話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

恋も仕事もゆずれない!働き女子の恋愛パターン

恋も仕事もゆずれない!働き女子の恋愛パターン念願の卒業証書を手に晴れの門出を皆から祝福されて、新しい生活への第一歩を踏み出す時期。特に新社会人にとって、この春は人生の大きなターニングポイントになるだろう。

ライフステージが変われば、恋愛に対する気持ちや求めるものもいやおうなしに変化してしまうもの。先週の「教えて!gooウォッチ」の本欄「卒業シーズンに考える…社会人と学生の恋愛はどう違うのか」では、就職してからの恋愛を結実させるための心構えについて、男性の意見を探った。では女性はどうだろうか。Facebookを利用した恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」の女性ユーザーから寄せられた回答から、新社会人の女性へ向けたエールを送りたい。

■社会人女性の理想の恋愛って?


成功させる前に、社会人女性の理想の恋愛はどんな形なのかについて整理してみた。

「プライベートは負担にならないようにしてこそ」「仕事を始めれば守るものややることが増える。恋愛だけじゃなく仕事の付き合いも大事」「仕事にも恋愛にも、ゆとりをもって交際したい」「大人としても節度を守り、会えないときはあっても近いうちに会える、これが一番心地良いと思います」

仕事と恋愛のどちらかが追い込まれることがあれば、もう片方にも影響を与えてしまう。いかに両立させるかが、社会人の恋愛の課題だ。

■ひとの意見に流されないために確固とした価値観を


両立のために大切なポイントは「お互いの仕事に支障が出ないようにする」「こまめに連絡をとる」で、男性と同じ。目立ったのは「周囲の意見に左右されないようにする」という意見の多さだった。

「大人になると自分の生活パターンが確立しているので、踏み込み過ぎずでも積極的に。周りの意見は参考程度で、自分の考えを優先することが大事」「周囲がみな結婚したら焦るかもしれないけど、そんな理由はおかしいし好きな人ができたらでいいはず。出産のリミットがあるのが悩みどころだけど……」「もう大人なのだから周りと比べるのではなく、自分の恋愛観や仕事観など考えをしっかり持って!」

確固たる自分の価値観を築いているのは、オトナの女性の証し。その内容に自信が持てるような努力が、これまで以上に必要になるのかもしれない。

■男性よりも「気にしない」に意外さと納得


意外なことに、社会人女性は男性よりも「デートの約束を早めに決める」を重視していないようだ。

「お互いを尊重しあうのが大切。こちらのワガママで相手を疲れさせちゃうのは申し訳ないし、逆でも正直大変。でもちゃんと繋がっている安心感はほしいから、1日1回でも連絡は取りたい」「社会人は急な用事がつきもの。約束はしすぎないほうがいい」「休みが不定期だから」

働いていればお互いにスケジュールに無理の出てくるときもある。行き違いを防ぐために男性は早くに予定を入れる傾向がうかがえたが、女性の思考は逆のようだ。とはいえそれは普段から、前述のこまめな連絡というケアが行き届いているかにもよるだろう。

逆に納得なのは、男性よりもはるかに「仕事の関係者には秘密にする」ことを敬遠していないこと。年齢の近い同僚などなら、ある程度親しくなればパーソナルな話をすることもある。そうして業務以外での友好関係を築いていければ、仕事でもいざというときに助け合えたりするものだ。これは、共感と連帯を求める女性に大きな傾向かもしれない。

とはいえ、「社内恋愛で会社にばれ、転勤させられた」などという“貴重”な体験談も。職場は恋人や友人を作る場ではない。公私の気持ちをスパッと切り替えられることも、社会人の必須条件だろう。

情報提供元:「pairs」

(フィナンシェ西沢)

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ