話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

【長谷川豊】おおさか維新はもう民主党なんてほっとけ!

【長谷川豊】おおさか維新はもう民主党なんてほっとけ!なんと言う情けなく、悲しい対応でしょうか?
皆さんもご覧になられたかと思うのですが、こちらのニュースから今日は一言。

おおさか維新、質問時間短縮は「民主のいじめ」

おおさか維新。
まぁ、皆さんもすでにご存じのように、次の参院選では大きな台風の目になる可能性がある、と報じられている政党です。各社の支持率調査ではそれほどの支持率は見せていないものの、これが大阪で調査するとかなりの数字に変化します。つまり、関西を中心に、民主党にとっては大きな敵となりうることは理解できます。事実、大阪の府議会・市議会からは民主党の議員はほとんど追い出されてしまった状態です。

ですが、国会運営は公平で平等であるべきです。

言うまでもないことですが「与党」とは政権中枢に人間が加入している政党のことを指します。「野党」とは「何でもかんでも「与党に反対している政党」のことは指しません。「野党」とは「政権に人を送り込んではいない政党」のことを指します。

なんと言う子供じみた対応か。
民主党の「大阪維新は与党なんだろ~! だから質問時間なんてあげね~よ~!」という対応はあまりにバカバカしくて目を覆いたくなるものと言わざるを得ません。そもそも論として、「野党」は何でもかんでも文句言ってればいい、という発想自体が貧相と断じざるを得ません。

が、しかし、私はここであえて下地さんはじめ、おおさか維新に苦言を呈したいと思います。

この程度、永田町では日常です。と言うか、こんな簡単なものではありません。永田町ってのは「そういう場所」です。それを全部はねのけて、それで政治ってのは動かしていくものです。橋下徹さんはそれを大阪でやっていろんなことを動かしてきたのでしょう。そう考えれば、民主党のこんな嫌がらせごとき、いい練習だと思えばいいのではないでしょうか?

去年の安保法案の審議以来、国民の間にも「単純に文句言ってればいい、という発想はおかしいのではないか」と言う機運も高まりつつあります。おおさか維新にはこれからも無駄な審議への抵抗やマスコミアピールでしかない国会内での暴動には参加せずに、凛とした態度を貫いていってほしいと切に願います。

長谷川豊 (Hasegawa Yutaka)

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

77

みんなの反応

221

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ