【不動産仲介】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    契約直前に仲介手数料半額の不動産仲介業者に乗換

    何件か不動産仲介業者を回って、ある物件に申し込みを入れ、審査が通ったので、 その物件を探してくれた不動産仲介業者と契約しようとしているですが、そこは、仲介手数料100%です。 別の不動産仲介業者の方が「うちで契約して頂けるなら、その物件の仲介手数料、半額にします」と言ってくれてます。 契約前だったら、仲介手数料半額の不動産仲介業者に乗り換えてもいい...

    A
    ベストアンサー
    >人道的にいかがなものかと思うのですが


    その通りです。

    それだけでなく、当初の仲介業者から請求されれば
    正規の手数料を支払う事になります。

    法的にも負けます。


    最近、こういうのを「消費者の自由だ」とか
    「それが競争というものだ」とか
    勘違いしてるバカな人の書込みが多いようですが

    不動産は情報産業で手数料商売です。

    手数料半額にしたければ、その半額の業者から
    改めて違う物件を紹介してもらうしかありません。
    ただ、審査まで通った状態でこういう理由のキャンセルは
    まさに人道的にいかがなものかって話です。


    業者を乗り換えて申込んだ場合、物件の所有者には
    「この借主は一度申込んだのをキャンセルして
    別の業者から申込んできた」ことがバレます。
    半額業者がどうとりつくろっても、モラルのない行為で
    あることは隠せません。
    きびしい大家さんなら「こういうことする借主はロクな人間ではない、
    なので契約はお断りする、絶対に入居させない」となるでしょう。

    もし、当初の業者がその物件の元付けだったならば
    その大家さんの前にその業者のところで上記と同じ理由で
    お断りされることになります。
    出入り禁止みたいなものです。

    誰だって5万円浮くのはありがたい話ですけど

    たかが5万円で人間性を疑われるような行為を
    するべきか良く考えましょう。
    そもそも5万でよくなったはずが15万になる可能性も大ですし・・・
    当初の業者に訴えられて負けたとしても、半額の業者から
    その分が自動的に返金されるわけじゃありませんし。


    >「うちで契約して頂けるなら、その物件の仲介手数料、半額にします」


    こういうバカなことを言う業者・営業がいるのは残念な話です。

    すでに申込を入れているのに
    「でも、他にもっといいのないかな」と業者を回っていて
    「こういう物件を申込んでるけどもっといいのないですか」と
    やらかしてたなら、質問者にもかなり問題ありですし
    例え、たまたま追客で連絡してきたところにそういう話を
    したとしても「よそで決めました」以上のことを
    話すのもどうかと思います。


    質問者さんはご自分でも疑問を感じているようですが
    上記の通りかなり問題になる可能性が高いですから
    よくお考えになってどうぞ。
    >人道的にいかがなものかと思うのですが


    その通りです。

    それだけでなく、当初の仲介業者から請求されれば
    正規の手数料を支払う事になります。

    法的にも負けます。


    最近、こういうのを「消費者の自由だ」とか
    「それが競争というものだ」とか
    勘違いしてるバカな人の書込みが多いようですが

    不動産は情報産業で手数料商売です。

    手数料半額にしたければ、その半額の業者から
    改めて違う物件を紹介してもらうしかあり... 続きを読む
  • 2位

    信託銀行系の不動産仲介について

    現在、東京都内で中古マンションの物件探しをしております。 今まで、不動産仲介の大手3社と証券系のネット中心の不動産仲介業者の営業の方に物件を紹介していただいたりしたことがあります。 今、現在は、証券系のネット中心の不動産仲介業者の方が、物件のいい悪いをその方なりの価値観ではありますが、おっしゃっていただけるので、それなりに信頼をしております。...

    A
    ベストアンサー
    私は昨年、父親の持っている土地とマンションの一部屋を
    信託銀行系の不動産業の仲介で処分しました。
    その経験からお話しましょう。
    【信託銀行系の不動産仲介業者を利用するメリット】
    買手のほうが銀行系ということで、安心して、
    早めに購入の意思表示をして、話がまとまりやすかったですね。
    買手はローンを信託銀行から受けやすいようでした。
    【デメリット】
    売り手にとっては、デメリットが少しありました。
    手数料の値引きが全く無かったこと、
    杭が入っていても測量をする必要があるといわれ、
    30万円ほどの出費が余計にかかりました。
    【受け渡し】
    代金の受け渡しは、信託銀行の応接間で行われたので、
    お互いに安心して取引が出来ました。
    司法書士は信託銀行の物件の仕事をしている人でしたので、
    この点は良かったですね。
    売買代金はあらかじめ、信託銀行に普通預金を作っておいて、
    売買の時にその通帳に入金されました。
    【20%オフ】
    私のほうは手数料は全く引いてもらえなかったので、
    手数料が20%オフなら、大変いい話ですね。
    おそらく信託系の不動産会社は、大手の高額な物件を主に
    扱ってきたが、今の景気が落ち込んでいる時期は、
    全く売買できないので、安い物件で顧客を多く集めたいと
    思っているのでしょう。
    私は昨年、父親の持っている土地とマンションの一部屋を
    信託銀行系の不動産業の仲介で処分しました。
    その経験からお話しましょう。
    【信託銀行系の不動産仲介業者を利用するメリット】
    買手のほうが銀行系ということで、安心して、
    早めに購入の意思表示をして、話がまとまりやすかったですね。
    買手はローンを信託銀行から受けやすいようでした。
    【デメリット】
    売り手にとっては、デメリットが少しありました。
    ... 続きを読む
  • 3位

    宅建業法、不動産仲介手数料

    宅建業法と不動産仲介手数料について知りたいことがあります。 上の空の噂で、 1.「不動産賃貸の場合、不動産仲介手数料は賃料の一ヶ月分が上限として法で定められている」 2.「1の定めは絶対で 情報料、企画料、その他のいかな名目を付けても、とにかく仲介業者は賃料の一ヶ月以上の手数料を貰ってはならない」 3.「資格の無いものは不動産仲介手数料を貰ってはいけな...

    A
    ベストアンサー
    1、業法で認められているのは、1/2か月分です。
    しかし、「貸主、又は借主の承諾があった場合は」という条件付で1か月分もらうことができます。
    但し、「承諾があった場合」という条件は形骸化してしまっており、借手から1ヶ月もらえるのが当然となっているのが実情です。

    尚、借主貸主合わせて1ヶ月以内でなければなりませんので、一方から1か月分もらえば、他方からはもらえなくなります。

    ⇒業法第46条(報酬)~平成元年二月十七日建設省告示第二百六十三号

    2、名目の如何に限らず、仲介手数料とみなされます。

    3、宅地建物取引主任者以外は、不動産の仲介を「業」として行うことができません。
    従って、免許なしに商売として仲介を行うと、行った業者が業法違反に問われます。

    ただ、個人が業として行わない場合・・・例えば、土地を探している人に、たまたま知人の所有している土地を教えてあげたら、お礼をいただいた、といったケースは、「業」ではないので違法にはなりません。

    ⇒業法第2条(用語の定義)2.宅地建物取引業

    4、「契約書」を作成する行為自体は、誰にでもできます。業法にも民法にも商法にも違反しません。
    「契約の締結」も、当事者(借手・貸手、売主・買主)であれば、できます。

    ⇒民法第4章(法律行為)

    仲介業者が媒介契約を締結するときは、契約書の作成が業者に義務付けられていますが、不動産も、仲介業者を通さず、個人間で直接契約することには何の問題もありませんので、双方で契約書を作成して締結してもいいのです。

    できないのは、「重要事項説明書」の作成(押印)と説明で、これには、「宅建取引主任者」の資格が必要となります。

    ⇒業法第35条(重要事項の説明等)

    ・・・といったところでしょうか。
    1、業法で認められているのは、1/2か月分です。
    しかし、「貸主、又は借主の承諾があった場合は」という条件付で1か月分もらうことができます。
    但し、「承諾があった場合」という条件は形骸化してしまっており、借手から1ヶ月もらえるのが当然となっているのが実情です。

    尚、借主貸主合わせて1ヶ月以内でなければなりませんので、一方から1か月分もらえば、他方からはもらえなくなります。

    ⇒業法第46条(報... 続きを読む
  • 4位

    不動産コンサルティングと不動産仲介業の違い

    不動産仲介業は手数料が決まっていますが、コンサルティング業も決まっていいるのですか? 又仲介業とコンサルティング業との違いは何ですか?

    A
    ベストアンサー
    不動産仲介業は、不動産取引において、売り手と買い手の間に立って、仲介をする業。売り手側と買い手側の双方から手数料を取れるのがふつう。
    一方、不動産コンサルティング業は、遊休資産の活用といった観点からの不動産の運用、不動価格の査定、アパート経営といった不動産の利活用について顧客にアドバイスをする業です。手数料などは決まっていません。
    なお、不動産コンサルティングについては、各都道府県単位で不動産コンサルティング協会なるものがあるようです。そちらのホームページも参照されることをおすすめします。
    不動産仲介業は、不動産取引において、売り手と買い手の間に立って、仲介をする業。売り手側と買い手側の双方から手数料を取れるのがふつう。
    一方、不動産コンサルティング業は、遊休資産の活用といった観点からの不動産の運用、不動価格の査定、アパート経営といった不動産の利活用について顧客にアドバイスをする業です。手数料などは決まっていません。
    なお、不動産コンサルティングについては、各都道府県単位で不動産... 続きを読む
  • 5位

    不動産仲介手数料について

    不動産仲介手数料について・・・ 数十年前の不動産仲介時における支払い請求書がでてきました。 3%+6万円は解釈できるのですが、プラスアルファーで広告宣は料を10万も支払っておりました。 広告料って、仲介料金に含まれるものと解釈しておりましたが・・・ 当時は、可能だったのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    当時でなくても今でも可能です。

    しかし条件があります。
    売主(貸主)の希望により、そして別途費用が掛かることも承諾のうえで広告を掲載する場合です。
    要するに事前に話が付いている場合、と言えるでしょう。
  • 6位

    フルコミッションの不動産仲介をしようと思ってますが、どうでしょうか?

    フルコミッションの不動産仲介をしようと思ってますが、どうでしょうか・・? 不動産売買の仲介会社に勤めて3年程たちます。 もっと給料が良い不動産会社に勤めようかと思ってるのですが、なかなかありません。 フルコミッションの不動産仲介の仕事に応募しようと思ってます。 仲介会社に働いていても固定給+歩合なので、もっと稼ぎたいところです。 今の会社は歩合も少...

    A
    ベストアンサー
    私はフルコミ営業しています。ただ、私の場合は独立してる不動産会社の知人が多く売主物件を販売活動しています。仲介手数料に対する歩合でなく物件価格のマージンを業務委託料としてもらってるので稼げてます。物件によりますが。横のつながりは大事ですよ。コネクションを活用できるのであれば稼げるでしょう。やり方次第です。
    不動産業で稼ぐには仲介手数料だけだと稼げません。物件情報の仕入れやリフォームや保険など色々なところに稼ぐアンテナをはっておくことが大事ですよ。
    稼げる人は稼げます。稼げない人は稼げないです。

    参考までに、下記サイトのように歩合率重視してる不動産会社もあるようです

    http://matome.naver.jp/odai/2144180845992498901

    http://www.home-way.jp/Recruit2.html
    私はフルコミ営業しています。ただ、私の場合は独立してる不動産会社の知人が多く売主物件を販売活動しています。仲介手数料に対する歩合でなく物件価格のマージンを業務委託料としてもらってるので稼げてます。物件によりますが。横のつながりは大事ですよ。コネクションを活用できるのであれば稼げるでしょう。やり方次第です。
    不動産業で稼ぐには仲介手数料だけだと稼げません。物件情報の仕入れやリフォームや保険など色々... 続きを読む
  • 7位

    不動産仲介で必要性のある資格について

    現在私は不動産賃貸仲介の支店長に就いています。 今後もマネジメント業務の質を上げるために日々鍛錬しております。 また、売買仲介もこれから学んで、不動産仲介を極めていきたいと思っております。 そんな状況ですが、スキルアップの一つとして資格取得も視野に入れたいと思いますが、何の資格が今後の私には有効か、またその資格が今後どう活かせるか、ご意見を...

    A
    ベストアンサー
    税理士や税務会計検定などはいかがですか?

    不動産賃貸を行う大家さんなどと話をするのに、税務などの基礎知識ぐらいはあったほうがよいとは思いませんか?税務対策を含めてのアドバイスがあると、喜ばれるかもしれません。ただ、税理士資格取得後に登録まで強いないと、正式な税務やアドバイスは認められていませんので、注意が必要ですけどね。

    行政書士や法学検定などはいかがですか?
    契約ごとでの法律知識は重要です。賃貸だろうが売買だろうが、法律知識は重要でしょうからね。大きい不動産会社などのやとわれであれば、会社に与えられた契約書を利用を中心とするような知識でしょう。宅建をお持ちでも法学全般の知識から得られる情報量は異なるはずです。

    簿記検定なんかは基礎ですけどいかがですか?
    仕事柄利益計算や利回りなども計算するでしょうが、実際のその中身の計算方法や仕組みを理解したほうが、今の知識を発展させることもできると思います。
    税理士や税務会計検定などはいかがですか?

    不動産賃貸を行う大家さんなどと話をするのに、税務などの基礎知識ぐらいはあったほうがよいとは思いませんか?税務対策を含めてのアドバイスがあると、喜ばれるかもしれません。ただ、税理士資格取得後に登録まで強いないと、正式な税務やアドバイスは認められていませんので、注意が必要ですけどね。

    行政書士や法学検定などはいかがですか?
    契約ごとでの法律知識は重要です。賃... 続きを読む
  • 8位

    不動産仲介会社での働き方

    こんばんは。 今年から転職して大阪の不動産仲介会社で働いています。 主に他の不動産仲介会社を回って物件を仕入れてお客さんに紹介しています。 扱っている物件は収益物件です。 物件の価格も上がり会社全体でも仲介が出来ていない状態です。 このまま他の仲介会社を回っていても同じ気がします。 いくら考えてもなかなかいい考えが思いつきません。 ぜひともアド...

  • 9位

    この不動産仲介業者、非常識ではないのでしょうか?

    店舗物件ですが、物件所有者から専任契約を受けた不動産仲介業者からテナントを見つけてくれないかとの相談・要請を受け、出店したいという会社を見つけて紹介したところ、この不動産仲介業者がテナントからも仲介手数料として家賃の1ヶ月分をいただくと言っております。 私としては、出店テナントから家賃の1ヶ月分を物件紹介料としていただくとの約束をしており、こ...

    A
    ベストアンサー
    #1の方は何か勘違いしてると思います。

    リンク先は売買の手数料です。
    細かくは省略しますが、売買金額×3%+6万円とその消費税分が
    買主・売主それぞれの支払う額の上限と言う意味です。
    金額ごとのパーセントをそのまま加算してもダメです。
    ちょっと問題外な回答ですね・・・


    賃貸の場合は賃料の1ヶ月分と消費税ということになります。
    これは本来は貸主・借主双方の合計額なのですが
    実際には貸主側の分については名目を異なるものにして
    業法違反にならないようにしている場合が多いようです。


    物件所有者→元付仲介業者→質問者さん→出店テナント
    という流れでよいのでしょうか?

    問題は元付さんが質問者さんに依頼したときに
    どういう話だったかってことです。
    慣例としては、客付け業者が借主からの手数料を100%取得して
    いいという確認がなければ、借主の支払う1ヶ月分を
    元付と客付(質問者さん)が50%ずつ折半ということになります。
    元付は貸主から1ヶ月分もらっているんだろうというのは
    勝手な憶測の話です。


    業者に依頼しておいて、そこが連れてきた客から
    丸まる1ヶ月分取って、質問者さんには
    タダで働けってことはあり得ないことですし

    悪徳業者呼ばわりも結構ですが、話そのものがよく見えません。

    質問者さんも業者なら、そんなことこんな場所で聞くまでも
    ない話のはずですし・・・
    #1の方は何か勘違いしてると思います。

    リンク先は売買の手数料です。
    細かくは省略しますが、売買金額×3%+6万円とその消費税分が
    買主・売主それぞれの支払う額の上限と言う意味です。
    金額ごとのパーセントをそのまま加算してもダメです。
    ちょっと問題外な回答ですね・・・


    賃貸の場合は賃料の1ヶ月分と消費税ということになります。
    これは本来は貸主・借主双方の合計額なのですが
    実際には貸主側の分については名目... 続きを読む
  • 10位

    不動産仲介業の大変さとは

    ハローワークで不動産仲介業の案件を見つけました。 この時代、採用人数も5人で応募しやすいのですが、住宅系は離職率が高いと認識しています。 特に不動産売買は想像しただけで大変だと思い、自分には出来ないなと思います。 その点、不動産仲介は、イメージ的に自分にも出来るかと思います。 実際どうなのでしょうか? ノルマがあるのは認識しています。 アドバイスがあ...

    A
    ベストアンサー
    会社によってかなり違うと思います。
    親族経営でやってたある不動産屋の社員はノルマが厳しくて
    歩合なしだと薄給だと言っていました。
    仲介業は、お客さんも多種多様、大家さんも同じくで
    双方の希望をうまく調整して契約に結び付けるまで
    かなりの精神的労苦をしいられます。(例:入居日までの前家賃の調整等)
    契約寸前と思ってほっとした所、電話一本でキャンセルなんて
    ざらですし、そうなると歩合がつかなかったりします。
    繁忙期は休みなし、残業たっぷりです。逆にヒマな時はとことんヒマです。
    あと、土日祝はほとんどと言っていいほど休めません。
    しかし、やりがいはあると思います。
    お客さんが希望の部屋が決まって契約となったら
    感謝されるでしょうし。
    ただ、業界の出入りは激しいみたいですね。
    若いのなら雇ってくれると思うので頑張ってくださいね。
    会社によってかなり違うと思います。
    親族経営でやってたある不動産屋の社員はノルマが厳しくて
    歩合なしだと薄給だと言っていました。
    仲介業は、お客さんも多種多様、大家さんも同じくで
    双方の希望をうまく調整して契約に結び付けるまで
    かなりの精神的労苦をしいられます。(例:入居日までの前家賃の調整等)
    契約寸前と思ってほっとした所、電話一本でキャンセルなんて
    ざらですし、そうなると歩合がつかなかった... 続きを読む
  • 11位

    不動産 仲介手数料 売買

    不動産 仲介手数料 中古物件Aがあり、不動産仲介業者甲に田中さんが問い合わせて、Aを見させてもらいました。 甲の社員の態度が気に入らないので、不動産仲介業者乙に問い合わせて、田中さんは乙に仲介手数料を支払い、A物件の売買契約を締結した。 質問1:田中さんはA物件に入居後、甲はこの契約のことを知り、田中さんに一定金額を支払えと要求してきた場合、田中さん...

    A
    ベストアンサー
    両方とも義務はないです
  • 12位

    本業とは別に不動産仲介業をやろうと考えております。

    テナントを借りるときにちょっと問題が あったので、そうなったら自分でも不動産仲介業を やったら不動産を買ったり借りたりするときに 経費を節約できるし、違ったビジネスの広がりを見ることが できるのでいいと思うのですがどうなのでしょうか? 兼業で不動産売買や仲介をやるときの注意点を教えてください。

    A
    ベストアンサー
    何の商売をやるにしても、必ず不動産は係わってきます。
    経営者であれば、最低限の不動産に関する知識は必要です。
    知らないでは済まされない。

    私も、糞みたいな不動産業の実態を知りこの世界にきました。
    腰掛けのつもりが今じゃどっぷりですw

    手数料惜しさに不動産業をやるのは?
    今までにいい仲介人とめぐり合わなかったんでしょうね。
    残念なことです。

    ただ、それを片手間とはいえ報酬を得るというのは、それなりの
    リスクが伴います。
    大きな金額が動くことです。
    悪い奴らもたくさんいます。
    頼れるのは自分だけです。

    2000shouさんがだまされて食らったときに、それを処理できる資金力があるなら
    ウェルカムです。

    我々の世界は「だます奴より、だまされる奴が悪い」ですからw
    それを補完するのが資金力です。
    不動産業は、誰でもできて簡単だけど、その分厳しいです。
    新橋の第一ホテルでコーヒーでも飲みながら、
    聞き耳をたててみるのをお勧めします
    二軍三軍がウヨウヨいますからねw
    何の商売をやるにしても、必ず不動産は係わってきます。
    経営者であれば、最低限の不動産に関する知識は必要です。
    知らないでは済まされない。

    私も、糞みたいな不動産業の実態を知りこの世界にきました。
    腰掛けのつもりが今じゃどっぷりですw

    手数料惜しさに不動産業をやるのは?
    今までにいい仲介人とめぐり合わなかったんでしょうね。
    残念なことです。

    ただ、それを片手間とはいえ報酬を得るというのは、... 続きを読む
  • 13位

    不動産仲介用語の英語

    不動産仲介の英語を調べることが出来るサイトを教えてください。

  • 14位

    不動産仲介業者は大手ならどこでもいい?

    関東近郊で3,000万円程度のマンションまたは戸建てを購入するつもりです。 物件探しは仲介業者に頼むつもりなのですが、 ●信頼できる会社はありますでしょうか? 三井不動産、住友不動産、野村不動産といった大手ならどこも同じでしょうか? ●1つの会社に絞らず複数の会社に同時に探してもらったほうが良いでしょうか? ●あと、不動産仲介業者の比較しているHPがあれば教...

  • 15位

    不動産仲介はどこまでの責任をとってくれるのか?

    建築条件付きの土地を仲介業者を介して購入した者です。 仲介してもらった後、建築中・引渡し後現在(入居3カ月未満)も工務店とトラブル続きです。 不動産仲介業者は、どれくらいの責任をとってくれるのでしょうか? 漠然とした質問ですが、回答お待ちしております。

    A
    ベストアンサー
    >建売ではなく、土地契約と同時に契約しその後自由設計でたてました。この状態で、建物の仲介料が発生するのですか?

    「建築条件付土地」という名目で考えますと、通常は土地の売買契約を交わした後に建物のプランを練って、納得の行く物が出来たら「建築請負契約」や「工事請負契約」等の名称にて請負契約を締結します。
    この場合には仲介手数料が発生するのは土地のみです。仲介手数料は売買契約に於いては発生しますが請負契約に於いては発生しませんので。
    まずそれが原則として考えてください。

    但し、土地建物共に「売買契約」という形式を取っていたとすると仲介手数料は建物分も含めて請求する事が可能です。これはつまり「建売住宅」としての形態での売買契約です。この形態で行う為には建物に付いては建築確認が下りている事が前提となります。

    上記にて「建築条件付土地」と「建売住宅」の形態の違いを書きましたが、今回質問者は建物分の仲介手数料を支払っているとの事ですから考えられるのは、
    1)建築確認も下りていない状態で「建築請負契約」を締結したにも係らず、不法に建物分の仲介手数料まで請求された。
    2)「建築条件付土地」という形態で説明しておきながら、建物の建築確認も下りていて実質的には「建売住宅」(土地建物売買契約)としての販売形態であった。
    というどちらかになりそうです。

    本来、「建築条件付土地」という形態で取引するに当たり、土地と建物を同時契約するというやり方自体が有り得ないのです。
    >建売ではなく、土地契約と同時に契約しその後自由設計でたてました。この状態で、建物の仲介料が発生するのですか?

    「建築条件付土地」という名目で考えますと、通常は土地の売買契約を交わした後に建物のプランを練って、納得の行く物が出来たら「建築請負契約」や「工事請負契約」等の名称にて請負契約を締結します。
    この場合には仲介手数料が発生するのは土地のみです。仲介手数料は売買契約に於いては発生しますが... 続きを読む
  • 16位

    不動産仲介の仕事はキツイ?

    不動産仲介の仕事は実際どうなんでしょうか? (ノルマはありますか?)

  • 17位

    不動産仲介の営業マンの年齢が若いのは何故?

    この度、初めて不動産会社で事務員として働くことになったものです。 どこの、不動産会社でもだいたい同じですが、不動産仲介の営業マンの年齢が20代〜30代と若いのは何故でしょうか?かつて、若かった営業マンが、会社にほとんど残っていないのは何故なんでしょう? 教えてください。

  • 18位

    不動産仲介販売では資格や許認可が必要か?

    不動産仲介販売では資格や許認可が必要か? 顧客の不動産をネットで販売できるようなショッピングサイトの運営を 計画しているのですが、その際、資格や許認可は必要になりますでしょうか? また、もし当ショッピングサイトで不動産が売れた場合 買い手と顧客から仲介手数料をもらう予定ですが、 一般的にどのくらいの%をもらうべきでしょうか? なお、当方、システム開...

    A
    ベストアンサー
    業態が「宅地建物取引業」にあたるかどうかが問題です。
    該当するならば、無店舗でも本社が「本店」になります。
    その場合、「媒介契約」をむすぶ必要があります。
    売買契約が成立したら、「宅地建物取引主任者」の資格のある者に必ず立ちあわせて「重要事項説明」をしなければなりません。
    というように、契約に関する業務がオンラインで完結できないようになっております。
    これで、「宅地建物取引業」上の「媒介」(法律上は仲介と言いません)報酬と取ると、業務上の法律違反です。免許を取っていなければ、「無免許」営業になります。

    たぶん、やろうとしている業態は、「suumo」、「HOME'S」、「楽待」などの広告業になるのではないかと思います。
    この業態では、広告料金の形になると思います。
    成功報酬を取るのは難しいと思います。それは、先ほどの法律上の義務があることと、不動産業者の手数料を食うことになるので業者が絶対に物件情報を出さないからです。
    手数料を払うなら国土交通省の「指定流通機構」に情報を出すことが義務付けられているので、不確実な民間業者に出さなくてはいけない理由がありません。
    売主と買主の両方から手数料を取るとなれば、誰も利用しないシステムになります。
    「楽待」がそれで失敗して途中でシステムを変えました。
    「suumo」、「HOME'S」はもともと広告系ですから、そういう失敗はありませんでしたが、「楽待」が両社に追いつくことは永遠にないでしょう。

    今の考え方だと100%失敗すると思います。
    業態が「宅地建物取引業」にあたるかどうかが問題です。
    該当するならば、無店舗でも本社が「本店」になります。
    その場合、「媒介契約」をむすぶ必要があります。
    売買契約が成立したら、「宅地建物取引主任者」の資格のある者に必ず立ちあわせて「重要事項説明」をしなければなりません。
    というように、契約に関する業務がオンラインで完結できないようになっております。
    これで、「宅地建物取引業」上の「媒介」(法律上は... 続きを読む
  • 19位

    不動産仲介業者とのトラブルです。

    不動産仲介業者とのトラブルです。 本年2月末に自宅を賃貸に出す為、大手の不動産仲介業者に仲介を依頼しました。 ところが、担当者が3月末で退職し、当方から求めた報告の要求に対しても3月末に一回のみ、今年は転勤者が少なく苦戦しているという連絡があっただけでした。 本日、店舗に方針を打ち合わせに行くと、 (1)駅からの距離が本来の表記の徒歩18分でなく24分にな...

  • 20位

    不動産仲介料って誰が払うのですか?

    現在借地契約をした土地に一戸建てを建てて住んでいます。 土地の持ち主から土地を購入して欲しいと申し出てこられて金額まで決定したのですが・・・。 売買契約書をファクスで事前に見せてもらったところ、諸経費に『不動産仲介料』が上乗せされていました。 地主が自分で交渉をしたくないために『委任状』を不動産会社の人に渡してその会社の方が間に入って話は進...

    A
    ベストアンサー
    不動産売買は、頗る不透明な箇所満載の売買形式ですから、納得がいかない場合は、納得されるまで説明を受ける必要があります。

    仲介業者である不動産屋は、地主の依頼を受けて貴方と交渉し、書類も貴方と合意の上で作成されたようですから、地主が依頼した話で、俺は知らん・・は、今更無理があります。
    不動産業者の介入を断り、地主と直接お話になり書類作成まで進められたのであれば仲介料は発生しません。

    ということで、依頼したのは地主なんだから、仲介料は地主負担だと突っぱねる工夫です。

    http://www.e-chukai-zero.com/guide/index.htmlこれが一般的な仲介料になります。

    http://www.houterasu.or.jp/法テラスで相談されるのも手段の一つです。
    不動産売買は、頗る不透明な箇所満載の売買形式ですから、納得がいかない場合は、納得されるまで説明を受ける必要があります。

    仲介業者である不動産屋は、地主の依頼を受けて貴方と交渉し、書類も貴方と合意の上で作成されたようですから、地主が依頼した話で、俺は知らん・・は、今更無理があります。
    不動産業者の介入を断り、地主と直接お話になり書類作成まで進められたのであれば仲介料は発生しません。

    というこ... 続きを読む
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→