話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

学校で洗った?洗わなかった?書道で筆を使った後の片付け方

学校で洗った?洗わなかった?書道で筆を使った後の片付け方「先生」は、自分が知らないことまで知っている貴重な存在ですよね。しかし先生によって教え方が違うこともあり、どちらが正しいのか悩んでしまう内容もあるようです。教えて!gooには次のような質問が寄せられていました。

筆は洗わないもの!?

相談者は小学生時代に通っていた習字教室では「練習後、筆は水で綺麗に洗って乾かす」と教えられたとのこと。しかし小学校の習字の授業では「筆は洗わない。コシのある筆になるから」と言われたのだそうです。「私は今でも硯や筆は綺麗に洗うものだと思っているのですが、習字や書道をされている方、これについてどう思われますか?洗わないものだという考えはどこから出てきてるんでしょうか」と、経験者の意見を求めました。

■練習後の筆は洗う?


「16年くらい書道をやってますが、先生はいつも『筆はちゃんと洗わないとだめよ』と言いますよ。(中略)…教える立場の人がそういうことを言っているというのを聞いて、ちょっとショックです」(grandskyさん)

「穂が固めてある筆は、あまりざぶざぶ洗うとバラけてしまうので、水を含ませて半紙で水を吸い取るくらいにしています。固めてない筆は、本当にうんざりするほど、特に軸との付け根を丁寧に洗わないといけません」(pastoraleさん)

筆の後片付けは、たっぷりの水で洗う、半紙でふきとるなど、筆のタイプによって適切な方法が異なる様子。しかし相談者の小学校の教えのように、墨をたっぷりふくませたまま筆を片付ける人はいないようです。

ではなぜ、相談者の小学校では「筆は洗わない」という指導が行われたのでしょうか。

■小学校で筆を洗わない理由


「洗うときにこぼしたりして、流しのみならず、服や床を汚しやすいし、全員が洗うとなると時間がかかるということで、洗わないということにしているのではないでしょうか?」(Josquinさん)

「小学生の子どもがいますが、学校では習字の筆や硯は洗わず、家に帰ってから洗うという決まりになっているようです。図工の時に使った絵の具のパレットも各自家に持ち帰って洗います。(中略)…学校では洗わないという決まりがいつしか習字の筆や硯は洗わないというようにとらえられてしまったのでしょう」(hamokoさん)

確かに、1クラス分の生徒の筆が流し台に入れられたら、シンクが真っ黒になってしまいそうです。「筆は洗わない」という教えは、水回りの後始末の手間を考えた先生の苦肉の策なのかもしれませんね。みなさんは習字の筆の後片付け方法をどのように教わりましたか?是非ご意見をお寄せください。


教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ