話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

伊達政宗を演じる塩野瑛久が役にかける想い~舞台「戦国BASARA4 皇」公演直前!~

伊達政宗を演じる塩野瑛久が役にかける想い~舞台「戦国BASARA4 皇」公演直前!~1月21日より東京・六本木のZeppブルーシアター六本木にて舞台「戦国BASARA4 皇」の公演がスタートする。同作で主人公の伊達政宗を演じているのが、「第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」審査員特別賞/AOKI賞をダブル受賞し、ドラマや映画、舞台などでめざましい活躍をしている俳優の塩野瑛久さんだ。ここでは、塩野さんに役に対する取り組みや舞台の見どころ、作品への想いなどを語ってもらった。

──伊達政宗役で出演することが決まったときの心境を教えてください。

塩野:最初この話をいただいたとき「2.5次元の伊達政宗役」と聞いて、すぐ『戦国BASARA』のことを連想しました。原作ゲームは初期の頃からやり込んでいて、伊達政宗は僕にとってすごく馴染み深いキャラクターだったので嬉しかったですね。ただ、今までは自分で考えながら新しくキャラクターを作り上げていくことが多く、すでにあるキャラクターを考慮しながら役作りを行うことはあまりなかったので、その意味でこの役は自分にとって一つの挑戦になるなと思いました。

──出演決定後に、原作ゲームを改めてプレイしてみたりしましたか?

塩野:ゲームはもちろんですが、過去の舞台も含めて、いろんな映像や音声を見たり聴いたりして参考にしました。できるだけ原作ゲームの伊達政宗を再現したいと思っていたので、自分の声を録音してゲームで政宗を演じていらっしゃる中井(和哉)さんの声と聴き比べてみたりも。ただ、ゲームの伊達政宗は3次元では不可能なんじゃないかと思うような動きも多いですね(笑)。
伊達政宗を演じる塩野瑛久が役にかける想い~舞台「戦国BASARA4 皇」公演直前!~
──舞台の伊達政宗もアクションが一つの見どころになっていますよね。

塩野:アクションについては、稽古が始まる1~2カ月くらい前から時間を見つけて個人的に練習していたのですが、実際に稽古が始まってみると思った以上に大変でした。たとえば、伊達政宗は刀を6本腰に付けているのですが、体を回転するとその刀も大きく振られてしまうんですよ。そうした動きに慣れるためにも、稽古中は常に6本の刀をつけています。また、今(取材時の1月15日現在)はまだ稽古中に本番の衣装は着用していないのですが、できるだけ衣装をつけた状態に近づけるため稽古の時もずっと袖の長い服を着ています。

──初めて衣装を見たとき、どんな印象を持ちましたか?

塩野:これが伊達政宗の戦闘服になるんだなと気が引き締まりましたし、着用することで一層気合が入りそうだとも思いました。衣装はビジュアル撮影のときに実際に袖を通しましたが、すっと気持ちが切り替わりますし、見た目よりもずっと動きやすいんですよ。
伊達政宗を演じる塩野瑛久が役にかける想い~舞台「戦国BASARA4 皇」公演直前!~
──原作ゲームにはさまざまな戦国武将たちが登場しますが、伊達政宗以外に好きな武将はいますか?

塩野:僕、松永久秀が好きなんですよ。舞台では松田(賢二)さんが演じていらっしゃいますが、一緒に稽古していても楽しいですね。『戦国BASARA』の松永久秀は「いったい何百年生きているんだ?」と思うようなセリフや立ち振る舞いが多くて、すごく謎めいた人物。そこに惹かれます。あとは、前田慶次も好きですね。伊達政宗ももちろん好きなんですが、初期の頃から何度もプレイしてレベル上げを頑張ってきたので、ゲームキャラとしては少し遊び尽くした感があるんです(笑)。
伊達政宗を演じる塩野瑛久が役にかける想い~舞台「戦国BASARA4 皇」公演直前!~
──今回は新キャラとして千利休も登場しますね。

塩野:千利休を演じる寿里さんが、二重人格でサイキッカーという利休をどういう形に仕上げてくるのか、また利休がストーリーや他のキャラクターとどう関わってくるのかというのは一つの見どころだと思います。
伊達政宗を演じる塩野瑛久が役にかける想い~舞台「戦国BASARA4 皇」公演直前!~
──観客の方にはどんなところを見て欲しいですか?

塩野:今回は、伊達政宗と真田幸村がお互いの絆を再確認して、二人の関係性をより深めていく展開になっています。舞台ではそこをきっちり表現していきますので、ぜひ期待していただきたいですね。また、政宗に関しては「こういうキャラクターだから、こういうことはしないだろう」という固定観念を排して、幅のあるキャラクターになるよう演技面でもいろいろ挑戦しています。そんなところも劇場で感じ取っていただけたら嬉しいです。
伊達政宗を演じる塩野瑛久が役にかける想い~舞台「戦国BASARA4 皇」公演直前!~
──最後に、読者へのメッセージをお願いします。

塩野:今回の舞台「戦国BASARA4 皇」では、原作ゲームの持つ爽快感や、魅力的なキャラクターが織りなす奥深い人間模様をみなさんにお届けできるよう、役者陣一同、努力しています。難しいことは抜きでスカッと楽しめる作品だと思うので、ぜひ気構えず劇場に観に来てください!

原作ゲームのファンでもあるという塩野瑛久さんは、自身が演じる伊達政宗役について「アクションも演技も要求されるレベルが高く大変だけれど、頑張ってみなさんに楽しんでいただけるような政宗に仕上げていきたい」と目を輝かせながら語ってくれた。教えてgoo!ウオッチでは、ゲームのシリーズプロデューサーを務める小林裕幸さんにもインタビューを実施しているので、合わせてチェックしてみてほしい!

伊達政宗などの戦国武将が活躍する舞台「戦国BASARA 4 皇」。みなさんが好きな武将は誰? 「教えて!goo」で意見を募集中!

塩野瑛久さんからの読者の皆さんへのメッセージを動画でご紹介!

ニコニコ動画で見る→http://bit.ly/1nkQeZG


舞台「戦国BASARA 4 皇」公式ホームページ

(c) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ