チョコ嫌いな人へのバレンタイン

2012年02月10日

チョコが苦手な人へのバレンタインプレゼント来週の火曜日は、バレンタインデー。街のなかでは、そこかしこに本命チョコと義理チョコがあふれ、チョコ好きにはたまらない時期となりました。でも、世の中には「チョコレートが苦手」という嗜好の人も少なからずいます。そんな人へのプレゼントを考える上でのヒントを、教えて!gooのQ&Aから探してみました。

■男性はやっぱりチョコを求める?

バレンタイン。箱の中身がチョコじゃなかったら悲しいですか?

「甘いものに興味がない」と公言する男性には、チョコ以外を贈るのがいいの?との質問に対し、男性陣からは次のような答えが寄せられています。

「バレンタイン=チョコレートという方程式が残念ながら(?)出来てしまっているので、お酒を渡すのでも『お酒と小さなチョコ一つ』というのはどうでしょう?些細ですがこういうパターンで嬉しかったことがあります」(t_turboさん)

「甘いものが苦手だと公言している場合は、やはり気を遣ってもらえれば嬉しいものですね。でも、チョコがないのも少しさびしいから、ビターなチョコ少しとネクタイなどの小物のセットが良いですね。でも、一番の正解は甘くない手作りチョコかな」(bravestさん)

バレンタインデーにはやっぱりチョコ、と思っている人も多いようです。相手との関係作りがこれからなのであれば、甘くないチョコやチョコ+甘くないものをセットで贈るのが無難かもしれませんね。「もらえるだけで嬉しい!」という意見もありますけれども「甘いものが苦手」だと覚えてくれているという事実が、また嬉しいものです。

実際何を選んだら喜ばれるのかは、経験談を参考にしてみましょう。

■チョコが苦手な相手に喜ばれるプレゼントとは

チョコが嫌いな彼へのバレンタインは

お酒好きでチョコが苦手の彼へのプレゼントに悩む質問者さん。その回答とは…

「お酒好き辛党の人に渡して喜ばれたもの。ドリップコーヒー、ハート型の煎餅。もし彼の家に行けるなら手料理を振る舞うのも良いかと思います。カレーだったらニンジンをハート型に切ってバレンタインを演出したりとか」(noname#131167さん)

「質問者様のその素敵な気持ちを手紙にしてみてはどうでしょう^^」(7910625さん)

「貴方のお気に入りのネクタイでも送ってください。貴方を人生のパートナーと見ている彼ならきっと就活中にそのネクタイ締めて将来に向かって頑張ってくれると思うよ」(tsuru_pageさん)

少ない情報から相手や贈り主の気持ちを読み取ろうとする、素敵なアドバイスが寄せられていました。「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」とは孫子の一節ですが、「相手をよく観察して、自分らしいものを贈る」などと読み替えれば、プレゼント選びにも通じるかもしれませんね。


常山剛 (Go Tsuneyama) →記事一覧

■ このコラムのQ&A
バレンタイン。箱の中身がチョコじゃなかったら悲しいですか?
チョコが嫌いな彼へのバレンタインは
■ 同じカテゴリの記事一覧
別れた恋人とよりを戻したい。復縁したいと思わせるには? - 2014年12月21日
婚活で出会った、「キスしようか」と言ってきた男性を断る方法 - 2014年12月19日
別れた恋人がメールを送ってくる心理 - 2014年12月16日
付き合ってるのに、一度も部屋に入れてくれない - 2014年12月16日
恋人が欲しい…。でも好意を持たれると嫌いになってしまいます。 - 2014年12月14日
■ 関連記事
手作りチョコは重いですか?
記念日を祝いたがらない人
■ 人気Q&A
男の人に…バレンタインデーについて質問
男の人はバレンタインチョコほしいですか?
ウォッチャー記事一覧 >>

注目記事

50歳を過ぎてからの転職は現実的なのか? 体験した者だけが知るリアル

会社からの肩たたきがだんだん厳しくなってきた。もうオレはこの会社に残るべきではないんじゃないか? 心が壊れてしまう前に、転職しよう…!

注意!「退職届」と「退職願」は全く違う

「会社を辞めてやる!上司に辞表をたたきつけてやる!」という人に出会ったことがあります。彼はその後、本当に会社を辞めてしまい今では失業...

兄の子どもを妊娠しました。どうするべき?

妊娠は男女間で起こりますが、その男女が血族であっても当然妊娠は起こり得ます。教えて!gooに相談を寄せた質問者は、3つ年上のお兄さんの子...

彼の母親が9年間不倫していることについて

親にも言えない秘密や誰にも知られたくない過去もついこの人には打ち明けてしまう、という「話しやすいキャラ」の人っていますよね?「女性の...

なぜ既婚者は結婚しろしろうるさいのか!?

そろそろ年末の帰省をどうしようか考えている人も多いはず。帰省といっても楽しいことばかりではないと思っている人もいるのでは。独身の方々...

ライター紹介

常山剛

■プロフィール
コピーライティング、Web編集者、ライティング、メディアコンサルティングなどを生業としている自営業です。猫専門情報ブログ「猫ジャーナル」もやっている猫好きです。

■経歴
1978年生まれ。2004年からフリーランスとなり、Webメディア編集長などを経て現在に到る。まもなくソロ活動10周年。

カテゴリー一覧