【保険】の人気Q&Aランキング

健康保険に加入している人の被扶養者もけがや病気・死亡の際には保険給付の対象になります。被扶養者になれる人はどのような条件を満たしていればよいのか、具体的な条件を知っておきましょう。

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    火災新種保険とは

    コトバンクで「新種保険」とは、「損害保険においては伝統的な火災保険,海上保険,運送保険以外の各種保険の総称。 現在日本で営まれているものは,信用保険,傷害保険,自動車保険,盗難保険,航空保険,労働者災害補償保険,賠償責任保険,原子力保険,住宅総合保険など。 」と書いてありました。 http://kotobank.jp/word/%E6%96%B0%E7%A8%AE%E4%BF … 共栄火災のホームページには、「火災新種保...

    A
    ベストアンサー
    絶対的な定義はありません。

    歴史的な経緯や歴史的変遷の中で使われてきた言葉です。

    数十年前は火災保険と海上保険が主流であり、当時の保険業法
    では主として扱う保険種目を会社の名前に入れる規定がありました。

    そのため**火災海上保険か**海上火災保険のどちらかが
    社名になっていました。

    社内的には火災保険、海上保険以外はすべて新種保険という時代も
    ありましたが、その後の自動車保険の躍進で火災、海上、自動車保険
    以外は新種保険という時代もありました。


    最近は、火災、海上、自動車、傷害保険以外を新種保険という呼称に
    している会社が多いように思います。

    要はその時々の歴史的変遷の中で各社ごとに種別区分は異なって
    きたのです。
    絶対的な定義はありません。

    歴史的な経緯や歴史的変遷の中で使われてきた言葉です。

    数十年前は火災保険と海上保険が主流であり、当時の保険業法
    では主として扱う保険種目を会社の名前に入れる規定がありました。

    そのため**火災海上保険か**海上火災保険のどちらかが
    社名になっていました。

    社内的には火災保険、海上保険以外はすべて新種保険という時代も
    ありましたが、その後の自動車保険の躍進で火災、海上、自... 続きを読む
  • 2位

    被扶養者の介護保険料について

    被扶養者の介護保険料の負担についてどなたか教えてください。 下記の負担で合っていますでしょうか? 1.健康保険第2号被保険者(40歳未満)の被扶養者の介護保険料 ・40歳以上65歳未満・・被扶養者本人の保険料負担なし ・65歳以上・・・・・・ ・介護保険第1号被保険者として保険料負担 2.介護保険第2号被保険者(40歳以上65歳未満 介護保険料会社と折半) の被扶養者の介護保...

  • 3位

    特別加入保険料、印紙保険料について

    こんにちは。 基本的に(高年齢労働者などは雇用保険率は免除ですが) 一般保険料は、労災保険率と雇用保険率を賃金総額にかけた額。 ということは、労災保険も、雇用保険も適用されているということになりますよね? 同じ労働保険料徴収法による保険料に、 *特別加入保険料 *印紙保険料 というのがあります。 特別加入保険料の場合、 特別加入者とは(例外的に?)労災保険...

    A
    ベストアンサー
    >特別加入者とは(例外的に?)労災保険に加入できる人のことなので、特別加入保険料を払っていても、雇用保険は適用されないということでしょうか?

    あくまで労災保険だけです。雇用保険のことではありません。

    >労災保険の特別加入者が雇用保険を受けるためには、事業の種類に沿った雇用保険率の分を払うのでしょうか?

    一人親方や中小企業の事業主のための制度です。被用者ではないので雇用保険はありません。

    >印紙保険料だけでは労災保険法しか適用されないのでしょうか?
    >印紙保険料の場合、
    >印紙保険料だけでは労災保険法しか適用されないのでしょうか?

    違います。印紙保険料は、日雇労働者の労働保険料です。失業給付の受給権を判定する基準になります。労災保険にも入っているはずです。労災保険は、雇用している事業主にその責任がありますので、被用者(日雇いも含む)は労災保険料を負担しません。

    >雇用保険を受けるためには雇用保険率の額も払うのでしょうか?

    雇用関係にある労働者の賃金総額により、保険料を納付し、さらに日雇労働者の印紙保険料の半額を負担します。
    >特別加入者とは(例外的に?)労災保険に加入できる人のことなので、特別加入保険料を払っていても、雇用保険は適用されないということでしょうか?

    あくまで労災保険だけです。雇用保険のことではありません。

    >労災保険の特別加入者が雇用保険を受けるためには、事業の種類に沿った雇用保険率の分を払うのでしょうか?

    一人親方や中小企業の事業主のための制度です。被用者ではないので雇用保険はありません。

    >印... 続きを読む
  • 4位

    社会保険と健康保険の表現の意味(カデゴリー水準)

    狭義で社会保険といった場合は、医療保険である『健康保険』と年金保険である『厚生年金保険』を指すと聞いたことがあります。 医療保険は、地域保険である『国民健康保険』と、被用者保険である『協会管掌健康保険』『組合管掌健康保険』『共済組合』等と、『後期高齢者医療制度』から体制づくられていると認識しています。 また、年金保険は、『国民年金』『厚生年...

  • 5位

    簡易保険 死亡保険金と税金

    妻が死亡した。 簡易保険をかけており、保険金等がでた(でる予定)。 (1)(2)(3)の場合は税金(所得税・相続税・贈与税)がどうなるか教えて欲しい。 なお妻は専業主婦、家族は夫と中学生・小学生合計2名 家族総計4名。 妻が死亡。 (1)養老保険 保険料全額前納済み 契約者 妻 被保険者 妻 死亡保険金受取人 夫 (2)養老保険 保険料全額前納済み 契約者 妻 被保険者 妻 死亡保険...

    A
    ベストアンサー
    (1)養老保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 妻
     死亡保険金受取人 夫
    *相続税の対象です

    (2)養老保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 妻
     死亡保険金受取人 相続人
    *相続税の対象です

    (3)学資保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 中学生の長女
     死亡保険金受取人 妻
     満期保険金受取人 妻
    *相続税の対象です

    いずれにしましても簡易保険以外の保険加入がなければ、税金は一切かかりません。 
    (1)養老保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 妻
     死亡保険金受取人 夫
    *相続税の対象です

    (2)養老保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 妻
     死亡保険金受取人 相続人
    *相続税の対象です

    (3)学資保険 保険料全額前納済み
     契約者 妻
     被保険者 中学生の長女
     死亡保険金受取人 妻
     満期保険金受取人 妻
    *相続税の対象です

    いずれにしましても簡易保険以外の保... 続きを読む
  • 6位

    保険金額・保険価額について

    FPの勉強をしているのですが 一部保険について 「保険金額が、目的物の評価額である保険価額に満たない損害保険契約。」 との事ですが、 保険金額・保険価額がそれぞれ私の理解で合ってるのか教えてもらえますか? 保険金額とは、実際に被保険者(自分)が支払う保険料で 保険価額とは、例えば「1事故に付き1万円」など、被保険者(自分)に支払われる保険料の事でしょうか? ま...

    A
    ベストアンサー
    前の方の回答の通りですが
    具体的には 損害保険の場合 対象物の評価額が2000万円だった場合、保険価額は2000万円です。
    保険を掛ける人が 保険料の関係もあり1000万円分でよいと思って契約したら その1000万円が保険金額です。
    その場合、2000万の建物なりが全損や全焼した場合は、保険金額の1000万円しか支払われません。
    保険金額は生命保険にも用いられますが 保険価額は損害保険の用語です。
  • 7位

    後期高齢者被保険者の国民健康保険保険者証の発行について

    祖父母が後期高齢者披保険者となっていますが、国民健康保険保険者証の発行がされていない?と言い張っています。 妻の祖父母はまだ75歳に達していないので国民健康保険保険者証と国民健康保険高齢者披保険者証の2つの保険証が必要といっています。 後期高齢者披保険者は国民健康保険保険者証は発行されないのでしょうか?

  • 8位

    労働保険・雇用保険等と社会保険労務士の勉強

    現在の職場では生命保険・火災保険・傷害保険・労働保険・雇用保険など、様々な保険業務の代行をしております。 私は生命保険と火災保険を担当しており、労働保険、雇用保険業務は担当しておりません。 しかし労働保険・雇用保険業務を担当している職員が留守の時などに質問の電話を受けると対応出来ないのが現状です。 担当外なので実務で勉強する事は出来ませんので...

  • 9位

    雇用保険保険者通知書について教えて下さい。

    雇用保険保険者通知書と雇用保険保険者証について教えて下さい。 はじめて転職して、転職先の会社から雇用保険保険者証を提出をするようにと言われたのですが、雇用保険保険者通知書と雇用保険保険者証を切り離していいものか迷い、切り離さず提出したのですが、ここの書き込みを読むと雇用保険保険者通知書は提出する必要がないようなので雇用保険保険...

    A
    ベストアンサー
    被保険者証は被保険者番号の確認のためのものです。
    被保険者通知書は被保険者資格取得確認通知書又は被保険者資格喪失確認通知書その他被保険者の転出、転入【工場とか支店等の移動】その他氏名変更等その被保険者番号にかかる変更、追加記録に際して本人に通知するためのものです、被保険者番号がわかれば確認できるものですが、個人情報になるため一般には開示されませんが、本人が請求しても、通常はその都度本人に通知しているため開示の必要なしとされています、従って大切に保存しておくことをお勧めします。
    被保険者証は被保険者番号の確認のためのものです。
    被保険者通知書は被保険者資格取得確認通知書又は被保険者資格喪失確認通知書その他被保険者の転出、転入【工場とか支店等の移動】その他氏名変更等その被保険者番号にかかる変更、追加記録に際して本人に通知するためのものです、被保険者番号がわかれば確認できるものですが、個人情報になるため一般には開示されませんが、本人が請求しても、通常はその都度本人に通知し... 続きを読む
  • 10位

    医師や弁護士、理・美容師の社会保険について

    医療保険制度一覧 【 】は保険者 ┌政府管掌保険【社会保険事務所】 ┌一般被用者保険──健康保険─┤ ┌被用者保険─┤ └組合管掌保険【健康保険組合】 │ └特定被用者保険─┬船員保険 │ └各種共済組合 ┌職域保険─┤ 医 │ │ 療─┤ └自営業者保険──国民健康保険組合【 ? 】 保 │ 険 │ └地域保険──国民健康保険【市町村】 日本の医療保険制度は...

    A
    ベストアンサー
    ご質問者の認識は概ねあっています。ただし、医師・歯科医師に関しては、勤務形態により加入保険が異なります。勤務医(大学病院など大病院)→開設母体が加入している保険(共済など)、職員5人以上の医院・診療所など→政府管掌、個人医院(医師会加入)→組合国保、個人医院(医師会未加入)→一般国保だと思われます。参考に全国歯科医師国保組合を掲げておきます。
    年金についてはよくわかりませんが、医師会には医師年金なるものがあるようです。医師会のホームページで確認してみて下さい。

    参考URL:http://www.zensikokuho.or.jp/kumiai/
    ご質問者の認識は概ねあっています。ただし、医師・歯科医師に関しては、勤務形態により加入保険が異なります。勤務医(大学病院など大病院)→開設母体が加入している保険(共済など)、職員5人以上の医院・診療所など→政府管掌、個人医院(医師会加入)→組合国保、個人医院(医師会未加入)→一般国保だと思われます。参考に全国歯科医師国保組合を掲げておきます。
    年金についてはよくわかりませんが、医師会には医師年金な... 続きを読む
  • 11位

    健康保険制度が国民健康保険や組合保険などに分かれた理由

    健康保険制度について不明な点があるのでご教示お願いします。 健康保険制度には市町村による国民健康保険や国民健康保険組合による国民健康保険など様々な保険者がいます。 質問1 このように様々な保険者を作ったことによるメリットは何ですか? 質問2 国民健康保険組合による国民健康保険や共済組合による健康保険などをなくして、一つの健康保険制度にまとめたほう...

    A
    ベストアンサー
    健康保険制度について不明な点があるのでご教示お願いします。

    健康保険制度には市町村による国民健康保険や国民健康保険組合による国民健康保険など様々な保険者がいます。

    >質問1 このように様々な保険者を作ったことによるメリットは何ですか?
    これは意図的に作ったのではありません。
    社会保障制度はあまり充実しておらず、統一の取れたものがなかった時代からの流れで今も複数あるというのが現状です。

    日本の健康保険制度は1922年がその出発点になっていますが、それから制度を拡充していく形で、1961年に国民皆保険となりました。

    スタート時は労働者などを対象とした組合から始まり、その後市町村などが運営する国民健康保険などの整備などか行われたわけです。

    つまり生い立ちの経緯等で複数のシステムが混在する形になってしまったわけです。

    >質問2 国民健康保険組合による国民健康保険や共済組合による健康保険などをなくして、一つの健康保険制度にまとめたほうが効率的だと私は思いますが、健康保険制度を一つにするデメリットでもあるのですか?

    一番財政状況が悪いのは国民健康保険です。
    大企業などの健康保険組合はかなりいいほうです。

    この根底にある理由としては、高齢で医療費のかかる人は国民健康保険に集まり、若手で元気な健康な人はそういう健康保険組合に集まっているからというのがあります。

    そのため、保険料などもかなり違いがあります。

    つまり、単純に一つにしようとすると、国民健康保険側は大歓迎となるでしょうけど、財財政にゆとりのある健康保険組合側はかなりの負担増になるので、それはマイナスになります。

    つまりそういう理由で簡単に一つにすることは出来ません。
    健康保険制度について不明な点があるのでご教示お願いします。

    健康保険制度には市町村による国民健康保険や国民健康保険組合による国民健康保険など様々な保険者がいます。

    >質問1 このように様々な保険者を作ったことによるメリットは何ですか?
    これは意図的に作ったのではありません。
    社会保障制度はあまり充実しておらず、統一の取れたものがなかった時代からの流れで今も複数あるというのが現状です。

    日本... 続きを読む
  • 12位

    保険見直し

    今回保険見直しをしようと考えています。 ※今までは言われるがままで○ッセイでした。 。 自分29歳、妻26歳、今年末に子供が生まれます。 現在下記の様な保険を検討しておりますが、皆様に客観的にみて頂き、 アドバイス頂きたく、不躾で大変恐縮ですが、色々なご意見頂けませんでしょうか。 宜しくお願い申し上げます。 「保険内容」 【自分】 <生命保険兼積立>...

  • 13位

    火災保険ではどんな風にして会社を選べばいいですか?

    ◆マンションの特約火災保険ではどこの会社がお勧めですか? 以前まではマンションでいろいろな会社へ分散させて保険をかける方式の保険だったのですが、それが満期になり、分散制度も廃止になりどれが一社に絞らなければならなくなりました。 保険会社には詳しくないのでどこの保険会社を選べばよいかアドバイス下さい。 対象となる会社は 損害保険ジャパン 東京会場...

    A
    ベストアンサー
    マンションの区分所有部分への火災保険でしょうか?
    マンション全体への火災保険でしょうか?

    今お勧めなのは地震保険100%で引き受けてくれるところだと思います。
    住宅ローン返済中に地震に遭うとローンだけが残ってしまします。
    商品名は書きませんが、「地震保険 100%」で検索すると見つかります。
  • 14位

    今月8月25日に退職しました。社会保険から国民健康保険に切り替えようと

    今月8月25日に退職しました。 社会保険から国民健康保険に切り替えようと思うのですが、9月1日に手続きをすれば8月分の保険料は支払わずに済むのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
    国民健康保険は退職後14日以内に手続きをすることになっています。
    14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
    ただし保険料は退職日の翌日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると退職日の翌日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
    これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

    >今月8月25日に退職しました。社会保険から国民健康保険に切り替えようと思うのですが、9月1日に手続きをすれば8月分の保険料は支払わずに済むのでしょうか?

    いいえ、質問者の方の場合は8月分から保険料は払うことになります。

    またよくある例なのですが、切りのよい月末ではなく月末1日(あるいは2,3日)前の退職日というを会社側が言い出すことがあります。
    健康保険や厚生年金は月末在籍しているかどうかで、その月の1か月分を払うかどうか決まるのです。
    8月で辞める場合に月末の6日前に退職すれば、会社では払わなくて済むのです、そうすれば会社は負担するはずの8月分の保険料の半額を払わずに済みます。
    一方退職者が任意継続あるいは国民健康保険や国民年金に入る場合は6日の間をおいて9月からということは出来ません、必ず8月26日からになります。
    ということは8月分は会社としては払わないが退職者個人が全額支払うことになるのです。
    任意継続の場合は在職中に会社が負担してくれた半額分も含めて全額ですから保険料はざっと2倍になります、国民健康保険は保険料自体が高いですから任意継続と同じか多い金額を払うようになります。
    要するに結果として8月分は会社が負担分を浮かした分を、退職者個人が負担するということになってしまう、このからくりが月末6日前の退職日です。
    これはセコイ会社がよくやる、わずかな保険料をケチる常套手段です。
    月末6日前に退職すれば退職月の保険料の支払いがないという言葉に乗ってしまうと、退職後にたった6日のために高額の保険料を個人負担するようになります。
    また年金も同様です。
    このサイトにもそういう状態に陥って、助けを求めて質問してくる方がいますが、退職してしまっては後の祭りで、お気の毒ですがとしか言いようがありません。
    例えば上記のように月末6日前で辞めると、健康保険料が引かれずに得だと会社に言われてそのとおりにして、退職後に健保に行って任意継続(あるいは市区町村の役所で国民健康保険)の手続きをしたらたった6日なのに先月分を丸々払わされておかしいという質問がこのサイトでもありますが、言葉は悪いですが上記の説明で会社に騙されていたことが初めてわかるケースが多いようです。

    ただもし質問者の方が非自発的な離職であれば、今年の4月から下記のような国民健康保険の保険料の軽減措置が取られていますので手続きの際に、雇用保険受給資格証を提示すればその措置が受けられます(自発的離職では該当しません)。

    http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000004o7v.html
    多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
    国民健康保険は退職後14日以内に手続きをすることになっています。
    14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
    ただし保険料は退職日の翌日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると退職日の翌日から手続きをした前日までは保険料は取られる... 続きを読む
  • 15位

    街にはたくさんの保険ショップや代理店があります。アフラックの代理店...

    街にはたくさんの保険ショップや代理店があります。 アフラックの代理店も見かけますが、なぜかアフラックの代理店はアフラックの医療保険しか置いてなく、自動車保険や火災保険をおいておりません。 アフラックは自動車保険や、火災保険商品の取り扱いそのものがないですが、他の保険会社の自動車保険や火災保険をおくことができるはずです。 なぜアフラックショップ...

    A
    ベストアンサー
    代理店が保険を販売するにはそれぞれの保険会社(生損保)と
    委託契約を結ぶ必要があります。
    またそこの店員も損保の資格を取る必要があります。

    アフラックの代理店はアフラックを扱うだけの資格だけしか
    なく、損保会社との取引(委託)もないだけの話です。

    保険は八百屋さんのように野菜・果物何でも自由に売れる
    ようにはまいりません。
    保険業法と云う法律により規制されているのです。
  • 16位

    既存保険2種類の見直しについて

    39歳女性、離婚子どもあり。 離婚後すぐと、2年前に保険に入りました。保険内容について質問です。 (会社で社会保険加入) 【保険1】 かんぽ・特別養老保険(5倍型)はあとふるプラン 加入 平成11年6月 保険期間 20年 保険期間の終期 平成31年6月 (払込の終期) 満期保険金 80万 死亡保険金 400万 保険料 3920円 ●特約保険金額 災害400万・疾病障害入院400万 【保険2】 特別終身...

    A
    ベストアンサー
    保険は,万が一のための備えです。

    ですので,保険で満期金を得ることを考えるより,保険は,貯蓄性は除いて,純粋に保険に限定したほうが,よいと,思っています。

    お子さんが,おいくつなのでしょう?お子さんが20歳になる前に,wowmakotanさんに万が一のことが起こったとき,お子さんが20歳までの生活費・教育費などのお金がいりますから,それを考慮して保険を見直すとよいと思います。

    厚生年金に入っておられる企業で働いておられるなら,遺族年金がでます。どのくらいでるか,調べておかれるのがよいでしょう。


    上記を踏まえ,


    保険1をなくしてしまうと,wowmakotanさんに万が一のことが,お子さんが20歳前に起こってしまったら,保険金がすくなくて,お子さんが大変かもしれませんね。

    wowmakotanさんの親戚(血縁のある親戚に限定)で,がんとか心筋梗塞で亡くなられた方がいるのでしたら,3大成人病の保障も入っていたほうがよいです。

    社保で受けられる治療は,最先端の医療技術ではありません。最先端の治療技術を使えば,治療できる状態であっても,治療費が払えない状態なら,その治療をしてもらえません。

    ですので,ガン保険など,追加オプションで入られたほうがよいと思います。


    生存保険金額が,20年後から,5年後とに60万円,払い戻されるというところが,わたくしには,あまりにも危険な保険に見えます。

    えっ,と思われると思います。20年後も,今の物価水準が続けば,60万円あれば,3ヶ月くらい生活できますね。でも,20年後,どうなっているでしょう。

    今から,20年前,すなわち,1984年,大卒初任給は,15万円でした。いまは,20万円を超えています。20年前は,ワンルームマンションは,5万円あれば,駅から徒歩10分くらいならありましたが,いまは,8万円から10万円くらいでは。

    10年前のバブル崩壊直後だと,もっと高かったと思います。

    つまり,いまから,20年後,この金額があれば大丈夫という数字を予見することは,とても困難であり,危険が伴います。



    ですので,

    まず,

    老後の年金の足しにしようという個人年金のような部分は,保険を考える際は,除きましょう。

    そして,今,万が一がきたら,3年後に万が一がきたら,をベースに考えてみましょう。

    親戚にガンとか脳梗塞とかで亡くなった方がいるのなら,3大成人病のケアをいれたほうがいいです。

    上記3点をベースに,考えると,2つとも,一旦,解約して,別の生保に加入されるのがベストと思います。

    また,生保といえども,倒産します。

    1本だけ,大きなのに入るというのではなく,2社に分散しておくのがよいと思います。
    万が一が,自分より生保にくるかもしれませんから。
    保険は,万が一のための備えです。

    ですので,保険で満期金を得ることを考えるより,保険は,貯蓄性は除いて,純粋に保険に限定したほうが,よいと,思っています。

    お子さんが,おいくつなのでしょう?お子さんが20歳になる前に,wowmakotanさんに万が一のことが起こったとき,お子さんが20歳までの生活費・教育費などのお金がいりますから,それを考慮して保険を見直すとよいと思います。

    厚生年金に入っておられる... 続きを読む
  • 17位

    複数の保険会社に加入してても一社からしか出ないの?

    健康保険、損害保険、生命保険、いろいろありますが、 例えば、健康保険で、複数の保険会社に加入したとします。 保障内容も同じであるとすると、 保険が適用できる場合、加入している保険会社全部から 保険金が支給されるのでしょうか? それともある保険会社から支給された場合、 他の保険会社は支給してくれないのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

    損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

    少しややこしいのですが、例を挙げると、

    健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
    自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支払いますから損害保険型です。

    生命保険会社や、損害保険会社の医療保険、これは、1日あたり、契約額を支払いますという内容ですから、入院費がいくらかかるとか、差額ベッド代が実際はいくらかかったかに関係なく支払われる生命保険型です。
    自動車保険の搭乗者傷害保険は、これも入院あたり1日1万円とか、決められた額を払いますので生命保険型です。

    これからが本論ですが、
    損害保険型の保険は、複数の保険会社に保険をつけていても、損害額の上限で打ち切りです。
    支払は、契約が一番先の会社とか、複数の会社で按分とか、これは、それぞれの約款に書いてあります。

    生命保険型は、複数の会社にかけていても、それぞれ、重複しても支払われます。


    但し、ここからも重要なのですが、保険金詐欺や、保険金殺人などの犯罪を防ぐために、保険は、同じような種類の保険に入ろうとするときは、保険会社にその内容を告げなければなりません。これを告知義務あるいは、先に入っている保険会社に対しては、通知義務というのがあります。

    これに違反して黙っていると、どちらの保険も解除されて、事故が起きても、どの保険会社からも支払われないということがあり得ます。

    だから、同じような中味の保険に入る際には、必ず申告しましょう。高いお金を払って、一銭も出ないということを防ぐために。
    保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

    損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

    少しややこしいのですが、例を挙げると、

    健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
    自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任... 続きを読む
  • 18位

    保険について

    結婚し、子供も出来(妊娠6ヶ月)、生命保険・医療保険・がん保険の加入を考えています。 今年、5月にショッピングセンターに入っている外資系保険を扱っているところで、一通り話は聞いて納得していたのですが、保険会社があまり聞かない会社で「もしこの保険会社が潰れたら?」と疑問に思いました。 1. 日本の保険保険会社が潰れても保障されると聞いたことがあります...

    A
    ベストアンサー
    こんにちは!では早速ですがお答え致します。

    1.保険会社がつぶれたら
     現在わが国には「生命保険契約者保護機構」という組織があります。万が一保険会社が倒産した場合に備えて出来た組織です。これにより生命保険に契約した契約者の保険契約は守られます。
    しかし、契約内容がそのまま完全に保護されるとは限りません。例えば、契約した保険金額の減額や保険期間の短縮など倒産した保険会社の状況などについて減額割合などはすべて共通とは言えません。
    これまで千代田生命、協栄生命、日産生命、東邦生命などが倒産しました。
    この時も契約内容の減額などがありました。
    またこの機構に加入しているのは国内で営業している国内系や外資系の生命保険会社ですが、小額短期保険業者などはこの機構には加入していません。

    2.外資系と国内系
     基本的には両社共にお客様に毎にメリット、デメリットはあります。ただ考え方の違いやイメージ等が先行しています。いずれもお客様にとって大切なのは「財務内容・商品開発力・販売チャンネル」などです。
    各社から「ディスクロージャー」が発表されています。また経済雑誌なども会社の内容を知る手段です。
    更に最も重要なのは「担当者」です。「知識・人生経験・素早い対応力」+「相性」これにすべて完全に合致する担当者に巡り合うには、時間がかかるかもしれません。
    「大切な人生とお金に付いて」担当者に託すわけですから、お客様の人生観や将来設計に付いての話しを徹底的に聴く事がまず選定の重要な第一条件です。だから担当者に転勤があるとか、すぐに退職しそうな雰囲気(腰掛け的に生命保険会社に入社する人)を感じる場合は避けたいですね。
    担当者に「なぜ生命保険会社での仕事を選んだのか?」をお客様が質問してお客様が十分賛同する事ができる人がいたらその人を担当者に選定すれば良いと思います。

    3.保険の入り方
     まず(1)「保険の基本形」を理解してください。これによってお客様が希望される生命保険のカタチが理解できます。

    (2)保険に加入する目的を明確にして下さい(4つのリスクに備えます:死亡・病気・老後・介護のリスク)
    これらのリスクに対しての優先順位を考えて下さい。ご結婚されてお子様がいらっしゃれば、まずはご主人様が死亡された場合のご遺族の生活費の確保ですね。次は病気に対する医療保障ですね。更に奥様が万一の場合の保障も優先順位が高いですね。

    (3)既に御準備されている「厚生年金保険・健康保険等」の公的保障を把握しましょう。
    いままでこの事をお客様に説明しないで高額な保険金額を契約させる体質が旧態依然の保険会社にありました。これを説明できる担当者かどうか見極めて下さい。
    同様に医療保障も入院日額の根拠、一入院の入院日数と入院日数限度日数、一日目から給付される等について明確にお客様に説明できるか?
    保険の付加価値があるかどうか?(健康相談サービス・最適な医療機関の紹介・セカンドオピニオンや専門医の紹介などが付加されているかどうか?)
    医療はより高度で専門化されてきています。医療保険で特に大切なのは健康である為に、病気になった時の為の「納得のいく安心感」が得られているかどうかです。

    (4)個別の保険に契約が宜しいと思います。死亡保障や医療保障は終身タイプが宜しいと思います。ただし、御主人の死亡保障はお子様が成人されるか?就職するまでか?」期間を決めたらその期間に必要な保障額を算出してそれに見合った収入保障保険に契約されると無駄が無いと思います。
    2人に1人の割合で発症する「がん」に対する「がん保険」も必要ですね。出来れば、がん診断給付金が複数回支払われる。悪性がんと診断されたら以後の保険料が免除される事が必要ですね。あとは支払い期間を考えて下さい(毎月の保険料負担を軽減するなら全期型の支払い方法で支払総額を抑えたいなら何歳又は何年間の短期支払いにされる。

    (5)各社一様に内容が充実しています。できれば一社にまとめると保険の保障内容や目的などが把握し易いと思いますね。また一社によると場合によっては支払い方法やその他によって保険料のコスト削減が可能になります。

    重要なのは「保険の加入目的」「保険商品の付加価値」「担当者との相性」です。

    御参考になれば幸いです。
     
    こんにちは!では早速ですがお答え致します。

    1.保険会社がつぶれたら
     現在わが国には「生命保険契約者保護機構」という組織があります。万が一保険会社が倒産した場合に備えて出来た組織です。これにより生命保険に契約した契約者の保険契約は守られます。
    しかし、契約内容がそのまま完全に保護されるとは限りません。例えば、契約した保険金額の減額や保険期間の短縮など倒産した保険会社の状況などについて減額割合な... 続きを読む
  • 19位

    国民健康保険に加入したいのですが…

    私の健康保険加入歴です。 〜'97.4 社会保険 '97.4〜'98.9 社会保険も国民保険も未加入 '98.9〜'01.1 社会保険 '01.1〜'02.4 社会保険も国民保険も未加入 今から国民保険に加入したいと思うのですが、加入する時に"社会保険も国民保険も未加入の期間分の保険料"も合わせて請求されるのでしょうか。 普通、社会保険に加入していないのなら一般の人...

    A
    ベストアンサー
     現在の日本の健康保険制度は、生まれてから死ぬまで何らかの健康保険に加入する制度になっていますので、健康保険の未加入期間は原則無いように加入することになっています。

     ご質問の場合は、2001年1月から現在に至るまで健康保険に未加入ですので、国民健康保険に加入する際には、2001年1月まで遡って加入をすることになり、平成12年度分の1月から3月分の3か月分、平成13年度分の12か月分が、役所に加入届けをした翌月に請求されることになります。平成14年度分(今年の4月からの分)は、遡った分とは別に請求が来ることになります。14年度分は市町村の規定によって数回で納めることになりますが、遡った分の保険税(料)
    は一度に納める案内がきますので、高額で一度に支払えない場合には、分割納付などの相談をすると良いでしょう。

     同時に、国民年金にも加入しなければなりませんので、国保と同時に手続きをしてください。また、役所の手続きには、2001年1月まで加入していた社会保険の資格がなくなった年月日、勤務していた事業所名、年金番号などが確認できる書類が必要となりますので、前の会社に連絡をして「健康保険・厚生年金等資格喪失証明書」と言うような名称の、加入していた健康保険と厚生年金の資格がなくなった年月日を証明する書類を発行してもらい、役所に印鑑と共に持参をして手続きをしてください。

     国民健康保険の場合は、市町村によって「税」と「料」を選択できることになっていて、国民健康保険税としている場合には3年、国民健康保険料としている場合には2年まで遡ることになっています。例えば5年間無保険で 国保に加入する場合には、5年間遡るのではなくて3年または2年まで遡ることになります。
     現在の日本の健康保険制度は、生まれてから死ぬまで何らかの健康保険に加入する制度になっていますので、健康保険の未加入期間は原則無いように加入することになっています。

     ご質問の場合は、2001年1月から現在に至るまで健康保険に未加入ですので、国民健康保険に加入する際には、2001年1月まで遡って加入をすることになり、平成12年度分の1月から3月分の3か月分、平成13年度分の12か月分が、役所... 続きを読む
  • 20位

    保険会社、保険外務員の方

    終身保険、養老保険、定期付終身保険等生命保険には色々ありますが保険会社、外務員の方にとって最もおいしい保険(利益のある保険)は何でしょうか。

    A
    ベストアンサー
    保険金を支払うリスクが低く、掛け捨ての保険がおいしい保険です。
    これ以上は一般の方には教えられません。こちらも商売ですから。

    ちなみに、質問の主旨(なぜこのような質問をされるのか)がよくわかりませんので教えてください。
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→