【とは MO】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    MOとはなんですか?

    このごろアメリカのテレビを見ることのできるサイトを良く利用します、有料と無料があり無料で使用していましたが、十分使えると思ったのでお金を払って少しサービスを増やそうと思っています。 金額の場所に$ 14.95 / moと書かれていました。 前部分は14ドル95セントということは分かるのですが後のMOの意味が分かりません、調べてみましたがMOとは小切手のことなのでしょ...

    A
    ベストアンサー
    > $ 14.95 / mo

    $14.95/monthly ですね。
    月額14.95ドルです。
  • 2位

    MOS検定とは Word Excel の試験をまとめた呼び名ですか?

    MOS検定とは Word Excel の試験をまとめた呼び名ですか? MOS検定に合格した、というのは 何個かの試験を受けたということですか?

    A
    ベストアンサー
    MOSとは「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の略で
    質問者様の仰る「Word・Excelの試験をまとめた呼び名」ではありますが、ソフト別に試験が分かれています。
    なお、部門はWord(スペシャリスト・エキスパート)、Excel(スペシャリスト・エキスパート)
    Access、PowerPoint、Outlookに分かれています。

    余談ですが、Wordエキスパート、Excelエキスパート、PowerPointの全てと
    AccessかOutlookのいずれかに合格した場合
    「オフィスマスター」という称号が貰えます(ちなみに私はオフィスマスターの持ち主です)。

    「MOS検定に合格した」というのはいまいち曖昧な表現ですね…。
    MOSの中のどれに合格したのか、複数の部門なのか1つだけなのかが不明です。
    例えば、オフィスマスターを取得したのならそう表現すればいいですし。
    ま…確かに1つでも合格していれば「MOSに合格した」と言えますからね…。
    もし相手に合格している事を伝えるなら、例えばWordとExcelであれば
    「MOSのWordとExcelに合格した」と表現すれば分かりやすいのでは、と思います。
    MOSとは「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の略で
    質問者様の仰る「Word・Excelの試験をまとめた呼び名」ではありますが、ソフト別に試験が分かれています。
    なお、部門はWord(スペシャリスト・エキスパート)、Excel(スペシャリスト・エキスパート)
    Access、PowerPoint、Outlookに分かれています。

    余談ですが、Wordエキスパート、Excelエキスパート、Pow... 続きを読む
  • 3位

    MOの信頼性とは…?

    MOの信頼性とは…? 仕事のバックアップでMOを使っています。 しかし、昔よりバリエーションも少なく(電気屋でも売り場は隅っこですし…)、 他メディアよりもコストパフォーマンスで劣っていると思います。 社長は「色んなメディアがあるけど、MOの信頼性が一番高い」と言っていますが、 本当に他メディア(USBメモリー、SDカードなど)よりも信頼性は高いのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    とりあえずMOは、かの阪神大震災で倒壊した建物の中から発掘された後に、中身がちゃんと読み出せた、って程度にはしっかりしてますね。
    勿論、物理的に破損したら終わりですけど。

    記録エリアが剥き出しじゃないってのも、そういう物理的な外的要因による損傷を軽減していると思います。
    同じ場所にあったCD-RやDVD-Rは全滅だったようですし。

    USBメモリやSDカードに関しては、話にならないですね。
    それらは、元々一時記憶のためのメディアであって、長期間保存には端から向いていませんから。
    それらを使うくらいなら、DVD-R等の方が未だ信頼性が高いです。
    そんなもんに大事なデータを長期保存とかってのは自殺行為です。

    勿論、どのメディアだろうが、粗悪品だと論外なんですけど。

    MOの場合、現状は業務用途で生き残ってるだけと言っても良いくらいですが、それでも生き残っているのは、コストよりも信頼性を評価されているからです。
    個人ならコストだけを重視しても構いませんが、業務だと保存したデータが消滅する被害額に比べれば、MOのコストなんて微々たる物ですから。

    重要なデータをUSBメモリに保存していて、ある日突然中身が消滅したら(USBメモリ的には良くある事ですから。)それこそ大問題ですよね。
    まぁ、普通は複数バックアップ取っているはずですが、それを怠っていたら、その中身が消滅することで数百万とか数千万とかの被害が出る可能性も無いわけでは有りませんから。(勿論、記録していたデータ次第)

    と言いつつも、特定用途以外では、MO需要はどんどん減ってきています。
    今時は全国の支社にサーバを設置して同一データを複数拠点で保存しておいたり、オンラインストレージ使ったり、で災害があった場合に、どこかの地域が潰れても問題のないようにしていますから。

    まぁ、記録しておく情報の価値で、どれを使うかを選択すれば良いんじゃないでしょうかね。
    とりあえずMOは、かの阪神大震災で倒壊した建物の中から発掘された後に、中身がちゃんと読み出せた、って程度にはしっかりしてますね。
    勿論、物理的に破損したら終わりですけど。

    記録エリアが剥き出しじゃないってのも、そういう物理的な外的要因による損傷を軽減していると思います。
    同じ場所にあったCD-RやDVD-Rは全滅だったようですし。

    USBメモリやSDカードに関しては、話にならないですね。
    それらは、元々一時記憶の... 続きを読む
  • 4位

    USBフラッシュメモリーとMOはどちらが良いの?

    USBフラッシュメモリーとMOディスクのことについて質問があります。 MOディスクの方がバックアップには良いのでしょうか? 恥ずかしいのですが、今更ながらこの間USBフラッシュメモリーを始めて買いました。 使ってみてびっくり。。 早い。 USBフラッシュメモリーが便利だとは聞いていたのですが、なかなか使うまでいかなかったのです。 今まではMOに入れていたのですが、USB...

    A
    ベストアンサー
    MOに関してウィキペディアの記載を抜粋すると、
    データ保持寿命は推定50年から100年とされ、現在もMOの耐久性に匹敵するメディアは存在しない事から、プロユースを中心とした需要は根強い。なお、MOの書き換え回数はハードディスクドライブをも上回る1000万回とされる
    と書かれているように保存性は高いです。
    USBメモリーに使われているフラッシュメモリーは書き換えを繰り返すと劣化します。(と言っても数万回以上使えますがHDDやMOより低いです)
    なので長期間の保存はMO,一時的な保存、データ移動等はUSBメモリーと使い分けが良いと思います。
    MOに関してウィキペディアの記載を抜粋すると、
    データ保持寿命は推定50年から100年とされ、現在もMOの耐久性に匹敵するメディアは存在しない事から、プロユースを中心とした需要は根強い。なお、MOの書き換え回数はハードディスクドライブをも上回る1000万回とされる
    と書かれているように保存性は高いです。
    USBメモリーに使われているフラッシュメモリーは書き換えを繰り返すと劣化します。(と言っても数万回以上使え... 続きを読む
  • 5位

    ステンレスに含まれているNiとMoはどのような化学種なのでしょうか?

    ステンレス316には鉄、クロムの他にニッケルとモリブデンが含まれていますが、ニッケルとモリブデンはどのような化学種でふくまれているのでしょうか? 単体なのでしょうか? 酸化体なのでしょうか? 教えて下さい

  • 6位

    MOの巡回冗長検査エラーとは?

    スカジー接続のMOドライブを使っています。 以前保存した画像等を見たいと思ってマイコンピュータから 光磁気ディスクのアイコンをクリックしますが 「フォーマットしますか?」というメッセージがでます。 どのMOディスクを使っても一緒です。 また、新しいディスクに保存しているときも 「巡回冗長検査(CRC)エラーです。」と言うメッセージがでて 保存が出来ません。 調...

    A
    ベストアンサー
    大抵の記憶装置には、保存したデータや読み出したデータが間違ってないかを確認する、チェックデータと照合する機能がついてます。
    (例えば、ABCDだったら4というチェックデータがついて、ABCしか読み出せなければ3で、4と違うのでエラーとわかる)
    要するに、それが不正なので、エラーだと。

    大抵の場合、メディア自体がへたったとか、そういう理由で発生しますが、ドライブが正しく信号を読み取れないとか、コントローラの故障、ケーブルにノイズが載る、と言った理由でも発生します。

    重要なデータの入っているディスクなら、別のドライブとかで読めるかどうか確かめてみては。
    大抵の記憶装置には、保存したデータや読み出したデータが間違ってないかを確認する、チェックデータと照合する機能がついてます。
    (例えば、ABCDだったら4というチェックデータがついて、ABCしか読み出せなければ3で、4と違うのでエラーとわかる)
    要するに、それが不正なので、エラーだと。

    大抵の場合、メディア自体がへたったとか、そういう理由で発生しますが、ドライブが正しく信号を読み取れないとか、コントロー... 続きを読む
  • 7位

    MOSとMCASはどう違うの

    マイクロソフトのオフィススペシャリストの一般バージョンをもっているんですが、エキスパートを勉強しようとして、 MCASという資格があることを知りました。 ・・・ どう違うのですか? どちらもとれば、履歴書にはどちらも書くのが通例なのでしょうか。

    A
    ベストアンサー
    http://okwave.jp/qa3555590.html の私の過去の回答 ANo.1

    >どちらもとれば、履歴書にはどちらも書くのが通例なのでしょうか。

    Office2003以前とOffice2007,別の試験ですので,どちらも書くのが通例でしょう。
  • 8位

    MOとFDの違いは?

    美術でwindows用のMOを使用することになりました。 フロッピーディスクとはどのように違うのでしょうか。 またフォトショップを使用するのですが、「レイヤー」など フォトショップ用語がまったくわかりません。 用語解説のページがありましたら、ぜひ教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

    A
    ベストアンサー
    Magneto Optical Diskの略で、レーザーと磁気を利用した記録メディアで、何度でも書き込みができます。データの書き込みにはレーザー・磁気ヘッドの両方を使い、データの読み出しにはレーザーのみを使います。記憶容量は128MB・230MB・640MBなどがあるが、ギガモと呼ばれる1.3GBの大容量のメディアもあります。FD(フロッピーディスク)と比較して容量が大きく、また読み書きの速度も高速な大容量記憶メディアの一つです。 MOは上位互換となっており、例えば640MBのメディアに対応しているMOドライブを使用しているならば、それ以下の容量のメディアはすべて利用できる為、大容量のデータを手軽にやりとりするメディアとしての使い勝手は良いです。


    アスキー デジタル用語辞典とは?
    アスキー デジタル用語辞典は、基礎的なパソコン用語から難しい専門用語まで、コンピュータに関連する用語を幅広く収録したインターネット上の用語辞典です。収録されている用語は、(株)アスキー発行の雑誌や書籍、Webサイトなどから集められているため、それぞれのジャンルに詳しい編集者がチェックしているのも特徴です。

    参考URL:http://yougo.ascii24.com/
    Magneto Optical Diskの略で、レーザーと磁気を利用した記録メディアで、何度でも書き込みができます。データの書き込みにはレーザー・磁気ヘッドの両方を使い、データの読み出しにはレーザーのみを使います。記憶容量は128MB・230MB・640MBなどがあるが、ギガモと呼ばれる1.3GBの大容量のメディアもあります。FD(フロッピーディスク)と比較して容量が大きく、また読み書きの速度も高速な大容量記憶メディアの一つです。 MOは... 続きを読む
  • 9位

    MOとCDの違いは?

    パソコンを新しくしたので、CDに焼き付けができるそうです。 MOと同じように使えるんですか、何か違いがあるんですか?

    A
    ベストアンサー
    まず記録する方式が違う。
    CD-R系は光学ディスクで、読み書き双方にレーザーを使う。
    MOは光磁気ディスクとよばれ、書き込みにレーザーと磁気を併用。読み込みにはレーザーを使う。

    次に使い勝手が違う。
    CD-R系は、パケットライトソフトをもちいないとFDDのようには使えない。
    CD-Rは一度しか書き込みができない。CD-RWは書き換えも可能。
    CD-ROMと互換性があるので、CD読み込み可能なドライブを搭載しているPCであれば読み込みが可能。
    同様に音楽CDなども作成できる。

    MOは容量の多いFDDとして使える。
    よけいなソフトを必要としないし、手軽に使えるのでファイルのバックアップなどには使いやすい。
    しかし専用のドライブが必要だし、普及していないのでいろいろなところに持って行くメディアとしては使いにくい。

    まぁこんな感じに特性が違います。
    最近はメディアの安さや、互換性の高さなどからCD-R系の方が主流でしょう。
    まず記録する方式が違う。
    CD-R系は光学ディスクで、読み書き双方にレーザーを使う。
    MOは光磁気ディスクとよばれ、書き込みにレーザーと磁気を併用。読み込みにはレーザーを使う。

    次に使い勝手が違う。
    CD-R系は、パケットライトソフトをもちいないとFDDのようには使えない。
    CD-Rは一度しか書き込みができない。CD-RWは書き換えも可能。
    CD-ROMと互換性があるので、CD読み込み可能なドライブを搭載しているPCであれ... 続きを読む
  • 10位

    MOS-FETの許容損失とは?

    タイトル通りですが,MOS-FETのカタログに載っている許容損失とは 何なのでしょうか? MOS-FETを使ったスイッチング回路を作ろうとしていて,どのFETを使うか カタログを調べているのですが許容損失をどう考慮すればよいのかがわかりません。。

    A
    ベストアンサー
    1.許容損失
    許容損失とは、「接合部温度が最大定格値に達するときの消費電力」をいいます。
    (注 MOS FETには接合部(ジャンクション)というものはなく、チャネルがこれに相当します)

    (↓(5)最大許容損失 の項参照)
    http://www.rohm.co.jp/products/databook/tr/pdf/transistorsiyoujou-j.pdf

    許容損失には、「最大許容損失」と「許容損失」があります。
    最大許容損失は、デバイス固有の値ですが、許容損失は使用条件、周囲条件によって変わります。
    (いずれも、接合部温度が最大定格に達するときの損失電力です)

    2SK1382のデータシートです。
    http://www.rohm.co.jp/products/databook/tr/pdf/transistorsiyoujou-j.pdf

    「チャネル・ケース間」の熱抵抗は、0.65℃/Wとなっています。
    一般にはケース温度は(25℃)で考えますので、チャネル温度が150℃(最大定格)であれば、
      最大許容損失(W)=(150-25)℃/0.65℃/W=200Wと計算されます。
    つまり、このデータシートの「許容損失」は「最大許容損失」を表しています。

    熱抵抗にはもうひとつ、「チャネル・大気間」の熱抵抗があり、これは35.7℃/Wと記載されています。
    つまり、デバイス単体では(放熱板を全く付けない状態では)、
      許容損失(W)=(150-25)℃/35.7℃/W=3.5W
    たった3.5Wでチャネル温度は、150℃になってしまうことがわかります。

    逆に、最大許容損失は、「”周囲温度が25℃で”、無限大大きさの放熱板を付けた場合」と解釈されてもよいことになります。
    先ほど、「許容損失は使用条件・周囲条件によって変わる」と申し上げましたが、もし周囲温度が60℃であったらどうなるでしょう。
      許容損失(W)=(150-60)/35.7=2.5W
    に下がってしまいます。(2.5℃でチャネル温度は150℃になる)
    これに放熱板を付ければ、熱抵抗が改善されることにより、許容損失はより大きくなります。

    2.放熱設計
    周囲温度が最高60℃に達する可能性のある環境下で、2SK1382を使用し、損失電力が30Wある場合に必要な放熱板の大きさを求めてみます
    なお、絶縁シートの熱抵抗は0.4℃と仮定します。
    詳細説明は下記資料を見てください。
    http://www.picfun.com/heatsink.html

     所要全熱抵抗=(150-60)℃/30W=3℃/W
     所要放熱板熱抵抗=3-0.65-0.4=1.95℃/W
     上記資料のグラフから1.95℃/W→約450cm2

    再び、2SK1382のデータシートを見てください。
    3ページ中段右に「Vds-Vgs」のグラフがあります。
    このグラフから、2SK1382はVgsを4Vでドライブすれば、30A流れても、Vds=0.6Vであり、チャネル損失は18W程度であることがわかります。
    更にVgsが10Vでドライブすれば、チャネル損失は12Wになることがわかります。

    ただし、この計算は、「チャネル損失はオン時にのみ発生し、オフ時には損失は発生しない」と仮定しています。
    低速スイッチングにおいては、この考え方でよいのですが、高速スイッチングになると、過渡状態においても損失が発生するので、これを考慮することが必要となります。

    3.ディレーティング
    最大定格は、「一瞬たりとも、この条件を超えてはならない動作条件」です。
    この条件下で使用することで、永久的な動作が保証されるものではありません。
    温度と寿命の関係にはアレニウスの関係式が使われます。
    (↓59ページ (2)温度ストレスによる加速)
    http://www.ncsd.necel.com/reliability/pdf/PQ10478JJ02V0TN_ch02.pdf

    この式から、デバイスの寿命は、「温度が低くなるほど長くなる」ことがわかります。
    逆に、例えば120℃程度であっても、高温ー低温の繰り返しがストレスになることは、常識的にも明らかでしょう。

    放熱設計は、確率的要素も含んだ極めて難しい問題です。
    これらを、配慮して、放熱設計では「ディレーティング(使用条件を緩和する)」という考え方がとられます。

    参考URL:http://www.rohm.co.jp/products/databook/tr/pdf/transistorsiyoujou-j.pdf
    1.許容損失
    許容損失とは、「接合部温度が最大定格値に達するときの消費電力」をいいます。
    (注 MOS FETには接合部(ジャンクション)というものはなく、チャネルがこれに相当します)

    (↓(5)最大許容損失 の項参照)
    http://www.rohm.co.jp/products/databook/tr/pdf/transistorsiyoujou-j.pdf

    許容損失には、「最大許容損失」と「許容損失」があります。
    最大許容損失は、デバイス固有の値ですが、許容損失は使... 続きを読む
  • 11位

    MOS(スペシャリスト)のシュミレーション問題とは?

    MOSのWord 2003とExcel 2003、共にスペシャリストの受験を考えています。 受験に関して、いくつか不明な点があるので箇条書きに致します。 (1)シミュレーション問題が数問出題されるようですが、一体どういう問題なのでしょうか? 公式サイトの説明書きを読んでもよくわかりませんでした。 (2)テキストは、FOMのよくわかるマスターの、Wordは改訂版、Excelは新版を使っていますが、...

  • 12位

    MOS Word2013とMOS Excel2013の資格は役に立ちますか?

    MOS Word2013とMOS Excel2013の資格は役に立ちますか?

  • 13位

    MOS等の資格はあると少しはいい?

    ここ数年はwordを使っての文書作成は父の手伝いをしていたこともあるので、 できるのですが、やはり今はMOSのword及びexcel(もしくは両方)の有資格者になっておいたほうがいいのでしょうか? というのも、「wordができます」と人にいってもこれくらいはできる というのが具体的に示し難いなぁと感じているからです。 皆様のご意見をお待ちしております。

    A
    ベストアンサー
    就職の際では資格は一つの目安です。
    資格の主催などにはあまりこだわりません。
    資格があれば操作方法はわかるんだなぐらいに認識します。
    資格のために勉強をしていても、実務になると作る資料も会社によって違ったりしますので、その程度で十分だと思います。

    今後、そういった就職活動に利用したりする予定もないのであれば、持っていて、損はないですが、得もあまりないと思います。
    ただ、自分がどのくらいのレベルなのかを確認したいとか、自信がつくとか、そういった気持ちがあるのであれば、是非取得しておくといいと思います。
    就職の際では資格は一つの目安です。
    資格の主催などにはあまりこだわりません。
    資格があれば操作方法はわかるんだなぐらいに認識します。
    資格のために勉強をしていても、実務になると作る資料も会社によって違ったりしますので、その程度で十分だと思います。

    今後、そういった就職活動に利用したりする予定もないのであれば、持っていて、損はないですが、得もあまりないと思います。
    ただ、自分がどのくらいのレベ... 続きを読む
  • 14位

    MOSのワードとエクセルの資格は就職に有利ですか?

    現在大学二年生です。 就職活動のことを考え、MOSのワード・エクセルの資格を取得しようと思ってるのですが、この資格は就職活動するにあたってどれだけ有利なのでしょうか? 就職活動に詳しい方からの回答お待ちしております。

  • 15位

    3CCDと3MOSの画像の違いは?

    ビデオカメラの購入を検討しています。 いろいろなサイトやランキングを見て考えた結果、パナソニック HDC-HS9 にしようかと思っていますが、3CCDというのはやはり3MOSよりかなり劣るのでしょうか? ちなみに、うちのテレビはプラズマの42型(wooo P42-HR01)ですが、かなり画像は違う感じに見えるものでしょうか? canonのiVIS-HF10(8万円)なども検討しましたが、やはり価格の面でパナソ...

    A
    ベストアンサー
    > 3CCDというのはやはり3MOSよりかなり劣るのでしょうか?
    CCDとMOS、映像素子としての性能なら、CCDの方が上というのが一般的ですね。
    ハイビジョンは情報量が多いので、読み出しが早いMOSの方が良い面もありますが。

    > かなり画像は違う感じに見えるものでしょうか?
    ちゃんと調整してあるので、映像素子の違いは見た目で判るほどではないと思います。
  • 16位

    NT4でMOを扱う… SFDとFDISKとは?

    業務でWinNT4を使用しており、 他社とのデータやり取りにMOを使用しています。 他社の作業環境は様々なので、ディスクのフォーマットは 「FAT16」で統一してもらっています。 しかし最近、NT4でマウントしないMOが見られます。 「またMacフォーマットか…」と思い、WinXP端末で見ると、 フォーマットは「FAT16」なぜNT4では読めないのか? いろいろ調べて、下記のサイトを見つけ...

    A
    ベストアンサー
     私はMOが世に出た1980年代の終わりごろからWindow98の時代までMOをバック・アップ用に利用していました。
    今では使用することはありませんが、それでも手元にSCSI接続、PCカード接続、USB接続のMOドライブがあります。

     さて、MOの論理フォーマットとしては、ハードディスク形式とスーパーフロッピー形式の2種類があります。
    「ハードディスク形式」
     MOをハードディスクのようにフォーマットした形式で、パーティション分割可能。
    PC/AT互換機においては「FDISK形式」、FMRシリーズ・FM TOWNSにおいては「富士通形式」と呼ばれるものが用いられた。
    また、NECのPC-9800シリーズ、Macintosh、UNIX等にも独自のフォーマットがりました。
    このフォーマットに対応したMOドライブでは、ハードディスク形式とスーパーフロッピー形式の切り替えSWが付いています。
    次のスーパーフロッピー形式に比べメディアのマウント・アンマウント(取り出し)が出来にくいものでした。

    「スーパーフロッピー形式」
     MOを大容量のフロッピーディスクのようにフォーマットした形式で、MS-DOS以降のOSでは標準でフォーマットできるようになりました。
    かつては「MS-DOSフォーマット済み」として市販されていたこともあります。
    こののスーパーフロッピー形式ではパーティション分割はできません。
     スーパーフロッピー形式は更に、IBM形式とセミIBM形式の2方式に分かれていました。

     以上の両社の簡単な識別方法として、スーパーフロッピー形式フロッピー・ディスクなどと同じようにRemovableであるが、
    ハード・ディスク形式の場合はPC起動後のマウントおよびアンマウントが出来ない、従ってPC起動後に内容を確認できない
    MOはハード・ディスク形式であるということです。
     私はMOが世に出た1980年代の終わりごろからWindow98の時代までMOをバック・アップ用に利用していました。
    今では使用することはありませんが、それでも手元にSCSI接続、PCカード接続、USB接続のMOドライブがあります。

     さて、MOの論理フォーマットとしては、ハードディスク形式とスーパーフロッピー形式の2種類があります。
    「ハードディスク形式」
     MOをハードディスクのようにフォーマットした形式で、パーティション分... 続きを読む
  • 17位

    MOS型のトランジスタというのはどういうものですか?

    MOS型のトランジスタというのは学校で習った三相に材料が重なっているのとは違うのですか?何か特徴があるのですか? 小型になるとか、静電気に強いとか、コスト的に有利とか。 専門的な回答ではなく、豆知識的な回答でお願いします。

    A
    ベストアンサー
    こちらの「MOS FETの仕組み」を参考にしてください。
    一番有利な点は小型化できることでしょう。

    MOSというのは材料を表す言葉なので、FETと言った方が正しい気がしますが。

    参考URL:http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/transistor/index.htm
  • 18位

    MOの将来性は? DVD-RAMとどっち?

    信頼性が高いということで、デジカメの写真などをMOに保存してきました。 ところが最近、安価なマルチDVDドライブが出てきたので、将来性を考えた場合、MOよりもDVD-RAMにした方がいいのかなと思い始めています。 互換性なども考えた場合……。 今までMOを活用してきた皆さんは、どう思われますか? 最近は話題にすら上らないので、MOの先行きに不安を感じています。

    A
    ベストアンサー
    MOもDVD-RAMも将来性はイマイチです。
    今、最も将来性を期待されているのは
    メモリースティックでしょう。
    タイプはいろいろありますが、
    1GBがすでに商品化されていますし、
    可動部分がないため、故障のリスクが低く
    耐久性が高い。

    DVDもブルーレイなどの新規格はさらなる大容量化
    するといわれていますが
    盤の傷や劣化、プレイヤーの消耗という問題は
    解決されてません。

    CDにしろDVDにしろドライブがホコリに弱く
    数年も使うと読み取り性能が極端に低下します。
    これが大問題。高い機材なので修理も高くつき
    買い替えたという経験がある人も多いと思います。

    それと盤面の傷、これも避けられません。
    (MOはその点はいいんでしょうが普及はしてませんね)

    最近、DVD機材が安くなって普及率もあがり
    売り込み入ってますが、将来性はそれほどでもないです。
    だから安いさ便利さで今使うものとしての利用に限られるでしょう。

    最近のメディア開発競争はスピードが速いので
    将来まで使えるようなことまでは考えられていませんね。
    在庫を残さない業界のシステムなので
    下手すると修理部品もなくなることもあります。
    あまり特定の規格にこだわらず、
    その都度、乗り換えていったほうがいいんじゃないでしょうか。
    MOもDVD-RAMも将来性はイマイチです。
    今、最も将来性を期待されているのは
    メモリースティックでしょう。
    タイプはいろいろありますが、
    1GBがすでに商品化されていますし、
    可動部分がないため、故障のリスクが低く
    耐久性が高い。

    DVDもブルーレイなどの新規格はさらなる大容量化
    するといわれていますが
    盤の傷や劣化、プレイヤーの消耗という問題は
    解決されてません。

    CDにしろDVDに... 続きを読む
  • 19位

    MOS試験は、ハローワークの求職活動と認められますか?

    現在失業中でMicrosoft Office Specialist(ワードやエクセル)の資格を取得しようと思っています。 これは1回試験を受ければ、求職活動1回分となるのでしょうか。 ハローワークの「求職活動の範囲」では、 *再就職に資する各種国家試験、検定等の資格試験の実施。 とありますが、国家試験しか認められないということでしょうか。

    A
    ベストアンサー
    求職活動の認識は各ハローワークごとに違うのが現状です。
    (紹介状を発行して面接まで受けないと認めない所とか、あるいは
    求人票閲覧だけでも認められる所とかばらばらです)

    なので、失業保険をもらう管轄のハローワークに直接聞いた方が
    確実かと思います。
  • 20位

    二つ教えて下さい。一般的にケータイとパソコンはなんと言いますか?(mo

    二つ教えて下さい。 一般的にケータイとパソコンはなんと言いますか? (mobile phoneとかpersonal computerではなく友達同士で使うような)

    A
    ベストアンサー
    cellとPCです。
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→