話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

大河ドラマ「真田丸」の見所を「真田丸」漫画家に聞いてみた

大河ドラマ「真田丸」の見所を「真田丸」漫画家に聞いてみた1月10日に大河ドラマ「真田丸」がはじまった。脚本は2004年の「新選組!」以来、大河ドラマ2作目となる三谷幸喜。主演は「新選組!」で山南敬助を演じ、ブレイクのきっかけをつかんだ堺雅人だ。この二人が再び大河でタッグを組む上、語りは「あさイチ」の有働由美子アナが担当。NHKの肝煎りぶりがうかがえる話題作である。今回この大河ドラマ「真田丸」について大いに語ってもらうにふさわしい人物に話を伺った。真田ギャグ4コマ「ふぅ~ん、真田丸」の著者、歴女漫画家のみかめゆきよみ先生である。

■歴女漫画家が語る「真田幸村」の魅力


幸村といえば、歴史好きな女子、“歴女”の間では、戦上手なイケメンとして人気を集めている人物だ。歴女漫画家のみかめ先生は、どんなところに魅力を感じているのか聞いてみた。

「幸村が華々しく活躍した大坂冬の陣・夏の陣は、徳川の時代になると大勢が決した時に起きた戦いです。不利な状況で極限までベストを尽くして名を残したのが凄い。私たちはどうしても保身や計算で動いてしまうことがあるので、余計に彼の潔さにあこがれますね」(みかめ先生)

幸村の潔さには、仕事や社会のしがらみに疲れた人を引き付ける魅力があるという。周囲の多くの人の疲れを癒していたのかもしれない。さらに、先生に魅力を語ってもらった。

「幸村の『人たらし』としてのコミュニケーション能力も魅力です。彼は人質生活が長かったのですが、人質先でも気に入られるいわゆる愛されキャラだったようです」(みかめ先生)

癒し系で愛されキャラ。大河「真田丸」主演の堺雅人がぴったり来るではないか。戦上手のイメージとは違う幸村の魅力を、ドラマを通じて発見するのも楽しそうだ。

■大河「真田丸」の見所は“畳の上での戦い”?


超話題作だけに「真田丸」の見所はさまざまな場所で語られている。みかめ先生にもドラマの見所を伺った。

「幸村が合戦に参加したのは生涯でも数えるほど。合戦以外の畳の上での幸村の戦いも見どころだと思います」(みかめ先生)
“畳の上での戦い”とはいったいどんな戦いなのだろうか?

「真田の家を守るため人質生活を送った幸村は、今風に言うと命がけの出向社員のようなもの。人質先で価値がないとなっては真田家も窮地に立たされてしまう。真田家を守る幸村の静かな戦いも要チェックです」

アウェーな状況において、ただ静かに家のために“畳の上”で戦う幸村に自分の姿を重ねながら、見てしまう人も多そうだ。

■気になる脇役キャラは高梨内記!


ドラマは脇役も気になるところ、先生が気になっている脇役キャラとその魅力を聞いてみた。

「注目しているのは高梨内記です! これまで注目されていなかった人物ですが、彼は最後まで幸村の元に残り最も近くにいた家臣です。二人の主従関係からは目が離せません」(みかめ先生)

なんと激シブ! 高梨内記とはドラマでは長澤まさみ演じる幸村(信繁)の生涯のパートナーとなる女性きりの父親だ。朝ドラ「花子とアン」で鈴木亮平が演じた村岡英治の父親役で注目された中原丈雄が抜擢されている。また、キャスティングから気になっている脇役もいるという。

「これまでのイメージとは違うキャスティングで注目しているのは、石田三成です。新しい三成になるのでは? と期待しています。また伊達政宗も気になります。彼は幸村と同世代、大坂夏の陣のあと落ちのびた幸村の子どもたちをかくまっています。政宗と幸村の絡みは描かれるのか? 注目です」(みかめ先生)

石田光成は、大河「新選組!」で鬼の副長こと、土方歳三を演じた山本耕史がキャスティングされている。伊達政宗ついては未定だが、キャストや展開を予想してみるのも面白い。これから三谷脚本でどんな人間模様が描かれるのか楽しみだ。
大河ドラマ「真田丸」の見所を「真田丸」漫画家に聞いてみた
●専門家プロフィール:みかめゆきよみ(漫画家)
某IT企業で3年制作・デザイナーを経験ののちフリーランスに。その後ライター・イラストレーター・漫画家に転身。寝ても覚めても真田が好き。最新著書「ふぅ~ん、真田丸」(実業之日本社刊)。「武蔵守歴女会LLP」「歴女子会」「TEAMナワバリング」に所属。歴史の楽しさを伝える活動をしている。

(はじめ)

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

18

みんなの反応

59

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ