話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

生活習慣病予防にも期待が高まる寒天の魅力に迫ってみた!

生活習慣病予防にも期待が高まる寒天の魅力に迫ってみた!寒天は低カロリーで、食物繊維が豊富な健康食材だ。便秘に悩む人の中には、実は注目していたという声もあるのでは。最近の研究では、生活習慣病予防に効果があるという報告もあるという。ところで、今日2月16日はテレビの全国放送で寒天が取り上げられたことから、寒天の日に制定されているのを知っているだろうか。そんな記念日にちなみ、どのような調理法があるのか、「教えて!goo」「寒天を使ったおすすめのレシピを教えて」と質問をしてみた。

「黒豆を煮た、残り汁に寒天を入れ、寒天羊羹にすると、無駄が無い」(フェルメールさん)や「シンプルに牛乳寒天ですね。今は亡き母親が、私が小学生の頃によく作ってくれました。ほんのり甘くて、時々缶詰のみかんが入っていることもありました」(localtombiさん)、「寒天を作り、黒蜜をかけて食べる」(やじろべいさん)など、手元にある液体食材を寒天でスイーツにするという人がいた。

他にも手軽に普段の料理に取り入れる方法はないか、調料理研究家の小針衣里加さんに寒天を使ったおすすめのレシピを伺ってみた。

■寒天を使ったオススメレシピ


「寒天はようかん、蜜豆、ゼリー、プリン、和菓子など様々な菓子類に使われることが多いですが、私は味噌汁やスープ、コーヒー、お茶、シチュー、ハンバーグ、サラダ、生春巻、ご飯を炊く時などにも利用しています」(小針さん)

甘味だけではなく、普段の食事や飲み物に混ぜることで、寒天に含まれる豊富な食物繊維を容易に摂取できると小針さん。

「トマトジュースや野菜ジュースを寒天で固めて正方形にカットし、魚介や野菜と一緒に盛り付ければオシャレなサラダになります。また、今はスーパーなどでこんにゃくと寒天を組み合わせた細切りタイプのサラダ用寒天や、すぐに柔らかく戻るスープ用の糸寒天なども売られており、手軽に取り入れられ、おすすめです」(小針さん)

ゼリー状にして透明感のある寒天をサラダに盛り付ければ見た目も鮮やかで美しくなる。さらに市販品でも日常使いできる商品がでているので、これは活用したいところである。

そんな寒天だが、実は日本でつくられたものだという。小針さんによると、平安時代に中国から伝わったところてんが元となり、変化したとのこと。その後、江戸時代初期に寒天の原型がつくられ、のちに製造方法が確立されていくのだが、今では製造方法は大きく二つに分けられるという。

■寒天の種類と特徴


さらにお聞きすると、寒天には種類があり、用途も違うという。

「天草などの海藻をブレンドして作られる寒天には『天然寒天』と『工業寒天』があります。天然寒天は角寒天、糸寒天のことで、手作りで製造されます。使用時には長時間水に浸して戻す必要があるため手軽さに欠けますが、いったん煮溶かして固まったものは離水しにくいため、和菓子に向いています。一方、工場で作られる粉状の工業寒天は、ようかん向き、蜜豆向き、ところてん向きなど目的に合わせて様々な種類が作られており、簡単に水に溶けるので調理しやすいです」(小針さん)

近年、天然寒天には生活習慣病予防にも効果があるのではと期待が高まっているという。元国立台湾海洋大学教授である陳錫秋の実験で、天然寒天の中に含まれるアガロペクチンにコレステロール低下作用があると明らかにされ、高コレステロールや血糖値の改善にも効果が期待されていることを小針さんは教えてくれた。ただし、このアガロペクチンの効果が期待できるのは天然物の寒天だけである。

ダイエットや健康に大いに期待ができる寒天を、普段の食生活に取り入れてみてはいかがだろうか。

●専門家プロフィール:小針 衣里加
バランス料理研究家。日本フードバランス協会代表。「美的・美タミン・美味」の3ビューティーをコンセプトにバランスのよい食事を実践するための「フードバランスアドバイザー講座」の講師を務める。誰でもすぐに実践できる内容に定評がある。

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

4

みんなの反応

38

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ