話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

他人から奪いたがる人の心理

他人から奪いたがる人の心理他人の仕事や恋愛の成功をうらやむ人は、職場や学校などに少なからずいる。例えば、誰かの恋人ばかりを好きになり、横から「ちょっかい」を出す人を見たことがないだろうか。奪いたがる人の心理はどのようなものなのだろうか。また、そのような人とはどのように付き合えば良いのだろうか。心理学者の内藤誼人先生に話を聞いた。

■欲しがる人と譲る人


「何でも欲しがる人は、人間的に成熟していない人だと言えます。精神的に子どもですね。逆に言えば、相手に譲る人は、成熟した大人だと考えられます。どれだけ欲しがるかで、人間的な成熟度や器の大きさがわかるというわけです」(内藤先生)

たとえば、お土産のお菓子が一人分足りなかったとする。この時、自分は遠慮して誰かに譲ることができるかどうかで、人間的な成熟度がわかるということだ。では、何でも欲しがる人がそばにいた場合は、どうすればいいのだろうか。

■付き合い方の工夫


「相手を“赤ちゃん”だと思ってお付き合いすればいいのです」(内藤先生)

乳児は、「お腹が空いた」、「眠い」、「暑い」、「寒い」など、全てが自分基準だ。だが、こうしたワガママに本気で腹を立てる大人はいないだろう。それは、「赤ちゃんだから、仕方がない」と割り切ることができるからだ。何でも欲しがる人と付き合うときも、これと同じ気持ちで接すればいいのだ。

「相手は赤ちゃんなのだから、怒っても意味がありません。自己研鑽(じこけんさん)のためにお付き合いするのだと割り切ることが大切でしょう」(内藤先生)

もっとお金が欲しい、もっと地位が欲しい、もっと大きい家に住みたい、もっといい車に乗りたい……。こうした何でも欲しがる人たちは、“赤ちゃん”だと思い、気持ちに余裕を持って接することが大切なようだ。

「教えて!goo」では、「隣の芝生が青く見えてうらやましくなったこと、ある?」ということで、意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:内藤 誼人
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「3割しか話さないのになぜかうまくいくビジネス英会話のルール」(ジャパンタイムズ)、「ヤバい出世学」(大和書房)他、著書多数。

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ