【医療 計画】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    生命保険、医療保険、教育資金計画で悩んでいます。ご教授宜しくお願い...

    生命保険、医療保険の見直しを考えています。 夫31歳、現在国保で数年後に独立する予定 妻29歳、専業主婦 子1歳 FPの方と相談した結果、以下の保険を考えています。 <生命保険> 夫のみ 損保ジャパンひまわり生命 無解約返戻金型定期保険(非禁煙者) 60歳払込 4000万円 月払9240円 <医療保険> 夫 損保ジャパンDrジャパン終身 60日型 日額7000円 三大疾病払込免除あり ...

    A
    ベストアンサー
    >過去の質問内容を拝見したところ、60日型は少ないのではないか、夫の1日の保障が64歳までは12000円ですが64歳以降日額7000円になるので、終身医療保険を日額1万円にしたほうがよいのではないかと思いましたが、上記の保険内容はどうでしょうか。

    医療保険は難しいですね。何の病気になるかわかっていれば簡単ですが。不安を感じていいらっしゃる点に関しては、正解がない問題です。ただ言えるのは、保険は安心するために入るものです。不安を持ったまま加入するのはやめましょう。

    >毎月銀行に子供貯金をするのならば、こちらの保険にしたほうがいいとは思うのですがどうなんでしょうか。

    商品内容がわからないので何ともいえませんが、ご主人に万が一のことがあった場合、ご主人の死亡保障で教育費もカバーすべきだと思います。お子様の教育資金は運用のみを考えて商品選択をしてください。

    15年積立プラン(教育資金計画)東京海上日動あんしん生命保険金額1千万円 月払32460円 の内容を教えていただければ、もう少しアドバイスをさせていただくことができるかもしれません。
    >過去の質問内容を拝見したところ、60日型は少ないのではないか、夫の1日の保障が64歳までは12000円ですが64歳以降日額7000円になるので、終身医療保険を日額1万円にしたほうがよいのではないかと思いましたが、上記の保険内容はどうでしょうか。

    医療保険は難しいですね。何の病気になるかわかっていれば簡単ですが。不安を感じていいらっしゃる点に関しては、正解がない問題です。ただ言えるのは、保険は安心するために入... 続きを読む
  • 2位

    計画入院を検討中に医療保険は加入できる?

    こんにちは。 初めまして。 長文になりますが、ぜひご回答を宜しくお願いいたします。 身内にいる30歳女性が3年位前から蓄膿症を患っていて 今までの対症療法ではらちがあかないと思い、精密検査を受けたところ 【歯性上顎洞炎】という口腔外科管轄の病気になっていたそうで 完全に治すには、大学病院で入院手術が必要との診断になり 現状すぐに入院とはいかないので8...

  • 3位

    第22回社会福祉士の問題の回答速報で、各社答えが割れている問題があり...

    第22回社会福祉士の問題の回答速報で、各社答えが割れている問題があります。 行財政の科目でお詳しい方、ご存知の方、教えてください 問題46 保健・医療・福祉に関する計画において、適正な事業量を確保するため、 各法が定めている機能に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。 1.都道府県知事は、医療計画で定められた基準病床数を超過することを根拠...

  • 4位

    防火区画の有無(調剤薬局)

    医療ビルを計画しており 調剤薬局の用途区分で悩んでおります。 調剤薬局は物販店扱いなのでしょうか となると特殊建築物になるため 防火区画が必要になると思うのですが ご教示のほどよろしく尾お願い申し上げます。

  • 5位

    歯科衛生士で手術の医療相談までできる資格はあるのですか

    歯科衛生士で手術の医療相談までできる資格はあるのですか 現在通っている歯科医院で健康な歯を抜かれてインプラントにされました。 その院の運営システムがおかしいということにやっと気が付きました。 院長は常に不在のため歯科衛生士が患者と医療相談、治療計画、手術前後の説明も一人の歯科衛生士が任されていて 歯科医師免許保持者しか出来ない処置や判断がある...

    A
    ベストアンサー
    医療相談に関して何の資格が必要かということはありません。歯科医師でなくてもよいし、衛生士である必要さえもありません。極端なことをいうと。昨日就職したド素人でも何ら問題はないのです。

    また、歯科医師しか出来ない処置等は歯科医師が行っているのですから、その点でも法的には全く問題がありません。

    医療ミスがあった場合ですが、ケースバイケースで個々の判断となるでしょう。ですが、一般的にはその医院を代表する院長または従事する歯科医師に責任があると思います。
    医療相談に関して何の資格が必要かということはありません。歯科医師でなくてもよいし、衛生士である必要さえもありません。極端なことをいうと。昨日就職したド素人でも何ら問題はないのです。

    また、歯科医師しか出来ない処置等は歯科医師が行っているのですから、その点でも法的には全く問題がありません。

    医療ミスがあった場合ですが、ケースバイケースで個々の判断となるでしょう。ですが、一般的にはその医院を代表す... 続きを読む
  • 6位

    チーム医療勉強会でKJ法

    チーム医療勉強会でKJ法 チーム医療勉強会を計画しています。看護師、臨床検査技師、栄養士、薬剤師など10人(新人)が参加しますが、糖尿病の患者さんの症例を作り、KJ法を使って意見をまとめたいと思っています。 勉強会の大きな目的として (1)他職種の能力を相互に理解する (2)他職種とのコミュニケーションの場とする を挙げてみました。 そのために症例を通して目的を...

  • 7位

    内視鏡検査で腸が壊死、緊急手術でお腹を30cmの切開。

    ■教えてください: 医療ミスで、受けなくてもイイ手術をする事になりました。 損害賠償の仕方を教えてください。 ■何が起こったのか?: 9月12日、H医院で、妻が健康診断で内視鏡検査をしました。 上からと下からです。 腸にポリープがあったので、ホットバイオプシーでポリープを切除。 その後、腹痛が治まらないので、13日に別の病院Eで、血液検査とCTの結果、炎症があ...

  • 8位

    何が名誉毀損に該当するか教えて下さい。

    インプラント治療で酷い目に遭いました。 友人に対し非公開で通院日記ブログを作成していましたが これを近日公開する予定です。 しかし逆に名誉毀損にならないように気を付けたいと思います。 もちろん院を特定できるような直接的な情報、名前は避けますが 地元の方に対して間接的なヒントはちりばめたいと考えています。 1。 院の内装や設備 2.料金制度(院長との初回...

    A
    ベストアンサー
    No.2さんは大きな知識不足。

    質問者さんがわかっているとおり、たとえ事実でも、それを公に公開し、名誉を棄損すれば名誉棄損です。

    難しいラインですが、ただ、病院の評判などはネットでも書き込みされているので、そういうところに書き込めば、いま現在は名誉棄損で訴えられる可能性は低いと思います。
    おそらく個人のブログに書き込むより、いわゆる口コミサイト(たとえばGoogleと連携しているような)に書き込んだほうが、多くの人の目にとまると思います。

    あとは、No.1さんの言っているとおり、医療ミスに対する損害賠償請求をされるのがよいと思います。
    損害賠償「請求」であって「返金」じゃないですから。
    そんな契約書なんて、事実上、無効なんですよね・・・。
    No.2さんは大きな知識不足。

    質問者さんがわかっているとおり、たとえ事実でも、それを公に公開し、名誉を棄損すれば名誉棄損です。

    難しいラインですが、ただ、病院の評判などはネットでも書き込みされているので、そういうところに書き込めば、いま現在は名誉棄損で訴えられる可能性は低いと思います。
    おそらく個人のブログに書き込むより、いわゆる口コミサイト(たとえばGoogleと連携しているような)に書き込んだほうが... 続きを読む
  • 9位

    夏休みのレポートで医療の今後や問題について

    高校2年の男子です。 ホームページをちょっとあたってみましたが、難しくて… 質問させていただきました。 夏休みの課題のレポートで僕は 人工臓器や遠隔治療、ヒトゲノム計画による今後の医療の発展 クローンや脳死は死となるか、などの問題 について書くことに決めたました。 (ちょっとテーマが多すぎたかも…) そこで皆さんに↑について将来どうなっていくと思うか...

    A
    ベストアンサー
    少しテーマを絞ったほうが良いのでは?

    文部科学省科学技術政策研究所が5年ごとに実施している「技術予測調査」において、科学技術の専門家たちが予測した未来が下記HPで紹介されています。この中に、医療に関する予測も含まれています。(課題とは多少ずれているかもしれませんが)

    これからは、私見ですが
     脳死の問題ですが、今の脳死の問題は、死後、その臓器を活用することが前提となっているところが問題です。誰かの死を待つことなく、人工臓器等で健康の維持をする時代の実現にこそ努力すべきです。脳死による臓器移植はあくまでも、限定的に行われるべきです。
     ゲノムにしても、病気の治療を第一に考えるべきですが、経済や権力をリードするための情報として扱われているようで残念です。自然にしても、人間にしても、多様性が最大の魅力です。差別や画一化につながる技術であれば不用な技術です。
     何時の時代も、神になろうとする人がいて、それを利用する人がいて、利用されて人間としても扱ってもらえない人たちが創り出されてしまいます。神に近づこうとして、神からも人からも、最も遠ざかってしまっていることに気づかないのでしょうが・・・
     平凡な日常の中の、小さな変化にも感動し、感謝できる人になりたいと思っています。(でも、現実は厳しく、反省することばかりです)
     高校生のあなた方に・・・反省と期待を込めて

    参考URL:http://jvsc.jst.go.jp/shiryo/yosoku/index.htm
    少しテーマを絞ったほうが良いのでは?

    文部科学省科学技術政策研究所が5年ごとに実施している「技術予測調査」において、科学技術の専門家たちが予測した未来が下記HPで紹介されています。この中に、医療に関する予測も含まれています。(課題とは多少ずれているかもしれませんが)

    これからは、私見ですが
     脳死の問題ですが、今の脳死の問題は、死後、その臓器を活用することが前提となっているところが問題です... 続きを読む
  • 10位

    「リハビリテーション実施計画書」と「リハビリテーション総合実施計画...

    「リハビリテーション実施計画書」と「リハビリテーション総合実施計画書」の違いを調べているのですが、どう違うのかがはっきりと分からなくて困っています。 老人保健施設では「リハビリテーション実施計画書」、療養型医療施設では「リハビリテーション総合実施計画書」を使用するでいいのでしょうか。

    A
    ベストアンサー
    介護老人保健施設のリハ機能強化加算、訪問リハ、通所リハの個人リハ加算、に「リハビリテーション実施計画書」
    介護療養型医療施設のリハ計画加算には「リハビリテーション総合実施計画書」
    でよろしいと思います

    参考URL:http://www.hyogo.med.or.jp/riha/index.htm
  • 11位

    訪問介護計画書「作成条件」「作成しない条件」

    訪問介護計画書の 「作成の条件」 「作成しなくて良い」条件 についてです。 (1)例えば 「有効期間が切れる前」に、計画書を作成するのはわかります。 疑問なんですが、サービス担当者会議で本人がケア内容に変更が無いことを希望された場合は、計画書で「援助目標」「援助内容」は変わらず前回のまま、援助目標、援助内容は丸写しでも良いのでしょうか? ↑とくに生活...

    A
    ベストアンサー
    うちの事業所ではケアプランが出るたんびに計画書は作ります。
    全くサービス内容が代わらない時はそのまま(日付等は直しますが)で計画書を作り利用者にサイン、印鑑をもらってます。
    ケアプランと計画書はセットだと思ってます。
    監査で指摘されると思いますよ。
  • 12位

    銀行からの融資について

    身内(年金生活者)が遊ばせている土地3000坪(農地)を活用しようと医療福祉関係の起業を計画しました。計画は1年を要し、経営コンサルタント、税理士、設計士、銀行融資担当者、その業界のトップの方を交えながら進めてまいりました。 地域振興的な事業ですので、市や県にも頻回に足を運んでおります。 年金生活者ですので、当然の事ながら自己資金たるものはなく、土地を担...

  • 13位

    医療法人設立と負債の引継ぎについて

    この度、個人の診療所から医療法人へと変更しようと計画していますが、設立の手引きを読む限りだと債務の引継ぎに制限が多い様で検討中です。(証明資料などを提示することが困難なため) 例えば現在院長個人の所有となっている医療機器などを医療法人設立後に法人へ譲渡もしくはリースするというのは可能なのでしょうか 素人なので質問が分かりにくかったら申し訳あり...

  • 14位

    救急医療管理加算の算定要件

    胃腸の調子を崩して地元市立病院に行きました。 診察の結果、感染性胃腸炎と診断されてそのまま3日間入院しました。 余談ですが、入院費は3日間で96,960円(自己負担は29,090円)と予想より少し高かったです。 そこで、医療明細書に記載された「救急医療管理加算」の算定要件についてお伺いします。 少し調べたところ、救急医療管理加算の算定要件は「夜間や休日などの救急...

    A
    ベストアンサー
     一般的にお答えします。
     地域における救急医療体制の計画的な整備のため、入院可能な診療応需の体制確保する保険医療機関
     であり、都道府県が作成する医療計画に記載されている医療機関です。(特に休日や夜間)
     (1)については、緊急入院であったことから、(予約入院ではない)救急用のベットであったと
       考えられます。平日であっても、適応されます。
       
     (2)「重症」の定義についても
        重篤な脱水で全身状態不良の状態という項目があります。

     (1)については、医事科が、病院のマニュアル(内規)で、(2)については、あくまで
      診察した医師の見解です。

     しかしながら「レセプト病名」というのがあるくらいですから、あいまいなところもあります。
     地元市立病院ということですから、算定の根拠はあったと思います。
     地域の中核病院で早期治療でき完治したのですから、幸運と思ってください。

     #入院前に、料金について説明すべきところはあったと思います。
      機会があれば、医事科に尋ねても良いかと思います。
     
     一般的にお答えします。
     地域における救急医療体制の計画的な整備のため、入院可能な診療応需の体制確保する保険医療機関
     であり、都道府県が作成する医療計画に記載されている医療機関です。(特に休日や夜間)
     (1)については、緊急入院であったことから、(予約入院ではない)救急用のベットであったと
       考えられます。平日であっても、適応されます。
       
     (2)「重症」の定義についても
        重篤... 続きを読む
  • 15位

    昭和62年9月21日付け 第69号厚生省保険局長通知とは?

    タイトルの通りなのですが この通知の全文を発見することができません。 どこかに文を載せているサイトをご存知の方居ましたら 教えていただけませんでしょうか。 また、この通知にはどのような行為類型に該当するのか、この通知にはどのような特徴があるのか、分かる方居ましたらお教え願えないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

    A
    ベストアンサー
    それでは検索結果だけ

    医療計画公示後における病院開設等の取扱いについて
    昭和六二年九月二一日
    保発第六九号
    各都道府県知事あて厚生省保険局長通知
    http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=11502
  • 16位

    公立病院と民間病院の合併

    最近、この1か月以内だと思いますが、新聞報道で 「公立病院と民間病院の合併を認める」 という厚生労働省あるいは総務省の方針が発表されていたと記憶しています。 その後、いろいろ検索しているのですが、この記事が見つかりません。 ご記憶の方、ご存じの方お教え下さい。

    A
    ベストアンサー
    地域医療計画で病床過剰地域では公的病院同士の再編統合に限定していた特例を「再編後の病床数の合計数が再編前の複数の病院(公的病院等を含む)の病床数の合計数に比べて減っているとき」には民間病院にも拡大するとのことです

    参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/org/khoken-i/syukan/pages/2006/04/sf000004_3.html
  • 17位

    ホスピスの誘致

    地方の郊外から車で30分ほどの山間に、6000坪ほどの更地を持っています。 この土地にホスピス病棟を誘致したいのですが、どのように動けばいいのでしょうか? かたっぱしから大きな病院に、営業をかければいいのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    それぞれの都道府県には医療圏という区分けがあり・・・
    都道府県の保健医療(特に病院など)を管理している部署が行政を担っています。

    その医療圏の中で総病床数の定数=病院のべッド数(病床数)が決められており
    今、お持ちの土地の所在地が都道府県の中で何と言う医療権の中に所属しているのか
    調べて確認しなければなりません。

    その中でその医療圏内で現在既に開設されている病床数が既定数を上回って余剰である場合には
    新規に入院設備(病床)を伴う保険医療機関(病院/診療所)等の開設は認められません。

    もし仮にその医療圏の中で病床数が不足されている場合でも
    既に医療計画の中で大きな病院等の進出や開設が既に誘致等で決まっている場合には
    病床数の不足が解消できる見通しの為、入院設備を伴う保険医療機関の開設許可は
    難しいかもしれません。

    よって、まずは市役所や保健所等で入手できる情報を仕入れることからお奨めします。
    ご参考までに。

    参考URL:医療権
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%9C%8F

    参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%9C%8F
    それぞれの都道府県には医療圏という区分けがあり・・・
    都道府県の保健医療(特に病院など)を管理している部署が行政を担っています。

    その医療圏の中で総病床数の定数=病院のべッド数(病床数)が決められており
    今、お持ちの土地の所在地が都道府県の中で何と言う医療権の中に所属しているのか
    調べて確認しなければなりません。

    その中でその医療圏内で現在既に開設されている病床数が既定数を上回って余剰である場合に... 続きを読む
  • 18位

    全国の病院の病床数ランキングを教えてください。

    病院の良い悪いを判断する基準はいくつもあると思うのですが、客観的な判断基準として、「ベッドが多い=患者が多い=良い病院」というロジックはある程度確からしく思っております。 そこで、全国の病院の病床数ランキングを教えていただけないでしょうか。 やはり場所を問わずに良い病院にかかりたいので、お願いします。 あと、主観的な基準で結構ですので、オススメ...

  • 19位

    医療法人の作り方

    思うところがありまして、医療法人を作りたい!と思っているのですが、果たして医療法人はどうやって作ればいいのか、さっぱり分かりません。 普通の会社の設立と同じ手続きを踏めばいいのでしょうか? よろしくお願い致します。 ちなみに、自分が作りたいと思っているのはカウンセリング専門の医療法人です。

    A
    ベストアンサー
    医療法人は、一つの都道府県にのみ診療所を有する場合は都道府県知事、二つ以上の都道府県に
    跨って診療所を有する場合は厚生労働大臣を所轄庁として、認可を受ける必要があります。
    したがって、まずは所轄庁に事前相談に行くのが良いでしょう。
    一般的には年二回の手続き期間がありますので、それにあわせて必要書類を調えて、申請します。
    地域医療計画等の医療政策や、地元医師会の意思に反するようなことがなければ、医療審議会にて
    設立の認可が適当である旨の答申がなされ、法人設立が認可されます。
    それを受けて法人設立登記、診療所開設手続き・・・・・・という流れになります。

    といったような話ですが、
    医療法人を設立した実績のある行政書士さんに頼んだ方が何かと便利かと思います。
    医療法人は、一つの都道府県にのみ診療所を有する場合は都道府県知事、二つ以上の都道府県に
    跨って診療所を有する場合は厚生労働大臣を所轄庁として、認可を受ける必要があります。
    したがって、まずは所轄庁に事前相談に行くのが良いでしょう。
    一般的には年二回の手続き期間がありますので、それにあわせて必要書類を調えて、申請します。
    地域医療計画等の医療政策や、地元医師会の意思に反するようなことがなければ、... 続きを読む
  • 20位

    看護と情報処理について

    私は19歳の看護学生をしています。 情報処理の授業でしていることがこれからどう役に立っていくのかなどいまいちピンときません。 今医療の現場ではコンピュータなどの利用もどんどん進んでいるということなのですが、私はまだその現状が良くわかりません。 看護と情報処理について詳しく知りたいです。 そして将来看護婦になる私たちに今後どのように取り組んでいけば...

    A
    ベストアンサー
    情報処理とコンピューターの利用を混同されているようですが。。。

    ナイチンゲールをご存知ですよね。彼女が注目されたのは、クリミヤ戦争での看護活動が優れていたからばかりではありません。ナイチンゲールは衛生学者として、スクタリの野戦病院の100人あたりの年換算死亡率(一月の死亡率を12倍したもの)を絶望的な415人から34人まで低減させたのをきっかけに衛生学者として予防医学を実践したからです。臨床データ(情報)を処理することにより、今後の看護計画や医療計画に利用する。ナイチンゲールは、統計学者としてもすがらしい業績をあげたのです。

    医学系および看護系の学校での「情報処理」の授業は、おそらく統計学の演習を組み合わせたものでしょう。最低限の用語の獲得、分からない言葉が出た時にどうやって調べたらよいか、マニュアルをよめば統計学用ソフトも使える、というくらいを目標に学習したらいいと思います。ワープロ、エクセルなどの表計算ソフト、メールは、教養として身につけておいたら,いかがでしょうか。

    現場でも、情報処理は、統計学と組み合わされることにより、医療、看護、公衆衛生の質の向上のための方法として用いられています。実際には、特定のスタッフが処理操作を行いますが、データを生かすの医師、看護士ですから、知識はあったほうがいいかな。

    また、業務データや臨床データを処理し、デジタル化(電子カルテやオーダリングシステムなど)することにより、迅速化、スタッフの負担を減らすなど業務改善が進められています。
    情報処理とコンピューターの利用を混同されているようですが。。。

    ナイチンゲールをご存知ですよね。彼女が注目されたのは、クリミヤ戦争での看護活動が優れていたからばかりではありません。ナイチンゲールは衛生学者として、スクタリの野戦病院の100人あたりの年換算死亡率(一月の死亡率を12倍したもの)を絶望的な415人から34人まで低減させたのをきっかけに衛生学者として予防医学を実践したからです。臨床... 続きを読む
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→