話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

母親の胎内にいた状況を再現……あらためて考えてみるお風呂の幸せ

母親の胎内にいた状況を再現……あらためて考えてみるお風呂の幸せ何気ない習慣の一つである入浴。お風呂は日本人の生活とは切っても切れない関係にあるが、あらためて考えてみるとちょっと不思議な習慣かもしれない。「教えて!goo」には、「私がお風呂に入る、本当の理由……」という質問が寄せられていた。「そんなの答えは決まっているだろうと言わずに、改めてもう一度よくお考えいただければ」という質問者さんの問いかけに集まった回答を覗いてみると……。

■リフレッシュ、リラックス


「体を清潔にすることと、湯船に浸かって一日の疲れを取ることですね」(annkoromochiさん)

「身体に付いた1日分の雑念と煩悩と苦悩を溶かすことかと思います」(localtombiさん)

「いらんもん落とすと、身も心も軽くなる」(chibipochiさん)

まず目についたのは、体の汚れだけでなく、その日一日の疲れも一緒に洗い流してリフレッシュするという意見。また、

「気持ちよく寝るためですね。就寝の1時間ほど前に30分以上かけて40度の湯船に浸かってます。風呂から出たら、ぬるめのお湯を1杯飲んで布団へ入ります」(mshr1962さん)

「綺麗になるため。(中略)…翌日、外に出る時に『私は綺麗にしている』と言う自信があるので、表情や行動が違ってきます。(中略)…私はお風呂に入る時はいつも、セルフエステだと思って入ります」(kyoujakuさん)

といった回答もあった。入浴は上手にリラックスし、一日の生活にメリハリをつけるための習慣といえるだろう。さらに、

「母親の胎内で羊水に浸かっていたあのころ、何の悩みも苦しみもなく完全に幸福だった状態を再現するため」(bagus3さん)

というディープな回答も。

■毎日手軽に浸れる「人生の楽しみ」


しかし一方で、

「ほんとうは風呂になど入りたくはない。服を脱いだり着たり熱い湯に浸かりすぐに上がって体を拭く。浴室の水しぶきも吹いたりと風呂掃除もめんどうくさい」(6750-saさん)

「寒いから。春・夏・秋はシャワーのみ。真冬が来てようやく湯船に浸かるかな?」(michiyo19750208さん)

といった、お風呂嫌いからの意見もいくつか見られた。シャワー派は結構多いようだ。とはいえ、

「改めて考えると不思議な気もします。日本に住んでいた頃はお風呂以上の極楽はない!!と考えていたのですがドイツに住むとほとんどがシャワーでお風呂に入れません(中略)…今思うと至福の時間だったんだなぁ……」(ai3639さん)

と、海外に移り住んだ方からのこんな意見も。「人生の楽しみのひとつです」(komaas88さん)という回答にもあるように、入浴は手軽に幸せに浸れる素晴らしい習慣なのかもしれない。みなさんがお風呂に求めるものとは?

三枝大介 (Daisuke Saegusa)

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

44

みんなの反応

99

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ