【保険】の人気Q&Aランキング

健康保険に加入している人の被扶養者もけがや病気・死亡の際には保険給付の対象になります。被扶養者になれる人はどのような条件を満たしていればよいのか、具体的な条件を知っておきましょう。

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    火災新種保険とは

    コトバンクで「新種保険」とは、「損害保険においては伝統的な火災保険,海上保険,運送保険以外の各種保険の総称。 現在日本で営まれているものは,信用保険,傷害保険,自動車保険,盗難保険,航空保険,労働者災害補償保険,賠償責任保険,原子力保険,住宅総合保険など。 」と書いてありました。 http://kotobank.jp/word/%E6%96%B0%E7%A8%AE%E4%BF … 共栄火災のホームページには、「火災新種保...

    A
    ベストアンサー
    絶対的な定義はありません。

    歴史的な経緯や歴史的変遷の中で使われてきた言葉です。

    数十年前は火災保険と海上保険が主流であり、当時の保険業法
    では主として扱う保険種目を会社の名前に入れる規定がありました。

    そのため**火災海上保険か**海上火災保険のどちらかが
    社名になっていました。

    社内的には火災保険、海上保険以外はすべて新種保険という時代も
    ありましたが、その後の自動車保険の躍進で火災、海上、自動車保険
    以外は新種保険という時代もありました。


    最近は、火災、海上、自動車、傷害保険以外を新種保険という呼称に
    している会社が多いように思います。

    要はその時々の歴史的変遷の中で各社ごとに種別区分は異なって
    きたのです。
    絶対的な定義はありません。

    歴史的な経緯や歴史的変遷の中で使われてきた言葉です。

    数十年前は火災保険と海上保険が主流であり、当時の保険業法
    では主として扱う保険種目を会社の名前に入れる規定がありました。

    そのため**火災海上保険か**海上火災保険のどちらかが
    社名になっていました。

    社内的には火災保険、海上保険以外はすべて新種保険という時代も
    ありましたが、その後の自動車保険の躍進で火災、海上、自... 続きを読む
  • 2位

    被扶養者の介護保険料について

    被扶養者の介護保険料の負担についてどなたか教えてください。 下記の負担で合っていますでしょうか? 1.健康保険第2号被保険者(40歳未満)の被扶養者の介護保険料 ・40歳以上65歳未満・・被扶養者本人の保険料負担なし ・65歳以上・・・・・・ ・介護保険第1号被保険者として保険料負担 2.介護保険第2号被保険者(40歳以上65歳未満 介護保険料会社と折半) の被扶養者の介護保...

  • 3位

    特別加入保険料、印紙保険料について

    こんにちは。 基本的に(高年齢労働者などは雇用保険率は免除ですが) 一般保険料は、労災保険率と雇用保険率を賃金総額にかけた額。 ということは、労災保険も、雇用保険も適用されているということになりますよね? 同じ労働保険料徴収法による保険料に、 *特別加入保険料 *印紙保険料 というのがあります。 特別加入保険料の場合、 特別加入者とは(例外的に?)労災保険...

    A
    ベストアンサー
    >特別加入者とは(例外的に?)労災保険に加入できる人のことなので、特別加入保険料を払っていても、雇用保険は適用されないということでしょうか?

    あくまで労災保険だけです。雇用保険のことではありません。

    >労災保険の特別加入者が雇用保険を受けるためには、事業の種類に沿った雇用保険率の分を払うのでしょうか?

    一人親方や中小企業の事業主のための制度です。被用者ではないので雇用保険はありません。

    >印紙保険料だけでは労災保険法しか適用されないのでしょうか?
    >印紙保険料の場合、
    >印紙保険料だけでは労災保険法しか適用されないのでしょうか?

    違います。印紙保険料は、日雇労働者の労働保険料です。失業給付の受給権を判定する基準になります。労災保険にも入っているはずです。労災保険は、雇用している事業主にその責任がありますので、被用者(日雇いも含む)は労災保険料を負担しません。

    >雇用保険を受けるためには雇用保険率の額も払うのでしょうか?

    雇用関係にある労働者の賃金総額により、保険料を納付し、さらに日雇労働者の印紙保険料の半額を負担します。
    >特別加入者とは(例外的に?)労災保険に加入できる人のことなので、特別加入保険料を払っていても、雇用保険は適用されないということでしょうか?

    あくまで労災保険だけです。雇用保険のことではありません。

    >労災保険の特別加入者が雇用保険を受けるためには、事業の種類に沿った雇用保険率の分を払うのでしょうか?

    一人親方や中小企業の事業主のための制度です。被用者ではないので雇用保険はありません。

    >印... 続きを読む
  • 4位

    火災保険ではどんな風にして会社を選べばいいですか?

    ◆マンションの特約火災保険ではどこの会社がお勧めですか? 以前まではマンションでいろいろな会社へ分散させて保険をかける方式の保険だったのですが、それが満期になり、分散制度も廃止になりどれが一社に絞らなければならなくなりました。 保険会社には詳しくないのでどこの保険会社を選べばよいかアドバイス下さい。 対象となる会社は 損害保険ジャパン 東京会場...

    A
    ベストアンサー
    マンションの区分所有部分への火災保険でしょうか?
    マンション全体への火災保険でしょうか?

    今お勧めなのは地震保険100%で引き受けてくれるところだと思います。
    住宅ローン返済中に地震に遭うとローンだけが残ってしまします。
    商品名は書きませんが、「地震保険 100%」で検索すると見つかります。
  • 5位

    雇用保険保険者通知書について教えて下さい。

    雇用保険保険者通知書と雇用保険保険者証について教えて下さい。 はじめて転職して、転職先の会社から雇用保険保険者証を提出をするようにと言われたのですが、雇用保険保険者通知書と雇用保険保険者証を切り離していいものか迷い、切り離さず提出したのですが、ここの書き込みを読むと雇用保険保険者通知書は提出する必要がないようなので雇用保険保険...

    A
    ベストアンサー
    被保険者証は被保険者番号の確認のためのものです。
    被保険者通知書は被保険者資格取得確認通知書又は被保険者資格喪失確認通知書その他被保険者の転出、転入【工場とか支店等の移動】その他氏名変更等その被保険者番号にかかる変更、追加記録に際して本人に通知するためのものです、被保険者番号がわかれば確認できるものですが、個人情報になるため一般には開示されませんが、本人が請求しても、通常はその都度本人に通知しているため開示の必要なしとされています、従って大切に保存しておくことをお勧めします。
    被保険者証は被保険者番号の確認のためのものです。
    被保険者通知書は被保険者資格取得確認通知書又は被保険者資格喪失確認通知書その他被保険者の転出、転入【工場とか支店等の移動】その他氏名変更等その被保険者番号にかかる変更、追加記録に際して本人に通知するためのものです、被保険者番号がわかれば確認できるものですが、個人情報になるため一般には開示されませんが、本人が請求しても、通常はその都度本人に通知し... 続きを読む
  • 6位

    労働保険・雇用保険等と社会保険労務士の勉強

    現在の職場では生命保険・火災保険・傷害保険・労働保険・雇用保険など、様々な保険業務の代行をしております。 私は生命保険と火災保険を担当しており、労働保険、雇用保険業務は担当しておりません。 しかし労働保険・雇用保険業務を担当している職員が留守の時などに質問の電話を受けると対応出来ないのが現状です。 担当外なので実務で勉強する事は出来ませんので...

  • 7位

    社会保険と健康保険の表現の意味(カデゴリー水準)

    狭義で社会保険といった場合は、医療保険である『健康保険』と年金保険である『厚生年金保険』を指すと聞いたことがあります。 医療保険は、地域保険である『国民健康保険』と、被用者保険である『協会管掌健康保険』『組合管掌健康保険』『共済組合』等と、『後期高齢者医療制度』から体制づくられていると認識しています。 また、年金保険は、『国民年金』『厚生年...

  • 8位

    保険金額・保険価額について

    FPの勉強をしているのですが 一部保険について 「保険金額が、目的物の評価額である保険価額に満たない損害保険契約。」 との事ですが、 保険金額・保険価額がそれぞれ私の理解で合ってるのか教えてもらえますか? 保険金額とは、実際に被保険者(自分)が支払う保険料で 保険価額とは、例えば「1事故に付き1万円」など、被保険者(自分)に支払われる保険料の事でしょうか? ま...

    A
    ベストアンサー
    前の方の回答の通りですが
    具体的には 損害保険の場合 対象物の評価額が2000万円だった場合、保険価額は2000万円です。
    保険を掛ける人が 保険料の関係もあり1000万円分でよいと思って契約したら その1000万円が保険金額です。
    その場合、2000万の建物なりが全損や全焼した場合は、保険金額の1000万円しか支払われません。
    保険金額は生命保険にも用いられますが 保険価額は損害保険の用語です。
  • 9位

    既存保険2種類の見直しについて

    39歳女性、離婚子どもあり。 離婚後すぐと、2年前に保険に入りました。保険内容について質問です。 (会社で社会保険加入) 【保険1】 かんぽ・特別養老保険(5倍型)はあとふるプラン 加入 平成11年6月 保険期間 20年 保険期間の終期 平成31年6月 (払込の終期) 満期保険金 80万 死亡保険金 400万 保険料 3920円 ●特約保険金額 災害400万・疾病障害入院400万 【保険2】 特別終身...

    A
    ベストアンサー
    保険は,万が一のための備えです。

    ですので,保険で満期金を得ることを考えるより,保険は,貯蓄性は除いて,純粋に保険に限定したほうが,よいと,思っています。

    お子さんが,おいくつなのでしょう?お子さんが20歳になる前に,wowmakotanさんに万が一のことが起こったとき,お子さんが20歳までの生活費・教育費などのお金がいりますから,それを考慮して保険を見直すとよいと思います。

    厚生年金に入っておられる企業で働いておられるなら,遺族年金がでます。どのくらいでるか,調べておかれるのがよいでしょう。


    上記を踏まえ,


    保険1をなくしてしまうと,wowmakotanさんに万が一のことが,お子さんが20歳前に起こってしまったら,保険金がすくなくて,お子さんが大変かもしれませんね。

    wowmakotanさんの親戚(血縁のある親戚に限定)で,がんとか心筋梗塞で亡くなられた方がいるのでしたら,3大成人病の保障も入っていたほうがよいです。

    社保で受けられる治療は,最先端の医療技術ではありません。最先端の治療技術を使えば,治療できる状態であっても,治療費が払えない状態なら,その治療をしてもらえません。

    ですので,ガン保険など,追加オプションで入られたほうがよいと思います。


    生存保険金額が,20年後から,5年後とに60万円,払い戻されるというところが,わたくしには,あまりにも危険な保険に見えます。

    えっ,と思われると思います。20年後も,今の物価水準が続けば,60万円あれば,3ヶ月くらい生活できますね。でも,20年後,どうなっているでしょう。

    今から,20年前,すなわち,1984年,大卒初任給は,15万円でした。いまは,20万円を超えています。20年前は,ワンルームマンションは,5万円あれば,駅から徒歩10分くらいならありましたが,いまは,8万円から10万円くらいでは。

    10年前のバブル崩壊直後だと,もっと高かったと思います。

    つまり,いまから,20年後,この金額があれば大丈夫という数字を予見することは,とても困難であり,危険が伴います。



    ですので,

    まず,

    老後の年金の足しにしようという個人年金のような部分は,保険を考える際は,除きましょう。

    そして,今,万が一がきたら,3年後に万が一がきたら,をベースに考えてみましょう。

    親戚にガンとか脳梗塞とかで亡くなった方がいるのなら,3大成人病のケアをいれたほうがいいです。

    上記3点をベースに,考えると,2つとも,一旦,解約して,別の生保に加入されるのがベストと思います。

    また,生保といえども,倒産します。

    1本だけ,大きなのに入るというのではなく,2社に分散しておくのがよいと思います。
    万が一が,自分より生保にくるかもしれませんから。
    保険は,万が一のための備えです。

    ですので,保険で満期金を得ることを考えるより,保険は,貯蓄性は除いて,純粋に保険に限定したほうが,よいと,思っています。

    お子さんが,おいくつなのでしょう?お子さんが20歳になる前に,wowmakotanさんに万が一のことが起こったとき,お子さんが20歳までの生活費・教育費などのお金がいりますから,それを考慮して保険を見直すとよいと思います。

    厚生年金に入っておられる... 続きを読む
  • 10位

    一時払い 養老保険

    一時払い養老保険について、お尋ねいたします。 この保険は、生死混合型の保険に該当すると思いますが、10年契約で6年目に死亡 しようとも、10年目に死亡しようとも、保険金が一緒というのは保険料の構成上、 矛盾しておりませんでしょうか。 保険料 = 死亡保険金分の保険料+満期保険金分の保険料 とすれば、本来、契約途中でなくなった場合、満期保険金に該当する保険...

    A
    ベストアンサー
    >事業費率などにもよりますが、【満期保険料】は保険会社の収益になっているということでよろしいでしょうか

    回答が遅れました。ANo.1です。しばらくPCを使わない生活をしていました。
    保険会社がボロ儲けしていると考えているのではないかと勘ぐってしまいそうですが、私の思い過ごしでしょうね。

    生存保険で満期前に死亡した場合の保険料は、契約者から見たら掛け捨てになりますが、大部分は満期まで生存した人に振り分けられます。

    事業費・利率を無視した例をあげてみます。
    同性・同年齢の健康な100人の集団があるとして、10年後に生存している人数は経験的に99人と算出されている。逆に言うと1人は必ず死ぬが、その1人が誰になるかわからない。
    10年後に1人が100万円受け取れる生存保険の保険料は、加入時に一括して払うとしたらいくらになるか。
    →→→99万円ということがわかりますよね。
    死亡した1人が払った99万円は掛け捨てになったが、残りの生存者99人に1万円ずつ分けられ生き残った人は100万円を手にした、ということになります。
    逆にこの例で、死んだ人に100万円支払うという死亡保険であれば、1人あたりの保険料は1万円になります。

    実際は10年間で運用できるであろう利率を割り引いたり、保険会社の収益や経費を上乗せして、実払い保険料が決定されます。

    ということで、掛け捨てになった保険料は、大部分は他の契約者に振り分けられ、その他は保険会社の経費になったり、収益になったり、さらに収益が多く発生した場合は、配当金として契約者に還元されます。
    ただし、生存者に振り分けられる保険料の割合などについては、どこの保険会社も開示していません。もしかすると、保険会社の収益部分を想像以上にたくさん払っているのかもしれません。
    >事業費率などにもよりますが、【満期保険料】は保険会社の収益になっているということでよろしいでしょうか

    回答が遅れました。ANo.1です。しばらくPCを使わない生活をしていました。
    保険会社がボロ儲けしていると考えているのではないかと勘ぐってしまいそうですが、私の思い過ごしでしょうね。

    生存保険で満期前に死亡した場合の保険料は、契約者から見たら掛け捨てになりますが、大部分は満期まで生存した人に振... 続きを読む
  • 11位

    雇用保険保険者証=労災保険保険者証?

    わが社は、労災保険と雇用保険の一元適用事業所です。 雇用保険保険者証(様式第7号)は、 労災保険の被保険者証でもある、という理解でいいのですか? つまり、 雇用保険保険者証(様式第7号)に書かれている被保険者番号は、 労災保険の被保険者番号でもある、という理解でいいのですか?

    A
    ベストアンサー
    労災保険は会社で加入します。個人番号はありません。雇用保険被保険者証=労災保険被保険者証ではありません。
  • 12位

    生命保険商品に関してお尋ねしたいことが。。。

    仮に以下の様な二つの定期保険特約付終身保険(生命保険商品A&B) があるとします。 「生命保険商品A」 種類 定期保険特約付終身保険 契約開始年齢 30歳 現在年齢 36歳 保険期間 終身 払込期間 60歳 主な保障内容 終身保険 500万円 定期保険特約 2500万円 三大疾病特約 500万円 医療特約 5000円/日 ※特約部分は10年間 保険料 月払い10,600円 「生命保険商品B」 種類 定期保...

    A
    ベストアンサー
    NO.1さんもNO.2さんも詳しくご説明されておりますので、重複
    するところは省かせていただきます。

    >まず保険商品Aに関してなのですが、
    この商品は60歳までの総払込金額が382万円程なのに、
    終身保険が500万円になっているのはありえないと
    思うのですがいかがでしょう。。。

    そもそも、終身医療・終身保険・終身払いなどの「終身」とは、
    何歳までを基本に保険料や保険金を算出しているのか、という
    とがネックだと思うのですが、「終身」というのは104歳が
    基本の年齢になっています。

    60歳満期の医療であれば、60歳までの保険料を払い込み期間で
    割ったりします。
    終身医療であれば、104歳までの保険料を払い込み期間で割り
    ます。


    >まず保険商品Aに関してなのですが、
    この商品は60歳までの総払込金額が382万円程なのに、
    終身保険が500万円になっているのはありえないと
    思うのですがいかがでしょう。。。

    この、総払込保険料というのは、特約保険料も入れてのこと
    だと思いますので、その計算方法は誤りです。

    「生命保険商品A」と一括りになっていますが、その中には
    終身保険 500万円
    定期保険特約 2500万円
    三大疾病特約 500万円
    医療特約 5000円/日
    と、それぞれの主契約や特約に保険料があり、それを合計
    したものが毎月お支払いされている保険料なのです。

    なので、終身保険500万円の部分だけの保険料を104歳まで
    乗じてみてください。
    運営状況や利息等で多少の誤差はありますが、約500万円に
    なるはずです。

    保険会社によっては、保険証券に主契約(終身保障)の
    保険料が記載されているかと思いますが、もし記載されて
    いなければ、保険会社に問い合わせるとすぐに教えてくれ
    ますよ。

    ご参考までに。。
    NO.1さんもNO.2さんも詳しくご説明されておりますので、重複
    するところは省かせていただきます。

    >まず保険商品Aに関してなのですが、
    この商品は60歳までの総払込金額が382万円程なのに、
    終身保険が500万円になっているのはありえないと
    思うのですがいかがでしょう。。。

    そもそも、終身医療・終身保険・終身払いなどの「終身」とは、
    何歳までを基本に保険料や保険金を算出しているのか、という
    とがネックだ... 続きを読む
  • 13位

    保険について"学び"たいのですが、参考サイト、お勧め書籍教えて下さい

    証券会社に就職が決まり、入社すると多分保険についての商品を扱うだろうと思い、保険について学びたいと思っています。 生命保険・損害保険・健康保険・雇用保険・介護保険・養老保険・ガン保険・自動車保険・火災保険・入院保険・・・・・ 保険って色々な種類がありますでしょうし、実施する主体も様々でしょう これらはどのようにカテゴライズされるのでしょうか? ...

    A
    ベストアンサー
    保険のカテゴライズには色々あります。

    例えば国や地方公共団体が行う「社会保険」と私企業が行う「私保険」。あるいは人にかける「人保険」と物にかける「物保険」とか。

    生命保険と損害保険と言う分類法もあります。上で挙げている内では自動車保険や火災保険は損害保険に分類され損害保険会社が販売しています。それに対し生命保険会社では生命保険を扱い、上に挙がっているガン保険や入院保険(医療保険)は第三分野といって損保会社でも生保会社でも扱えます。

    ちなみに保険に関しては参考に挙げた本がオススメです。保険について非常に判り易く書かれています。

    参考URL:http://item.rakuten.co.jp/book/1149786
    保険のカテゴライズには色々あります。

    例えば国や地方公共団体が行う「社会保険」と私企業が行う「私保険」。あるいは人にかける「人保険」と物にかける「物保険」とか。

    生命保険と損害保険と言う分類法もあります。上で挙げている内では自動車保険や火災保険は損害保険に分類され損害保険会社が販売しています。それに対し生命保険会社では生命保険を扱い、上に挙がっているガン保険や入院保険(医療保険)は第三分野... 続きを読む
  • 14位

    簡易保険 死亡保険金と税金

    妻が死亡した。 簡易保険をかけており、保険金等がでた(でる予定)。 (1)(2)(3)の場合は税金(所得税・相続税・贈与税)がどうなるか教えて欲しい。 なお妻は専業主婦、家族は夫と中学生・小学生合計2名 家族総計4名。 妻が死亡。 (1)養老保険 保険料全額前納済み 契約者 妻 被保険者 妻 死亡保険金受取人 夫 (2)養老保険 保険料全額前納済み 契約者 妻 被保険者 妻 死亡保険...

    A
    ベストアンサー
    (1)養老保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 妻
     死亡保険金受取人 夫
    *相続税の対象です

    (2)養老保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 妻
     死亡保険金受取人 相続人
    *相続税の対象です

    (3)学資保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 中学生の長女
     死亡保険金受取人 妻
     満期保険金受取人 妻
    *相続税の対象です

    いずれにしましても簡易保険以外の保険加入がなければ、税金は一切かかりません。 
    (1)養老保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 妻
     死亡保険金受取人 夫
    *相続税の対象です

    (2)養老保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 妻
     死亡保険金受取人 相続人
    *相続税の対象です

    (3)学資保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 中学生の長女
     死亡保険金受取人 妻
     満期保険金受取人 妻
    *相続税の対象です

    いずれにしましても簡易保険以外の保... 続きを読む
  • 15位

    地震での家財保険について教えてください。

    今回の地震で家の内装の壁紙やタンス、食器類などが破損しました。 私は保険には 旧 住宅金融公庫の火災保険、地震保険 県民共済の火災保険、家財保険 に入っています。 ある人から、「地震保険と家財保険が同じ会社で無いと家財保険は出ないのでは?」 とアドバイスを受けました。 そこで、金融公庫の地震保険と県民共済の家財保険では今回の地震での家財には保険は ...

    A
    ベストアンサー
    業者してます。

    結論から言うと出ないでしょう。

    地震保険は単独では契約できず、建物への火災保険に付随して、または家財への火災保険に付随して契約しなければなりません。質問文を見る限りは家財に対して地震保険を付けていない様子ですので、それであればやはり「保険は出ない」という事になります。

    一度、公庫の保険は何に対して掛けているのか確認されたらよいでしょう。もし高校で家財に対しても保険を掛けていたのなら、保険は出ます。ただしその時は共済はこれまで無駄に掛けていたことになりますが。

    なお家財に掛ける保険も正しくは「火災保険」です。家財保険という言い方も分かりやすいのでよく使われはしますが。
    業者してます。

    結論から言うと出ないでしょう。

    地震保険は単独では契約できず、建物への火災保険に付随して、または家財への火災保険に付随して契約しなければなりません。質問文を見る限りは家財に対して地震保険を付けていない様子ですので、それであればやはり「保険は出ない」という事になります。

    一度、公庫の保険は何に対して掛けているのか確認されたらよいでしょう。もし高校で家財に対しても保険を掛けていたの... 続きを読む
  • 16位

    医師や弁護士、理・美容師の社会保険について

    医療保険制度一覧 【 】は保険者 ┌政府管掌保険【社会保険事務所】 ┌一般被用者保険──健康保険─┤ ┌被用者保険─┤ └組合管掌保険【健康保険組合】 │ └特定被用者保険─┬船員保険 │ └各種共済組合 ┌職域保険─┤ 医 │ │ 療─┤ └自営業者保険──国民健康保険組合【 ? 】 保 │ 険 │ └地域保険──国民健康保険【市町村】 日本の医療保険制度は...

    A
    ベストアンサー
    ご質問者の認識は概ねあっています。ただし、医師・歯科医師に関しては、勤務形態により加入保険が異なります。勤務医(大学病院など大病院)→開設母体が加入している保険(共済など)、職員5人以上の医院・診療所など→政府管掌、個人医院(医師会加入)→組合国保、個人医院(医師会未加入)→一般国保だと思われます。参考に全国歯科医師国保組合を掲げておきます。
    年金についてはよくわかりませんが、医師会には医師年金なるものがあるようです。医師会のホームページで確認してみて下さい。

    参考URL:http://www.zensikokuho.or.jp/kumiai/
    ご質問者の認識は概ねあっています。ただし、医師・歯科医師に関しては、勤務形態により加入保険が異なります。勤務医(大学病院など大病院)→開設母体が加入している保険(共済など)、職員5人以上の医院・診療所など→政府管掌、個人医院(医師会加入)→組合国保、個人医院(医師会未加入)→一般国保だと思われます。参考に全国歯科医師国保組合を掲げておきます。
    年金についてはよくわかりませんが、医師会には医師年金な... 続きを読む
  • 17位

    強制保険保険

    車の保険って強制保険と任意保険がありますよね?強制保険はその名の通り、加入が義務付けられていて保険者は国ということになっていますが、実際の契約や保険金の支払は民間の損保会社に委託されていると思うのですが、ほとんどの人は任意保険にも入りますよね。 普段は親の車に乗っていて保険のこと全然知らないので教えてほしいのですが、強制保険保険料ってどうい...

    A
    ベストアンサー
    強制保険は以前は民間保険会社で加入しその再保険として国に掛けられていました。簡単に書くと国が後ろに控えてひたわけです。ところがこの際保険制度がなくなり、民間のものとなりました。

    しかし加入は強制されています。その仕組みは車検時にその車検の期間をカバーできるように加入するといった具合です。乗用車の新車だと車検の有効が3年なので36ヶ月(場合によっては37ヶ月)に保険期間を設定して加入します。継続車検の場合は2年なので24ヶ月(同じく25ヶ月)となります。
    これらは車検を受ける際に加入します。ほとんどの人が車検を受けるところ(修理工場等)で加入しますが、任意と同じように代理店等で加入することもできます。
    例えば原付などは車検はありませんが加入は義務付けられており、最長60ヶ月(5年)まで保険期間を設定できます。

    保険料はその車の用途(自家用乗用車・営業用貨物等)で決まっています。先に書いたように今は民間で扱ってはいますが、どこの保険会社で加入しても保険料は同じです。

    主な保険料は参考URLを見てください。

    参考URL:http://www.motortrade.co.jp/hyou.htm
    強制保険は以前は民間保険会社で加入しその再保険として国に掛けられていました。簡単に書くと国が後ろに控えてひたわけです。ところがこの際保険制度がなくなり、民間のものとなりました。

    しかし加入は強制されています。その仕組みは車検時にその車検の期間をカバーできるように加入するといった具合です。乗用車の新車だと車検の有効が3年なので36ヶ月(場合によっては37ヶ月)に保険期間を設定して加入します。継... 続きを読む
  • 18位

    政府管掌健康保険の特定保険

    政府管掌健康保険の特定保険料について教えてください。 1.健康保険の一般保険料率の内訳として、基本保険料率(4.9%)と特定保険料率(3.3%)が社会保険庁のホームページに掲載されましたが、 この率は被保険者と事業主の合計負担率(8.2%)の内訳ですよね。 この基本保険料率と特定保険料率も被保険者としては、一般保険料率と同様に事業主と折半という考えになるのでしょうか? ...

    A
    ベストアンサー
    > この基本保険料率と特定保険料率も被保険者としては、一般保険料率と同様に事業主と折半という考えになるのでしょうか?
     旧来の保険料率を4月から分解して表示する様になっただけなので、お書きになられている通り、折半です。

    > 基本保険料と特定保険料を給与の明細書に分けて記載し徴収することが望ましい、ということをどこかのホームページで見ましたが、
     給料明細書に記載する健康保険料も、分けて表示すべきなのですが、急に変えろと言ったって無理なので、『望ましい』となっております。

    > 組合などは被保険者、事業主のそれぞれに基本保険料率と特定保険料率の指定がされているようですが、社会保険庁のホームページでは見つけられませんでした
     健保組合の情報は社保庁のHPには載りません。各組合が決めることなので、個別に問い合わせるしかありません。
    > この基本保険料率と特定保険料率も被保険者としては、一般保険料率と同様に事業主と折半という考えになるのでしょうか?
     旧来の保険料率を4月から分解して表示する様になっただけなので、お書きになられている通り、折半です。

    > 基本保険料と特定保険料を給与の明細書に分けて記載し徴収することが望ましい、ということをどこかのホームページで見ましたが、
     給料明細書に記載する健康保険料も、分けて表示すべき... 続きを読む
  • 19位

    保険について

    授業で習っても、社会保険と民間保険の違いが今ひとつ理解できません。 社会保険と民間保険の違いを、大まかに保険者、被保険者、保険料、保険給付などを例にして教えていただきたいです。 宜しくお願い致します。

    A
    ベストアンサー
    人を雇用した場合に雇い主(会社など)に加入義務が生じるのが
    労災保険、雇用保険、健康保険、基本年金で、
    これを大義に社会保険と呼んでいます。

    しかし、これだけでは物足りず、雇用(募集、採用)につながらないと判断した雇用主が
    福利厚生の一環で厚生年金(基本年金に上積み)や企業年金、傷害保険、入院疾病保険など
    さまざまなものを付けていることがあります。
    これは義務ではない任意なので民間保険になります。

    保険者(契約者)は雇用主(企業など)
    被保険者は、労働者
    保険料は、雇用主と労働者の折半(お互いが半額負担)
    保険給付は、労働者が受け取る。
    人を雇用した場合に雇い主(会社など)に加入義務が生じるのが
    労災保険、雇用保険、健康保険、基本年金で、
    これを大義に社会保険と呼んでいます。

    しかし、これだけでは物足りず、雇用(募集、採用)につながらないと判断した雇用主が
    福利厚生の一環で厚生年金(基本年金に上積み)や企業年金、傷害保険、入院疾病保険など
    さまざまなものを付けていることがあります。
    これは義務ではない任意なので民間保険になります。

    保険者... 続きを読む
  • 20位

    保険見直し

    今回保険見直しをしようと考えています。 ※今までは言われるがままで○ッセイでした。 。 自分29歳、妻26歳、今年末に子供が生まれます。 現在下記の様な保険を検討しておりますが、皆様に客観的にみて頂き、 アドバイス頂きたく、不躾で大変恐縮ですが、色々なご意見頂けませんでしょうか。 宜しくお願い申し上げます。 「保険内容」 【自分】 <生命保険兼積立>...

←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→