話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

シャネルのアイコンがモチーフ!ベージュ アラン・デュカス 東京がオリジナルスイーツを限定販売

シャネルのアイコンがモチーフ!ベージュ アラン・デュカス 東京がオリジナルスイーツを限定販売東京・新宿の伊勢丹新宿店において、2月14日まで、「LE CHOCOLAT AU JARDIN DE TWEED BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO at CHANEL」が開催中だ。これは、レストラン「ベージュ アラン・デュカス 東京」のシェフパティシエ、シルヴァン・コンスタン氏が「シャネル」のアイコンをモチーフに制作したオリジナルスイーツを期間・数量限定で販売するというもの。いったい、どんなスイーツなのだろうか? 同企画のコンセプトや販売されるスイーツの特徴を取材したのでレポートしよう。

■屋上テラスに見立てたエレガントな空間で販売


今回の「LE CHOCOLAT AU JARDIN DE TWEED BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO at CHANEL」は、ショコラ文化を取り入れたライフスタイルを提案する伊勢丹のイベント「ショコラ・イセタネーション」の一環として企画されたもので、伊勢丹新宿店本館4階=センターパークにおいて開催されている。会場となるスペースはシャネル銀座ビルディングの屋上テラス「ル・ジャルダン・ドゥ・ツイード」に見立てたエレガントな空間に仕上げられているのが特徴だ。
シャネルのアイコンがモチーフ!ベージュ アラン・デュカス 東京がオリジナルスイーツを限定販売
販売されているスイーツは全部で5点あり、いずれもシルヴァン・コンスタン氏の手によるもの。もともと「ベージュ アラン・デュカス 東京」はシャネルとアラン・デュカスのコラボレーションによって誕生したレストランということもあり、店内では通常よりシャネルのアイコンをモチーフにしたデザートを供している。しかし、今回のように店外でそれを販売するのはこれまでなく、まさに「最初で最後の企画」だという。

■シャネルとのストーリーにあふれた5つのスイーツ


5点のスイーツのうち「ブトン・シャネル」(2,376円/箱)はシャネルのジャケットのボタンを象ったダーク&ホワイトのチョコレート5個をセットにしたもの。そのうちシャネルの象徴とも言えるカメリア(椿)をあしらったデザインのものは、レストランで食後のスイーツとして提供されるそうだが、今回の企画のために香水瓶、マトラッセ、エトワールの型も新たにデザインしたそうだ。
シャネルのアイコンがモチーフ!ベージュ アラン・デュカス 東京がオリジナルスイーツを限定販売
「マカロン・ベージュ」(2,160円/箱)も、普段レストランやテラスで食後のスイーツとして供されているもの。レストランでは季節によってフレーバーが変わるそうだが、今回はヴァレンタインを前にした企画ということもあり、チョコレートを軸に、レモンとフランボワーズの3フレーバーをセットにしたという。また、3個のうちひとつにカメリアの形のチョコレートをあしらっているのも今回だけで、普段はつけていないのだとか。ちなみにフランボワーズはバラとライチの風味をミックスしたフレーバーだそうで、ヴァレンタインのフェミニンなイメージにぴったりだ。
シャネルのアイコンがモチーフ!ベージュ アラン・デュカス 東京がオリジナルスイーツを限定販売
残る3点のスイーツは、いずれも生菓子となる。「カレ・シャネル」(1,944円/個)は、ベージュ アラン・デュカス 東京がオープン当時よりつくり続けているシグネチャー・デザートで、素材や色彩の異なる多種多様な糸で織り成されたツイードをカレ(フランス語で正方形の意)に切り取ったものをイメージしているという。食感や味が異なる層を幾重にも重ねており、とろりサクサクとした独特のニュアンスを楽しめるそうだ。
シャネルのアイコンがモチーフ!ベージュ アラン・デュカス 東京がオリジナルスイーツを限定販売
「カメリア・ショコラ」(1,944円/個)と「マトラッセ」(1,944円/個)は、レストランでは普段は出しておらず、誕生日や記念日などの特別な日のために客からの要望に応じてつくっているもの。ふたつとも季節によってフレーバーが変わるそうで、今回はヴァレンタインをイメージしたフレーバーになっているという。特に「カメリア・ショコラ」の方は「赤」や「愛」など女性的なイメージを大切にしており、中にはフランボワーズを煮詰めてつくったピューレが入っているそうだ。一方、「マトラッセ」はシャネル・バッグのキルティングをモチーフにしたデザインが特徴。こちらも季節によってフレーバーが変わるが、今回はパッションフルーツとミルクチョコレート、ホワイトチョコレートの組み合わせで、酸味を効かせながら優しい感じにまとめているという。
シャネルのアイコンがモチーフ!ベージュ アラン・デュカス 東京がオリジナルスイーツを限定販売
なお、生菓子3点については箱の中で商品が移動しないよう、今回のために新しく専用のボックスを用意しているとのこと。いずれも1点でも絵になるので贈り物には最適。ただし、期間中毎日シルヴァン・コンスタン氏自らがつくっているため生産個数には限度があるとのことで、確実に入手したい場合は午前中の早めの時間に売り場に出向いた方が良さそうだ。ちなみに、どのスイーツも苦味と酸味を大切にして複雑な風味を生み出すコンスタン氏ならではの「大人の味」が特徴だそうで、シャンパンとの相性もとてもいいとのこと。ぜひこの機会に至高のデザートを味わってみてほしい!

シャネルのアイコンをモチーフにしたスイーツを販売する「LE CHOCOLAT AU JARDIN DE TWEED BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO at CHANEL」。みなさんがシャネルと聞いて思い浮かべるものは何? 「教えて!goo」で意見を募集中!

■イベント情報

LE CHOCOLAT AU JARDIN DE TWEED BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO at CHANEL
開催期間:1月27日~2月14日
会場:伊勢丹新宿店本館4階=センターパーク

「ショコラ・イセタネーション」公式サイト

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

4

みんなの反応

20

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ