話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

あのモルガン財閥に嫁いだ日本人に続け!今さら聞けない玉の輿に乗る方法

あのモルガン財閥に嫁いだ日本人に続け!今さら聞けない玉の輿に乗る方法1月20日は玉の輿の日である。これは1905年1月20日に、アメリカの金融財閥モルガン商会の創立者の甥であるジョージ・モルガンが、祇園の芸妓であるお雪を見初めて結婚したことにちなんでいる。落籍金(抱え主への前借金などを払ってやって、芸者や娼妓[しょうぎ]の稼業から身をひかせること。身請け 引用元:goo辞書)は今の貨幣価値に直すと4~5億円とも言われ、その金額の大きさに驚かされる。女性であれば誰しもが一度は憧れる玉の輿だが、実際のところ玉の輿に乗る方法はあるのだろうか……? 気になったので「教えて!goo」「あなたの周りに玉の輿で結婚した人はいますか?」と聞いたところ、「友人が逆玉です」(pdmichimaruさん)、「長男の元へ嫁に行った友人の家がとんでもなくデカかったです」(rukking15kさん)という意見が寄せられていた。


■玉の輿に乗るは難しい


前述の回答からも、どうやら玉の輿は確かに実在するようである。だが、気になるのは玉の輿の相手とどうやって出会うのかという疑問である。恋愛カウンセラーのマーチンさんに、玉の輿の相手と出会う方法はあるのか尋ねたところ、以下の回答が返ってきた。

「人は『自分と同じレベルの人』と知り合うようになっています。例えば、一般社員の皆さんは、一般社員の友人が多いですよね。同じように会社の社長さんは、社長クラスの友人が多いのです。このように友人や恋人は、自分と同じレベルの人であることが殆どなのです」(マーチンさん)

マーチンさんに寄せられた相談でも「医者や弁護士など、収入1000万円以上の男性のみ紹介!」といった結婚紹介所に、ボーナスをはたいて入った女性がいたという。ところが男性と一度食事に行けても、その後にまったく繋がらないそうだ。つまり、不相応な出会いの場に出ても、釣り合っていないため交際に至れないということである。

■近道は相手への気遣い力を磨くこと


それでも玉の輿の相手と出会う方法は一応あるという。その方法は「相手の男性が嫁にしたい女性になること」である。

マーチンさんによると、そのような女性になるためには(1)社会が認める、何かを成し遂げたという実績、または家柄や経済力。(2)恋人兼秘書になれるような気遣い力や先回りの行動力。(3)モデルなど、若さと美しさ、のいずれかが必要だという。

「一般女性が玉の輿に乗れる場合、(2)(3)が多いです。特に(2)が努力してできる部分ですね。相手への気遣いから出てくる行動、フォロー、サポートの能力が秀でていると交際が成立しやすいです。ですので、こういった力を鍛えて高いステージの場に出ることで、ご縁を作れる可能性はあると思います」(マーチンさん)

気遣い力を身に着けるためには、相手の人に「いつもありがとう」と言ってもらえることをすると良いと、マーチンさんはアドバイスする。そして、そのためには頭の回転力を磨くことが大事とも。

こうした気遣い力は玉の輿に限らず役立つ能力のため、ぜひ磨いておきたいポイントだろう。

■玉の輿もタイミングが大事


最後にマーチンさんがこんな話を寄せてくれた。玉の輿の日の由来となったお雪とジョージ・モルガンだが、文献を調べるとモルガンは失恋旅行で日本に来ており、その時にお雪と出会ったそうだ。すなわち、玉の輿に乗るのもタイミングは必要というわけである。

玉の輿に憧れる女性は少なくない。だが、あくまでも地に足を付けたうえで、相手のためにしてあげるというひたむきな姿勢がなければ、玉の輿に乗るのは難しいと言えそうだ。専門家の意見は上記だったが、皆さんの意見はいかがだろうか?

■専門家プロフィール:恋愛相談師マーチン

作家、恋愛カウンセラー。2000年より「マーチン先生の恋愛教室」を開催し、メルマガ読者は17000人、相談実績は15年間で延べ4万件以上。著者は20冊超え、代表作に「愛される女性は気づかいがうまい/三笠書房」「モテる男はこう口説く!/PHP研究所」などがある。

この記事についてどう思う?

BAD

NICE

みんなの反応

165

みんなの反応

455

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ