【一人親方 請負契約】の人気Q&Aランキング

1~20件(全138件)

  • 1位

    一人親方との請負契約について

    私は建設業である当社に入社して2年目の事務員です。 前任者から引継ぎのなかったところなのですが、 回りに相談できる方がいないので教えてください。 外注先が一人親方(個人事業主)の場合に 請負か雇用契約かといったところで判断が難しく、 税務調査の際などに請負と認められなかった際には 消費税や源泉所得税などが関わり、 中小企業にとっては大問題となるとい...

    A
    ベストアンサー
    契約書の遡及作成は基本構へんで。書面化するだけの話なら別に偽装でないから。

    ただ契約書で請負だ言うても税務の判断基準で雇用てなたら雇用扱い。ま契約書あたほうがましなのは確か。

    判断基準とかは国税庁のタクスアンサにあったはずだから見てみ?
  • 2位

    1人親方(請負契約)と雇用契約の有利・不利

    足場組立業をしていますが、従業員で親方の資格を21歳で取り、現在社長と同じ給与水準で勤務している24歳の社員がいます。給与の支給形態は完全歩合制で、雇用契約の最低賃金の規定は満たしていませんが、政府労災・任意労災ともに他の従業員とともに加入させており、社長・他の社員・本人ともに会社の社員であるという認識で勤務しています。 本人は将来独立して事業主...

    A
    ベストアンサー
    現行の給与水準のまま請負契約に切り替えると本人負担が増えて実質所得が減るのですから、相応の増分をして請負契約に切り替えたらいかがでしょうか。
  • 3位

    源泉徴収

    昨年から1人親方を雇っており、日額×日数=月額を額面通り支払い外注費で処理しておりました。 ただ、契約書等を交わしている訳ではなく、月末に請求書が提出される事もなく領収書だけを貰っている感じです。 仕事内容は請負よりも雇用の色が濃く来月から源泉徴収をしようと思っています。 今までは1人親方が確定申告しています。 無知で恥ずかしいのですがいきなり源泉...

  • 4位

    一人親方です建設国保に入りたい

    一人親方です建設国保に入るには 建設国保に入りたいのですが 請負契約書が必要と、言われたのですが、請負契約書形式が分 かりません 雛形があれば 教えてください。

  • 5位

    工場内請負における長時間労働のリスクについて。

    とある大企業で、 いわゆる一人親方をたくさん入れて、 請負契約(契約書はなし)をして、大企業の工場敷地内で働いているという状態です。 あるとき、1人の一人親方Aさんが事情でやめられて、 その穴埋めとして、その仕事のできる別の会社のBさんの勤務時間が、 7時〜翌1時となりました。 1日17時間労働、労働法における残業時間は1日9時間、 月にしたら180時間程の残業時...

  • 6位

    建設業許可の必要性

    建設業許可取得の必要性について教えてください。 私が勤める会社では国土交通大臣認可の専門建設業許可を取得し営業しています。 質問は私の会社で使用する2次下請けのケースです。 ほとんどの2次下請けは許可を取得済みなのですが、いわゆる一人親方達は未取得の状態で働いています。 調べてみると請負金額が500万円以下の場合は建設業がなくても構わないらしいですが...

    A
    ベストアンサー
    #1のbinyamuです。

    3年程前に事故が続き、労働基準監督署が入りましたが、一人親方についても、何もありませんでした。
    実際問題、1人親方の方で取得してる方が珍しいようにも思えますが。

    ですが、#2の方が仰るように、心配であれば取得してもらった方が良いかもしれませんね。
  • 7位

    建築業について

    建築業では、実質は雇用関係にあたるような関係でも、給料を受け取る際に領収書を書かせたりして一人親方との請負契約という形にし、雇用保険・労災保険の加入義務を免れようとしている会社が多いように感じるのですが、それは建築業界の常識なのでしょうか? 違法であったり、罰することは出来ないのでしょうか?

  • 8位

    消費税 一人親方2名の共同体の場合

    一人親方2名で共同で仕事をしています。 特に組織化はしていません。 受注先はほぼ1社で、今年は、課税売上高が、2人で1千万を超えるかもしれない状態です。 今までは、私が代表で請負契約をしていましたが、このままだと、私が再来年に消費税の課税業者になります。 今後、1契約ごとに契約書の契約者名を2人で分けて、課税業者にならないようにすることは、脱税になりま...

  • 9位

    たとえば○○橋補修工事を建設会社が受注して施工する際、その工事の一...

    たとえば○○橋補修工事を建設会社が受注して施工する際、その工事の一部分(たとえば塗装工事)を下請けに発注するというような施工体制もあるかと思いますが、その下請け工事(塗装工事)に従事する人数(出面)に何か制限はあるのでしょうか? 従事者が一人だと建設業法に抵触するから2人以上でないとダメといわれたことがあります。(元請けと下請けの請負契約が締結されて、...

    A
    ベストアンサー
    塗装作業そのものはだれがするんでしょう?
    御社従業員なら、2名以上いるはずですし、主任技術者1名ですべての範囲を塗りおえるのでしたら問題ありません。実作業は孫請けさんでしょう。そこを問題(丸投げ)としているのです。
  • 10位

    個人事業の開業日と経費について

    現在勤めている会社より、雇用(従業員) 契約から(一人親方として) 請負契約に変更してくれとの申し出があり、1月1日を開業日として近いうちに個人事業主の手続き(開業届・青色申告承認等)をするつもりでしたが、会社より契約変更は4月からにしてくれと言われ、1月〜3月の間の扱いをどのようにしたら良いのかお教え下さい。 ☆1月1日を開業日とした場合。 (1)従業員として支...

    A
    ベストアンサー
    >(1)従業員として支払われた給与は、個人事業の売上げとなるのですか…

    なりません。
    「給与所得」として、申告書の事業所得とは別の欄に書き込みます。

    >(2)従業員として通勤に使用したガソリン代は事業経費として…

    できません。
    給与が 3ヶ月だけでも、「給与所得控除」は、まるまる 1年分もらえます。
    給与所得控除のうちです。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

    >(3)同様にこの間“従業員として働いた分”に関する経費は、事業経費には…

    できません。

    >(4)確定申告は青色申告で良いのでしょうか…

    青色は開業日から 2ヶ月以内に申請が必要です。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2090.htm

    >(1)すでに購入してしまった物品(事務用品・会計ソフト等)は開業準備費として…

    はい。

    >出来る場合はどの程度まで、また期間はどのくらい遡って…

    特に決め事はありません。
    常識的な範囲です。

    税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    >(1)従業員として支払われた給与は、個人事業の売上げとなるのですか…

    なりません。
    「給与所得」として、申告書の事業所得とは別の欄に書き込みます。

    >(2)従業員として通勤に使用したガソリン代は事業経費として…

    できません。
    給与が 3ヶ月だけでも、「給与所得控除」は、まるまる 1年分もらえます。
    給与所得控除のうちです。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

    >(3)同様にこの間“従業員... 続きを読む
  • 11位

    確定申告

    私の伯父について皆様の意見をお聞かせください。 伯父は某造船所で働いています。 独身ですが、今回中古住宅を購入しようと不動産業者を訪問し、物件を決めました。 不動産業者を通じ銀行へ事前審査を申入れ満額OKの解答を頂きました。 ただ、この際所得を証明するものは会社からの『支払証明書』というもので『源泉徴収票』はでないとの事。 銀行へ本審査を申し込む...

    A
    ベストアンサー
     補足でのご質問についてですが,

    >一つ新たに分かったことは日給月給での仕事との事。

    ・日給月給の場合で給与所得ですと,給与支払い者(雇い主)は,所得税法の「給与所得の源泉税額表(日額表)」に基づき,源泉徴収の義務があります(例外もありますが,今回は違うと思います)。

    >それならば、会社から源泉徴収票だしてもいいんじゃないかとも思ったのですが、要は会社がしてくれないので個人でしなさいと受け取ればよいのでしょうか?

    ・源泉徴収の義務があるにもかかわらず,義務を果たさない給与支払い者も見受けられます。つまり,「源泉徴収はしないから,自分で確定申告してね」と言う勤務先です。

    ・某造船所は,そのような取り扱いをしていると言うことのようですね。困った勤務先です…
     補足でのご質問についてですが,

    >一つ新たに分かったことは日給月給での仕事との事。

    ・日給月給の場合で給与所得ですと,給与支払い者(雇い主)は,所得税法の「給与所得の源泉税額表(日額表)」に基づき,源泉徴収の義務があります(例外もありますが,今回は違うと思います)。

    >それならば、会社から源泉徴収票だしてもいいんじゃないかとも思ったのですが、要は会社がしてくれないので個人でしなさいと受け取れば... 続きを読む
  • 12位

    住宅建築契約を一方的に解除された場合の違約金

    相談内容の説明として、時系列順に下記の通り説明させていただきます。 ・老朽化した住宅の建て替え準備のため、建築資金を算段する目的で見積もりを親戚の大工(一人 親方、一回り以上年上の従兄)へ依頼しました。 (その際、某ローコストハウスメーカーの見積もりを渡し、できればこれに近い価格でお願いしたい と希望を伝えました。) ・ところが、長期間経っても見積...

  • 13位

    外注先に対する競業避止?

    かけだしの2代目経営者です。 当社には、大手A社の下請けをしてる部門があります。 長年(10年以上) その部門は、外注先B(俗に言う一人親方です)に依頼しておりました。 この部門は外注先Bの売上が全てで、当社社員は全く関与しておりません。 逆に外注先Bも、この部門の仕事のみで、他での仕事はゼロです。 また当社と大手A社の間には契約書がありますが、当社と外注先Bの間...

    A
    ベストアンサー
    答えします。
    1.これは諦めて下さい。契約書自体が存在してなければ何も言えませんので。
    2.お願いと言うことでしたら可能かも知れません。それか先手を打ってA社に独占契約か契約期間を設けてその間他の業者に対象の仕事を出さない等の契約書の変更を求める。

    位しかできないと思います。
  • 14位

    個人事業主への給与

    続けての質問となってしまう事をお許しくださいませ。 建設業の請負をしている個人事業主です。 現場で人手が足りない時に、同じく一人親方である個人事業主に手伝いをお願いしているのですが、 その給与支払い方法・源泉徴収方法についてお聞きしたいと思います。 ・日給14000円(内交通費2000円) ・月1日〜10日程度 ・その都度雇用契約を紙面で締結 ・材料は当方の親会...

    A
    ベストアンサー
    >工具、消耗品は当方の物を使用…

    これを先方持ちにしてもらって、「外注費」として支払えば、源泉徴収の対象ではなくなります。
    工具。消耗品代としていくらか上乗せする必要も出てくるかとは思いますが、あなたのほうの事務量がずいぶん軽くなります。
    先方の望みにもかなうことになります。

    なお、あなたが消費税の課税事業者であるなら、給与は非課税ですが外注費は課税扱いとなります。
    先方と特に消費税の話をしていないのなら、これまでどおりの単価で内税になっていると考えれば、あなたの「課税売上」が増えますので、消費税納税額が減る利点もあります。
    >工具、消耗品は当方の物を使用…

    これを先方持ちにしてもらって、「外注費」として支払えば、源泉徴収の対象ではなくなります。
    工具。消耗品代としていくらか上乗せする必要も出てくるかとは思いますが、あなたのほうの事務量がずいぶん軽くなります。
    先方の望みにもかなうことになります。

    なお、あなたが消費税の課税事業者であるなら、給与は非課税ですが外注費は課税扱いとなります。
    先方と特に消費税の話をし... 続きを読む
  • 15位

    建設現場で働いているのですが、新規入場教育の時に、「あなたは、一人...

    建設現場で働いているのですが、新規入場教育の時に、「あなたは、一人親方ですか」と尋ねる欄があるのですが、これには何か特別な意味があるのでしょうか、或いは一人親方にはメリットがあるのでしょうか、教えて下さい。 よろしくお願いします。

    A
    ベストアンサー
    一人親方の場合、請負契約上は 3次、4次といった下層の下請け会社になりますので、安全書類が元請の建設会社まで提出されているか、請負契約がきっちり行われているかを確認します

    事故と弁当は自分持ち、という慣用句どおり、現場内の事故の場合の労災は元請ではなく下請けであるその親方の会社が入っている労災を使います。

    先に間違った回答がありましたが一人親方は雇われた人間ではありません。
    工事の一部を請け負った会社の代表者になるのです。
    労災保険は事業主であるため労災が降りないので、一人親方かを確認し、労災の特別加入を行っているかも確認します。
    下記リンクは労災の特別加入についての案内の例です
    http://www.kana-rou.go.jp/users/kikaku/tkkanyu1.htm
    一人親方の場合、請負契約上は 3次、4次といった下層の下請け会社になりますので、安全書類が元請の建設会社まで提出されているか、請負契約がきっちり行われているかを確認します

    事故と弁当は自分持ち、という慣用句どおり、現場内の事故の場合の労災は元請ではなく下請けであるその親方の会社が入っている労災を使います。

    先に間違った回答がありましたが一人親方は雇われた人間ではありません。
    工事の一部を請け負った... 続きを読む
  • 16位

    建設・建築などで良く 一人親方制度とか 請負制度とかありますが、それ...

    建設・建築などで良く 一人親方制度とか 請負制度とかありますが、それはいったい何なんですか? 会社側にとって都合が良い制度ですか? 土建組合の方がそんな事を濁して言ってました。 詳しい方教えてください。 法的には問題ないのですか? 事故を起こした時は会社側の労災保険は使えないのでしょうか?

  • 17位

    第1種特別加入について

    第1種特別加入について質問があります 元請と下請け両方あるのですが、元請だけでなく下請け中の事故も 補償があるのでしょうか? それとも、下請け中の事故は、従業員だけでなく 特別加入者についても元請の保険で補償されるのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    第一種特別加入者=事業主
    元請→下請け=請負契約
    ∴元請の労災保険は使えず自己の特別加入の労災のみ適応される。
    下請け等の第2種特別加入者も労働者として元請下請け者に雇用されていない限り第1種特別加入者と同じ扱い。
    労災の原則 労働者のみ補償
    事業主、一人親方等は他者からの雇用による労働中の労働災害以外は自己の加入する特別加入の労災保険適応。未加入の場合他者からの雇用による労働中の労働災害は補償されない。
    第一種特別加入者=事業主
    元請→下請け=請負契約
    ∴元請の労災保険は使えず自己の特別加入の労災のみ適応される。
    下請け等の第2種特別加入者も労働者として元請下請け者に雇用されていない限り第1種特別加入者と同じ扱い。
    労災の原則 労働者のみ補償
    事業主、一人親方等は他者からの雇用による労働中の労働災害以外は自己の加入する特別加入の労災保険適応。未加入の場合他者からの雇用による労働中の労働災害は補償... 続きを読む
  • 18位

    アルバイト?偽装請負?

    はじめて質問いたします。 夫は元々建築業の会社でアルバイトしていましたが、 最近、同業他社にうつりました。 てっきりアルバイト待遇での移籍だと思っていたのですが、 「外注扱い」だということで源泉徴収もされておらず、 「確定申告は自分でやって」とのことでした。 しかし、交通費や器具などの経費は会社持ちなので、 どうやって申告したらいいのかわかりま...

    A
    ベストアンサー
    労災特別加入は
    いわゆる「土建組合」に加入すれば
    そこ経由で可能となります
  • 19位

    解雇したい場合 準備は?

    お世話になります 会社の従業員を解雇したいのですがいくつか問題があります 数年後私が社内で権限を持ったら解雇する予定です 1:本来は従業員として雇うべきところ?を 1年契約の1人親方の扱いで雇っている・・・ ・以前社員にならないかと声をかけたところ 社員になると 手取りが減るのが嫌との事で 現在の雇用体系になっています 2:日常生活で問題が生じると 解決策...

    A
    ベストアンサー
    > 問題は 就業前に帰る事を理由に解雇する予定ですが これには何か証拠が必要でしょうか?

    ビデオカメラ等の録画があっても、それだけでは解雇の事由としては不十分です。

    時計やビデオカメラのタイマーを細工したとかってゴネられると、時刻の証明は結構面倒だし。


    段取りとしては、
    ・会社として、タイムカードを導入するなどして、勤務時間の記録を取ってください。

    > ちなみにタイムカードは 他の者が定時に押して タイムカード上は 
    > 遅刻なし、定時に退社 となっています

    ICカードを導入するとか、指紋認証で打刻するとか。
    そういう状況が把握出来てるなら、退勤の打刻時にそういう事を行なっていないかチェックし、不正があるなら注意、指導して記録をガッツリ残しとくとか、今後は抜き打ちでそういうチェックする旨通達とか。

    ・就業規則の懲戒規定を整備して下さい。
    ・遅刻や早退に関して、口頭注意(記録はガッツリ残します)、書面注意、始末書提出など、段階的な処分を実施してください。
     (それで改善されれば問題解決なんだし。)
    ・改善しなければ、配置転換や減給、出勤停止などの懲戒処分を実施、最終的に解雇とか。


    労務安全情報センター(整理解雇の4要件)
    http://labor.tank.jp/kaiko_etc/seirikaiko.html
    > 問題は 就業前に帰る事を理由に解雇する予定ですが これには何か証拠が必要でしょうか?

    ビデオカメラ等の録画があっても、それだけでは解雇の事由としては不十分です。

    時計やビデオカメラのタイマーを細工したとかってゴネられると、時刻の証明は結構面倒だし。


    段取りとしては、
    ・会社として、タイムカードを導入するなどして、勤務時間の記録を取ってください。

    > ちなみにタイムカードは 他の者が定時に押して... 続きを読む
  • 20位

    一人親方

    主人が建築板金の仕事をしているのですが、今度、今の会社から仕事をもらって一人親方としてやっていくことを考えています。 そこで質問なのですが… これはやはり個人事業の届出をして始めることになるのでしょうか? また、個人事業主でも白色申告が可能だと聞いたのですが(経費があまりでない仕事なので、青色より白色のほうが得だと、専門知識がある友人からアドバ...

    A
    ベストアンサー
    税金の仕事に携わっている者です。
    まず一人親方の定義ですが、「一定の会社に属しておらず常時使用人を雇用していないこと」が条件となります。
    従いまして、「今の会社から仕事をもらって」のもらい方が雇用契約ではなく請負契約である必要があります。(雇用契約に基づき仕事を分けてもらう場合は会社員扱いとなります。)

    次に確定申告時の白色申告についてですが、経費があまり出ない場合帳簿等の整理は付けやすいと思いますので、手間はかかりますが「青色申告特別控除」を受けられる青色申告の方が納税額を少なく抑えることが出来ます。白色申告の場合簿記の知識や帳簿の整理の手間が省けますのでそういった意味では得だと言えますが。
    いずれにせよ、個人事業主であろうがなかろうが白色申告も青色申告も自由に選べることは確かです。

    その他ですが請負契約に基づく「請負業」と都道府県が認定すれば、年所得のうち290万円を超える部分の5%を「個人事業税」として事業所のある都道府県へ納税する必要があります。

    お役に立てれば幸いです。頑張ってくださいね。
    税金の仕事に携わっている者です。
    まず一人親方の定義ですが、「一定の会社に属しておらず常時使用人を雇用していないこと」が条件となります。
    従いまして、「今の会社から仕事をもらって」のもらい方が雇用契約ではなく請負契約である必要があります。(雇用契約に基づき仕事を分けてもらう場合は会社員扱いとなります。)

    次に確定申告時の白色申告についてですが、経費があまり出ない場合帳簿等の整理は付けやすいと... 続きを読む
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 次の結果→