【山崎豊子】の人気Q&Aランキング

元新聞記者であり、徹底した取材を元に数多くの社会派小説を生み出した山崎豊子さんをご紹介します。人気の作品や解説などが気になった方はぜひ調べてみてください。

1~20件(全436件)

  • 1位

    作家・山崎豊子の作品で皆様の好きな作品を教えていただけませんか?

    作家・山崎豊子の作品で皆様の好きな作品を教えていただけませんか? 因みに私は「不毛地帯」です

    A
    ベストアンサー
    『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』ははまりました。

    で、キムタク版の『華麗なる一族』の再放送で、
    こんなに面白い話で、山崎豊子作品だったのかと(知らなかったので)
    機会があったら読んでみたいと思っているところです。
  • 2位

    山崎豊子さん著「大地の子」

    現在、NHKで夜に、過去にドラマ化された「大地の子」が再放送されていますね。 最初に放送された頃は私も若くて、「なんだか残酷な話みたいだし、あんまり見たくない」と思っていたのですが、そこそこいい年になった今では冷静に見つめることもできますし、中国残留孤児の問題や、戦争が後々まで残した傷跡について考えさせられ、号泣したシーンもたくさんありました。 ...

    A
    ベストアンサー
     山崎豊子さんについては話が近代であることと、人間の本質に迫ったところから盗作であるという事が言われるのでしょう。実際に裁判で和解金を払ったというのは僕は聞いたことがありません。「沈まぬ太陽」でも日本航空の社員がモデルになったとして何人かの反発があると週刊誌に書かれましたが、問題視するほうがおかしいと僕は確信しています。
  • 3位

    山崎豊子以外の。。

    山崎豊子の作品にはまりほぼ全部読破してしまい、読む本がみつかりません。。 同じような文体で社会派でありながらも人情味のある作家さんご存知でしたら教えてください^^ちなみに他に好きな作家は(社会派の作品はありませんが・・) 天童荒太、東野圭吾なんかがすきです!

  • 4位

    山崎豊子 「白い巨塔」 「華麗なる一族」

    山崎豊子さんの作品で、二作品とも映像化されている「白い巨塔」か「華麗なる一族」かどちらの小説がおもしろいですか? どちらが読み終えたあとに、感動し深く考えさせられますか? お勧めはどちらですか? よろしくお願いします。

  • 5位

    山崎豊子の作品で、好きな作品ありますか?

    ジャーナリスト出身の社会派作家、山崎豊子が88歳で大往生しました。 彼女の作品の魅力は、取材した事実を題材に、先駆者の努力とか、時代と違う考え方を持った人間の苦労を描きました。 私が興味を持ったのは、「二つの祖国」。 現在、日系ブラジル人と呼ばれる人々は、もともと、ブラジルは楽園だから移住しなさいと、当時の日本政府に騙され、未開のジャングル開拓...

    A
    ベストアンサー
    大地の子

    冬の北京で陳情のために政府の前に何ヶ月も並ぶお父さんの光景、忘れられません。
    そのお影で、というわけではありませんが、いま、上海に住んでいます。

    山崎豊子サンの作品て、「ドキュメント」じゃなくて、
    限りなくドキュメントに近い「フィクション」 なんですよね。
    フィクションによる脚色が事実以上の「真実」を作り出している気がするんです。
  • 6位

    山崎豊子さん 読書

    いちど山崎豊子さんの作品を読んでみたいと思っています。 そこで「自殺」や「人間関係」などを取り上げられている作品はありますか? そのテーマで深く感動し考えさせられる‥みたいなのってありますか? 私自身も感動を味わいたい!と思っています。 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 7位

    山崎豊子氏死去と白い巨塔の映画・ドラマについて

    作家の山崎豊子さんが亡くなられました。 ご冥福をお祈りします。 さて、「山崎豊子氏といえば白い巨塔、白い巨塔といえば山崎豊子氏」というぐらい、白い巨塔は山崎氏の代名詞的代表作です。 今まで数々の映像化がなされてきましたが、今回の死去のニュース、および今までの山崎氏に関する話題では、白い巨塔の映像化については 1966年の映画版 1978年のフジテレビ版(...

    A
    ベストアンサー
    真相は知りませんが、田宮次郎の白い巨塔をリアルタイムで見ていた者として
    言わせてもらうなら、
    白い巨塔=田宮次郎だから

    ではないでしょうか。
    当時、田宮次郎が航空機の中で、病人が出たときに、周囲が田宮次郎を
    医師だと思っていたという逸話もあったと思います。
    それほど田宮次郎はあの役にはまっていました。

    さらに言うなら、あのドラマは、木村拓哉では正直太刀打ち
    できません。
    村上弘明でも無理です。
    あまりに軽すぎて。
    これは視聴率の問題とかではないです。

    あの小説そのものの重みを支えられるだけの俳優陣でないととても耐えきれない
    その意味でも田宮次郎版が今でも輝いており、そう扱われている

    ということだと私は解釈しています。
    真相は知りませんが、田宮次郎の白い巨塔をリアルタイムで見ていた者として
    言わせてもらうなら、
    白い巨塔=田宮次郎だから

    ではないでしょうか。
    当時、田宮次郎が航空機の中で、病人が出たときに、周囲が田宮次郎を
    医師だと思っていたという逸話もあったと思います。
    それほど田宮次郎はあの役にはまっていました。

    さらに言うなら、あのドラマは、木村拓哉では正直太刀打ち
    できません。
    村上弘明でも無理です。
    あまり... 続きを読む
  • 8位

    山崎豊子さんの本でお勧めは?

    こんにちは。 山崎豊子さんの「仮装集団」 「ムッシュ・クラタ」はどのような内容なのでしょうか? 「華麗なる一族」「白い巨塔」「女系家族」「沈まぬ太陽」「不毛地帯」「大地の子」は読みましたので、それ以外でお勧めがあれば教えてください。 あと、女性の作家でお勧めなどもありましたら教えてください。 よろしくお願いいたします。

    A
    ベストアンサー
    メールを拝見する限りでは、山崎豊子さんの作品に関しては、既にじゅうぶん読みすぎるほど読まれていると思います。
     そこで、その他の女性作家の作品で一冊だけあげさせていただきます。樋口一葉の「たけくらべ」を推薦します。これまであなたが、お読みになった本に期待されたであろう内容とは全く異なると思いますので、内容には触れませんが(詳しくは参考URLで)、きっと感銘を受けられると思います。

    参考URL:http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0638.htmlhttp://www.kanshin.com/index.php3?mode=keyword&id=179283
    メールを拝見する限りでは、山崎豊子さんの作品に関しては、既にじゅうぶん読みすぎるほど読まれていると思います。
     そこで、その他の女性作家の作品で一冊だけあげさせていただきます。樋口一葉の「たけくらべ」を推薦します。これまであなたが、お読みになった本に期待されたであろう内容とは全く異なると思いますので、内容には触れませんが(詳しくは参考URLで)、きっと感銘を受けられると思います。

    参考URL:http://... 続きを読む
  • 9位

    山崎 豊子作品

    山崎 豊子さんが書かれた書籍のなかで、何が、いちばんお好きですか? また、オススメの本がありましたら、是非、教えて頂けたらと思います。 私は、【沈まぬ太陽】の第3巻から第5巻まで、読破しましたが、山崎 豊子氏の徹底した取材力は、正直、「すごいなぁ…」と感じました。 また、重い内容のなかで、第何巻か忘れましたが、【行天が、仰天した】という文には、思わ...

    A
    ベストアンサー
    willpower_gs さん、こんばんわ。

    白い巨塔、ぼんち、女系家族、不毛地帯、華麗なる一族を読みましたが、いずれも重厚で甲乙つけがたい内容でした。
  • 10位

    不毛地帯(山崎豊子)の 不毛の意味

    お世話になります。 「不毛地帯」(山崎豊子)を読了したところです。 この不毛地帯という作品について 私は精神的な不毛を描いていると思うのですが、もうひとつこの作品はこれが言いたいんやというのがピンときません。 解説というか説明と言うか をお願いします。

    A
    ベストアンサー
    私は単純に『人の介入のない』あるいは『まだ手の付けられていない』=不毛…と、解釈しました。
    誰も知らない世界に挑む企業努力と、シベリア抑留生活を上手く掛けているな~と思いました。
    シベリアも不毛地帯=まだ人の手の付けられていない場所。
    主人公も仕事上で不毛地帯に身を置くことになります。前代未聞の…誰もまだ体験していない事の体験。そんな感じに捉えました。
  • 11位

    山崎豊子『沈まぬ太陽』を読破された方

    遅ればせながら山崎豊子著の『沈まぬ太陽』を読み始めました。 只今「アフリカ編」上巻を読み終えたところなんですが、あまりにも主人公が可哀想で先を読むのが辛くなってしまいました。 残りあと4冊もあるのですが、ずっとこのままの調子なんでしょうか? それとも大逆転の「スカッ」とする結末が待っているのでしょうか? もうすでに、この航空会社の飛行機には乗りたく...

  • 12位

    山崎豊子さんのおすすめの小説教えてください。

    山崎豊子さんのおすすめの小説教えてください。 日本航空機墜落事故のことが知りたくなり「沈まぬ太陽」3章だけは見ています。 ドラマでは、今やっている「不毛地帯」見ていませんが、「白い巨塔」はなぜか伊藤英明が法廷から追い出されるところから見ました。(笑)なので、話の内容はよくわかりません。 よろしくお願いします。

  • 13位

    山崎豊子「沈まぬ太陽」を読んだ方

    こんにちは。 先日横山秀夫の「クライマーズハイ」を読んで 日航機事故関連の本を読んでみたくなりました。 山崎豊子の「沈まぬ太陽」3は「御巣鷹山篇 」と なっていますが1〜5巻までは続きものになって いるのでしょうか? 3から読んでも理解出来ますか? 1から読めばいいのですが、とりあえず今は 日航機事故関連の本が読みたいので質問してみました。 よろしくお願いし...

    A
    ベストアンサー
    こんにちは。
    一応、理解できるとは思いますが、勿論一貫したストーリーを読み取ることはできないと思います。
    事故に関する描写もすごいのでそれだけ楽しんでも良いかと思いますが、やっぱり1巻からお読みするのをお勧めします。
  • 14位

    山崎豊子さんの次に読む本・・。

    ここ最近、続けて山崎豊子さんの小説を読んでいるのですが、「膨大な取材に基づいて小説として構成され、登場人物も関係機関もすべて事実の基づいて再構成したフィクション」「人が主役でありながら社会問題鋭く抉る作品」にはまってしまいました。 他の作家へも巾を広げていきたいのですが、これまで、このジャンルの本はあまり読んでこなかったため、作品も作家も浮...

    A
    ベストアンサー
    私も一時期この手の本にハマッたことがあるので、思い返してみました。

    tingさんの出されているご条件を満たすもので、パッと頭に浮かんだのは
    有吉佐和子さんの作品です。

    華岡青洲の妻 新潮文庫 (1970/01/01) 新潮社
      実在の人物・事件を扱った迫真の作品です。

    恍惚の人 新潮文庫 (1972/05/01) 新潮社
      実在の人物が主人公ではありませんが、年々深刻化する
      社会問題を提示しています。

    和宮様御留 講談社文庫 (1981/07/01) 講談社
      虚実入り乱れていますが、史実をベースに時代背景が
      良く描かれていると思います。
      
    他に、意外と思われるかもしれませんが、林真理子さんにも何作かこのような傾向の著作があります。
    エッセイのマリコ節とはまったく異なった、社会派です。(以前雑誌で読んだのですが、林氏本人は本当はこういう作品をもっと書きたいのだけれど、膨大な資料と取っ組む必要があるので、結果的に数年に一冊になってしまう、とのことでした)

    白蓮れんれん 中公文庫 (1998/10/01) 中央公論社
      大正時代の実在の事件をベースに しています。
      社会派っていうと、ちょっと?ですが、きちんとした取材の跡を感じます。

    ミカドの淑女(おんな) 新潮文庫 (1993/07/01) 新潮社
      明治の宮廷・政治・風俗のドロドロぶりが描かれています。

    ご参考まで。
    私も一時期この手の本にハマッたことがあるので、思い返してみました。

    tingさんの出されているご条件を満たすもので、パッと頭に浮かんだのは
    有吉佐和子さんの作品です。

    華岡青洲の妻 新潮文庫 (1970/01/01) 新潮社
      実在の人物・事件を扱った迫真の作品です。

    恍惚の人 新潮文庫 (1972/05/01) 新潮社
      実在の人物が主人公ではありませんが、年々深刻化する
      社会問題を提示しています。

    ... 続きを読む
  • 15位

    (お詫び付き) 山崎豊子とフレデリックフォーサイス

    (先日はお礼欄にまずいことを打ってしまいすいませんでした) 極めて本を読まない人の素朴な疑問です。 山崎豊子の華麗なる一族、を読みました。 ほとんど同じ文を使いまわした人物・背景説明がところどころ繰り返し現れることにちょっと白けました。 冗長にならないような工夫が行き届かなかったのかと感じました。 (具体的にどことどこ、というのは印刷物1800ページの...

    A
    ベストアンサー
    推測ですが…。
    元々この小説は週刊新潮に長期連載されたものです。
    2年半に渡っての連載ですから、途中で初期の説明などを忘れてしまう読者もたくさんいると思われます。そのために似たような説明文が繰り返し挿入されているのではないでしょうか。
    フォーサイスのように細かく計算されたものを一冊書き下ろしで刊行するのとは事情が違うのかもしれません。
  • 16位

    山崎豊子さんのような小説家・・・

    今友人に勧められて、「沈まぬ太陽」を読んでいます。 正直あんな分厚い本5冊なのに、おもいっきりはまってしまっています。 作者の山崎さんはかなり高齢なようですが、山崎さんのように企業の内幕を入念な取材をもとにここまで書ける人って、いま他にいるのでしょうか? そういう作家、本をご存知の方、おしえてください。 山崎さんのあと、こういう本が世に出なくな...

    A
    ベストアンサー
     企業の内幕や社会問題を取り上げている作家は少なくはないですが、山崎豊子さんのような文章力・表現力の方は残念ながら、少ないですね。
     あえて挙げるならば、
    1.帚木蓬生(是非読んでみてください)
      医療を中心とした小説が多いですが、難しさはなく、
      展開といい、内容といい、抜群です。
      「賞の棺」「閉鎖病棟」「逃亡」「白い夏の墓標」
      「ヒトラーの防具」など
    あとは
    2.高杉良(企業を扱った経済小説が主)
      「金融腐敗列島」「呪縛」など
    3.高村薫(ちょっと趣旨が違いますが、
      取材に裏付けされた小説としてはオススメ)
      「地を這う虫」「神の火」「リヴィエラを撃て」
      「マークスの山」など

    私も山崎さんの大ファンで全編読破しました。
    すべての小説が甲乙つけがたい素晴らしい作品群ですね。
     企業の内幕や社会問題を取り上げている作家は少なくはないですが、山崎豊子さんのような文章力・表現力の方は残念ながら、少ないですね。
     あえて挙げるならば、
    1.帚木蓬生(是非読んでみてください)
      医療を中心とした小説が多いですが、難しさはなく、
      展開といい、内容といい、抜群です。
      「賞の棺」「閉鎖病棟」「逃亡」「白い夏の墓標」
      「ヒトラーの防具」など
    あとは
    2.高杉良(企業を... 続きを読む
  • 17位

    山崎豊子の『不毛地帯』のストーリー

    以前に読んだのですがストーリーを忘れてしまいました。 飛行機会社に関する贈収賄にような話だったと思うのですが、ストーリーと結末教えて下さい。 お願いします。

    A
    ベストアンサー
     総合商社を舞台とした小説ですよね。元は、糸関係の商社に戦後シベリアに抑留されて戻ってきた主人公が入社し、あまり気が乗らないながらも出世していき自動車会社を合併させたり総合商社らしい仕事をして大会社になりつつも最後は大赤字をだした社長を引退させ、自らも引退するといった話だったと思います。たしか、実在する商社、モデルとなった人物もいたらしいのですが、それは忘れてしまいました、ごめんなさい。
  • 18位

    山崎豊子さんの『大地の子』

    『大地の子』が発刊されたのはいつだかご存知の方は教えて下さい。

    A
    ベストアンサー
    私の持っている「大地の子」の初版の日付は下記のようになっています。
    「大地の子 上」が1991年1月10日。
    「大地の子 中」が1991年3月1日。
    「大地の子 下」が1991年4月15日。
    また、1994年に文庫本になっています。
  • 19位

    山崎豊子「沈まぬ太陽」

    「沈まぬ太陽」の御巣鷹山編を買いましたが、 最初のアフリカ編から物語が始まっているのですか?

    A
    ベストアンサー
    私も御巣鷹山編しか読みませんでしたが物語はいちおう続いているようです。

    確かに読んでいると登場人物のことなど分かりにくい部分もありましたが、物語全体よりむしろ御巣鷹の事故の方に関心があったので特別気になりませんでした。もし登場人物などに興味があるのでしたら最初から読んでみるといいですよ。いちおう主人公は実在の人物ですから。

    ただ、あくまでこの本は“小説”なので実際とはかなり異なる部分があるみたいです。そういうこともふまえて読むといいでしょう。以下の参考URLもよかったら見てみるとよいですよ。

    参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%88%E3%81%BE%E3%81%AC%E5%A4%AA%E9%99%BD
    私も御巣鷹山編しか読みませんでしたが物語はいちおう続いているようです。

    確かに読んでいると登場人物のことなど分かりにくい部分もありましたが、物語全体よりむしろ御巣鷹の事故の方に関心があったので特別気になりませんでした。もし登場人物などに興味があるのでしたら最初から読んでみるといいですよ。いちおう主人公は実在の人物ですから。

    ただ、あくまでこの本は“小説”なので実際とはかなり異なる部分があるみ... 続きを読む
  • 20位

    社会派ドラマ

    山崎豊子さんの『白い巨塔』や『華麗なる一族』を見ました。 大変、面白かったです。 山崎豊子さんの作品でドラマ化されているものは他にないでしょうか? また上記の様な社会派ドラマ?は他にご存じないですか?

    A
    ベストアンサー
    山崎豊子さん原作ドラマでは、「大地の子」がNHKでドラマ化されています。
    http://www.amazon.co.jp/dp/B00006AGIT

    他の社会派ドラマでは、「ハゲタカ」が好きでした。
    http://www.amazon.co.jp/dp/B000M32ZPS
←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 22 次の結果→