどりの日」(5月4日)は以前「国民の休日」と呼ばれていました。では、「国民の休日」って何でしょう。

『昭和の日』制定に伴って『国民の休日』は?

「国民の休日」とは、「祝日と祝日の間の日は休日とする」と条文に書かれていて、祝日が飛び石であると間の日が休日に変わる、という日のようです。ということは、「第3月曜日」のような祝日の日付によっては、年に何度も「国民の休日」ができる可能性があります。まるでオセロのようですね。そしてこれは単なる「休日」で、「祝日」とは違う扱いとなっています。

5月4日は休日だったところに新しい名前をつけて、正式な祝日に変えられたんですね。(矢野)


吹き出し この記事についてコメントしよう!

関連記事

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

9

みんなの反応

19

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

このコラムのQ&A

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ