話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

【長谷川豊】まだ「風邪薬」とか飲んでらっしゃるの?

【長谷川豊】まだ「風邪薬」とか飲んでらっしゃるの?今年の5月か6月に開催される「メディカルカフェ」というイベントに参加する予定です。これらは現役の医師の方々が行うイベントで、去年も参加させていただいたのですが……日本人は、絶望的に
「メディカルリテラシー」
がない、と私は感じています。要は、医療について全然勉強していないのですよね。
私は以前いた職場で、3年間にわたり、「医療プロジェクト」と題して医療問題にかかわる特集を組み続けていました。
そこで感じたのは、日本人の「医学的知識の足りなさ」であり、「多くの誤解」でした。日本の社会保障費はあまりに高騰を続けていますが、果たして、日本のこの「社会保障費」、本当に「全部必要な金額」なのでしょうか?

こんな記事を見つけました。

■いまどきの風邪治療事情!? 風邪をひいても、医者や薬剤師が薬を飲まない理由とは?

http://bit.ly/1nIsIWe

これらはお医者さんたちと飲むと常識なのですが、記事では「風邪をひいたときにお医者さんはほとんど風邪薬を飲まない」ことを紹介。理由としては以下の3点で……
理由01/抗生剤は細菌には効くが、風邪のウイルスに無力と理解しているから
理由02/抗生剤は、体内のビフィズス菌などの有用菌も全滅してしまうので、病気の治癒に必要な免疫力を低下させてしまうと理解しているから
理由03/発熱したときにすぐに解熱剤を服用するのは、せっかく体が熱を発して風邪のウイルスと闘っているのに、それを妨げてしまうと理解しているから
が挙げられています。

実は私も、これらの事実を知ってからは「風邪薬」は一切服用しません。そして、全く問題なくむしろ以前よりもはるかに風邪にかかりにくくなっています。

皆さん、風邪をひいたら病院に……とか本気で未だに思っていませんか? 完全に間違っていますからね?
風邪は自己免疫力で治すものです。
本気で虚弱な体質であったり、こじらせて肺炎になる確率など、かなり微々たるもので、そうなった後に病院に行くのは分かりますが、大多数の方々は、風邪で病院に行く必要はありません。

日本の医療界や製薬界は、長らく政権の中枢とつながり続け、大きな献金も続けてきました。それらのひずみが、日本の社会保障量を膨大なものにしてしまっている可能性があります。微力ですが、少しずつでも私はそれらの問題に切り込んでいければ……と感じています。

長谷川豊 (Hasegawa Yutaka)

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ