【太陽系惑星】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    太陽系惑星の円周

    太陽系惑星の円周をおしえてください。 至急オネガイシマス。 自由研究にしようとおもってるのですが・・・さがしてもでてこなくて・・・

    A
    ベストアンサー
    Wikipediaより
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E7%B3%BB

     惑星の円周は直径×3.14で計算しましょう。
  • 2位

    太陽系惑星は8個あります。すべて太陽を焦点とする楕円軌道上を公転しな...

    太陽系惑星は8個あります。 すべて太陽を焦点とする楕円軌道上を公転しながら、それぞれ異なる周期で反時計回りに自転しています。 という問題があったのですが、これはあってますか、間違ってますか? 回答宜しくお願いしたします。

    A
    ベストアンサー
    【それぞれ異なる周期で反時計回りに自転しています】
                    ~~~~~~~~
    金星以外の惑星は公転方向に対して逆方向に自転しています。
    金星だけは公転と同じ方向に自転しています。
    答えは × になりますね・v・ノ
  • 3位

    太陽系惑星の磁場と電気伝導度について

    太陽系惑星の磁場について勉強しています。 そこで、各惑星の磁場を作っているであろう部分の電気伝導度を調べたいのですが、文献もHPも見つかりません。 知っている方がおられましたら教えてください。 また、参考になりそうな文献やHPなどありましたらお願いします。

  • 4位

    太陽系惑星の見かけ上の大きさ

    お世話になります。 中学生の息子の問題なのですが、 太陽系惑星の実際の大きさは解かるのですが、 「見かけ上の大きさ」で一番大きい星は? ネット上調べたものの解かりませんでした。 ご存知の方よろしくお願いいたします。

    A
    ベストアンサー
    みかけの大きさは地球との距離によって変化します。
    例えば最大時の視半径は次の通りです。(単位は秒)

    金星30.10
    木星23.45
    土星 9.75
    火星 8.95
    水星 5.50

    結構微妙なので、頻繁に順位が入れ替わります。
    水星と金星は満ち欠けもしますので、もし光っている
    部分の面積ということであれば、もう少し複雑です。
  • 5位

    太陽系惑星の公転について

    太陽系惑星の公転について 一般に知られている太陽系の模型といっていいのでしょうか、太陽の周りを回る惑星は、基本的には同一平面の同心円上を回っているように思います 同心円である(楕円でも)のは、ケプラーの面積速度一定の法則でよかったでしょうか、これで納得出来ます 一方、同一平面上で回っているのはまったく別の話なのでしょうが、これにはなにか理由があ...

    A
    ベストアンサー
    共通のガス円盤から出来たからでしょう。
    回転するガスは円盤形状を形成します。
    中心部が恒星となり端部のガスが集まって惑星となる…だから大概は同一平面上なのだと思います。
    それ以外の物は衝突など何らかの外的要因で軌道を変えられたか、あるいは外部から来た天体が恒星の重力により捕まったか…
  • 6位

    太陽系惑星について

    現在、太陽系の惑星は、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星まで見つかっていますが、その後の惑星はもうないのですか。 見つかる可能性は、ないのですか。

    A
    ベストアンサー
    みなさんと同じような解答になりますが、
    いま分っている惑星と同じ程度の大きさの新惑星が見つかる可能性は低いです。
    heichanさんが言われるように、そこそこ大きい惑星(質量を持った物質)が存在すると
    各惑星の公転軌道をひん曲げたり自転の速度を狂わせたりして影響をおよぼします。
    いまの観測ではそう言う「あやしげな動き」は見つかっていないのがその理由です。

    でも、冥王星のはるか遠くとか、すごく小さな惑星の存在は否定できません。
    そして、毎年いくつか発見されて天文業界(?)の間では話題になる、「小惑星」も姿は小さいけれど
    惑星の仲間と言っていいでしょうね。
    みなさんと同じような解答になりますが、
    いま分っている惑星と同じ程度の大きさの新惑星が見つかる可能性は低いです。
    heichanさんが言われるように、そこそこ大きい惑星(質量を持った物質)が存在すると
    各惑星の公転軌道をひん曲げたり自転の速度を狂わせたりして影響をおよぼします。
    いまの観測ではそう言う「あやしげな動き」は見つかっていないのがその理由です。

    でも、冥王星のはるか遠くとか、すごく小さな惑... 続きを読む
  • 7位

    太陽系惑星

    非常に初歩的な質問で申し訳がありませんが、現在確認できている太陽の惑星(水金地火木土天海+@)は地球上で確認が出来ている(見えている)ものですよね。 と言う事は全て同じ太陽系の地球側の半円内に存在しているということですね。 では地球では見えない太陽の裏側の惑星は確認されていないのでしょうか? 本当に初歩的質問ですみませんがどなたか馬鹿にせずに宜しくお願...

    A
    ベストアンサー
    まず、
    地球から見えている=地球側の半円内に存在している
    訳ではありません。

     まず、太陽それ自体の面積は0.5度ほどらしいので、それ以外の所は、見ようと思えば見えます(最悪でも日蝕を使えば見える)

     また、惑星は、それぞれ違った公転速度を持っているので(内側の方が一周する時間が短い)、その位置は常に地球側から目視できる位置にあるとは限らないからです。
    http://www.marble-cafe.com/planet/solar/solar.html
    あたりを見ると分かりやすいかな
     つまり、地球と違う公転軌道に乗っていれば、その内追いこしが起きて、その間は見えることになります。

     さて、残る可能性は、地球と同軌道上で、地球の太陽を挟んだ反対側に、同じ質量を持つ惑星が同じ公転周期で回っているので気づかない、というネタです。
     SF方面では比較的ポピュラーな設定で、たしかドラえもんにもこの話があった気が。

     ただし、惑星の公転軌道は完全な円ではありませんし、力学的にはどうしてもゆらぎが発生するため、いつまでも完全に見えない位置(太陽の視角がとても小さい範囲であることを思い出して下さい)にいることはできません。そのため、残念ながら、そのような星はないだろうと言うことになっています。

     また、外惑星あたりから、太陽方向を移した写真(ボイジャーなんかが撮影)もありますから、なにかの間違えでそのような星があったとしたら、写って大騒ぎになるはずです。

     あとは、太陽系の諸惑星を観察すると、軌道要素などからどこにどれだけの質量があるかを計算することが出来ます。
    #結果的には間違えでしたが、海王星、冥王星はこの手の計算を元に見つけられました。 
     それでもその様な大質量の存在は予言されていません。
    まず、
    地球から見えている=地球側の半円内に存在している
    訳ではありません。

     まず、太陽それ自体の面積は0.5度ほどらしいので、それ以外の所は、見ようと思えば見えます(最悪でも日蝕を使えば見える)

     また、惑星は、それぞれ違った公転速度を持っているので(内側の方が一周する時間が短い)、その位置は常に地球側から目視できる位置にあるとは限らないからです。
    http://www.marble-cafe.com/planet/sol... 続きを読む
  • 8位

    太陽系の惑星が消失したら、地球はどうなりますか?

    太陽系の惑星が消失したら、地球はどうなりますか? 表題のとおりですが、条件として、 ●消失するのは、土星 ●土星の輪、衛星も消失 ●土星、またその輪、衛星を構成していた物質も、土星のあった空間に 存在しなくなる。 ※ダークマターやダークエネルギーは考慮せず。 とします。 ちょっと想像すると、惑星が消失することにより、各惑星の公転軌道/速度、 太陽か...

    A
    ベストアンサー
    こんにちは。

    だいたいの計算でよいと思いますので、太陽系の惑星の軌道は円軌道で、どれも同じ平面内だとします。
    地球と他の惑星とが最も接近するのは、地球から太陽を見たときにその惑星が真後ろに来て一直線になった場合です。
    その惑星の地球へ重力は、その惑星の質量を距離の2乗で割った値に比例します。
    以下に、太陽からの引力や月からの引力と比較した計算結果を示します。
    元の数値データは、手元の宇宙図鑑から拾ってきました。

    【地球が受ける引力】(太陽からの重力=1 とする)
    太陽1
    月0.005507617
    -----------------------
    水星0.000000444
    金星0.000032050
    地球-
    火星0.000001216
    木星0.000054557
    土星0.000003956
    天王星0.000000133
    海王星0.000000062

    【地球が受ける引力】(月からの重力=1 とする)
    太陽182
    月1
    -----------------------
    水星0.000081
    金星0.005819
    地球-
    火星0.000221
    木星0.009906
    土星0.000718
    天王星0.000024
    海王星0.000011

    というわけで、惑星の中で最も地球への影響が大きい木星でも、その影響の大きさは月の100分の1ぐらいです。

    ちなみに、蚊の体重の人間の体重に対する割合が、0.00004 ぐらいです。
    こんにちは。

    だいたいの計算でよいと思いますので、太陽系の惑星の軌道は円軌道で、どれも同じ平面内だとします。
    地球と他の惑星とが最も接近するのは、地球から太陽を見たときにその惑星が真後ろに来て一直線になった場合です。
    その惑星の地球へ重力は、その惑星の質量を距離の2乗で割った値に比例します。
    以下に、太陽からの引力や月からの引力と比較した計算結果を示します。
    元の数値データは、手元の宇宙図鑑から拾... 続きを読む
  • 9位

    太陽系の惑星たちと引力の強さ

    太陽系の惑星たちと引力の強さ 太陽系の惑星たちは、みな引力があるのでしょうか? また、太陽系の中で引力が強いのはどの惑星でしょうか?

    A
    ベストアンサー
    多分、万有引力の話(電気的な引力とかは無しに)だと思いますが、質量があるからにはあるでしょう。一番強いのは一番質量の大きい木星でしょう。
  • 10位

    水星の近くを12年に1度通る、地球に似た太陽系外惑星について教えてくだ

    水星の近くを12年に1度通る、地球に似た太陽系外惑星について教えてください。 数年前にテレビの放送で見たのですが、インターネットで検索しても見つかりませんでした。 その太陽系外惑星は水星の近くに軌道があり、12年に1度、水星の近くを通過して行くという事でした。 その惑星は、地球にとても似ていると当時、放送されていました。 このような惑星の名称や、詳し...

    A
    ベストアンサー
    バルカン(空想の惑星)と小惑星がごちゃ混ぜになったかな?
    地球規模の惑星は金星と火星しかありません
    地球と同じ大きさの惑星が発見されていたら今頃大騒ぎになっています
  • 11位

    太陽系の惑星、土星の輪っかなど、天体軌道に乗っているものは、なぜほ...

    太陽系の惑星、土星の輪っかなど、天体軌道に乗っているものは、なぜほぼ同一平面上(円盤状)にあるのでしょうか? 原始太陽ができて間もない頃は、ガスやチリが四方にあったと思われますが、それらが太陽の赤道面上にのみ、選択的に惑星を作ったのにはどんな理由があるのでしょうか? お詳しい方ぜひご教示いただけると幸いです。 よろしくお願い致します。

    A
    ベストアンサー
    太陽系の惑星は、左回りに公転し、左回りに自転しています。金星のみ右回りに自転しています。また、天王星と冥王星は横倒れとなり、常に同じ面を太陽に向けて自転しています。何故、大多数の惑星は、左回りに公転及び自転しているのでしょうか。

     宇宙空間に漂う塵が次第に集まり、塵の大きな固まりが出来ます。塵はお互いに遠くから万有引力で吸い寄せられ一箇所に集まった為、運動エネルギーを有しています。

     塵はお互いに引き合いながら、中心を回る運動をします。右回りか左回りかどちらか量の多いほうに回転は決定されます。

     塵同士はお互いに引き合っているので、左回りや右回りを各塵が自由に動ける訳ではありません。塵の塊は、平面の円盤状になり、同一方向へ回転する様になります。

     球体であると、塵は縦横様々な方向へ回転することとなりますが、塵同士引き合っているので、バラバラの方向へは回転しません。全ての塵は、同じ方向へ回転するようになります。太陽系は、たまたま左回転となったのです。
     そして、塵は幾つかのリングに別れ、それぞれのリングが一つになり、惑星が出来上がります。その時、リングの内側の塵の移動速度は、リングの外側の塵の移動速度より速いのです。内側程太陽の重力が強く、速く公転しないと太陽に落下してしまいます。

     内側の赤丸の塵が外側の青丸の塵より速度が速く、また公転軌道も短いので、先に進みます。そうすると、赤丸の塵が青丸の塵を引っ張る形になります。赤丸の塵は減速し、青丸の塵は加速します。同じ地点に来た時、青丸の塵の速度が赤丸の塵の速度を上回ります。その為に、外側の青丸の塵の運動エネルギーが勝り、惑星は左回転をする様になるのです。

     また、地球は太陽の重力による潮汐力により太陽方向に長い楕円体に潰れます。地球が太陽に向ける面が変ると、潰れる方向が変るので、地球内部の物質がきしみ大量のエネルギーを使います。公転方向へ自転した方が、自転一回転分太陽に向ける面が変るのが少なくなります。その為に、集まった塵の持つ運動エネルギーの消耗は少なくなります。従って、公転方向へ自転する方がスムーズなのです。

     金星は、何かが衝突しひっくり返ったとしか考えられない。地球も太古の昔、火星程度の星がぶつかり、24度傾いた。そして、もぎ取られた地球の一部が月となったのです。

    詳細は、下記のホームページを参照下さい。
    http://catbirdtt.web.fc2.com/wakuseinozitenn.html
    太陽系の惑星は、左回りに公転し、左回りに自転しています。金星のみ右回りに自転しています。また、天王星と冥王星は横倒れとなり、常に同じ面を太陽に向けて自転しています。何故、大多数の惑星は、左回りに公転及び自転しているのでしょうか。

     宇宙空間に漂う塵が次第に集まり、塵の大きな固まりが出来ます。塵はお互いに遠くから万有引力で吸い寄せられ一箇所に集まった為、運動エネルギーを有しています。

     塵はお互... 続きを読む
  • 12位

    太陽系の惑星は何故平面状態で公転しているのですか?

    太陽系の惑星は何故平面状態で公転しているのですか?

    A
    ベストアンサー
    太陽系が出来る時、原始円盤が形成して太陽や惑星が出来ていくので太陽系では同一平面上に惑星やその衛星が公転していると考えられています。
    しかし、他の恒星系、系外惑星の探査は21世紀になってようやく本格化したので、まだ、判らないことの方が圧倒的に多いですが、
    連星系では同一平面にないものも存在しています。
    太陽系が大きな天体の動乱に見舞われなかった、それとも普通なのかはまだ判りません。
    金星の自転が逆なこと、天王星の自転軸がほぼ90度傾いていること、ガス惑星で逆行する衛星があること、等、太陽系の中にも過去の大変動を伺わせるものがありますね。
    太陽系が出来る時、原始円盤が形成して太陽や惑星が出来ていくので太陽系では同一平面上に惑星やその衛星が公転していると考えられています。
    しかし、他の恒星系、系外惑星の探査は21世紀になってようやく本格化したので、まだ、判らないことの方が圧倒的に多いですが、
    連星系では同一平面にないものも存在しています。
    太陽系が大きな天体の動乱に見舞われなかった、それとも普通なのかはまだ判りません。
    金星の自転が逆な... 続きを読む
  • 13位

    太陽系の惑星の数

    かつて太陽系の惑星の数は、冥王星を含む9個と学習しました。 現在の中学生の理科では、太陽系の惑星の数は冥王星を除いた8個と教えているんですか?

    A
    ベストアンサー
    冥王星が準惑星となったのは最近の話で、今年でた教科書では直っているようですが、去年の教科書では記述はそのままでしょう。

    ですが、それをそのまま教えるなどはありえません。そんな教員はいるはずがないというのは常識で考えたって分かると思います。
    教科書には9個と載っていても、教える段階では「惑星は8個、冥王星は準惑星」です。
  • 14位

    太陽系外惑星の写真を撮ることは不可能か

    太陽系外惑星をはっきりと分かるように 写真に収めることはこの先も不可能ですか?

  • 15位

    太陽系外惑星の見つけ方

    もし目(望遠鏡)で太陽系外惑星を見えないとしても、 どのようにして太陽系外惑星の存在を知ることができますか?? 何かの物質か何かが放出されてたりするのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    No.2です。補足、というか記載漏れ。

    3.はトランジット法と言います。
    4.地球、恒星系を結ぶ直線状(恒星系よりも遠方)に天体がある場合、これを観測すると恒星系の重力の影響を受けて遠方の天体の光が曲がります。恒星系に惑星があると、光が独特の特徴を示すようです(重力レンズ法)。名古屋大学がマッチョ観測と呼ばれる観測で、この方法に成功した例があります。

    No.1の方のリンク先を見ると、パルサー・タイミング法というのものありますね。これはパルサーの惑星なので、惑星が発見されても地球や木星のような惑星とはまったく異なりますが。
    No.2です。補足、というか記載漏れ。

    3.はトランジット法と言います。
    4.地球、恒星系を結ぶ直線状(恒星系よりも遠方)に天体がある場合、これを観測すると恒星系の重力の影響を受けて遠方の天体の光が曲がります。恒星系に惑星があると、光が独特の特徴を示すようです(重力レンズ法)。名古屋大学がマッチョ観測と呼ばれる観測で、この方法に成功した例があります。

    No.1の方のリンク先を見ると、パルサー・タイ... 続きを読む
  • 16位

    太陽系の惑星の衛星の数は何に関係しているのですか?

    太陽系の惑星の衛星の数は多い惑星も少ない惑星もありますが 何に関係しているのですか?

    A
    ベストアンサー
    衛星は、ガスやチリといった星間物質が、惑星の引力のために回転を始め、
    互いに衝突を繰り返すうちに固まったものです。

    しかし、星間物質は、太陽の周囲に一様に存在しているわけではありません。

    太陽に近い位置では、星間物質は、太陽の引力に捉えられて太陽に吸収されてしまうので、
    水星から火星までの「地球型惑星」は、惑星自身もガス層を持たず、衛星も少ないのです。

    その外側の、木星、土星のある位置では、星間物質が豊富で衛星もできやすく、
    また、惑星自体も星間物質を吸収しながら成長するため、
    「木星型惑星」は、大型、ガス型であり、多くの衛星を持ちます。

    更に外側では、星間物質が互いに離れているために、
    衝突の確率が減り、衛星に成長しにくくなります。

    ですから、大雑把に言うと、衛星の数は太陽の引力に影響され、
    惑星のタイプと衛星との関係は、太陽に近い順に

    地球型惑星:少
    木星型惑星:多
    天王星型惑星:中

    となります。
    衛星は、ガスやチリといった星間物質が、惑星の引力のために回転を始め、
    互いに衝突を繰り返すうちに固まったものです。

    しかし、星間物質は、太陽の周囲に一様に存在しているわけではありません。

    太陽に近い位置では、星間物質は、太陽の引力に捉えられて太陽に吸収されてしまうので、
    水星から火星までの「地球型惑星」は、惑星自身もガス層を持たず、衛星も少ないのです。

    その外側の、木星、土星のある位置で... 続きを読む
  • 17位

    亡くなったら、宇宙葬で好きな太陽系の惑星に飛ばしてあげます!

    亡くなったら宇宙葬で送って欲しいという前提で・・・ 太陽系の惑星は、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星ですが、この際準惑星の冥王星と、惑星ではないですが太陽も含めて、9個とします。 さて、亡くなったらどこに飛ばして欲しいですか? 私だったら、果ての冥王星でお願いします。

    A
    ベストアンサー
    ★第一希望  M78星雲「ウルトラの星」

    兄弟仲良さそうだし、ヒャッキンマンも養子縁組してもらいたいです。


    ★第二希望  第四惑星

    人間に厳しい「ロボット長官」がいます。
    私も、オデコをパカッと開けて、油をさします。


    ★第三希望  火星

    地底都市があるって、ゴース星人が言ってた。
    降伏して地球をあげたら、地球人の移住を許可するって。
  • 18位

    太陽系外惑星の実写

    太陽系外惑星の実写はありますか?

    A
    ベストアンサー
    最初の例【地球から】
    http://www.technobahn.com/news/200809191908

    HSTで撮影
    http://www.technobahn.com/news/200811141915

    複数写ったのも・・
    http://www.technobahn.com/news/200811141930

    これは候補ですが・・
    http://www.astroarts.co.jp/news/2005/04/19exoplanet_candidate/index-j.shtml
  • 19位

    太陽系の惑星のうち自転が地球と逆なのは?

    太陽系の惑星のうち一つだけ、自転が地球と逆なものがあると聞いたんですが、それがどれなのか分かりません。 それと、何故その星だけ自転が逆なのでしょうか?

    A
    ベストアンサー
    太陽系の創生時そのままの状態で、大きな事件が何もなかった場合は、太陽系の惑星はみな反時計回りに自転するはずなんですが、なぜ金星だけ時計回りの自転なのでしょうか。

    時計回りであるということは、過去の金星に何か重大な事件が起こったことを意味していますが、いまだに謎のようです。
  • 20位

    太陽系第三惑星のラテン名を教えて頂けないでしょうか?

    太陽系第三惑星のラテン名を教えて頂けないでしょうか?

←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→