話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

相手の口臭が気になる時の伝え方

相手の口臭が気になる時の伝え方先日、筆者の姪っ子が「口がクサイよ」と一言。こんなことを言われるようになってしまったか……とショックを受けた一方、口臭の気になる人がいた場合、大人のマナーとしてどう伝えるべきなのだろうかと考えてしまった。「教えて!goo」にも、「口臭の原因と伝え方」といった質問が寄せられた。

投稿者の相談をまとめると、「口臭は誰にでもあることだが本人に自覚してほしい。どう伝えればよいかを考えている」ということだ。これに対し、「一番適切なのはしっかりと口臭であると伝え、その上で親身になって口臭を克服するために協力をしてあげることではないでしょうか?」(ohogmiklさん)や、「ご自分で口臭が気になっている素振りを見せるなどですね」(Lemone03さん)といった意見が寄せられた。しかし人間関係もあるので、上手に伝えたい。よい方法がないか、心理学者の内藤誼人先生に聞いた。

■「口臭=人間のにおい」という意識が大切


「そもそも、口臭に限らず体から発するにおいは全て『人間のにおい』です。また、私は専門外ですが、口臭の背景には病気など、本人には防ぐことが難しい場合も多いと聞きます。あまり気にしないのが一番です」(内藤先生)

調べてみたところ、口臭の原因には食べ物やアルコール、タバコなどから生じるものと、虫歯や歯周病などから生じるものがあるという。また、胃腸の病気や呼吸器の病気など、口の中の問題だけでなく、体全体の調子に関わるものもあるらしい。内藤先生の話す通り、こういった認識はしっかり持っておくべきだろう。

とはいえ、どうしても相手の口臭が気になる場合、うまく伝える方法はないのだろうか。

■口臭を相手に伝える方法


「残念ながら、言葉で伝える方法はありません。どうしても……ということであれば、タブレットなどを用意しておくのはどうでしょうか。相手の口臭が気になる時に、必ず自分も食べてから相手にもそれとなく勧めるのです。商談中などでタブレットを取り出せない時は、消臭効果の期待できるお茶を勧めるといった方法もあります」(内藤先生)

この方法を使う際のポイントは、必ず自分もタブレットを口に入れてから相手に勧めることだ。ここに気をつけないと、「あなた、口臭がひどいですよ」と言っているように捉えかねない。

口臭は気にしないのが一番。だが、どうしても指摘したい場合は、相手を傷つけないよう細心の注意を払うことが必要だ。

●専門家プロフィール:内藤 誼人
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「3割しか話さないのになぜかうまくいくビジネス英会話のルール」(ジャパンタイムズ)、「ヤバい出世学」(大和書房)他、著書多数。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

214

みんなの反応

653

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ