話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

【長谷川豊】今年TBSはテレビ朝日を抜くんじゃないか?

【長谷川豊】今年TBSはテレビ朝日を抜くんじゃないか?新年早々感じたことの一つがこれです。
まず、今年はテレビ朝日にとってとても大きな挑戦の1年になります。
皆さんもご存知の通り、看板番組である「報道ステーション」がキャスター交代となります。これは多少のダメージがあるものと思った方がいい。今まで、良くも悪くも古館伊知郎というキャスターの下、安定した視聴率をたたき出してきた同局にとって、この看板を変えることはフジテレビが2年前にタモリさんをおろして「笑っていいとも」を終了させた時と同じようなダメージを与えるのではないかと危惧しています。
あの当時の「笑っていいとも!」は平均視聴率で6%や7%という状態だったのですが、それでもかなり厳しいダメージとなりました。
「報道ステーション」は局の文字通り看板として10%~多い時には15%を超える日も少なくないほどの番組です。まず1点目として、テレビ朝日は少し苦しい戦いを強いられる可能性がある、と私は見ています。

そして、少しずつ語られ始めている「TBSの復活」。これは私が別のコラムでも指摘したことですが、そもそも在京キー局の中で、最も安定した経営を続けている局こそがTBSなのです。
安定した不動産収入に下支えされ、赤坂を舞台にした夏のイベントなども、少しずつ結果が出始めています。そもそもTBSは在京キー局の雄とまで言われていた局。1980年代「ドラマのTBS」「いや、報道のTBS」と最高評価をほしいがままにしてきた局です。

そのTBSが俄然、活気づき始めてきたのです。

ドラマのヒットに加え「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」「アブナイ夜会」など、誰でも知っているバラエティー番組も次々に育ち始めました。こうなると、一気に安定し始めるものです。バラエティーのヒットはドラマと違ってワンクールで終了しないので。

今年、日テレの優位は崩れそうにありませんが、ひょっとしたら、2位争いはTBSが制する可能性が出てきました。注目です。

長谷川豊 (Hasegawa Yutaka)

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

67

みんなの反応

132

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ