【原因 コレステロール】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    コレステロール原因にカロリーメートは関係ある???

    健康診断や、風邪等で病院に行き検査する度に、コレステロールの値が高いと言われます。 身長170cm、体重56Kg、体脂肪率たぶん15%前後で、はっきり言って痩せてます。 レバー等の、高コレステロール原因となる物も好きですが、あまり好き嫌いもなく、野菜も含めなんでも食べます。 毎日3食きちんと食べて、どちらかというと、肉より魚、洋食より和食が好きで、思い当た...

    A
    ベストアンサー
    カロリーメートはある意味では高コレステロール血症
    と関係がないとは言えます。
    まず高コレステロール血症は成人において肥満とは関係がありません。高コレステロール血症と肥満が重要な関係があるのは小児肥満の際です。
    高コレステロール血症は男性と女性とでは成因が違います。pinkpanther516さんの性別が分からないので、
    男女とも説明しときます。
    まず男性の場合、男性の場合の主な成因は摂りすぎと運動不足です。カロリーとして最初に燃やされるのは糖質です。ですから、糖質の摂りすぎは当然脂肪の燃焼までいきあたらないですよね。また運動でカロリーを消費していかなければならないのに、運動不足はやはり糖分の燃焼で終わってしまいます。カロリーメートがある意味では関係があるといったのはこういう事で否定できないという事です。
    女性は更年期までは男性より遙かに脂肪の燃焼効率が高いのですが、これには卵巣が関係しています。
    卵巣から出されるホルモンの原料はコレステロールですし、またこのホルモン自体に脂肪の燃焼を促進する
    働きがあるのです。卵巣機能が落ちていく更年期から以降はむしろ原料として余ったコレステロール、及び
    男性よりもっと燃焼効率が悪くなった事が原因で
    コレステロールは高くなります。そして運動不足がその上に拍車をかけていきます。
    pinkpanther516さんの場合、食事のバランスとしても考え方としても十分だと思います。ただ油分を少な目というよりは自分の運動量に会わせた総カロリーとして考えた方がいいと思います。またお仕事の関係上症がありませんが、あまり遅くの食事(就寝まで3時間以内)は、やはり胃などの機能を低下させ、脂肪の代謝にも影響を及ぼします。また運動療法が如何に大切かと言うこともお分かり頂けたかと思います。
    カロリーメートはある意味では高コレステロール血症
    と関係がないとは言えます。
    まず高コレステロール血症は成人において肥満とは関係がありません。高コレステロール血症と肥満が重要な関係があるのは小児肥満の際です。
    高コレステロール血症は男性と女性とでは成因が違います。pinkpanther516さんの性別が分からないので、
    男女とも説明しときます。
    まず男性の場合、男性の場合の主な成因は摂りすぎと運動不足です。... 続きを読む
  • 2位

    コレステロール原因にカロリーメートは関係ある???

    健康診断や、風邪等で病院に行き検査する度に、コレステロールの値が高いと言われます。 身長170cm、体重56Kg、体脂肪率たぶん15%前後で、はっきり言って痩せてます。 レバー等の、高コレステロール原因となる物も好きですが、あまり好き嫌いもなく、野菜も含めなんでも食べます。 毎日3食きちんと食べて、どちらかというと、肉より魚、洋食より和食が好きで、思い当た...

    A
    ベストアンサー
    同じ質問がありますのでWebMasterにメールして統一されることをお勧めします。
  • 3位

    コレステロールがたまる原因は?

    循環器系の病気の人のことです。 肥満はしてます。 本人いわくコレステロール・中性脂肪は正常値だといいます。 (通院しているので時々検査はしていると思います。) いろいろ健康法はやっているにもかかわらずどんどん血管にコレステロールがたまるんだそうです。 (まぁ年齢はいってるんで運動はほとんどせず薬やサプリに頼っています。) これは体質ですか? 太ってい...

    A
    ベストアンサー
    コレステロールが溜まるとはどこに?
    血中コレステロール値正常なら特に問題なし
  • 4位

    足指のしびれの原因は?(高コレステロール・腰痛)

    23歳・女です。 数日前に右足の中指の側面(人差し指と接している部分)が、 しびれたような状態になりました。 常時ビリビリするのではなく、感覚が無いというか、 正座したときのような感じです。 マッサージしたりして楽観視していたら、 今度は左足の親指のつま先まで同じ状態になってしまいました。 自分でも調べてみて、糖尿病や腰痛、モートン病などが原因とし...

    A
    ベストアンサー
    痺れはいろんな原因で発生するので、簡単に原因を特定することは出来ません。理想を言えば、神経内科のある大病院を選び、整形外科から受診を始めることでしょう。

    最大の問題点は、痺れが左右対称か、非対称かという点です。

    左右非対称の場合、単に体のどこかで神経が関節や骨に押しつぶされているだけの可能性が高いので、整形外科の範疇です。ただ、脳に問題がある可能性もあるので、その時は適宜、対応部署にまわしてくれるでしょう。

    痺れが左右対称の場合でも、首の後ろに損傷のある人は、痺れが出ますので、これも整形外科の範疇です。が、左右対称の場合、その他の原因として、いろいろな可能性が出てきます。糖尿病のほか、全身のコラーゲンが変質してしまう奇病(膠原病)、極端な菜食主義によるビタミンB12不足(ビタミンのくせに、動物性です)、腸がビタミンB12を吸収する能力を失っている、全身の末梢神経が多発的に炎症を起こす(原因不明)、脳に問題がある、ストレス性のものである、などなど、きりがありません。だから、痺れ対策には大病院が良いのです。

    私の場合、整形外科と神経内科がギブアップしたので、おおかたストレス性のものだろうと、精神科送りになりました。大病院の精神科は、他の医師がさじを投げた時の最後の砦です。が、80%の患者は本当にストレス性障害なのですが、20%ほど体の病気の見落としが混ざっています。ありがちな見落としは、甲状腺機能障害です。甲状腺は通常の血液検査に含まれないので、人間ドックで初めて発覚することが多いです。
    痺れはいろんな原因で発生するので、簡単に原因を特定することは出来ません。理想を言えば、神経内科のある大病院を選び、整形外科から受診を始めることでしょう。

    最大の問題点は、痺れが左右対称か、非対称かという点です。

    左右非対称の場合、単に体のどこかで神経が関節や骨に押しつぶされているだけの可能性が高いので、整形外科の範疇です。ただ、脳に問題がある可能性もあるので、その時は適宜、対応部署にまわし... 続きを読む
  • 5位

    善玉菌コレステロールの異常な増加の原因

    体は、表面上至って健康なのですが、血液検査の結果、善玉菌コレステロールが異常に増加していることと、肝機能が低下しているとの結果がでています。 これらの原因は何なのでしょうか? お酒は飲みません。 食生活は、すこぶるヘルシーです。 運動は欠かしておりません。 少し精神的に疲れている部分がある。 という感じです。 どうぞよきアドバイスをよろしくお願...

    A
    ベストアンサー
    こんばんは

    善玉菌コレステロール?とは
    善玉コレステロールのことでしょうか?
    元々多い人もいるようですし、運動がきつすぎるとあがる部分もあるようですよ
    脂分が極力すくなくてもなるようです
    実は姉も善玉(HDLコレステロール)が多いと言うことなのですが
    悪玉とのバランスが取れているのでこれでいい。と医者から言われています

    ご参考までに
  • 6位

    LDLコレステロールが急に上がる原因は?

    今年の5月中旬に特定健康診断を受けました。 結果は異常なしで安心していたのですが、アレルギーの薬や安定剤を2年ほどずっと飲んでいるので、もう少し詳しい血液検査をしましょうと言われ、かかりつけの病院で6月末に受けました。 すると、LDL158/HDL59/中性脂肪79 と、LDLだけが高値になってしまいました! 1か月半しかたっていないので、急に上がる理由がわかりません。 40...

  • 7位

    LDLコレステロールの数値が上がった原因

    今年の定期健診でLDLコレステロールの数値が基準値よりも高くなっていました。 去年は基準値内で、あれから食事内容的には良くなっているのに、数値が悪かったので原因は何だろうと考えています。 食事は炭水化物をなるべく減らして、肉と野菜をたくさん食べるようにしています。 油ものと糖分は控えているので不思議です。 もしかしてと思うのは、ホエイプロテインとゼ...

  • 8位

    LDLコレステロール値が急激に上昇しまった原因は、、?

    タイトルの件ですが、 会社の健康診断の結果がでて、 去年から、悪玉コレステロール値が急上昇してしまいました。 25歳 164.5cm 56kg 悪玉コレステロールが 148と去年より、30上がってしまっています。 (基準値も上回ってしまいました。) ただ中性脂肪は96→48と減っています。 また、去年から大きく変わった点として、 体重が6kgおちました。 12月で一気にやせてしまった感じ...

    A
    ベストアンサー
    No2の方の回答でいいと思います。

    以下は補足になりますが、まずコレステロールが何なのかをよく知り、
    その上で対処するようにして頂きたいと思います。

    健康診断上ではコレステロールが高ければ、薬を使ってでも下げる事が多いようです。
    ですが、それだけでは健康だとは言えません。

    コレステロールは、体の細胞を作るのに必要な原料であり、特に脳細胞の維持には欠かせないものです。
    体内では、卵にして約300個分以上のコレステロールが巡っています。

    大きいコレステロールをHDLコレステロール
    小さいコレステロールをLDLコレステロール

    と呼び、本来はHDLが善でLDLが悪というものではありません。
    血管内でHDLはLDLの回収に努め、肝臓で再利用されます。LDLは細い血管に送られ、各細胞の原料として造られます。
    それぞれに役割があるのですが、何らかの事情でLDLが増加しているのはHDLの回収が間に合っていない状態ではあります。

    細胞の原料としてLDLが使われるのならいいですが、血中でLDLが余ると他の物質と混ざって血栓が出来たりします。
    なのでLH比が重要でHDLが多い状態で、コレステロールを血液内を円滑に巡る状態を保ちます。

    なので単純にコレステロール値を下げてしまうと細胞を造るのも妨げてしまう事もあり、特に脳には影響出る事もあります。
    認知症になる事さえあります。

    コレステロール値については、肝臓や膵臓、腎臓に関わる部分も併せて総合的に判断するべきです。
    LH比が崩れている場合は、中性脂肪によってLDLが増えてしまっているケースがあります。
    なので中性脂肪の値が高い場合にはコレステロールを下げるのではなく、中性脂肪の数値を下げる事が重要です。

    こちらも薬での治療もあるかもしれませんが、中性脂肪に関しては大抵、糖質の過剰摂取が関係している事が多いので
    一日の食事を見直し、適正な数値になるまで炭水化物を減らすのが一番効果あります。

    食べる量を変えずに、炭水化物を減らせば効果はでます。
    一番簡単なのは、ご飯を豆腐に置き換える事です。
    他、炭水化物が含まれていないのは、肉、魚、卵の動物系の食材です。
    加えてココナッツオイルです。植物系ですが、加工されて炭水化物はオイルには含まれていません。
    他植物系で炭水化物が含まれていないのは豆腐・・・・くらいかもしれません。

    炭水化物は植物系の食材に全て含まれています。

    ・・・以上いろいろ書いてしまいましたが、体重の減少については、筋肉が減ったのか脂肪分が減ったかは不明です。
    筋肉が減ったのであれば、肥満やスタイル維持に影響でますのでできれば炭水化物を抑えた食材をしっかり採る事をお勧めします。
    No2の方の回答でいいと思います。

    以下は補足になりますが、まずコレステロールが何なのかをよく知り、
    その上で対処するようにして頂きたいと思います。

    健康診断上ではコレステロールが高ければ、薬を使ってでも下げる事が多いようです。
    ですが、それだけでは健康だとは言えません。

    コレステロールは、体の細胞を作るのに必要な原料であり、特に脳細胞の維持には欠かせないものです。
    体内では、卵にして約300個分以... 続きを読む
  • 9位

    妹が高コレステロールと診断されました

    はじめまして 先日妹(20歳)が高コレステロールと診断されました。 妹は大体身長157cm、46kg程と太っておらず、 食べ物も野菜をとるよう心がけてます。 なにより家族と全く同じものを食べており、量は少なめです。 他の家族にはコレステロールの異常はありません。 ただ、祖母は糖尿病を患っています。 お酒は飲み会のときに飲む程度、タバコはすいません。 保育士をして...

    A
    ベストアンサー
    No2です。
    医療現場に於いて、診断する医師の技量で判断は異なる、と言ったら失礼な話になりますが、敢えて申し上げます。

    『フラミンガムレポート』と云う、世界中の医師が信頼する報告書があります。その中で動脈硬化指数について、「3.5を越えたら危険」と警告しています。総コレステロール(一般に言うコレステロール値)とHDLコレステロール(俗に善玉コレステロール)の二つの数値を見比べて判定できます。
    (総コレステロール-HDLコレステロール)÷HDLコレステロール>3.5(アテローム性動脈硬化指数)
    人間ドックなどでも、総コレステロール=230mg/dl・・・Bと判定されます。ところが、HDLコレステロール=70mg/dlの場合、動脈硬化指数は(230-70)/70=2.28で、寧ろAと判定されても良いほどの数値なのです。
    逆に、正常と判定される場合でも異状はあるのです。
    総コレステロール=200mg/dl・・・Aと判定されます。ところが、HDLコレステロール=40mg/dlの場合、動脈硬化指数は(200-40)/40=4.0で、危険域(CかD)と云うことになります。正常と判定されても、脳梗塞・心筋梗塞の危険を知らせる数値です。

    なので、数値を知るのが大切と感じまして、質問してみました。

    高コレステロール血症については、確かに色々な病を抱えているケースもあります。しかし、高い と云うだけの事で、医師は次の検査に進めていない程度の数値と解釈しました。
    アレコレ疾患を推測して、相談者様にストレスを与えるのは私の立場ではないと思います。

    コレステロールを低下させる栄養素はあります。EPA&DHA(魚油)1000mg以上/日、そしてナイアシン(ビタミンB3)、もしくはナイアシンアミドを1500 mg以上/日。この摂取で総コレステロールが下がり、HDLコレステロールが上昇することが報告されています。
    LDLコレステロールが高い場合、別の機序で健康を維持するアドバイスもありますが、ここで触れる段階ではないと思います。

    妹さんには今の健康的な食事を続け、食事制限、高コレステロール食の制限なども含めて、なさらないようにお伝えください。(家族性高コレステロール血症ではないことが想像できましたので・・)
    No2です。
    医療現場に於いて、診断する医師の技量で判断は異なる、と言ったら失礼な話になりますが、敢えて申し上げます。

    『フラミンガムレポート』と云う、世界中の医師が信頼する報告書があります。その中で動脈硬化指数について、「3.5を越えたら危険」と警告しています。総コレステロール(一般に言うコレステロール値)とHDLコレステロール(俗に善玉コレステロール)の二つの数値を見比べて判定できます。
    (総コレステ... 続きを読む
  • 10位

    前にも同じ質問をしましたが...

    医師から悪玉コレステロール値が高いから心筋梗塞になるといけないのでこれを飲みなさいと言われ、メバロチンという薬を飲んでいます。 気になったので、ネットで調べたところコレステロールを下げる薬を飲み続けていると、身体の免疫力も下がってしまい癌になりやすくなる、ということが書いてあり怖くなったので医師に相談してみると、「そんなことはない大丈夫だ。...

    A
    ベストアンサー
    まず、コレステロールと各疾患がどういうふうに関係しているのか、どうするのがもっとも、心疾患もガンをも減らすのか、人類はほとんどわかっておらず、「コレステロールに関する常識」は年々変わっている、ということは質問者さんもご存知かと思います。
    先端の科学研究をもってしても何が正解なのかはよくわかっていない、というのが現状です。
    つまり今後もコレステロールについて「これが正しい」は刻々と変わるはずです。
    今のところ判明していておそらく正しいだろうとされているのは、「LH比が2を超えると動脈硬化が(無視できない速度で)進行するので、統計上は1.5以下がいいみたい」「統計上、HDLが低すぎる人はガンで死ぬ確率が高い」です。

    さて、「HDLが低すぎるとガンで死ぬ確率が高い」ですが、質問者さんを惑わせた自称外科医の回答にも出てきますね。
    ただこれ、逆の見方をする仮説も存在します。一部のガンは進行するにつれてコレステロール産出能力を妨害するため、結果的にHDLを下げるのでは、です。つまりHDLが低いことがガンを引き起こしたのではなく、ガンがHDLコレステロールが低い原因ではないか、という仮説です。
    どちらにしてもHDLーCが低いことがなぜガンとつながるのか、まだはっきりしていません。
    そのうえ、質問者さんのHDLーCが脂質異常症の診断基準に当てはまるほど低いのでなければ、その回答は当てはまりません。

    質問者さん、ちょっとHDLとLDLの比率を計算してみてください。
    LDL÷HDL
    で出ます。別にここに公開なさらなくても大丈夫です。おそらく1.5以上ではないでしょうか。でなければ医者は投薬を勧めないでしょうから。
    もしそうならば、HDLを高くするよう生活習慣を見直してください。ぜひとも。
    心筋梗塞でぽっくり…的な現実逃避を夢想されている方たまにいらっしゃいますが、動脈硬化が脳に来たら脳卒中、20年寝たきりの最大の原因ですよ。
    と、脅したところで、HDLを上げる方法です。
    ・規則正しい生活を送る
    ・食事で野菜を量も種類も多く摂る、芋や穀類は野菜ではありません、キノコ・海藻は足して。緑黄色野菜とまぎらわしい淡色野菜ばかり食べてはダメ、一日数回に分けて最低350g、できれば450g以上食べるのが理想。600gは超えなくてもいい。果物も一日100~150gほど。
    淡色野菜ばかり…はつまり、もやし一袋とかきゅうり数本とかレタス、トマト1つかじって野菜食った気になるな、ってことですね。悪くはないんですけれど、生活習慣病にかかる方ってとにかく食事の重要性を理解せず、楽しようとしすぎる傾向があるのでキツめに書きました。悪しからず。
    ・運動習慣を身につける。
     厚生労働同省が進める週23エクササイズが目安です。
     強度により運動ごとにメッツという単位が設定されています。これ自体はWHOが提唱したもの。
     メッツ×時間が一週間23以上になるように運動しましょう、できるだけ週2時間以上は4メッツ以上のきつい運動をしましょう、という内容です。
     どの運動が何メッツかは、こちらをどうぞ。
     http://www.hokkaidohealth-net.or.jp/kenkou/sukoyakaroad/walkinghtml/met3.htm
     http://www0.nih.go.jp/eiken/programs/2011mets.pdf(PDF)
    性行為まで入っているのが面白いw
     
    突然言われても「…エクササイズ?メッツ?」と、わかりにくいと思います。
    単純に、どの運動が何メッツか調べ、そこに運動時間を掛け算します。
    たとえば週5日、通勤のために足早に20分歩いている…なら、
    足早に歩く3.3メッツ×0.33(時間h)×2(往復で)×5(日)=約11エクササイズ、
    というふうに計算していき、週に23エクササイズ、ただし汗ばむような全身運動、4メッツ以上を2時間以上含む生活習慣病予防や改善効果があります、ということです。
    HDLは運動でてきめんに改善されます。以前、こちらのサイトでも「投薬でもサプリでも食事内容の見直しでもHDLは上がらなかった。運動だけがHDLを上げた」という回答を見た覚えもあります。
    何より、適度・適切な運動は体の健康を保ってくれるだけでなく、一人での運動ですら心の健康にも重要なことがわかっていますし、見た目の若々しさには欠かせない要素でもあります。
    どんな方かもわからないのに延々と続けまして恐縮ですが、もしまだ不足しているようならば、ぜひとも体を動かすことを取り入れてほしいです。
    だって薬に不安があるのなら、運動と食事改善のほうが気が楽でしょ?

    最後に。
    ここまで、ご質問のかなめである知恵袋での回答にはほとんど触れずにきました。
    ですがどうしても言いたいことがあります。
    その自称外科医は本当に免許を持ち医者として勤める人間かもしれません。
    でもそのアプローチは決定的に間違っています。人としても、専門家としても。
    やっていることは、自分のブログの宣伝ではないですか!
    これって私が見た最初のページでは特に儲け目的のアフィリエイトに走っている点は見当たりませんでしたが、内容は完全にバイブル商法ですよね。

    バイブル商法…まず、本を出版する。商品だと薬事法に縛られて宣伝行為は書けないけど、本なら自由ですからね。
    肩書や権威、学会のだとか大学教授だとか○○についての最新の研究によるとだとかを盾に、既存かつ周知されている何かを攻撃する内容で出版し、健康に不安を持つ一般人に信じ込ませ、不安をことさら煽り、「でも私の勧めるこの商品を使えば大丈夫!」で濡れ手に粟をもくろむ商法。
    怪しい健康食品会社がそれらしいでっちあげ理論で消費者をだますのはもちろん、ちゃんとした肩書や実績のある医者でもやらかすことがある。あきらか金以外のこと目に入ってないよね?というタイプもいるが、提唱している本人自身は大まじめで、世の役に立ちたい一心なこともある。
    最大御所ではライナス・ポーリングという人類の至宝といっていい頭脳を持った化学者でしょうか。
    最近の例でいうとベストセラー「病気にならない生き方」で科学的裏付けなしに既存の食品をこきおろしまくりミラクル☆エンザイムなる「新谷酵素」を売り出した新谷医師、「がんもどき理論」で患者を死なせている近藤医師など。

    質問者さんが挙げている回答も同じ事やってますよね。
    既存の治療法を全面否定し、投薬を受けている質問者さんを動揺させてから、自分は正しいことを知っている!私についてきなさい!で自分のブログを宣伝。
    言っちゃ悪いですが、本当に医者だとしても外科医でしょ?
    内科医、特に循環器医の重要なパートナーであり、医学部にいた6年で医学の基礎的な知識は学び、書かれたことを正しくフィルターにかける教育も受けているでしょう。
    でも、切った貼ったが仕事でしょ。循環器専門の知識はないわけですよ。
    だいいち、医者として決してやってはいけないことをやっています。
    質問者さんと治療している医者との間に割り込んで、その信頼関係を崩そうとする、というのは絶対に、やってはいけないことです。
    そんなことをしたら患者さんが不安になるでしょ!
    そして、もし仮に、本当に質問者さんが服薬をやめてしまって、動脈硬化が進み、何かの疾患を引き起こしたら…その自称外科医は責任を取るんでしょうか?
    取らないでしょ?
    ま、そこは投薬する今のお医者さまも同じではあるんですけど。

    正直言うと、質問者さんが20年後、心底からその20年の脂質異常症への対応を後悔しない方法がどちらなのか、わかっていません。
    その外科医が間違っていたとしても、服薬は意味がない、は正しいかもしれません。ですが、LH比が高いと動脈硬化が進むのは確かです。
    脂質異常症の診断を下され、医者が生活改善だけでは追いつかない、服薬に踏み切ったほうがよいと判断した以上、現時点で最善なのは医者の指示に従うことかと思います。
    今後、脂質異常症の診断基準や治療方針、「コレステロールの常識」が劇的に変わるとしたら、ブログをせっせとつづるヒマがある外科医よりも先に質問者さんが通っている医者のほうが仕入れ、治療内容を変更してくるはずだからです。
    それでもどうしても心配なら、かかりつけの医者に相談の上、循環器の専門医にセカンドオピニオンを求めてはどうですか?
    専門医ってなるの、かなり難しいですから。最先端の知識を持っている可能性が高いです。

    すみません。
    今でも十二分の冗長ですが、最初すごーく長く書いてしまったので、回答の半分ほどを削りました。
    つながりが少々不自然なのは私の切った貼ったが下手なせいですが(優秀な外科医にはなれないようですねw)、ともかく、私の伝えたい点は知恵袋で自分のブログを宣伝するような人間はたとえ本当に医者だとしても信じるに値しない、ということです。
    そのうえで、薬に頼るだけでなく、生活習慣の見直し、規則正しい生活と豊かな食生活に適度な運動、社交的にはつらつと過ごすということは、薬と同じぐらい効き目が絶大だということです。
    質問者さんの健康と長寿を願って。
    まず、コレステロールと各疾患がどういうふうに関係しているのか、どうするのがもっとも、心疾患もガンをも減らすのか、人類はほとんどわかっておらず、「コレステロールに関する常識」は年々変わっている、ということは質問者さんもご存知かと思います。
    先端の科学研究をもってしても何が正解なのかはよくわかっていない、というのが現状です。
    つまり今後もコレステロールについて「これが正しい」は刻々と変わるはずです。
    ... 続きを読む
  • 11位

    コレステロールと薬について

    コレステロールと薬について うちの母63歳は、3年前からコレステロール0の薬(クレストール2.5)を服用しています。 どうやら夜寝る前に飲んでいるようです。 以前は総コレステロールが 289 と高く HDLは51でした。 現在は薬により 総コレステロール 167 LDLコレステロール 95 HDLコレステロール 53 となっています。 あと糖尿病予備軍なのと高血圧の薬(ブロブレス錠4)を飲んでい...

    A
    ベストアンサー
    クレストールの副作用に,頭痛、浮動性めまいが記載されています. http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2189017.html

    ブロブレス錠は,特に飲み初めに、めまいや立ちくらみを起こし易いです。副作用としてめまい、ふらつき、立ちくらみがあります. http://www.okusuri110.com/dwm/sen/sen21/sen2149040.html

    一度先生に相談されると良いですね.

    最近,コレステロールの新基準が出ました.
      http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/20070608ik13.htm
    クレストールの副作用に,頭痛、浮動性めまいが記載されています. http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2189017.html

    ブロブレス錠は,特に飲み初めに、めまいや立ちくらみを起こし易いです。副作用としてめまい、ふらつき、立ちくらみがあります. http://www.okusuri110.com/dwm/sen/sen21/sen2149040.html

    一度先生に相談されると良いですね.

    最近,コレステロールの新基準が出ました.
      http://www.... 続きを読む
  • 12位

    痩せてるのに高コレステロール!?

    30歳の女性です。 総コレステロール285、HDL97、中性脂肪193とびっくりする血液検査の結果が出ました。 157cmの43キロ。 体脂肪や内臓脂肪も少なく、毎日20分以上の運動もしています。 高脂肪な食事もしませんし 高コレステロール原因がわかりません。 アルコールの摂取とたばこ(1日10本)は吸うのですがこれだけの原因でそこまで数値が上がるものでしょうか? あと検査は急だ...

  • 13位

    ジムキャリー主演で、タバコが題材の映画について

    数年前、ジム・キャリーが主演で、主人公がタバコ規制派に対して 巧みな話術で論破していくという内容の映画CMを観ました。 今になってその映画を思い出し、レンタルしてみようと思ったのですが、 いくらネットで探してもタイトルはおろかその映画の話題すら上がっていません。 記憶している限りのシーンを下記しますので、映画のタイトルが分かる方は 教えていただけ...

    A
    ベストアンサー
    ストーリーは「サンキュー・スモーキング」に似ている気がします。
    よろしければこちらでご確認を。
    http://movies.foxjapan.com/thankyouforsmoking/
    http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD9504/index.html
    http://www.amazon.co.jp/dp/B000S5K4M6
  • 14位

    コレステロール255悪玉144善玉90の改善

    明らかに高いですよね。 中性脂肪や血圧、血糖値は低いほうなんですが、これとコレステロールの値は比例しないのですか? あと、私は、チーズが大好きで毎日のように食べるのですが、やはり、これがコレステロールが高い原因でしょうか?

  • 15位

    小さな脳梗塞が見つかったのですが

    先日母親が物が二重に見えるといって眼科にいったのですが、脳から来てると言われて大学病院でMRIを取ったところ小さな脳梗塞が見つかりました。 その時対応してくれたのは眼科の先生だったのですが、一ヶ月経過を観察して酷くなったら大学病院に来て、現状維持なら地元の眼科に行ってくれと言われたそうなのですが、脳梗塞の再発予防のために脳内科の先生に再発防止の...

    A
    ベストアンサー
    脳の専門病院で見てもらう方がいいですよ
    医者は身内ではないので
    ちゃんと見てもらえるところで見てもらった方がいいです
    血栓を溶かすべきか残した方がいいのか
    その判断も必要ですから
  • 16位

    コレステロールとスクワランサプリの関係

    先日健康診断でコレステロールの数値が250もありました。 体質的な遺伝も考えられるのですが ずっと飲み続けている99%肝油エキスのスクワランのサプリメントは コレステロールを高める原因の一つなのでしょうか? いろいろコレステロールについて調べていたら 「ステロイド」や「スクワレン」といった言葉が出てきたので ひょっとしたら関係があるのかな?と思ったので質...

    A
    ベストアンサー
    スクアレンは性ホルモン、コレステロールなど、ステロイド化合物の前駆物質として周知の物質と報告(星薬大、今枝博士他)と有りますから,関係あるかも知れませんから,暫く止めてみて血液検査すればはっきりすると思いますが・・・.
    大体健康のためのサプリは添加物だらけで,健康被害が問題となって,都庁でも調査中です.

     http://hfnet.nih.go.jp/
     
  • 17位

    医学の原点(教えて下さい)

    たとえば、唾液は○○○といった役割を果たすとか、気管支喘息の症状のとき気管は○○○という状態になっているとか、胃では胃液が出されているとか、病気の原因コレステロール値の変化であるとか・・・・・ ・等など、医学の知識はどうやって獲得されたのでしょうか? 昔の擬似科学では体液説などがあったと思うのですが、近代科学のなかでは、いかにして合理的で正...

  • 18位

    生活習慣では問題が見当たらないのに高コレステロール

    こんにちわ。 今年の1月に出産し、現在は産休中です。 昨年の7月の血液検査で総コレステロール値245mg/dl、HDL102mg/dl、LDL、中性脂肪は基準値の中でも低値でした。 昨年はまだ働いており、1日に1万歩は歩いていました。 また、喫煙習慣も偏食もなく、脂っこいものも好んでは食べません。 今年の5月、再検査したら今度は総コレステロール値260mg/dl、HDL94mg/dl、LDL162mg/dl、TG(中性脂...

    A
    ベストアンサー
    私も同様な症状の者です。

    食事は「野菜中心にバランス良く」取り(栄養士に「完璧です」と言われるほど)、運動も1日1万歩(約5キロ)をほぼ毎日歩きます。

    それでもいつでもコレステロールは総コレステロールで「260」位あります。
    「300」まで上がった時もありました。

    それも10代の頃から、です。

    結局、医師は「遺伝性の高コレステロール血症」だろう、とどの医師も言います。

    下記「参考URL」を御覧になって下さい。
    「家族性の高コレステロール」の遺伝について簡単にですが、書いてあります。

    御質問者様も私と同様「遺伝性」のものではないでしょうか?
    「300」以上に上がると、「薬物療法をした方が良い」そうですが、それ以下であれば、どの医師も「様子を見ましょう」としか言いませんね。
    ですので、「食事と運動」を気をつけていれば「260」位なら、「まあOK」ということでしょうか。
    多少人様より「心筋梗塞で早く死ぬ可能性が高いでしょうが・・・(苦笑)。


    以上、私の経験も踏まえて書かせて頂きました。
    何かのお役に立てれば幸いです。

    参考URL:http://web.kanazawa-u.ac.jp/~med17/FH/FH_iden.html
    私も同様な症状の者です。

    食事は「野菜中心にバランス良く」取り(栄養士に「完璧です」と言われるほど)、運動も1日1万歩(約5キロ)をほぼ毎日歩きます。

    それでもいつでもコレステロールは総コレステロールで「260」位あります。
    「300」まで上がった時もありました。

    それも10代の頃から、です。

    結局、医師は「遺伝性の高コレステロール血症」だろう、とどの医師も言います。

    下記「参考UR... 続きを読む
  • 19位

    胃と胆のうポリープ

    36歳の主人の胃と胆のうにポリープがみつかりました。 胃は2ヶ。 こちらは細胞検査中。 胆のうは10ヶ以上あるとのこと。 最大のでも4mm以下なので、数は多いがたいしたことはないらしく、毎年検診受けてくださいと医者に言われました。 また、十二指腸にも1ヶ見つかったようです。 なんだかポリープだらけで心配なのですが、悪性というわけではないので、様子見です。 ...

  • 20位

    英訳の添削お願いします!寿命に関する内容です。拙い文章ですが、よろし...

    それでは、なぜ先進国の中でも日本が最長寿国になったのだろうか? Then why would Japan become a most longevity country in developed nations? 日本とその他の先進国では、以下のような違いが存在する。 There are some following differences between Japan and other nations. 1、主要な死亡原因の違い the differences of main cause of death 左の図は日本とアメリカにおける脳血管障害(三大疾患の一つ)による死亡率の比較で...

    A
    ベストアンサー
    とりあえず下記のように書いてみました。
    >Then why would Japan become a most longevity country in developed nations?
    Then why did Japan become the world's top country for longevity.

    >There are some following differences between Japan and other nations. someはいらない、もしくは
    Differences between Japan and other nations are as follows:

    >the differences of main cause of death
    1, The difference in leading causes of death.

    >The left data is a comparison of the death rate by the cerebrovascular disorder (one of the three major illness) in Japan and U.S.A.
    The diagram shown in the left is the comparison of death rates between Japan and US caused by ...

    >Japan's death rate is double as much as the American as you can see.
    As you can see, Japanese death rate is two times as high as Americans.

    >A main cause of this illness is high blood pressure, and that is because the Japanese is easy to suffer from high blood pressure in comparison with the other countries.
    The main cause of this illness is high blood pressure, and that is because the Japanese is more likely to suffer from high blood pressure than poeple in other countries.

    A main cause でもいいです。One of main causes でもいいです。

    >The right data is comparison of the death rate by the heart troubles (one of the three major illness, too) in Japan and U.S.A.
    The diagram shown in the right is the comparison of death rates between Japan and US caused by ..

    >American death rates is 5 times as much as Japanese.
    Americans death rate is 5 times as high as Japanese.

    >This applies to many developed nations except the nations such as Italy or France which intake many fishery products.
    This applies to many developed nations except the nations such as Italy and France which have higher intake(s) of fishery products.

    >American and European countries are generally high cholesterol in comparison with Japan.
    In US and Europe, people (are said to) consume more high-cholesterol food than Japan.

    >The eating habits have a big effect on the difference of the life expectancy of Japan and American and European countries.
    Eating habits make a difference of life expectancy between Japan, America and European countries.

    >As for the eating habits of Westerners, meat plays a key role, and the intake of fishery products is generally low.
    As for the eating habits of Westerners, meat is their main diet, and thier intake of fishery products is generally low.

    >On the other hand, Japanese food have abundant vegetables and seafood.
    have を has に。
    とりあえず下記のように書いてみました。
    >Then why would Japan become a most longevity country in developed nations?
    Then why did Japan become the world's top country for longevity.

    >There are some following differences between Japan and other nations. someはいらない、もしくは
    Differences between Japan and other nations are as follows:

    >the differences of main cause of death
    1, The ... 続きを読む
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→