【医療 確定申告】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    親の扶養 確定申告 医療費の控除

    ヘンなタイトルですみません。 どなたか教えていただきたいと思い、ヘンなタイトルになってしまいました。 教えて下さい。 私の父が派遣で仕事をしています。 そして母と私は父の扶養に入っています。 そこで、確定申告医療費についてです。 今年は医療費が3人ともかなりかかり、だいたいですが、5万くらいずつかかっています。 質問です。 (1)医療費いくら以上とか...

    A
    ベストアンサー
    長いですがよろしければご覧ください。

    >(1)医療費いくら以上とか、ありますか?今の段階で、確定申告できますか?

    原則として「10万円以上」です。

    『給与所得の源泉徴収票』と以下の「簡易計算機」の「医療費控除計算」で試算できます。

    『所得税・住民税簡易計算機』
    http://www.zeikin5.com/calc/

    >(2)父の休みの都合で、確定申告へ行くとすれば私になります。源泉徴収票と医療費の領収書を持って、代理の私でもいけますか?

    はい、「代理で申告書を作成することができるのは税理士のみ」というルールがありますが、「家族」などであれば「税務署の職員さん」もうるさいことは言いません。

    なぜかと言えば、「医療費控除の申告」くらいで税理士に頼む人はまずいませんし、「うるさいことを言って申告を妨げる」ことになっては「本末転倒」だからです。

    なお、税務署の職員さんも、「作成のアドバイスのみ」というスタンスで対応することになっています。

    『Q18 税務署の相談会場ではパソコンで申告書を作成すると聞きましたが、パソコンが得意でなくてもできますか。』
    http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/05.htm#q18

    >(3)…私の分の確定申告をする時、医療費は自分でするのでしょうか?父の確定申告でするのでしょうか?

    「所得税の確定申告」は、「一人ひとり、別々に行なう」「所得税の過不足の精算手続き」です。

    これは、「夫婦」や「親子」でも同じで、「扶養されている(生活の面倒を見てもらっている)子供」でも同じです。

    『確定申告』
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
    >>所得税の確定申告は、…1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金…などがある場合には、その【過不足を精算する手続き】です。

    『扶養の義務とは? - 民法の取扱説明書』
    http://minnpou.blog81.fc2.com/blog-entry-49.html

    ---
    「医療費控除」については、「医療費を支払った納税者の税負担を軽くするための【所得控除】」なので、「他の納税者が支払った医療費」を「所得控除」にすることはできません。

    『所得から引かれる「控除」、仕組みを理解して節税を!』(更新日:2013年08月09日)
    http://allabout.co.jp/gm/gc/424898/

    なお、【生計を一にする親族】の医療費であれば、「実際に払った親族」の医療費控除とすることができるルールになっています。

    つまり、「ekbhmvdさんの医療費」をお父様が支払った場合は、「お父様の医療費控除にしてよい」ということです。

    『扶養控除>「生計を一にする」の意義』
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm
    ※あくまでも「税法上の考え方」です。「生計を共にする」とも違います。

    ---
    ちなみに、同居している家族などであれば、「○○はお父さんが払っておいて、○○は私が払っておくから」というように「生活の財布が一緒」ということは特に珍しくありません。

    ですから、税務署の職員さんも、「あなたが支払ったことを証明できないと医療費控除として認めません」などと非常識なことはまず言いません。

    もちろん、「同居家族なら何でもあり」というわけではありませんので、「きちんと確認すればそれなりの税金を徴収できる」と判断されれば、(後日)税務署から確認が来ることもあります。

    『税務署はいくらから来る?』(2010/12/06)
    http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html

    >(4)確定申告の時、確か・・・源泉徴収票と、(加入していれば医療保険など?の証明)と、通帳と印鑑(認印)と、医療費の領収書を持っていくので間違いありませんか?

    おおむね間違ってはいませんが、「申告書を作成するために必要なもの」は、「申告する所得の種類」「申告する所得控除・税額控除の種類」「還付の有無」などによって「人それぞれ」「ケース・バイ・ケース」ですから、なんとも言えません。

    『Q22 確定申告書を提出する際に必要な書類はどのようなものですか。』
    http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/06.htm#q22
    『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
    『税金から差し引かれる金額(税額控除)』
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto321.htm

    ということで、「申告書の作成方法が分からない」ということであれば、「税務署が落ち着く4月頃に相談に出向く」のがお勧めです。

    『大混雑の確定申告』(2007/03/12)
    http://kaisendon.seesaa.net/article/35827006.html
    『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに|井岡雄二税理士事務所』
    http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html

    ※分かりにくい点があればお知らせ下さい。

    *****
    (その他参考URL)

    『[PDF]医療費控除を受けられる方へ』
    http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2012/pdf/04.pdf
    『所得金額とは|一宮市』
    http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html
    ---
    『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
    http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
    『税務署が親切』(2007/03/11)
    http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
    『税務署は意外と親切』
    http://dorobune.chips.jp/?p=155
    『国税庁>ご意見・ご要望』
    http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
    ---
    『日本税理士会連合会>リンク集』
    http://www.nichizeiren.or.jp/link.html
    『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ』(2012/ 03/23)
    http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
    ---
    『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
    http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
    (多摩市の案内)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
    http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/003807.html

    ※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
    ※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください
    長いですがよろしければご覧ください。

    >(1)医療費いくら以上とか、ありますか?今の段階で、確定申告できますか?

    原則として「10万円以上」です。

    『給与所得の源泉徴収票』と以下の「簡易計算機」の「医療費控除計算」で試算できます。

    『所得税・住民税簡易計算機』
    http://www.zeikin5.com/calc/

    >(2)父の休みの都合で、確定申告へ行くとすれば私になります。源泉徴収票と医療費の領収書を持って、代理の私でもいけ... 続きを読む
  • 2位

    確定申告医療費控除の対象について

    確定申告医療費控除の対象について教えてください。 私は会社員(独身)でいつも会社の年末調整はありますが、該当するものがないので確定申告は行っていません。 同居している父が自営業で毎年申告するため商工会議所に行きます。 父は持病の為毎年医療費が30万円以上かかっています。 今回商工会議所の方にその医療費を娘である私が確定申告をした方が良い。 そんなに...

    A
    ベストアンサー
    当方、シロウトですが、確定申告の経験はあります。

    共働き家庭の場合など、一家に複数稼いでくる人がいる世帯はいくらでもあります。
    そういった場合、その世帯で支払った医療費の控除は、一番有利な人が申告すると良い、ということは、市販の雑誌でしばしば見かけます。

    質問者さんの場合、夫婦共稼ぎではなく「親子」なので違和感をお感じかも知れませんが、赤の他人が下宿しているわけでもないので、通常「家計は同一」と見なされるようです。
    家計が同一(税金関係では「生計を…」といった表現のようです)であれば、生計を一にした家族全員の医療費をアナタが負担、と申告しても通るようです。

    多分お父さんの事業は、少なくとも帳簿上はさっぱりもうけが無くて、ほとんど所得税を納めなくてよく、

    納めるべき税金がなければ、還付してもらうお金も発生しませんので、
    シッカリ税金を取られている質問者さんの所得から医療費を控除した方がより有利な還付になるのだろうと思います。

    かりに質問者さんが、給料は全部自分で使ってOKという実態でも、
    一旦、家庭の会計に繰り入れて、再度、お小遣いをもらっていても
    税金の関係では、後者と見なしてくれるようですから、問題はないようです。

    税務署であらいざらい喋ると「できれば、ご遠慮を…」と濁されるかも知れませんけど。
    当方、シロウトですが、確定申告の経験はあります。

    共働き家庭の場合など、一家に複数稼いでくる人がいる世帯はいくらでもあります。
    そういった場合、その世帯で支払った医療費の控除は、一番有利な人が申告すると良い、ということは、市販の雑誌でしばしば見かけます。

    質問者さんの場合、夫婦共稼ぎではなく「親子」なので違和感をお感じかも知れませんが、赤の他人が下宿しているわけでもないので、通常「家計は同... 続きを読む
  • 3位

    確定申告 医療費控除 e-tax 領収証

    確定申告 医療費控除 e-tax 領収証 確定申告医療費控除の手続きをしようと思います。 TVでe-taxならインターネットで手続きができると、 行っていますが、医療費の領収証はどうするんでしょうか? あとで郵送とか持参するのだったら、 インターネットで申告する意味がないように思えるんですが。

    A
    ベストアンサー
    >医療費の領収証はどうするんでしょうか?

    保管義務があります。

    >あとで郵送とか持参するのだったら、

    昨年無作為抽出とかで、あたりました。

    http://oshiete.homes.jp/qa5524680.html
  • 4位

    確定申告 医療費控除 をするときの工夫

    医療費控除をするときの工夫 はじめて確定申告医療費も控除申告をしようと 思っている者です。 領収書を ひとつの袋に入れ、保管しているのですが、 確定申告をするにあたって 申告しやすいようにする 管理方法、工夫があれば 教えてください。 よろしくおねがいします。

    A
    ベストアンサー
     こんにちは。

    ・確定申告の医療費控除の際には,一応,所定の領収証を入れる封筒があります。その表に「医療費の明細書」欄がありますので,その欄に書けるように分類するのが最も賢いわけ方だとは思います。

    ・ただし,記入内容は
     医療機関の名称,住所
     受信した者の氏名,申告者との続柄
     病名や投薬内容
     支払額(本人負担と保険負担に分けて)
     保険金などで補填された金額(生命保険の給付などがあった場合の金額)
    となっていますので(日付は不要です),多くの医療機関にかかられている場合は,上記で分類して保管するのはとても煩雑になります。

    ・と言うことで,私も,ひとつの袋に,片っ端から領収証を放り込んで,確定申告時に,一気に分類しています。
     エクセルに入力して分類しているのですが,半日もあれば十分できますので,かえってその方が合理的だと思います。

    ・つまり,毎年やっている経験からは,片っ端から「ひとつの袋に入れ、保管しているのですが」が最もよいと思います。
     もし何かされるとすれば,医療機関ごとに袋を分けられるのはよいかもしれないです。

    ・あと,交通費(電車,バス代)や売薬も控除の対象になりますから,交通費は領収証にペンでメモしたり,薬局で市販役を購入したときの領収書(レシート)も残しておいてくださいね。

    (参考)医療費控除の際の記入項目
    http://mahowebsite.hp.infoseek.co.jp/kakutesinkoku/kakuteisinkoku_1.htm
     こんにちは。

    ・確定申告の医療費控除の際には,一応,所定の領収証を入れる封筒があります。その表に「医療費の明細書」欄がありますので,その欄に書けるように分類するのが最も賢いわけ方だとは思います。

    ・ただし,記入内容は
     医療機関の名称,住所
     受信した者の氏名,申告者との続柄
     病名や投薬内容
     支払額(本人負担と保険負担に分けて)
     保険金などで補填された金額(生命保険の給付などがあった場... 続きを読む
  • 5位

    確定申告 医療費控除について 死亡した祖父の治療費

    こんばんは。 確定申告医療費控除について質問です。 昨年祖父が亡くなり、その治療費を私が支払いました。 祖父は父の扶養家族となっているのですが 私の確定申告医療費控除の対象となる医療費合計に 自分の医療費にプラスして祖父の分の医療費を足して 申告できるかどうかを知りたいのです。 ご存知の方ご回答をお願いします。

    A
    ベストアンサー
    >昨年祖父が亡くなり、その治療費を私が支払いました…

    問題なくあなたの申告対象になります。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
    ただし、あなたとお祖父さまとが「生計が一」でなければなりません。
    生計が一とは、通常は同居していることを言い、別居の場合は主たる生活費を負担していることを言います。

    >祖父は父の扶養家族となっているのですが…

    これは関係ありません。
    あくまでも誰が払ったかです。

    税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    >昨年祖父が亡くなり、その治療費を私が支払いました…

    問題なくあなたの申告対象になります。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
    ただし、あなたとお祖父さまとが「生計が一」でなければなりません。
    生計が一とは、通常は同居していることを言い、別居の場合は主たる生活費を負担していることを言います。

    >祖父は父の扶養家族となっているのですが…

    これは関係ありません。
    あくまでも誰が払っ... 続きを読む
  • 6位

    確定申告医療費控除について教えてください。

    確定申告医療費控除について、基本的なことを教えてください。 年末調整で住宅借入の方の申告をしたので、源泉徴収票の住宅借入金等特別控除の額というところに金額が入力されています。 今回は医療費控除の申告をしたいのですが、「住宅借入金等特別控除の額」を確定申告書の欄に書き写さなければいけないのか、それとも今回は医療控除なので書かなくてもよいのか教...

    A
    ベストアンサー
    確定申告は、一度行った年末調整をチャラにして、初めから全部計算するので、必要な控除関係は全部もれなく記載します。

    初めは医療費控除なしで全部記入、計算してみてください。
    すると、最終的に納税/還付は0円になるはずです。(年末調整できちんとそうなるように計算されているから)
    それで記載がきちんとなされているかどうかがわかります。

    それが出来たら、それに医療費控除の分を加えてあげるとよいです。
  • 7位

    確定申告 医療費控除額から差引する保険金補填額

    確定申告医療費控除額の計算について教えてください ●合計所得金額が200万円以上のとき 医療費控除額=一年間に支払った医療費-保険金などで補填された金額-10万円 この「保険金などで補填された金額」というのは、同一年内に支払われたものが対象になるのでしょうか というのは、来月12月に手術・入院の予定があります 今年はこれまでにも入院手術が数回あり、確実に...

  • 8位

    確定申告 医療費の更生の請求について

    今年の確定申告医療費の領収書を整理していたら、1昨年の申告漏れの領収書が出てきました。 何年か先までさかのぼって更生の請求ができるようですが、その際更生の請求書を書くには、1昨年の確定申告をした時の申告書の控えがないとできないわけですが、捨ててしまってありません。 金額が多いので再申告したいと思いますが、できないでしょうか。

    A
    ベストアンサー
    5年程度であれば、更正の請求が可能だったと思われます。
    程度としたのは、申告期限と更正の請求の申請の関係でこのようにしました。

    おととしですので、可能でしょう。
    注意点としては、還付申告では、納税している金額がある場合に限られます。
    なかには全額還付となっている場合もあり、その場合に、さらに更正の請求を行っても、全額還付後に追加還付はありません。おととしの申告書がないということからわからないこともおありかもしれませんが、税額があったのでしょうかね。

    おととしの申告書の控えの提出は不要ですが、申告内容が必要となります。
    更正の請求書の様式を見ていただければわかりますが、申告時の内容と更正の内容(正しい内容)を比較するような形式だからです。

    捨ててしまったということですので、今のままでは更正の請求書を書くことができないと思われます。
    医療費の領収書だけでは、還付税額の計算ができませんからね。

    税務署内では、もちろんあなたの申告の内容が電算化されていると思いますが、本人にも教えることはできません。教えることができるのは、納税証明などの範囲内ということになるでしょう。
    ただし、申告書類の閲覧という制度があります。これを利用すれば、あなたの申告内容をあなた自身が見ることができるでしょう。しかし、コピーなどは認められなかったと思いますので、書き写すぐらいでしょうかね。写真などが認められれば、携帯電話などで撮影して印刷するということも可能かもしれませんが、私は経験がありませんので、何とも言えません。

    来週から確定申告期間に入り、税務署は混雑することでしょう。もしかしたら、嫌がられたりするかもしれません。今週であれば、まだ税務署は比較的すいているかもしれません。
    早いうちに進めるか、今年の申告期限が過ぎて空いているときに行ったほうがよいかもしれませんね。

    注意点としては、代理人が閲覧するような際には、委任状等も必要となると思われます。
    税務署へ事前に電話相談のうえでいかれるとよいかもしれませんね。

    最後に、申告書の控えというものは、所得証明に準ずるものとして扱われたりするものです。
    税務調査や問い合わせなどでは、最長7年?程度される場合もあります。通常は3年程度だとは思いますが、今後は申告書の控えをしっかりと保管されることをお勧めいたします。
    5年程度であれば、更正の請求が可能だったと思われます。
    程度としたのは、申告期限と更正の請求の申請の関係でこのようにしました。

    おととしですので、可能でしょう。
    注意点としては、還付申告では、納税している金額がある場合に限られます。
    なかには全額還付となっている場合もあり、その場合に、さらに更正の請求を行っても、全額還付後に追加還付はありません。おととしの申告書がないということからわからないこ... 続きを読む
  • 9位

    所得税 確定申告 医療費控除による住民税の影響について

    30代のサラリーマンです。 所得税 確定申告 医療費控除について質問です。 ◆支払金額:6208961円 ◆給与所得控除後の金額:4426400円 ◆所得控除の額の合計額:1858475円 ◆源泉徴収税額:20200円 ◇年末調整で生命保険料の控除、地震保険料の控除、 住宅借入金等の特別控除は済んでおります。 医療費が合計41万円前後でしたので、e-taxにて確定申告は済ませました。 控除額が、源...

    A
    ベストアンサー
    >住民税も控除可能でしょうか…

    住民税にも医療費控除はあります。
    確定申告をしたとのことですから、そのデータは税務署からそのまま市役所にも送られるので、今年分の住民税に反映されます。
    所得税と違って、昨年分の還付ではありません。
    (某市の例)
    http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan

    >住民税のほうも対象の場合は、どのような対応が…

    特に手続きなどは必要ありません。

    >他に控除対象はありますか…

    それはあなた自身が判断しなければ、他人が分かるはずありません。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1200.htm

    税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    >住民税も控除可能でしょうか…

    住民税にも医療費控除はあります。
    確定申告をしたとのことですから、そのデータは税務署からそのまま市役所にも送られるので、今年分の住民税に反映されます。
    所得税と違って、昨年分の還付ではありません。
    (某市の例)
    http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan

    >住民税のほうも対象の場合は、どのような対応が…

    特に手続きなどは必要あり... 続きを読む
  • 10位

    確定申告医療費控除に介護費用は含まれる?

    妻が介護認定を受けました。 要介護1で電動ベッドをレンタルしましたが確定申告医療費に含まれますか教えてください。

    A
    ベストアンサー
    >要介護1で電動ベッドをレンタル…

    「福祉用具貸与」に該当しそうですね。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1127.htm

    税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
  • 11位

    確定申告 医療費控除について

    確定申告医療費控除を作成しています。 7&5年前の出産時も、たしか住宅借入金等特別控除があっても、医療費も還付されました。 去年レーシックを受け、その他の医療費と合わせて26万ほどになったので、 HPから確定申告を作成しましたが、全ての数値を入力後に「還付金の確認」を押すと、 「還付金は0円です」と表示されます。 源泉徴収票を見て、源泉徴収税額が0円...

    A
    ベストアンサー
    >源泉徴収票を見て、源泉徴収税額が0円の場合は、
    医療費がいくらあっても還付金が0円なのでしょうか?

    そうです、還付と言うのはあくまでも払った所得税のうちから返してくれると言うことなので控除がいくらあっても源泉徴収税額が0円ということではそもそも払った所得税がゼロなので還付がありません。

    >所得控除の合計額は2.510.468円なので、これが支払っている所得税の額だと思っていました。

    いえ、払った所得税の額は源泉徴収税額ですので質問者の方の場合はゼロです。

    >7&5年前の出産時も、たしか住宅借入金等特別控除があっても、医療費も還付されました。

    それは平成19年に税源移譲があったからです、税源移譲で所得税が安くなり住民税が高くなったのです。
    つまり同じ収入であっても以前よりは所得税は低くなっています。
    ですから以前は住宅借入金等特別控除を引いても残額が出たので医療費控除に依る還付があったのですが、今は所得税が低くなった分だけ住宅借入金等特別控除を引くと残額が出なくなり還付がないということです。
    すると損したと思いますよね、ですから今では余った住宅借入金等特別控除の分は平成11年から平成18年に入居した人、および平成21年以降に入居した人については翌年度の住民税から引かれるようになっています。
    ですから質問者の方も医療費控除を確定申告すれば、それに相応する税額分の来年度の住民税が安くなります。
    >源泉徴収票を見て、源泉徴収税額が0円の場合は、
    医療費がいくらあっても還付金が0円なのでしょうか?

    そうです、還付と言うのはあくまでも払った所得税のうちから返してくれると言うことなので控除がいくらあっても源泉徴収税額が0円ということではそもそも払った所得税がゼロなので還付がありません。

    >所得控除の合計額は2.510.468円なので、これが支払っている所得税の額だと思っていました。

    いえ、払った... 続きを読む
  • 12位

    確定申告 医療費控除について教えて下さい。 今年初めて確定申告をしま...

    確定申告 医療費控除について教えて下さい。 今年初めて確定申告をします。 (項目は医療費、ふるさと納税) 2014年から毎年、未申請の医療費があり、今年まとめて申請したいと思っています。 知識がなくわからないことばかりなので箇条書きで質問させて下さい。 ?2014年からの医療費は、今年の医療費集計フォームに続けて記載し、2017年の申告書に添付すれば良いのでしょう...

    A
    ベストアンサー
    >2014年からの医療費は、今年の医療費集計フォームに続けて記載し、2017年の申告書に添付すれば良いのでしょうか。(源泉徴収は2014年から毎年分添付?)
    いいえ。
    所得税は1年ごとに計算します。
    なので、申告書も医療費の明細書もそれぞれの年ごとに作成します。
    源泉徴収票もそれぞれの年の分を添付します。

    >それとも、一年毎に申請書を1から別に作成するのでしょうか。
    そのとおりです。
    前に書いたとおりです。

    >2015年10月に退職し、その後主人の扶養に入っています。
    2014年からの医療費はほぼ私の分ですが、添付は主人の源泉徴収だけで良いのでしょうか。
    だれがその医療費を払ったんでしょうか?
    医療費控除は、その医療費を払った人が控除を受けられるもので、本来、どちらが申告するか選択できるものではありません。
    でも、所得が多い人が控除を受けたほうが得ですから、夫婦ならご主人が控除を受ければいいでしょう。
    問題ありません。
    なので、ご主人の源泉徴収票を添付でいいです。

    でも、ふるさと納税は、証明書に貴方の氏名が書かれているなら、貴方しか控除を受けられませんので、貴方が確定申告するしかありません。
    というか、貴方は年末調整されていないので、ふるさと納税の控除なくても、所得税の一部が還付されます。
    なので、確定申告したほうがいいです。
    なお、ふるさと納税は「ワンストップ特例制度」を利用なら、確定申告の必要ありません。

    >私の在職中と退職後、申請書の書き方に変更点はあるのでしょうか。
    いいえ。
    ありません。

    ご主人の源泉徴収票(3年分)、貴方の源泉徴収票(平成28年分)、ふるさと納税証明書、領収書(3年分)、ご主人と貴方のマイナンバーの通知カード・本人確認書類・印鑑・通帳を持って税務署に行けばいいです。
    なお、2月16日からは申告の期間で税務署めちゃ込みなので、その前に行ったほうがいいです。
    ご主人も貴方も還付の申告なのでいつでもできます
    >2014年からの医療費は、今年の医療費集計フォームに続けて記載し、2017年の申告書に添付すれば良いのでしょうか。(源泉徴収は2014年から毎年分添付?)
    いいえ。
    所得税は1年ごとに計算します。
    なので、申告書も医療費の明細書もそれぞれの年ごとに作成します。
    源泉徴収票もそれぞれの年の分を添付します。

    >それとも、一年毎に申請書を1から別に作成するのでしょうか。
    そのとおりです。
    前に書いたとおりです。

    >2... 続きを読む
  • 13位

    確定申告 医療控除

    確定申告医療控除を行う場合、本人分の支払額だけではなく、一緒に住んでいる家族の分も(もちろん同じ期間で) あわせて申請できると聞いたのですが、本当ですか?

    A
    ベストアンサー
    >一緒に住んでいる家族の分も(もちろん同じ期間で)あわせて…

    無条件で家族合算できるわけではありません。

    そもそも、医療費控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受けられるだけです。
    例えば、妻が払ったものを夫が申告すること、およびその逆は原則としてできません。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto304.htm

    ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
    妻の預金から振り替えられたり、妻のカードで決済されているような場合は、夫にはまったく関係ありません。

    税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    >一緒に住んでいる家族の分も(もちろん同じ期間で)あわせて…

    無条件で家族合算できるわけではありません。

    そもそも、医療費控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受けられるだけです。
    例えば、妻が払ったものを夫が申告すること、およびその逆は原則としてできません。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto304.htm

    ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませ... 続きを読む
  • 14位

    確定申告 医療費控除は誰でするのがよいのでしょう

    確定申告を初めてします。 医療費控除について調べてみたのですが、 後々他の税額にも影響してくると聞き、分からないことが増えました。 説明が足りない点があると思いますが、教えて下さい。 父と母ともに年金収入があります。 父の方が少し多いですが両者同じぐらいの年金額です。 昨年は父の医療費が70万程、母の医療費が50万程かかりました。 支払いをしたのは...

  • 15位

    医療確定申告について

    医療費の確定申告について教えてください。 給与所得の源泉徴収票&医療に使った領収書等を持って確定申告に行ったのですが、給与所得の源泉徴収票の源泉徴収税額が記載されていないので、控除できないと言われました。 去年実際に医療費を支払った金額は約90万で給与の所得は約430万です。 お金は戻ってこないのでしょうか? また聞いた話ですが高額に医療費を支払っ...

    A
    ベストアンサー
    #2です。
    「住宅借入金等特別控除の額」に記載がありますか?
    だとしたら、書類の不備ではなく、やはりあなたは所得税を納めていないかもしれません。

    「給与所得控除後の金額」が30万、「所得控除の額の合計額」が20万とのことですが、
    おそらくそれぞれ約300万、200万の間違いではないでしょうか?
    所得控除は、黙っていても誰でも最低38万円はあります。
    20万ということはないはずです。
    また、私の計算では、給与が430万なら「給与所得控除後の金額」は約300万になるはずです。
    だから仮にここは300万、200万が正しいとします。
    このままいけば、300万-200万=100万円に、10%の税が課されます。
    すなわち10万円です。
    ここで、「住宅借入金等特別控除の額」の欄をご覧下さい。
    そこに書かれている金額が、10万円を超えていませんか。
    もし超えていれば、10万円からその金額が引かれる、
    すなわちマイナス(この場合は0とします)となるので、
    やはりあなたは所得税を納税していません。
    やはりお金は戻ってこないことになります。
    #2です。
    「住宅借入金等特別控除の額」に記載がありますか?
    だとしたら、書類の不備ではなく、やはりあなたは所得税を納めていないかもしれません。

    「給与所得控除後の金額」が30万、「所得控除の額の合計額」が20万とのことですが、
    おそらくそれぞれ約300万、200万の間違いではないでしょうか?
    所得控除は、黙っていても誰でも最低38万円はあります。
    20万ということはないはずです。
    また、私の計算では、給与... 続きを読む
  • 16位

    確定申告 医療費控除について

    確定申告 医療費控除について質問です。 例 一年間の医療費で30万 年間所得で100万の場合で税金を10万支払っている場合は幾ら位税金が戻る事になるのでしょうか? 計算式とかあればお願いします。 医療費が10万を超えた場合はその超えた部分が控除額としてつかえるのですか?

    A
    ベストアンサー
    >医療費が10万を超えた場合はその超えた部分が控除額としてつかえるのですか?
    「所得」が100万円なら、もっと多くの額が控除されます。
    控除額は、医療費から10万円もしくは所得の5%どちらか少ない額を引いた額です。

    30万円-(100万円×5%)=25万円(控除額)
    25万円(控除額)×5%(税率)=12500円(還付額)
    また、払った所得税がこれより少なかった場合は、それ以上には還付されません。

    あと、来年度の住民税が
    25万円(控除額)×10%(税率)=25000円
    安くなります。

    なお、保険金などで補てんされた額があればそれはかかった医療費から引かないといけません。
    >医療費が10万を超えた場合はその超えた部分が控除額としてつかえるのですか?
    「所得」が100万円なら、もっと多くの額が控除されます。
    控除額は、医療費から10万円もしくは所得の5%どちらか少ない額を引いた額です。

    30万円-(100万円×5%)=25万円(控除額)
    25万円(控除額)×5%(税率)=12500円(還付額)
    また、払った所得税がこれより少なかった場合は、それ以上には還付されません。

    あ... 続きを読む
  • 17位

    確定申告 医療費控除

    私は、私の扶養者でない後期高齢者の付き添いをして、飛行機を使い、東京の病院に数回通院し、20万余の費用がかかりました。 この費用は身内なので頂いていないので、私の確定申告医療費控除として申請できるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

    A
    ベストアンサー
    >私の扶養者でない後期高齢者の付き添い…

    医療費控除の要件に「扶養者」であることは書かれていませんが、具体的にどんな関係の人でしょうか。
    大事なことは、(納税者自身の医療費または) 「生計を一」にする配偶者や親族の医療費なのかどうかです。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

    >この費用は身内なので頂いていないので…

    親族とは、6親等内の血族および 3親等内の姻族をいいます。
    しかも、「生計が一」とは、単に通院の付き添いだけでなくふだんから生活費の面倒を見て上げていることをいいます。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm#q1

    >飛行機を使い、東京の病院に数回通院…

    その必然性があるのかどうかです。
    現代医学でもまれな難病で、専門医が日本中でもごくわずかしかいず、遠隔地の病院にかからなければならない必然性があったとしても、入院でなく在宅治療であることに合理的な理由があるのかどうか。

    税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    >私の扶養者でない後期高齢者の付き添い…

    医療費控除の要件に「扶養者」であることは書かれていませんが、具体的にどんな関係の人でしょうか。
    大事なことは、(納税者自身の医療費または) 「生計を一」にする配偶者や親族の医療費なのかどうかです。
    http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

    >この費用は身内なので頂いていないので…

    親族とは、6親等内の血族および 3親等内の姻族をいいます。
    しかも、「生計が... 続きを読む
  • 18位

    確定申告 医療費控除 前年度分の遡りは?

    期限ぎりぎりにお恥ずかしい限りなのですが、質問させてください。 H19年度分の医療費控除の確定申告をします。 レシート・領収書を揃えていたら、H18年度(2006年度)のレシート、領収書が数枚出てきました。 (金額にして18,000円ほど) H18年度分(昨年の作業時)も確定申告をしたのですが、どうやら漏れてしまっていたようです。 今回H19年度分(H19年度の給与所得に対して)に、こ...

    A
    ベストアンサー
    18年分の医療費ですから19年度分に混ぜることはできません

    控えがあれば「更正の請求」ができると思います。
    控えがない場合の方法は税務署に問い合わせてみてください。

    一応、去年提出した申告書自体は、身分の証明できるものと申告時の印鑑or印鑑証明のある印鑑などがあれば
    閲覧できると思います。
    コピーはできませんが、手書きで内容を書き写すことはできます。
    それを使って、更正の請求ができるかを税務署に確認するといいと思います

    ただ18000円分を加算して手間の元が取れるほどの還付があるかはわかりません。
    18年分の医療費ですから19年度分に混ぜることはできません

    控えがあれば「更正の請求」ができると思います。
    控えがない場合の方法は税務署に問い合わせてみてください。

    一応、去年提出した申告書自体は、身分の証明できるものと申告時の印鑑or印鑑証明のある印鑑などがあれば
    閲覧できると思います。
    コピーはできませんが、手書きで内容を書き写すことはできます。
    それを使って、更正の請求ができるかを税務... 続きを読む
  • 19位

    確定申告医療費について

    一泊の入院にて、腸のポリープを切除しました。 その内視鏡の際に、検査用シート一枚と切除した場所をクリップで留めた領収書が入院費とは別に病院から発行されています。 このシートと腸の中で留めたクリップ代は確定申告医療費に計上してもよいのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    治療のための費用ですから、もちろん良いですよ。
  • 20位

    確定申告 医療費: 保険金が出ている場合

    確定申告で、医療費控除の件で教えてください。 昨年の医療費で手術や入院があり高額の医療費がかかり、保険会社から還付金をもらったとします。 医療費よりその保険会社からの保険金額が上回る場合は、申告しても関係ないのですよね。 当たり前のような質問で恥ずかしい限りですが、教えていただければありがたいです。

    A
    ベストアンサー
    おっしゃる通りです。

    申告できるのは……
    (控除額)=(支払った医療費・交通費など)-(補填された給付金)-10万円
    なので、保険の給付金でプラスになれば、申告できません。
    尚、保険の給付金自体は、非課税なので、申告する必要がありません。

    さらに言えば……
    保険の入院給付金・手術給付金は、非課税ですが……
    死亡保険金、満期保険金、解約払戻金、個人年金には、税金がかかるということです。
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→