話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

【長谷川豊】3世代同居の基礎を全然わかっていない政策がまかり通りそうな件

【長谷川豊】3世代同居の基礎を全然わかっていない政策がまかり通りそうな件読売新聞から。
●政府・与党…家の改修費を控除(http://bit.ly/1MUk0cd)

以下、記事より。
政府・与党は17日、相続後に空き家を改修して売却したり、3世代同居するためにリフォームしたりする場合、2016年度から所得税などの負担を軽くする措置を設ける検討を始めた。空き家の有効活用や子育てしやすい環境づくりを図る。16年度与党税制改正大綱に盛り込む見通しだ。

はい。これはですね……いい部分だけを見ているんです。少子化問題に2001年頃から取り組み始め、すでに20回以上の特集を番組内で組んできた私にとっては
「あ~残念……」
という感じの取り組みと言えます。はっきり結論だけ言いますが、

失敗します。絶対。

これは多分……福井県のデータとかを表面上だけで見ているのでこういう考え方になったはずなんですけれど……3世代同居って、うまくいけば、けっこういい効果は確かに生むのです。
子どもが生まれました~
でも、女性も仕事がしたいです~
なので、おじいちゃん、おばあちゃん、子どもを見ておいてね~
はいはい。そうですね。分からなくはないんですが、これって、そもそも、「働く女性の価値観と考え方」が「圧倒的中心」な見方なんです。
そもそも、子どもを産んだので、おじいちゃんおばあちゃんに子どもを預けるって言っても……子育てなんて、かなりの体力を要する作業なわけです。普通のおじいちゃんおばあちゃんは避けたい選択肢なんです。
近所に住んで、たまに時間と体力のある時に行って、可愛がって……ってのが理想なんです。ほとんどの子育てをしなければってことになると、子どものことを怒らなければいけない時も出ますし、体力も必要です。

しかも、3世代同居って言っても、実はおじいちゃんおばあちゃんが高齢化してくると、次は「介護離職」の危険性が出てくるんです。親の介護が大変ですよ、と。大切な親なので、自分たちで世話したいんです……と。でも仕事が大変だから仕事をやめましょう……いわゆる「介護離職(かいごりしょく)」です。

3世代同居は本当に献身的な家族の在り方や、女性陣に対してとても暖かい職場環境や、整えなければいけないことが沢山あるんです。福井県などは、奇跡的なほどに行政がそれに動けてきたので、「子育てするなら福井県」という圧倒的な実績を残せてるんですけれど、その裏の苦労をすっ飛ばして、「あ~福井県、3世代同居率が高いから少子化じゃないんだ~」的なものの見方をすると、絶対に失敗します。

既に識者の方々が指摘されている通りで、これはいくら何でも思慮が浅いです。私は失敗すると断言します。

長谷川豊 (Hasegawa Yutaka)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

16

みんなの反応

51

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ