話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

自慢やバカにするのが好きなママ友とうまく付き合うには

自慢やバカにするのが好きなママ友とうまく付き合うには何かと自慢したがりなママ友、あなたの近くにもいないだろうか?「教えて!goo」にも、「新しく知り合ったママ友の、身の上自慢に困っています」という投稿があった。やっかまれた経験から極力自分のことを話さない相談者に、ママ友は夫や義父母までバカにするようなことを言うそうだ。

これに「必要な会話のみするということで、嫌いですモードを漂わせる」(nabitumaさん)「何を言われても笑い流す」(LOTUS18さん)という回答が集まった。今後も付き合いのあるママ友の場合、うまい付き合い方を心理学者の内藤誼人先生に聞いてみた。

■一気に喋らせる


自慢好きなママ友は、敵に回すとまた厄介だ。相手を不快にさせないためには、どうしたらいいのか。

「『すごいですねえ~』『はあ~、なるほど』と相手が喜ぶように相づちを打ってあげてください。相手はさらに調子に乗ってしゃべるでしょうが、どんどん話させるようにすると、そのうち話すことがなくなって、自然とやめてくれます」(内藤先生)

相手が満足するまで話せば、こちらにマイナスイメージを抱くことはないとのこと。さらに内藤先生はこう続ける。

「いってみれば、だらだらと水を流させるのではなく、一気に流させてしまうのです。すると相手もスッキリして、話をやめてくれます」(内藤先生)

「急がば回れ」という通り、相手の欲求を満足させてしまうのが、話を終わらせる近道になるようだ。

■自分のコンプレックスに気付くチャンス


自慢好きな人は、他人を見下す発言も多いもの。自慢話を聞くだけならまだしも、バカにされるのは辛いものだ。とは言え、自慢するママ友に「お宅はどうなの?」と聞かれ、「うちは特に……」と答えることで劣等感を感じる場合、どうしたらいいのか。

「まず自分が劣等感を持っていることを明確に自覚してください。『ああ、意外に私って、学歴コンプレックスがあったんだなあ』とか、『ああ、私って、けっこう俗っぽいなあ』と」(内藤先生)

劣等感が生まれるのは、自分の中にもこだわりやコンプレックスがある証拠。

「コンプレックスをはっきり意識すると、不思議なことに、『なんで、私って、こんなにつまんないことで悩んでるんだろう』と気づくことができ、劣等感にさいなまれなくなります」(内藤先生)

自慢好きな人は、相手の羨ましがったり、悔しがる様子が見たいと思っているはず。なので、バカにされて躍起になって言い返すと、さらなる言い合いが待っているものだ。まずは自分のコンプレックスに気付き、相手の話には自然と冷静に返答する余裕を持ってみよう。こちらが余裕を見せれば、やがて引いていくものだ。みなさんが相談者の立場だったらどのような対応をするだろうか。

●専門家プロフィール:内藤 誼人(ないとう よしひと)
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「3割しか話さないのになぜかうまくいくビジネス英会話のルール」(ジャパンタイムズ)、「ヤバい出世学」(大和書房)他、著書多数。

(宮野茉莉子)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

関連記事

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

49

みんなの反応

132

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ