話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

汚れがたまったレンジフードのお掃除攻略法

汚れがたまったレンジフードのお掃除攻略法台所まわりの、特に油汚れがたまるような場所の掃除が苦手なのは筆者だけではないだろう。日常的になんとなく「あー汚れてるなあ」と気になりつつも、面倒に思う気持ちが勝って放置してしまう。ちょっと大がかりな掃除になりそうだし、正直どこから手を付けていいかわからないのだ。直接触れる場所でもないからつい後回しにしてしまう。とはいえ、いつかは掃除しなくてはならないもの。やるからにはできる限り効率的に掃除する方法を知りたい! そう考えた筆者は、株式会社ダスキンの広報担当・梅村さんにレンジフードを掃除する際のコツについてお話を伺うことにした。

■部品を外して「漂白剤溶液」につけおきする


レンジフードの掃除、どこから始めるといいのでしょうか。

「弊社が行ったアンケート調査でも、レンジフードはご家庭の中で最も汚れがとれなくて困る場所であるという結果が出ているんです。なかなか中を見る機会もないので汚れがたまってしまいます。まずはレンジフードを開け、取り外せる部品はすべて取り外しましょう」(梅村さん)

レンジフードのタイプによって部品の取り外し方法に差があるので説明書を参照するのが安心だ。

「ここで活躍するのが『漂白剤溶液』です。作り方は、40~50℃のお湯に酸素系漂白剤を記載された分量通り溶かし、台所用洗剤を少量入れます。この漂白剤溶液の中に部品を15分ほどつけこんでください。こうすることで汚れに対して洗剤がなじみ、汚れを浮き上がらせてくれるんです」 (梅村さん)

ちなみにこの「漂白剤溶液」はガスコンロ周りの掃除にも使える万能なものらしいので覚えておくといいかも。

■つけおきの15分間を有効活用


梅村さんによれば、つけおきの際に注意すべきこともあるという。

「酸素系漂白剤につけおくと、アルミの部品などが黒く変色する場合があります。長時間のつけおきはせず、必ず15分ぐらいずつ様子をみてください」(梅村さん)

また、効率的に掃除を行う上で大事なのが空き時間の有効活用だ。

「つけおきしている15分間にレンジフードの内側外側を拭き掃除したり、キッチンの他の部分を掃除すれば無駄な時間を作らずに済みますので事前に計画を立てておくといいですね。ちなみにレンジフードはファンごと取り外せるタイプのものが多いので同じようにつけこんでからスポンジでこすってみてください」(梅村さん)

一見大変そうに見えるレンジフードの掃除でも、各部品の汚れをつけおきでキレイにしていけば憶することはないはず。ぜひトライしてみてほしい!「教えて!goo」では「あなたが一番面倒だと感じるのはどこの掃除?」ということでみんなの意見を募集中だ。

取材協力:株式会社ダスキン
1963年に創業。家庭向け・事業所向けの掃除用品・掃除サービスなどのクリーン・ケアサービスからミスタードーナツをはじめとしたフードサービスまで幅広く展開。1964年に「化学ぞうきん」を生み出して以来、常に総合的な視点で商品・サービスの開発を行っている。

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

26

みんなの反応

78

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ