話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

ボジョレ・ヌーヴォーの解禁日は、なぜ11月の第3木曜日なのか?

ボジョレ・ヌーヴォーの解禁日は、なぜ11月の第3木曜日なのか?11 月の第3木曜は、全世界のワイン通が楽しみにしているボジョレ・ヌーヴォーの解禁日だ。ラッキーなことに時差の関係で、日本では世界に先駆け早く解禁となる。そのためニュースにも多く取り上げられ、その時を心待ちにしている人も多いだろう。ところで、ボジョレ・ヌーヴォーはなぜ11月の第3木曜日に解禁なのだろうか。その理由と、普通のワインとの違いなどについて、ボジョレワイン委員会に聞いてみた。

■新酒のため早く販売したかった


「ボジョレ・ヌーヴォー解禁日の歴史は1951 年3 月11 日にフランスで、産地から一定間隔でワインを出荷するという原則が廃止されたことによって始まりました。それまで、ワインの販売は、軍隊に供給するため、出荷の割合や日程などが事細かに決められていましたが、官報に掲載された『ワイン販売についての省令』により、1951 年のAOC ワイン(原産地呼称統制ワイン)は、12 月15 日以降にしか販売できないこととなりました」(ボジョレワイン委員会)

どうやらボジョレ・ヌーヴォーの歴史は想像よりも複雑そうである。

「しかし、ボジョレ生産者協会の名のもと、『ボジョレのワインは新酒であるため早く販売したい』という申請をおこし許可されました。11 月13 日に関税間接税総局により、12 月15 日の解禁を待たずに、今現在から販売することのできるAOC ワインが特定され、ボジョレも対象となりました。この1951 年11 月13 日こそが、ボジョレ・ヌーヴォー解禁日の正式な誕生の日でした」(ボジョレワイン委員会)

ヌーヴォーとはつまり「新酒」のこと。その価値を伝えるために解禁日を特別に早めたのだ。では、11月13日だった解禁日は、どうして11月の第3木曜日に変わったのだろう。

■1985年以降は第3木曜日が解禁日


「1952年からの15 年間、ボジョレ・ヌーヴォーの解禁日は正確には決まっていませんでした。年によって数日の差があり、1952 年は、ボジョレへの期待から、11 月3 日、翌年は11 月1 日となりました。そして1967 年、政令により解禁日を固定し、毎年11 月15 日午前0 時と定めました。例外は、天候の影響で収穫が大幅に遅れた1977 年の1度だけで、その年は11 月25 日の0 時に解禁されました。その後、1985 年には生産量もかなり増加していたため、出荷がスムーズに進むように改定がなされ、11 月の第3木曜日が、ボジョレ・ヌーヴォーの解禁日として制定されました」(ボジョレワイン委員会)

このようにボジョレ・ヌーヴォーの解禁日に関しては紆余曲折があったものの、1985年に11月の第3木曜日が解禁日になり、既に30年ほど経過していることから、その改定は今のところ適切だったといえよう。ではなぜ、ボジョレ・ヌーヴォーばかりが取り上げられるのだろうか。

■ボジョレ・ヌーヴォーは職人のワイン


「ボジョレ・ヌーヴォーを造るには、知識とノウハウに精通する必要があります。ボジョレ・ヌーヴォーの特徴であるフレッシュで果実味あふれる味を作り出すため、マセラシオンと呼ばれる種や皮のポリフェノールの浸漬期間の工程を短かく抑えますが、これには細心の注意を必要とします。ぶどう畑では一年を通して、様々な作業を行う必要がありますし、使用されるブドウは、ガメイという難しい品種でもあります。そういった意味では、職人のワインと呼べるかもしれません」(ボジョレワイン委員会)

ボジョレ・ヌーヴォーは非常に繊細な製造工程を踏んだワインなのだ。最後に、気になる味についてはどうなのか聞いてみた。

■アロマが豊かでフルーティー


「ボジョレ・ヌーヴォーに使われるブドウは、その年にボジョレ地方で収穫された、ガメイ種のブドウ100%である必要があります。早熟の品種で、鮮やかな澄んだ赤い色、とても豊かなアロマが特徴で、そのために、マセラシオンの期間を最長4~7 日までに抑えています。実際、醗酵槽からワインを移し替えるタイミングが3 時間早まると色が淡く味わいが軽すぎるものになってしまいます。反対に、3 時間遅れるとタンニン分の多い渋みの強いワインになってしまいます」(ボジョレワイン委員会)

早熟で職人の腕も味に現れやすいボジョレ・ヌーヴォーの味が、その年のワインの味を占う先頭バッターとして注目を浴びる。ワインファンならずとも今年の味はどうなんだろうと期待が膨らむ時期でもあるのだ。

「教えて!goo」では、「ボジョレ・ヌーヴォー、飲む予定はある?」ということでみんなの意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:ボジョレワイン委員会(Inter Beaujolais)
ボジョレワインのプロモーション活動を統括する団体。1959年設立。

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ