【うつ病】の人気Q&Aランキング

近年かかっている人が急速に増えていると言われるうつ病。どんな病気なのか、身体と心の症状、チェック方法、検査や診断の内容、治療方法、薬など、誰にでも起こりうるうつ病についての知識をご紹介します。

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    うつ病について調べていたらたくさんあってわかりません

    うつ病について調べていたら単極性うつ病と双極性うつ病があるのはわかりました。 もっと調べていたら定型うつ病と非定型うつ病と言われるプチうつ病があるらしいです。 これは単極性うつ病を更に二つに分類したということでしょうか? 更に調べたら身体因性の鬱、内因性の鬱、反応性の鬱があるようなのですがこれは単極性うつ病の中の定型うつ病を更に三つに分類したと...

    A
    ベストアンサー
    ガンのような病気なら、発生する部位で肺ガン、胃ガン、肝臓ガン、膵臓ガンと分類できます。
    しかし、うつ病は、単純に分類する事ができません。

    分類というか、医師の便宜的な区分けの仕方として、
    1)気分障害としての症状の現れ方
    2)症状の重さ
    3)症状の現れ方
    4)病気の原因
    で分けていったものがいくつかあります。

    1)気分障害として症状の現れた方

    DSM-IV(アメリカ精神医学会(APA)発行の精神疾患の診断・統計マニュアル 第4版)
    によると、うつ病は、まず「気分障害」に該当します。

    気分障害は、双極性障害、うつ病性障害、一般身体疾患を示すことによる気分障害 、特定不能の気分障害
    と4つに分類されます。
    その中の双極性障害、うつ病性障害が、それそれ双極性うつ病と、単極性うつ病にあたります。
    前者が、躁と鬱を周期的に繰り返すタイプ、後者がうつ症状だけを示すタイプです。
    一般に「うつ病」というと、単極性うつ病のみを指します。

    2)症状の重さ

    次に症状の重さによって分けられます。

    DSM-IVでは、以下のような分類をしています。
    ○大うつ病性障害・・・ふつうにいううつ病。軽度、中等度、重度に分けられる。
    ○気分変調性障害・・・軽いうつ症状が2年以上続く(抑うつ神経症)
    ○特定不能のうつ病性障害
     ・小うつ病性障害・・・症状の軽いうつ病(軽症うつ病)
     ・反復性短期抑うつ障害・・・短期のうつ状態が繰り返される(軽症うつ病)
     ・月経前不快気分障害・・・女性特有の生理的うつ状態

    3)症状の現れ方

    2)に一部、症状の現れ方が含まれていますが、医師や医学研究者の間では、症状の現れた方で
    ○難治性うつ病・・・治りにくい、治療効果の出にくいうつ病
    ○遷延性うつ病・・・治療効果の出るのに時間のかかるうつ病
    ○仮面うつ病・・・本当はうつ病だが、うつ病あるいはうつ状態が、身体の症状で隠されるもの
    などの呼称もあります。

    4)病気の原因

    内因性、心因性、反応性の三分類は、スイスの精神科医であり、うつ病の病因論研究に大きな功績
    を残したキールホルツによって行われたものです。
    ただ、それらの境界ははっきりしてませし、原因を特定する事が難しい事からDSM-IVのように
    うつ症状の程度と持続期間によって重症うつ病(大うつ病エピソード)と軽症うつ病に分けて考え
    る事が多くなっています。

    以下、ご質問への回答です。

    >定型うつ病と非定型うつ病と言われるプチうつ病があるらしいです。これは単極性うつ病を更に
    >二つに分類したということでしょうか?

    定型うつ病は、セロトニン不足仮説で病因を説明できるような、典型的なうつ病です。
    前述の2)のDSM-IVの分類によれば「大うつ病性障害」と言えます。

    それに対して、非定型うつ病は、「神経症性うつ病」または「抑うつ神経症」と呼ばれるもので、
    DSM-IVの分類では、「気分変調性障害」にあたるものです。
    この病気の症状は、セロトニン不足仮説では説明できず、心因性のものと考えられています。

    また、定型うつ病がと否定系うつ病の差異として
    ○好きなことにもやる気が起きず、いつも元気がない  ⇔  憂鬱だが好きな事はできる
    ○朝から午前中に調子が悪い  ⇔  夕方から夜にぐあいが悪化
    ○寝つきが悪い、早朝目覚める「不眠」傾向  ⇔  いくら寝ても眠い「過眠」傾向
    ○食欲が落ち、体重は減少  ⇔  過食傾向で体重は増加
    ○頭の回転が鈍る  ⇔  イライラして落ち着かない
    があり、ほとんど相反しています

    以上の点から、定型うつ病と非定型うつ病は、単極性うつ病の更なる分類ではなく、
    「大うつ病性障害」と「気分変調性障害」を指しているものと捉えたほうがいいと思います。

    >更に調べたら身体因性の鬱、内因性の鬱、反応性の鬱があるようなのですがこれは単極性うつ病
    >の中の定型うつ病を更に三つに分類したということでしょうか?

    4)で説明しましたように、原因からの分類が難しいということで、うつ症状の程度と持続期間に
    よる分類が主流になってきました。DSM-IVもその方式です。
    従って、原因での分類は、DSM-IV方式の分類が出て来る以前の分類であり「単極性うつ病のうち
    定型うつ病」といったように特定のうつ病を分類したものではなくなっていると思います。
    むしろ、大きく広くうつ病を見た時の全体を、その原因で分類したものと捉えられると思います。
    ガンのような病気なら、発生する部位で肺ガン、胃ガン、肝臓ガン、膵臓ガンと分類できます。
    しかし、うつ病は、単純に分類する事ができません。

    分類というか、医師の便宜的な区分けの仕方として、
    1)気分障害としての症状の現れ方
    2)症状の重さ
    3)症状の現れ方
    4)病気の原因
    で分けていったものがいくつかあります。

    1)気分障害として症状の現れた方

    DSM-IV(アメリカ精神医学会(APA)発行... 続きを読む
  • 2位

    うつ病と新型うつ病(非定形うつ病)は同時に発病することはありますか?

    うつ病と新型うつ病(非定形うつ病)は同時に発病することはありますか? うつ病と非定形うつ病の症状、療法に当てはまるような場合は、両方の病状ということでしょうか? それとも、病院での診断ではどちらか一つの病状になるのでしょうか?

  • 3位

    うつ病うつ病を呼ぶ

    うつ病うつ病を呼ぶ ミイラ取りがミイラになる みたいな感じでうつ病うつ病を呼ぶなんていう事例ありますか? 例えばうつ病患者を看護している保護者が患者のわがまま等のストレスにより保護者までうつ病になってしまったとか・・・

    A
    ベストアンサー
    そう言った事例になる可能性は大いにあるでしょう。当該患者のうつ病の度合いが深くなるのと、保護者(介護者)の心のバランスが崩れた時、質問者様の言う「うつ病がうつ病を呼ぶ」事になります。こう言った悪循環を止める方法は2つ。

    1)当該患者を入院させる

    2)小泉元総理の様な「鈍感力」を介護者側が持つ

    事です。介護している側が逆に当該患者よりも重くなるケースが多いです。ですから、介護者の方が気持ちを強く持つ事が大事なんです。入院のメリットは

    1)同じ境遇の仲間が当該患者の周りにたくさんいる事により、安心できる

    2)当該患者よりも更に重たい症状の患者さんを見て、自分の現状を認識できる

    3)作業療法士さんとの楽しい一時を過ごす事ができる。

    4)仲間ができる

    事です。特に4)は重要です。仲間、友達ができる事により、いろいろな悩み事等を話したりできるからです。うつ病の人は心の底で気づかぬ内にそういった孤独感という感覚を持ってしまうのです。何よりも「うつ病」を理解できるのは「うつ病」の患者さんだけです。「うつ」でも無い人に「うつ」を理解しろったって、到底無理な事です。「うつ」と言うだけで偏見の目で見られる、それが現状です。
    そう言った事例になる可能性は大いにあるでしょう。当該患者のうつ病の度合いが深くなるのと、保護者(介護者)の心のバランスが崩れた時、質問者様の言う「うつ病がうつ病を呼ぶ」事になります。こう言った悪循環を止める方法は2つ。

    1)当該患者を入院させる

    2)小泉元総理の様な「鈍感力」を介護者側が持つ

    事です。介護している側が逆に当該患者よりも重くなるケースが多いです。ですから、介護者の方が気持ちを強く... 続きを読む
  • 4位

    「軽症うつ病」とはどんな病気ですか。

    「軽症うつ病」は一般的なうつ病に比べるとどう違うのでしょうか。 自殺を考えないうつ病を言うのでしょうか。 ニュアンスとしては、一般のうつ病より症状が軽いうつ病を「軽症うつ病」というのでしょうが、具体的にどう違うのでしょうか。 一般的なうつ病の基準に当てはまらないのでしょうか。 どのような基準で「軽症うつ病」と診断されるのでしょうか。 よろしくご教...

    A
    ベストアンサー
    参照URLで説明されていますよ。

    参考URL:http://www.netricoh.com/contents/antenna/nurse/data/0010.html
  • 5位

    反復性うつ病性障害について

    精神科に通っているのですが、先日、診断書を書いて頂いた所、『反復性うつ病性障害』、との病名が書かれていました。 ・うつ病うつ病性障害では何が違うのでしょうか? ・反復性うつ病性障害の症状にはどのようなものがあり、また他のうつ病との相違点はなんですか? ・うつ病は一般的に完治できるものなのですか? よろしくお願いします。

    A
    ベストアンサー
    >・うつ病とうつ病性障害では何が違うのでしょうか?
    うつ病全体のなかでのサブカテゴリです。
    抑うつ状態による生活に障害が出ているという意味でしかないので、さほど違いがありません。

    病気とは、日常生活に支障が出ている身体状態。
    抑うつ状態は、うつであるが生活できている、病気ではなくあくまで状態。
    うつ病は、日常生活が送れなくなっている病気
    うつ病性障害とは、うつ病を主原因とする身体障害の程度を指します。

    >・反復性うつ病性障害の症状にはどのようなものがあり、また他のうつ病との相違点はなんですか?
    躁鬱病ではないが、気分障害が反復性であり、沈みっぱなしではない。
    医師の所見や感想に近いです。

    >・うつ病は一般的に完治できるものなのですか?
    うつ病は、脳の伝達物質の分泌異常による、気分の下げ幅が大きすぎる状態ですので、
    完治はしませんが、病的に落ち込む事がなくなるように回復はします。
    完全にうつにならない、感情の起伏がなくなった状態は自閉症なので、やっぱり病気です。
    うつ病は、精神に身体が振り回されている状態なので、投薬による治療だけでなく、感情に身体症状がついていけるように慣らしていくリハビリの必要があるので、時間はある程度必要です。
    >・うつ病とうつ病性障害では何が違うのでしょうか?
    うつ病全体のなかでのサブカテゴリです。
    抑うつ状態による生活に障害が出ているという意味でしかないので、さほど違いがありません。

    病気とは、日常生活に支障が出ている身体状態。
    抑うつ状態は、うつであるが生活できている、病気ではなくあくまで状態。
    うつ病は、日常生活が送れなくなっている病気
    うつ病性障害とは、うつ病を主原因とする身体障害の程度を指します... 続きを読む
  • 6位

    擬態うつ病

    うつ病について調べたらタイトル通りの言葉が出てきました。 ここで質問です。 1.) 私達が普段認識している『うつ病』と違う点は何ですか。 2.) 擬態という意味から、うつ病になりすますことを指すのですか? 3.) 擬態うつ病から うつ病になってしまうことはありますか? うつ病 うつ 精神科 心療内科

    A
    ベストアンサー
    1)非定型うつ病と呼ばれるものが当てはまります。
    2)非常に悪意のある呼称です。非常に辛い精神症状があります。
    3)既に広い意味での気分障害の一つです。双極2型である可能性もあります。

    非定型鬱の場合
    ・鉛のようなだるさ
    ・趣味の活動はできる
    ・過眠・過食
    等がその症状になります。

    趣味の活動ができるといううつ病相の「不全性」などが、悪意を呼びます。
    しかし、実際には患者は相当苦しんでおり、
    しかも厄介な双極性障害が隠れている割合は半分以上にもなります。

    患者の行動を皮相的にしか見ず、悪意を持って呼んでいる、許し難い存在です。

    たとえば、下記の本のように、患者の気質、性格、心理発達段階、
    それらと現代社会との関わりにおいて症状を論じるような深い考察、洞察は有益です。
    ・うつ病新時代-双極2型という病
    ・うつ病の心理-失われた悲しみの場に
    (内海健 帝京大准教授)

    内海氏の元上司である広瀬徹也氏(帝京大名誉教授)は「逃避型うつ病」
    という似たような概念を掲げましたが、その論考は、現在の医学から見る
    と、双極2型以外の何物でもありません。

    擬態うつ病や私はうつと言いたがる人たち関係の人は、
    前掲書のような精神病理の丁寧で深い考察をせず、
    皮相的に、見かけだけの症状で患者を蔑視する、
    そもそも医師としてどうかというレベルの思いがあります。

    気分障害は、本人の気質、性格、生育歴、既往歴、社会のありかた、
    社会との関わり方、発達障害の有無、など、実に深いものです。
    このような皮相的な言説に、くれぐれも騙されませんよう、
    おすすめ申し上げます。
    1)非定型うつ病と呼ばれるものが当てはまります。
    2)非常に悪意のある呼称です。非常に辛い精神症状があります。
    3)既に広い意味での気分障害の一つです。双極2型である可能性もあります。

    非定型鬱の場合
    ・鉛のようなだるさ
    ・趣味の活動はできる
    ・過眠・過食
    等がその症状になります。

    趣味の活動ができるといううつ病相の「不全性」などが、悪意を呼びます。
    しかし、実際には患者は相当苦しんでおり... 続きを読む
  • 7位

    うつ病」と「うつ状態」の違いは

    うつ病」と「うつ状態」の違いは うつ病とうつ状態の違いはなんなのでしょうか? うつ病ではなくうつ状態らしいのですが。

    A
    ベストアンサー
    No.2です。
    > 服薬しても改善するのかどうか考えて飲まずにいたのですが、今飲んだほうがひどくならずに済むということで理解してもいいのですね。これからは飲むようにします。

    絶対に飲んだほうがいいです。
    うつ病一歩手前で止めることも可能です。
    うつ病歴10数年の人間のいうことです。
    ぜひ軽いうちに治してください。
  • 8位

    うつ病の判断

    うつ病について質問します。 知り合いでうつ病と判断された人がいるのですが、うつ病じゃない人との差がよくわかりません。 (早い話が健康にみえる。) そもそも、うつ病うつ病じゃない人の区別はつくのでしょうか。 例えば、がんとか白血病ならば検査すればすぐわかると思います。 ただ、うつ病については、本人がいいはったらうつ病と診断されるような気がしてな...

    A
    ベストアンサー
    http://kokoro.squares.net/gitaiqa1.html

    本なら『擬態うつ病』にそのへんのことが掘り下げてあります。
  • 9位

    うつ病です。

    うつ病です。 躁うつ病なので、気分上がったり、下ったりします。 躁うつ病なので、当然ですが、抑うつ状態になります. 突然気分が上ることがあります。 ちなみに躁うつ病であって、新型うつ病ではありません、 躁うつ病です、 気分が突然上がることがあって、 それを見た第三者が、 「流行の新うつ病か?」と思われることがあり、 とても不快です。 躁うつ病と最近...

    A
    ベストアンサー
    精神の病苦は、一般の人にはなかなか理解できません、これもしょうが有りません。

    同じ病苦を持つた人又は身内でないと、つらさや、生き難さは、理解できない物です。

    あせらずにユックリで、いいのではないでしょうか、無理をし、焦れば焦るほど、病状が悪くなります。

    薬を飲みながらでも、社会復帰できれば、病気が治ったと、考えていいと思います、治療の継続は必要ですが。
  • 10位

    うつ病とオナニーの関係性】うつ病の人は無気力で何もやる気が起こら...

    うつ病とオナニーの関係性】うつ病の人は無気力で何もやる気が起こらないはずなのにオナニーは出来るのはなぜですか? Q1: あなたはうつ病ですか? -YES yesならQ2:へ -No Q2: あなたはオナニーをしますか? -Yes YESならA9:へ -NO A9: あなたはうつ病ではありません うつ病診断はオナニーが出来ているか出来ていないかで偽物のうつ病患者は排除できると思う。 オナニー出来る元気が...

    A
    ベストアンサー
    >オナニー出来る元気があるならうつ病じゃないよね。
    普通そう思われていますが、それは簡単過ぎる分類で、うつの表れ方は非常に多い、心身症などは当てはまらない。
  • 11位

    うつ病の見分け方

    前段で念のため言わせていただきます。 私は私の大好きな会社の先輩がうつ病にかかり、苦しんでいたのを目の当たりにしています。 だからうつ病が決して自分にたいする甘えとか言うつもりは毛頭ありません。 私が勤めている会社の社員でうつ病と診断されて長期休暇を取っている社員が複数います。 そこで質問です。 うつ病って数値に表せないのでしょうか? 前述の複数社...

  • 12位

    うつ病について

    うつ病について教えてください。 職場の人が傷病手当もらうのに病院の診断書なんですが、その人どう見てもうつ病にはみえないのですが、先生はうつ病と判断するのはどうやってはんだんするのでしょうか? 簡単にうつ病の診断書を持ってこられました。。 変なこときいてすいません。 あとうつ病の症状はどんな症状なのか詳しく教えていただけたらありがたいです。

    A
    ベストアンサー
    こんばんは

    >先生はうつ病と判断するのはどうやってはんだんするのでしょうか?
    結論から言えば「その症状が仕事や家事等の社会生活に支障をきたしてるか否か」です。

    器質的疾患を伴う病気と違い、心臓が悪い、胃が悪いと原因がハッキリしていないのが精神的疾患です。
    抑うつが酷い、眠れないの症状ではなくて、抑うつが酷く、会社に出社できない、家事が出来ない、眠れなくて体がだるくて仕事がはかどらない等をみて判断していると思います。

    日本の精神疾患の診断基準はDSM‐IVーTR(アメリカ精神医学会(APA)の精神疾患診断マニュアル4改定版)を基準としています。
    各疾患にA.B.C.の診断基準が示され、「A~Cすべてが当てはまる場合」に、その精神疾患であると診断される。
    A.B.は具体的な病像が列挙されるが、C基準は「その症状が原因で職業・学業・家庭生活に支障を来している」となって記載されています。

    世間にうつ病の啓蒙するHPや文書は、症状ばかりを強調するので、誤解されやすいのではないでしょうか。

    >うつ病の症状はどんな症状なのか詳しく教えていただけたらありがたいです。
    うつ病言っても、質問者さんが想像されてる大うつ病エピソードばかりではありません。
    皆さんが想像される定型うつ病の他に非定型うつ病、気分変調症
    最近、話題になり始めた新型うつ病(現在のところ、正式な病名と認められていません)等様々です。
    単極性気分障害(定型うつ病)
    http://www.s3wam.net/mental-health/sickness/si_xcont08b01.html
    非定型うつ病
    http://www.fuanclinic.com/byouki/karada.htm
    気分変調症
    http://www.nakaoclinic.ne.jp/disorders/dep3_1.html
    新型うつ病?(従来の抑うつ障害の概念にはないもの)
    http://shinbashi-ssn.blog.so-net.ne.jp/2007-10-14-1

    私は抑うつ障害が「重度かつ継続的である」と診断され、自立支援法に基づく医療費補助制度を受けています。
    しかし、過去には休職も経験しましたが、現在は仕事には就いております。

    職場の同僚・上司はうつ病で通院している事は知っていますが
    その様な制度を受けている事を知りませんし、またそれほど重いとは感じていないと思います。
    症状は以前に比べると、快方に向かってると思いますが
    気分は日内変動が大きく揺れ動く事や不眠傾向が続く事もあります。
    今でも、「自分は生きてる価値がない」「この世から消えてしまい(希死念慮)」が浮かぶ事が有ります。

    精神疾患は統合失調症に病変が判るものから、各種不安障害、うつ病の様に自己の内面の変調があるものも含まれています。
    ここは医師の診断を、受け入れる方が良いのではないでしょうか。
    こんばんは

    >先生はうつ病と判断するのはどうやってはんだんするのでしょうか?
    結論から言えば「その症状が仕事や家事等の社会生活に支障をきたしてるか否か」です。

    器質的疾患を伴う病気と違い、心臓が悪い、胃が悪いと原因がハッキリしていないのが精神的疾患です。
    抑うつが酷い、眠れないの症状ではなくて、抑うつが酷く、会社に出社できない、家事が出来ない、眠れなくて体がだるくて仕事がはかどらない等をみて... 続きを読む
  • 13位

    うつ病で悩んでいます・・・等、うつ病に関しての質問で『私は、うつ病...

    うつ病で悩んでいます・・・ 等、うつ病に関しての質問で『私は、うつ病なんですが・・・ 』と質問されていますが、自分で自分が“うつ病"と分かるものなんでしょうか? 私は、雑誌やテレビなどで出題された質問に自分でチェックして診断する方法があって、暇なとき試してみると、いつも『うつ病の傾向有り・うつ病の可能性有り・早めに受診した方がいい』という結果...

    A
    ベストアンサー
    mamesibagoma 様

    恐れ入りますが再度、回答させていただきます。

    >理解してもらいにくい病なので、心療内科などという病院に行く事に対して抵抗感のようなものがあります。 私の周囲の人達は、まず理解してくれないと思います。

    お気持ちお察し致します。確かにこういった病気や症状というものに対して偏見をもっている人はいますよね。しかし、人は大勢いるわけですから考え方もそれだけ多種多様ではないでしょうか。私は、他人に理解など求めておりません。

    診療内科の待合室では、体調のすぐれない方、ビジネスマン、OL、学生、ご高齢の方、主婦の方等、様々な方がいらっしゃいます。
    精神的な苦痛や悩みは誰にでも起こりうるわけですし、身近なものだと思います。
    受診の対象になるのは精神的苦痛や肉体的苦痛の程度によると思いますし、
    ご自身の判断でよろしいのではないでしょうか。限界があれば必然的に受診する
    と思われます。

    私の重症期のうつは、寝たきり、動悸、息苦しさ、不安、罪悪感、不眠、腰痛、胃痛、食欲減退などであり、日々の生活が苦痛でたまりませんでした。
    現在は、軽快し通院を続け学業に復帰しております。
    おっしゃる通り、治療には経済的負担がかかり、これもまた精神的苦痛になりす。
    しかし、将来見返してやるくらいの気持ちをもって今は治療に専念しようと心がけております。

    長々と一方的な意見を述べてしまい、恐縮でございますが貴重な機会と思い回答
    させていただきました。
    mamesibagoma 様 が快適な生活を送れますように願っております。
    mamesibagoma 様

    恐れ入りますが再度、回答させていただきます。

    >理解してもらいにくい病なので、心療内科などという病院に行く事に対して抵抗感のようなものがあります。 私の周囲の人達は、まず理解してくれないと思います。

    お気持ちお察し致します。確かにこういった病気や症状というものに対して偏見をもっている人はいますよね。しかし、人は大勢いるわけですから考え方もそれだけ多種多様ではないでしょうか... 続きを読む
  • 14位

    うつ病の薬について

    うつ病の薬について 先日、うつ病を発症しましてクリニックで治療を受け始めました。 うつ病が突然発症するのもあまり聞きませんが、そのタイプがよくあると先生に言われました。 そして、薬による治療が始まりました。 ですが、処方されるのがトレドミンと言う薬で、薬局でもらう説明書きには「胃腸・十二指腸潰瘍を改善します。 低下した意欲を高めて気分を楽にし...

    A
    ベストアンサー
    うつ病の薬が、ほかの作用を持つこともあります。
    しかしかいてあることがどうも、トレドミンではなく、
    ドグマチールなのではないか?と思いました。

    トレドミンの添付文書には「うつ病・うつ状態」としかなく、
    疼痛への応用を述べているサイトが有るぐらいです。
    なお、トレドミンは神経伝達物質の、ノルアドレナリンとセロトニンに
    作用してよくうつ症状の低減を図ります。比較的新しい薬です。

    ドグマチールは、
    少量で胃腸・十二指腸潰瘍改善
    中量でうつ病
    多量で統合失調症
    という作用をもちます。(中量・多量を飲む場合色が進んで
    肥満の副作用がでます)

    こっちなのではないかなと思いつつも、
    いずれにせよ、
    薬には副次的にいろんな作用が出て、その作用を使うこともあります。
    処方からは、100%うつ病ではない、かどうかは判断できません。

    甘えかどうかは、医師が診察しないとわかりません。
    うつ病の薬が、ほかの作用を持つこともあります。
    しかしかいてあることがどうも、トレドミンではなく、
    ドグマチールなのではないか?と思いました。

    トレドミンの添付文書には「うつ病・うつ状態」としかなく、
    疼痛への応用を述べているサイトが有るぐらいです。
    なお、トレドミンは神経伝達物質の、ノルアドレナリンとセロトニンに
    作用してよくうつ症状の低減を図ります。比較的新しい薬です。

    ドグマチールは... 続きを読む
  • 15位

    典型的なうつ病より、多い非定型うつ病について

    昨日発売のAERAの臨時増刊「職場のうつ」を読んでいましたら、うつ病にもいくつか種類があり、典型的なうつ病、いわゆる「定型うつ病」の場合は、食欲、睡眠欲、などが、どれも一日中落ち込むが、そういった概念ではとらえきれない「非定型うつ病」が増えているとありました。 それは、食欲が落ちるどころか過食に走ったり、過眠したりするのが特徴だそうです。 社会生...

    A
    ベストアンサー
    まず現時点で「非定型うつ病」という概念がきちんと確立していないことに注意する必要があります。
    すなわち、“「定型うつ病(=内因性うつ病)」とは異なるうつ病”は全て“非定型的なうつ病”な訳で、「非定型うつ病」は単一の病態からなる疾患概念ではないのです。

    件の記事の中には、「これまでとは違ったアプローチで治療される」とあるようですが、もしそれが高照度光療法による治療ならば、秋~冬に発症して春~夏に軽快することを繰り返す「季節性感情障害(SAD=冬期うつ病)」のことを指していると思われますし、MAOI(モノアミン酸化酵素阻害剤)による治療ならば他の「非定型うつ病」を、SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害剤)ならば若干神経症性の(言い換えれば性格的な)要素を含む軽症うつ病を指すのかもしれません。

    ただ間違っていけないのは、大うつ病エピソードで始まり、気分変調症、非定型うつ病と症状が変遷してきたからといって、それが必ずしも“疾患”が変化してきたことを意味するものではないということです。
    精神療法や薬物療法によるこれまでの治療やそれに反応してきた自分の精神状態、そして自分を取り巻く生活・社会環境が、単にもともとの病像を修飾したことにより変化したに過ぎないという可能性もあります。

    このあたりは、主治医の先生とよく相談されることをお勧めします。
    私は出典となっているAERAの記事を読んでいないので、適切な回答になっていなければごめんなさい。
    まず現時点で「非定型うつ病」という概念がきちんと確立していないことに注意する必要があります。
    すなわち、“「定型うつ病(=内因性うつ病)」とは異なるうつ病”は全て“非定型的なうつ病”な訳で、「非定型うつ病」は単一の病態からなる疾患概念ではないのです。

    件の記事の中には、「これまでとは違ったアプローチで治療される」とあるようですが、もしそれが高照度光療法による治療ならば、秋~冬に発症して春~夏に軽... 続きを読む
  • 16位

    うつ病の診断

    疑問に思う実例があるので、質問させていただきました。 自称うつ病の中国人女性がいます。 うつ病で診断書を取り、うつ病で身体障害者の認定まで受けています。 さらに、うつ病に至る原因を作ったのが特定の法人であるとして、高額の損害賠償請求訴訟を起こしました。 うつ病を診断されただけで、これだけいろいろなことができて、多額の利益を引き出すことが出来る...

    A
    ベストアンサー
    > 整形外科領域の、主観的症状なら、ごまかしが効くものでしょうか?

    私の父が股関節に人工骨が入っております。
    レントゲンで簡単に判断が付きますので肢体不自由者(下半身)で一発4級です・・が
    年齢とともに不自由度が増し、3級の認定を何度か受けさしましたが不認定で現在も4級のままです。

    整形外科領域は主観的症状ではなくて確実に判断が付く状態が障害者手帳を取得しやすい傾向に
    有るようです

    心臓にペースメーカーが入っておればいきなり一級だった記憶しております

    手帳発給のは細かな決まりがあってそれを満たさなければ手帳は発給されません。

    難しいのは視力障害の場合で、申請者が指定の眼病を患っており、かつ治療を行って来たが
    回復には至らず手帳の申請の際、実視力よりも悪くごまかすくらいならできます。

    視神経乳頭や網膜の状態である程度は視力を推測できますので、極端な詐称は無理です。


    > そもそも鬱病で障害者の認定を受けるという発想が、普通思い浮かぶものでしょうか?
    > 鬱病で障害者の認定を受けた実例って数多くあるのでしょうか?

    うつ病は心の病のなので決めてとなる物が有りませんので認定を頂くのは極めて難しいです。

    うつ病とは誰でもなりうる心の風邪の様な軽い精神病なので
    重度のうつ病でなければ手帳は不可能と思った方が無難です。

    原因が有ってのうつ状態やうつ病では手帳は無理です
    人間は借金や身内に不幸が有っても鬱状態のになります、しかしやがて時間とともに回復します。
    個人差が有りますが・・・

    ところが大うつ病の様に原因となる因子がないにも関わらずうつ状態が長期にわたって続き診療経過などが手帳発給の判断材料になります。

    長期に精神科に通ってれば良い訳では亡くて自傷行為(手首に傷を付ける)が有ったり自殺未遂(本気の)が何度か有ったりで病棟に入院歴も必要かも知れません。

    入院の際も自分から入院させて欲しいと言えば入院させてくれません。

    ほとんどの入院患者は家族が病院に無理矢理連れて来て
    暴れたり戯言をいったりして、一時的に落ち着くまで入院のケースはありますが、仮病で入院は難しいです。

    そもそも精神病患者は自分は正常だ!と言います
    自分から心の病を治療したいからと言って入院はさせてくれません(金儲けの開業医は別)

    HIVは感染がポジと判断されただけでも4級になります、免疫の状態や発病歴(AIDS)があれば2級以上になります。

    どちらにしても、手帳を取得するのは近年難しくなりつつあるようです。

    参考URL:http://uwc.s54.xrea.com/dep/charenge.html
    > 整形外科領域の、主観的症状なら、ごまかしが効くものでしょうか?

    私の父が股関節に人工骨が入っております。
    レントゲンで簡単に判断が付きますので肢体不自由者(下半身)で一発4級です・・が
    年齢とともに不自由度が増し、3級の認定を何度か受けさしましたが不認定で現在も4級のままです。

    整形外科領域は主観的症状ではなくて確実に判断が付く状態が障害者手帳を取得しやすい傾向に
    有るようです

    心臓に... 続きを読む
  • 17位

    うつ病克服するのに最善の治療法

    うつ病です。 抗うつ剤パキシルなどを服用してきました。 現在、精神科に通っております。 精神科医との関係はなかなか良いのですが、肝心のうつ病がちっとも良くなりません。 焦ってはいけない、ゆっくり療養するのが一番と思って、今までうつ病治療を続けてきましたが、焦りも感じ始めています。 うつ病を治すために療養と抗うつ剤治療が一番手だとして、他にどの...

    A
    ベストアンサー
    はじめまして。
    私は今ある心理療法の先生のところにお世話になっています。
    質問者様と同じように精神科や心療内科、カウンセリングルームなど様々な医者やカウンセラーの先生と変えてきましたが、なかなかうつ病が改善しませんでした。
    このままうつ病が治らないのでは? という不安に一時期押しつぶされてしまいました。
    でも、いまは凄く快調です。それにうつ病がまた再発したらどうしようと思っていません。再発しても、それが何なの? それがどうしたという思いでいるから、うつ病が再発しないんでしょう。それに脳内の伝達物質も自律神経もバランスがとれてきたと思います。抗うつ剤もいまは飲んでいません。もう抗うつ剤依存から脱却できました。
    うつ病が良くなってみると、うつ病の人生へのマイナス影響をひしひしと感じます。まったく精神状態が楽でしょうがないので、改めてうつ病の怖さを身に染みています。
    うつ病になって良かったと言うことはほとんどないです。やっぱり良くなってはじめて、人の気持ちのもろさ、弱さを知ることができて、痛みもわかるようになったことは収穫でしたが。
    薬に頼ってしまうのもわかりますし、あの地獄の苦しさはなった人にしか絶対わからないですよね。

    >ゆっくり休むという選択肢以外で

    と書かれていますが、ストレスはただ避けるだけではダメで、ストレスがあっても影響を受けない自分になるしかないです。
    社会復帰をしなくてはいけないですし、避けてばっかりいても、うつ病は必ず再発してしまいますから。
    その意味では抗うつ剤だけの治療では中長期的に見て、あんまり私にはよくなかったと思っています。
    ストレスへのとらえ方は、認知行動療法的アプローチも必要になります。それは病院に限らず森田療法のアプローチでも、私が通っている心理療法のアプローチでもやるので、ご自分に合うものをやればいいと思いますよ。

    また焦りを感じている自分に「焦ってはいけない」と思っていますが、焦りを感じたら、焦りのまま受け流すといいです。
    焦ってはいけないことに罪悪感を感じるとますますうつ病が進行してしまいます。そういうとらえ方を変えていって、私はすごくうつ病が良くなりました。他にもいろいろな場面で認知の誤解というものがあると思うので、そういう意味で認知行動療法は非常に効果がありました。焦りや不安とは無駄に戦わない方がよかったです。

    うつ病は抗うつ剤の治療が一般的ですし、それに異論を唱えるつもりはないですが、私は抗うつ剤治療は「いつでも」できることだと思っています。
    だから、選択肢をいろいろ広げて行くことがいいと思います。
    ご自分にこれだ!と思える治療法に出会えるといいですね
    はじめまして。
    私は今ある心理療法の先生のところにお世話になっています。
    質問者様と同じように精神科や心療内科、カウンセリングルームなど様々な医者やカウンセラーの先生と変えてきましたが、なかなかうつ病が改善しませんでした。
    このままうつ病が治らないのでは? という不安に一時期押しつぶされてしまいました。
    でも、いまは凄く快調です。それにうつ病がまた再発したらどうしようと思っていません。再発して... 続きを読む
  • 18位

    うつ病って?

    うつ病ってどういうこと?? 日常生活ができない程度の人がうつ病ですか?? 学校に行けないとかじゃないとうつ病とは言えないんですか?

    A
    ベストアンサー
    うつ状態とうつ病の違いから説明しますね…

    精神的には、意欲がなくなり、今まで楽しめたことが楽しめない、罪悪感や、不安感を訴えます。

    身体的には睡眠障害、倦怠感、食欲が無くなる(過食の場合もある)など。

    これらが2週間以上続くとうつ病が疑われることも…
    一時的な場合、例えば学校のある時にはそうだけど、休みや、学校以外では元気に楽しめる場合がうつ状態と言われます…

    うつ病は、本人が日常生活や社会生活(会社、学校)などに何か支障が出ること、だいたいは朝が最も辛い場合が多いので学校に行きたくない、行きたいが行けないなどは多いかと思います…

    頑張って学校や会社に行く人もいますが、行動がいつもより時間がかかったり、頭の働きが遅くなる場合も多い為に、周囲が心配して病院に連れて行くことも多いようです。

    どなたか身近にいらっしゃるのでしょうか…
    うつ状態とうつ病の違いから説明しますね…

    精神的には、意欲がなくなり、今まで楽しめたことが楽しめない、罪悪感や、不安感を訴えます。

    身体的には睡眠障害、倦怠感、食欲が無くなる(過食の場合もある)など。

    これらが2週間以上続くとうつ病が疑われることも…
    一時的な場合、例えば学校のある時にはそうだけど、休みや、学校以外では元気に楽しめる場合がうつ状態と言われます…

    うつ病は、本人が日常生活や社会... 続きを読む
  • 19位

    うつ病うつ病は甘え?

    うつ病うつ病は甘えですか? 僕はどちらかは分かりませんがうつ状態がひどいと朝、ベッドから起き上がれません。 そして好きなことも嫌いなことも何もしたくありません。 家族はうつを理由に甘えんなと厳しい言葉を投げつけてきます。 躁うつ病うつ病は甘えなのでしょうか。 回答お願いします。

    A
    ベストアンサー
    甘えではありません。
    でもうつ状態が躁うつ病、うつ病とは限りません。

    もしかしたら何か別の病気のせいかもしれませんよ。
    内科などに行かないで精神科・心療内科とか行っちゃうと誤診され、本当の病名を知ったときには手遅れになっていることも多々あります。

    一度内科で検査を受けられたほうがいいですよ。

    本当の病名が分かってちゃんとした治療を受けることで「何もしたくない」という辛い状態から回復できるはずですから。
    万が一白血病などの難病が原因でも家族から厳しい言葉を投げつけられることはなくなると思います。
    大体はうつ状態は甘えとは関係ないですからね。
    (一部甘えからくるうつっぽくなる病気もあります)
    甘えではありません。
    でもうつ状態が躁うつ病、うつ病とは限りません。

    もしかしたら何か別の病気のせいかもしれませんよ。
    内科などに行かないで精神科・心療内科とか行っちゃうと誤診され、本当の病名を知ったときには手遅れになっていることも多々あります。

    一度内科で検査を受けられたほうがいいですよ。

    本当の病名が分かってちゃんとした治療を受けることで「何もしたくない」という辛い状態から回復できるはずです... 続きを読む
  • 20位

    うつ病?

    昨日、うつ病チェックをしてみると、うつ病の可能性があると、分かりました。 うつ病の症状を、みてみると、自分にあてはまるのが、いくつかあったので、ホントにうつ病っぽいです。 病院にいったほうがいいのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    自分で疑いを持ってチェックしようとしている時点で、どれも当てはまるように感じてしまうんです。不安だからチェックしてる訳だしね。
    貴方の今はうつに近い状態。
    先ずはその貴方を悩ませている原因に対しての具体的な対策だよね。
    その一つとして病気の治療というスタンスとは別に悩みを聞いてもらう、専門家に今の自分を受けとめてもらう事で客観的に今の自分を理解する事が出来る。そしてもし一時的に心身に不具合が出ているなら薬も利用しながら立て直していく。そして大切なのは貴方を悩ませている、原因事情に対してきちんと向きあって解決していく事ですから。
    もしうつならうつとして受けとめる。うつじゃなくても不安定な自分を立て直していく一歩としてアドバイスを有効に活用していく。
    自分ではどうしようもない部分がもしあるんだとしたら、その打開策としてポジティブな選択として通院は必要だし有効だと思うよ☆
    自分で疑いを持ってチェックしようとしている時点で、どれも当てはまるように感じてしまうんです。不安だからチェックしてる訳だしね。
    貴方の今はうつに近い状態。
    先ずはその貴方を悩ませている原因に対しての具体的な対策だよね。
    その一つとして病気の治療というスタンスとは別に悩みを聞いてもらう、専門家に今の自分を受けとめてもらう事で客観的に今の自分を理解する事が出来る。そしてもし一時的に心身に不具合が出... 続きを読む
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→