話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

【長谷川豊】何故、プロの声優を使わないのだろう?

【長谷川豊】何故、プロの声優を使わないのだろう?ずっと不思議に思っていたことがあります。映画などの声優に、著名な俳優や女優を使う傾向についてです。

私は高校時代からアナウンスメントに向き合ってきました。朗読の大会で全国優勝をするときなどは、事前に、どれだけの練習をしたか。同じ原稿、同じ文章を何日読み込んだことか。弁論大会でも同じでした。いったい何度練習に練習を繰り返したことでしょう。
この間はこの秒数でいいのか?
この行はこの高さから入っていいのか?
コンマ1秒変わるだけで、全ての意味合いを変えてしまえるのが「声」の世界です。私は、「声」の世界をプロ中のプロの世界だと、そう信じています。

私たちアナウンサーは原稿を、細心の注意をもって読みます。もちろん、テレビに出られているだけで満足し、適当に読む若いアナウンサーがいることは事実ですが、それでも、声を鍛え、のどをケアし、普通の方々では、信じられないような陰の努力を続けています。そんな生活を、もう20年以上です。

そんな我々アナウンサーでも、絶対にかなわない……そう感じている職業が、「声優」さんです。彼らは本当にすごい。「声」だけで、全ての表現をしてくれます。恐ろしいほどの技術です。彼らは、普通の方々が思っているよりも、ずっとプロフェッショナルなのです。

数日前、「ジュラシック・ワールド」を見てきました。世界的に興行成績が大変なことになっているこの作品。日本でも当然、大ヒットです。しかし、子どもを連れて「3D日本語吹き替え版」を鑑賞した私は、一点だけ、どうしても残念に感じてしまうポイントがありました。

主人公の男性の声を担当したのが、日本の大手芸能事務所に所属する、イケメン俳優さんだったのです。

一瞬でわかる声でした。彼はとても特徴のある声をしているので、私のように声の仕事をしていなくても、ほとんどの方が分かってしまうことでしょう。人気の連続ドラマにも何度も出ています。俳優としての、彼の演技を、私は好きです。何と言っても抜群にイケメンですし、低めの、少ししゃがれた声があのスマートな演技に合うのです。実際に、彼はヒット作品に何度も出ています。

しかし、今回の声の吹き替えに関しては、ファンの皆様に大変申し訳ないのだけれど……。

はっきり言って、お世辞にも褒められたものではありませんでした。

「声だけの」演技があまりにもできていないのです。いつものままの彼の声なのです。抑揚も、チェンジオブペースも、声の技術はいくつもあります。
でも、私が聞く限り、一つも効果的に使えていませんでした。ただのいつもの彼のままでした。彼の声のままなんですが、あの超の付くイケメンは画面に出ていません。声優としての参加なので。

しかも、声を出すたびに、彼の姿が思い浮かびます。「ジュラシック・ワールド」のハリウッドの役者さんは、かなりガタイのしっかりとした、男らしさあふれる役です。正直言って、あの役者さんの外見に合う声ではないのです。
映画自体はさすがに面白かったです。なので、その分残念でした。なんでこの配役にしたのか……。
最近、話題を狙ってのものなのか、それとも、芸能事務所がゴリ押しで押し込んでくるのか、声優に「役者」を使う傾向が目立ちすぎます。

事務所は気づかないのでしょうか? 専門分野以外をやらせてしまうと、その役者の評価を下げてしまう可能性もある、ということに。役者さんは一生懸命やっているだけなのに、見ている側は、なんだか楽しみを邪魔されている気がしてしまうのです。それはみんなが不幸になります。

映画配給会社にも、芸能事務所にも、強く言いたい。

「声の世界」はプロ中のプロがうごめく世界です。そして、その技術に、視聴者も慣れてしまっているのです。適当に足を踏み入れていい世界ではないです。
そもそも「ジュラシック・ワールド」です。有名な役者さんを使ったところで、興行成績など、全く変わりません。見たい人はだれが声優でも見に行くからです。

行き過ぎた「顔出し俳優さん」の「声優挑戦」は、本当に慎重になってほしいと思います。同じ、「声の世界」にいる人間の一人として、強く願います。

長谷川豊 (Hasegawa Yutaka)

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

67

みんなの反応

236

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ