話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

離婚後「娘の生活費を出して」と義母が要求……どうすれば?

離婚後「娘の生活費を出して」と義母が要求……どうすれば?数ヵ月で離婚する夫婦もいれば、10~20年近く共に過ごした末、離婚を選択する夫婦もいる。その年月を問わず、離婚は金銭の問題が絡むと、その前後に多大なストレスを伴う。「教えて!goo」には離婚後の妻の生活費について「離婚のアドバイスをお願いします」と相談が寄せられた。

相談者さんは39歳の既婚男性。33歳の妻と結婚して13年、中1と小5の子どもがいるが離婚が決まり、相談者さんが子どもを引き取り、妻は実家に戻る形となった。離婚の理由は勤めに出ていない妻が家事をあまりせず、オンラインゲームに没頭し、そのせいで子どもはストレスが溜まってしまい、「お願いだからお母さんと離婚してほしい」と言われたことだという。しかし、義母からは「娘の当面の生活費を出してくれないと困る」と言われているそうだ。とはいえ、給料が下がり、子どものことを考えると貯金が必要な今、正直なところお金は出せないので、どうすればいいのかと悩んでいる。

■調停か裁判で解決しよう


ベストアンサーのついたtrevi310さんは、「内容を見た所、貴方に非が見当たりませんので、もしどうしても払うと言うならば、お産でお腹を痛めたぶん程度でしょうか」と、相談者さんの味方をする。さらに、こう続ける。

「貴方のようなケースでは養育費は発生しないので、事実上、扶養的財産分与以外、元奥さまに渡す義務は無いのです。相手さまは具体的に何に権利があるとか理解できていないのでしょう。(中略)…貴方から調停提起されて御子様の将来のためにも、しっかり解決なさってみてはいかがでしょうか」

そして、相手方の言い分を無視するのではなく、できるだけ穏やかに受け止めた上で、事を起こすのが良いだろう、と補足する。冷静な立ち回りが求められそうだ。モロ親父さんも同様の見解だ。

「弁護士を立てて裁判にした方が良いと思います。別れた後住む家があって金までよこせ! 元奥さんに対して失礼ですけど非常識も甚だしいと思います。確かに裁判となると費用がかかりますが法テラスと言う機関を利用すれば裁判結審後に分割で返済できるシステムも有ります」

まだ幼い子どもの教育資金をできるだけ減らさないためにどうすればいいか。各所から情報を集めて対策を練るべきだろう。

■妻にじっくり考えてもらうべき


最後に、どちらかと言うと「奥さん側の立場の人間ですが」と打ち明けるかつつさん(男性)の意見も見てみよう。離婚後、妻が子どもを引き取ったという。

「アナタの元奥さんに今大事なのは? 自分を振り返る事。アナタから完全に切り離されて、こそ、其れが出来ます。また、アナタ自身も何が元奥さんを追いつめたのか?を、そうなってからでなければ、不可能でしょう。それに気が付けるまで、多分?アナタは元奥さんとの繋がりの全てを絶つ必要がある」

妻や義母に「相談者さんが妻の生活費を出す必要はない」と理解させるには、今一度彼らに真剣に考えてもらわなくてはならない。このまま話し合いを続けても事態は平行線を辿りそうだ。少し距離(時間)を置いてみるのも一つの手ではないだろうか。

子どもを育てるのには相応のお金がかかる。まずは、そのことを妻とその家族にきちんとわかってもらうことが必要不可欠になるはずだ。

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ