【投資 リスク】の人気Q&Aランキング

1~20件(全1,000件)

  • 1位

    投資リスクに関する疑問

    山崎元氏の「投資バカにつける薬」という本を読んでいて、どうしても意味が分からない文章が出てきました。 以下、本文の抜粋です。 「例えば株式を100万円買うのと、米ドルの外貨預金に1000万円相当分を預けるのとでは、考えられる最大の損失はどちらが大きいでしょうか。 これは、圧倒的に外貨預金の方でしょう。 株式1銘柄への投資リスクは、東証1部上場の時価総額...

    A
    ベストアンサー
    株式の収益率の1標準偏差が30%で2標準偏差は30%×2=60%でおよそ95%の場合がこの範囲に入るということです。まあ一年で60%動くことまで予想しておけば十中八九その中に入るというのはある意味当然ですね。今年はじめまでの一年間の株価の動きはほぼこの上限を記録いました。下がるときも逆に起こりえるということです。
    同様に為替の場合の2標準偏差は10%×2=20%です。

    課題は
    「例えば株式を100万円買うのと、米ドルの外貨預金に1000万円相当分を預けるのとでは、考えられる最大の損失はどちらが大きいでしょうか。」ですね。

    (1)株式100万円での2標準偏差は
       100万円×60%=60万円
    (2)為替1000万円(上記株式の額100万円でなく)での2標準偏差は
       1000万円×20%=200万円
    (3)株式300万円での2標準偏差は
       300万円×60%=180万円

    よって(2)200万円と(3)180万円はほとんど同じということです。
    それで「外貨預金1000万円のリスクは、株式1銘柄に約300万円投資するリスクといい勝負ということです。」という説明になります。

    株の十倍為替に投資すれば、そのときの一年間に損する金額の最大値はともに同じくらいという意味です。もともと投資額が違うことを前提に比較しているところが味噌です。株式と為替のリスクの大きさ比較を実感するためにはひとつの方法でしょう。
    株式の収益率の1標準偏差が30%で2標準偏差は30%×2=60%でおよそ95%の場合がこの範囲に入るということです。まあ一年で60%動くことまで予想しておけば十中八九その中に入るというのはある意味当然ですね。今年はじめまでの一年間の株価の動きはほぼこの上限を記録いました。下がるときも逆に起こりえるということです。
    同様に為替の場合の2標準偏差は10%×2=20%です。

    課題は
    「例えば株式を100万円買うのと... 続きを読む
  • 2位

    ポートフォーリオ分離定理、4つの損得パターン、投資リスク

    すいません。 (1)ポートフォーリオ分離定理とはなんですか? (2)オプション売買における基本的な4つの損益パターンとは? (3)カバードワラントを売買する際の投資リスクとは? 教えてください。 お願いします。

    A
    ベストアンサー
    >(1)ポートフォーリオ分離定理とはなんですか?
    http://plaza11.mbn.or.jp/~tadamasa2/3syou.htm
    分離定理はトービン以外にフィッシャー以外にも唱えています。関係あるのはトービンの方だと思います。きちんと書いてあるものを探しましたがNET上には無いようです。書物で探した方が良さそうですよ(証券分析の本)

    >(2)オプション売買における基本的な4つの損益パターンとは?
    http://village.infoweb.ne.jp/~fwin8680/jiji19990109.htm
    コールオプションの買い
    コールオプションの売り
    プットオプションの買い
    プットオプションの売り
    の4種類

    >(3)カバードワラントを売買する際の投資リスクとは?
    1.権利公使に有効期限が設けられており、期限満了と共にカバーワラントの価値はゼロとなる(単純な株式の購入の場合は会社が存続する限り、価値ゼロにはならない)
    2.カバーワラントにはレバレッジ(てこ)効果がある。カバーワラントの想定元本と同数量の株式が同じ価格変動性(ワラントは一方方向だけですが)ですが、カバーワラントの価格は想定元本よりも小さい価格のため、株式の購入と同金額でワラントに投資した場合は、より大きな価格変動性を含む
    3.1と同じようなことであるが、仮に株価が全く動かなかった場合にはカバーワラントは投資資金(支払プレミアム)分が丸損となります。このことを低ボラテリティ(低価格変動性)リスクと呼びます。カバーワラントの価格は過去の株価の価格変動性を参考に決められますが、過去の水準を大きく下回る価格変動性となった場合に損失が発生するということです。


    それぞれ簡単に記載しましたが、このようなことです。
    >(1)ポートフォーリオ分離定理とはなんですか?
    http://plaza11.mbn.or.jp/~tadamasa2/3syou.htm
    分離定理はトービン以外にフィッシャー以外にも唱えています。関係あるのはトービンの方だと思います。きちんと書いてあるものを探しましたがNET上には無いようです。書物で探した方が良さそうですよ(証券分析の本)

    >(2)オプション売買における基本的な4つの損益パターンとは?
    http://village.infoweb.ne.jp/~fwin8... 続きを読む
  • 3位

    リスク分散投資についてお尋ねします。

    リスク分散投資についてお尋ねします。 作今、政府の巨額の財政赤字が問題になってますが、全然解消する道筋さえもたってません。 ギリシャの次は日本と言われたりで。 ただ何もなければしばらく大丈夫でしょうが大地震で大損害がでれば金融危機もありうると思います。 ハイパーインフレ等も考えられますし、リスク回避のため資産の分散投資を考えております。 現在...

    A
    ベストアンサー
    >金の場合は現物で長期で持つ
    それで、良いと思います。
    当方は、金のバーで貸金庫に保管しています。
    加えて、「純金積み立て」もしています。金もある意味「ドル建ての商品」の一部ですから。時間分散も必要です。
    >「外貨預金」
    なんとも言えません、短期の為替動向は当方も読みきれません。
    あえて言うなら「現時点では円でホールド」でしょうか。。。。

    参考URL:http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/d-gold.php
  • 4位

    初心向けの低リスクオススメ投資は?

    30代男性(独身)です。 久しぶりに大学の同期と飲み会をしたら、 みんな株だ、FXだ、金だ、、、と投資をしている様子。 自分は投資に疎いので、よくわからず、全く手を出してないのですが、少しくらいやってみたいなと思ってます。 そこで、低リスクで初心者にもオススメな投資があれば教えて欲しいです。 10万円から30万円の手頃な感じが嬉しいです。 アドバイス待って...

    A
    ベストアンサー
    家庭を持ってる31歳です。
    色々やりましたがマンション投資で定着してます。
    儲かる儲からないでやるなら好きな会社の株を買って配当金をもらう。
    スターバックスならコーヒー無料券5枚とか。種類問わず。
    最近流行っている仮想空間やリップルには手をださないでください。お金を捨てます。
    仮想空間でテナントで家賃収入とかです。危険です。
    株かマンション投資です。
    株ならマネックスあたり。マンション投資ならシノケンハーモニーあたりを。
    家庭を持ってる31歳です。
    色々やりましたがマンション投資で定着してます。
    儲かる儲からないでやるなら好きな会社の株を買って配当金をもらう。
    スターバックスならコーヒー無料券5枚とか。種類問わず。
    最近流行っている仮想空間やリップルには手をださないでください。お金を捨てます。
    仮想空間でテナントで家賃収入とかです。危険です。
    株かマンション投資です。
    株ならマネックスあたり。マンション投資ならシノ... 続きを読む
  • 5位

    長期投資リスクマネージメント

    最近私は、さわかみファンドとトヨタGファンドを定期積み立てにして長投資に望もうかと思っています。 そこで質問があります。 このファンド共に国内の株式に投資しているわけですよねぇ。 もし許容リスクを超えるような値下がりがあった場合どのようなリスクヘッジが望ましいのでしょうか。 私としては日経225ミニを空売りして値下がり分を補填するのがベストなんじゃな...

  • 6位

    投資へのリスクヘッジ

    借入金を元手に、投資1500万円で期待額が3225万円ある個人(資産・担保・保証・収入なし)が発案した某ビジネスへ投資を検討しております。 とはいえ、某ビジネスの成功率が2割しかないため、失敗されてしまうと金融機関に弁済できずに訴えられてしまいます。 それらを考慮しますと、何かしらのリスクヘッジを設けたいと思います。 最適なリスクヘッジを御教授、頂ければ幸...

  • 7位

    株式投資でのリスク管理の方法

    去年の中国ショックや年初からの暴落のような状況で、巻き込まれないようにするためには、どのようにすればいいのでしょうか? 損切りの仕方や、全力で逃げる場合の状況判断、普段から心がけたり注意しておくことなど、リスク管理の方法を教えてください。

    A
    ベストアンサー
    「全力で逃げないといけないという状況判断」というのは、個々それぞれで基準は違うでしょう。
    資産全体について、これ以上の下落は絶対避けなければいけないようなことになれば、
    それは全力で逃げざるを得ません。
    ただ、ベストのタイミングでの判断など、普通はできませんし、できてもたまたまで、何度もそういうベストタイミング
    での売買判断ができることはありません。
    つまり、自分がどう考えるか、どうするのか、そこを明確にしておくしかありません。
    「全力で逃げないといけないという状況判断」というのは、個々それぞれで基準は違うでしょう。
    資産全体について、これ以上の下落は絶対避けなければいけないようなことになれば、
    それは全力で逃げざるを得ません。
    ただ、ベストのタイミングでの判断など、普通はできませんし、できてもたまたまで、何度もそういうベストタイミング
    での売買判断ができることはありません。
    つまり、自分がどう考えるか、どうするのか、そこを... 続きを読む
  • 8位

    投資リスクとリターン

    これまで株を使った投資について「どうせギャンブル。 よっぽどの知識と先見性を持った人でないとうまくいかない。 ましてやサイドビジネスで成功するなんて無理」と思っていたのですが、テレビを見ていたらある中学生が親の助言を受けながら投資をしたら8万円が100万円になったという話をしていました。 なんでも親は投資知識がかなり豊富で投資のみで生活費を捻出して...

    A
    ベストアンサー
    デイトレードなら可能性は大です

    兎に角日計りで毎日増やす

    変動の激しい銘柄を選択する

    先物が良い

    私は30万円を1ヶ月弱で100万にしました
  • 9位

    長期投資は本当にリスクが小さい?

    長期投資リスクが小さいと言って5〜10年の長期を目安にして日本株に投資しているファンドがありますが、長期だと本当にリスクが小さくなるのでしょうか? このファンドは最近、含み損銘柄がどんどん増えているようですが、構わずに製造業を中心にナンピンを重ねているようです。 よい銘柄を選択すれば必ず長期には実るという考えですが、そもそも住宅ローンなども 10年...

    A
    ベストアンサー
    1. 5~10年は日本株式投資の期間としては長期とは言えない。

    過去十数年の日本株式のリターンはマイナスですが、
    過去30年間で通算すればリターンは十分に大きいです。
    日本株式投資で十分に安全に十分な利益を得たければ
    30年投資を目指さなければいけないと私は考えています。
    日本株式への投資はかなり危険なので要注意です。

    2. 長期固定金利の住宅ローンが銀行にとって危険な理由

    長期固定金利の住宅ローンの利率は変動金利と比較するとかなり高くなっています。
    その理由は長期固定金利のローンはお金を貸す側が大きなリスクを負うからです。
    たとえば2%の金利で長期的にお金を貸したとき、
    もしもお金を貸している期間の平均的なインフレ率が
    日本以外の先進国では平均的な3%程度になってしまうと、
    実質金利がマイナスになってしまい、
    お金を貸す側が損をしてしまうことになります。

    しかしこの話と長期投資の危険性の話はまったく関係ありません。
    なぜならインフレが起こると売上の金額も増えるので
    それにしたがって株価も上昇することになるからです。

    3. ほとんど分散せずに個別銘柄投資による長期投資をすることは危険

    最悪の場合、個別銘柄株式は企業が潰れるというリスクがあるからです。
    長期的に保有すればするほどその途中で「潰れる」という可能性が
    増えてしまうわけです。

    しかし、多くの銘柄に分散投資しておけば、その一部の企業が長期投資の
    途中でたとえ潰れたとしても、残りの大部分の銘柄の株価が上昇して、
    全体ではプラスのリターンが得られる可能性が高くなります。

    4. 世界経済は拡大し続ける

    世界の人々が生産物をすべて消費することなく、
    設備投資などの資本増強に努め、技術革新が続く限り、
    世界経済は拡大し続けることになります。
    日本だけだと不安を持つ人がいるかもしれませんが、
    世界全体であれば経済が長期的には成長することはほぼ確実でしょう。

    ただし、世界分散投資しておいても100%株式のポートフォリオだと
    一時的に投資金額の半分程度まで含み損が拡大することを
    覚悟しておかなければいけないようです。
    そういう危険性はありますが、30年投資であればほぼ確実に
    大きな利益を得られると予想できます。
    5~10年の短期の投資だとかなり危ないし、
    20~30%程度の含み損程度でガタガタ言うような人には
    絶対に無理な投資法だと思います。

    やはり定跡通り、ポートフォリオのリスクを下げるために、
    株式だけではなく、債券にも投資しておくべきだと私は思います。

    5. 世界各国の株価指数の比較チャート

    http://finance.yahoo.com/charts#chart2:symbol=%5Egspc;range=19880128,20080128;compare=%5En225+%5Eftse+%5Efchi+%5Egdaxi+%5Ehsi;charttype=line;crosshair=on;logscale=on;source=undefined
    GSPC=米国、N225=日本(日経平均)、FTSE=イギリス、FCHI=フランス、GDAXI=ドイツ、HSI=中国
    ここ20年では日本以外の国の株価指数は右肩上がりの傾向を示しています。
    一時的に大きく下落する場面もありますが、日本を除けば長期投資で大きな利益を得られそうです。

    過去20年で日本株式の成績はかなりひどいです。
    しかし、期間を37年に広げた次のリンク先も見て下さい。
    http://www.shinseibank.com/unyo_info/tool/allocation/index.html
    1969年12月から2006年12月までの37年間で比較すると
    国内株式と外国株式への投資で得られる利益はほぼ同じになっています。

    このように少なくとも過去のデータでは
    多くの銘柄に分散して十分な長期で投資すれば
    ほぼ確実に大きな利益を得られそうなことがわかります。

    6. さわかみファンドについて

    さわかみファンドは長期投資という合理的な投資法を広めたという点において
    社会的に大きな貢献をしていると思います。

    しかし、個人的にはさわかみファンドを長期投資に使うことはおすすめできません。
    その理由を以下で説明します。

    まず、一時的にさわかみファンドがTOPIXより良い成績を出していますが、
    果たしてこれから30年間同じような好成績を出し続けることができるか
    かなり疑問だからです。

    次にコストの問題。
    ETF 1306 に投資すれば信託報酬は0.1%程度ですみます。
    さわかみファンドはその10倍の信託報酬を要求するだけではなく、
    その他こまごまとしたコストがかかります。
    コスト面では ETF の方が圧倒的に有利です。
    インデックスファンドでもさわかみファンドより信託報酬が
    低いものがたくさんあります。

    しかも去年のナンピンの仕方もかなり下手糞だと思いました。
    サブプライムローン問題の根がどれだけ深いかを見極める前に
    一時的に下がったときにどんどん買ってしまい、
    その後のさらなる下落時にはキャッシュが尽きてしまっていました。
    さわかみファンドの保有者の中にはあまりにも下手糞なナンピンに
    激怒している人もいるのではないでしょうか?

    なによりも怖いのは、さわかみファンドが大金を預かっているファンドで
    は考えられないような振る舞いをしていることです。

    (1) ファンドマネージャーを世襲させた。この件については次のリンク先を見て下さい。
    http://d.hatena.ne.jp/zoe1/20070112
    私はファンドマネージャーを世襲させてしまうようなファンドに
    自分の大事なお金を預けることは論外だと思います。
    努力して実力を身に付けた優れた息子に後を継がせるのであれば良いのですが、
    そういう感じではないようです。

    (2) 2006年3月に30日に金融庁から行政処分を受けている。
    http://www.sawakami.co.jp/html/if20060330.html

    他にも不安要因があり、30年の長期投資に使える投信だとは思えません。
    以上は個人的な意見であり、さわかみファンは不快に感じるかもしれません。
    1. 5~10年は日本株式投資の期間としては長期とは言えない。

    過去十数年の日本株式のリターンはマイナスですが、
    過去30年間で通算すればリターンは十分に大きいです。
    日本株式投資で十分に安全に十分な利益を得たければ
    30年投資を目指さなければいけないと私は考えています。
    日本株式への投資はかなり危険なので要注意です。

    2. 長期固定金利の住宅ローンが銀行にとって危険な理由

    長期固定金利の住宅ローンの... 続きを読む
  • 10位

    投資信託のリスク

    しばらく使わないお金があり、投資信託のことをよく理解しないまま、1週間ほどまえに三井住友-グローバル好配当株式オープン(世界の豆の木) を200万円分購入しました。 買い付け手数料が無料でしたし、定期預金に預けるよりも利回りは良いだろうと考えていました。 リスクがある事は気になりましたが、基準価格が下がったらすぐに売却すればそれほど損もしないだろうと考...

    A
    ベストアンサー
    株式投信は大きなリスクがあると同時に(それゆえに)高いリターンが期待できます。

    naokazu123さんが、リスクが少ない、定期預金に代わるものとして株式投信をお考えだったとしたらそれは大きな間違いですから、リスク許容度に応じて投資方針を修正してください。

    もし、200万円の資金が、使い道や使う時期が近い(はっきりしている)資金でしたら、それはリスクをとってはいけない資金です。今すぐ解約されることをお勧めします。

    もし、その資金が、余裕資金であり、長期的に資産形成を目的とされている場合は、リスクを覚悟しそのままお持ちになればよいかと思います。株式は下落と上昇を繰り返しながら長期では上昇が期待できる資産クラスです。一時下落したとしても、持ち続ければ再び上昇に転じます。問題はそのタイミングが誰にもわからないところです。必要資金や借金を投入すると、相場の底で売却を迫られ、大損することがあります。しかし、余裕資金ならば持ち続ければよいわけで、その場合、確実とは言わないまでも、かなりの高確率で上昇が期待できます(不定の時間規模において)。

    もし、この中間なら、使用予定のある金額分を解約して、定期預金や個人向け国債(変動)に預け、残りを保有継続されれば良いかと思います。

    これらの決定を行う前に、元本からの目減り(や収益)を気にしてはいけません。忘れてしまうことです。あなたの投資行動の結果は、株や為替の未来になんの影響も及ぼさないからです。

    為替や株式の動きなど誰にもわかりません。投資の核心は、わからないものを推測して、それに賭けたり祈ったりすることではありません。その変動に耐えられるか否かです(リスク許容度)。リスク許容度の大小が決まれば収益を最大にする投資対象や戦略は自ずと(ほぼ一意的に)決まります。
    株式投信は大きなリスクがあると同時に(それゆえに)高いリターンが期待できます。

    naokazu123さんが、リスクが少ない、定期預金に代わるものとして株式投信をお考えだったとしたらそれは大きな間違いですから、リスク許容度に応じて投資方針を修正してください。

    もし、200万円の資金が、使い道や使う時期が近い(はっきりしている)資金でしたら、それはリスクをとってはいけない資金です。今すぐ解約されることを... 続きを読む
  • 11位

    投資信託のリスク

    知人がリートというのを勧めてきます きっと投資信託のことだと思います 年利が今日だと18%もつくと言ってました 私は投資信託自体ほぼ知りません 無知です ちょろっとサイトを見たら平均年利6〜8%と書いてありました これってアメリカで揃って皆大損したやつですよね? 日本ではまだ大丈夫なんですか? いつかこけると見てて良いのでしょうか? 知人にはなんと言ったら良...

    A
    ベストアンサー
    他の方が詳しく書いてくれてるので、ここではポイントだけ。

    本当のリートは、単位が大きくて個人には手を出し難いので、投資信託のことだと思います。
    投資信託については元本が保証でないため、「年利」あるいは「利回り」という考え方をしませんが、敢えて投資額に対して、分配金の割合をはじくと、おっしゃるとおり、18%くらいになります。

    リーマンみたいなことがなければ、それほど大損するものではないですが、儲かっているうちに確定(売却)することも大事だと思います。
    他の方が詳しく書いてくれてるので、ここではポイントだけ。

    本当のリートは、単位が大きくて個人には手を出し難いので、投資信託のことだと思います。
    投資信託については元本が保証でないため、「年利」あるいは「利回り」という考え方をしませんが、敢えて投資額に対して、分配金の割合をはじくと、おっしゃるとおり、18%くらいになります。

    リーマンみたいなことがなければ、それほど大損するものではないですが、儲かっ... 続きを読む
  • 12位

    転換社債投資信託はローリスク・ハイリターン?

    8月4日付けのT新聞に退職後の利殖商品として、次のような紹介がありました。 「安全1番で、株式投資は避けて債券投資をする。 ねらい目の1番は世界の転換社債に投資する投資信託。 過去の平均利回りは約6%で、多少のリスクもある」 とありました。 コラム執筆者は具体的な購入法などに触れていません。 この多少のリスク付き投資信託は具体的にどのようにすれば購入でき...

    A
    ベストアンサー
    投資信託は星の数ほどあれど、世界の転換社債に投資する商品は極めて少ないです。

    モーニングスターの投信検索によれば2本です。
    ・JFグローバルCBオープン95
    ・JFワールドCBオープン
    ともにJPモルガンフレミング社の運用です。

    参考URL見てみてください。
    中段の「投資対象」の「国際ハイブリッド転換社債F」を選択し、検索してみましょう。上の2本が表示されます。
    ファンド詳細画面の右の方(レーティング情報)の右あたりに「販売会社一覧」があります。
    グロCB95の方が販売窓口は多いようですね。

    参考URL:http://www.morningstar.co.jp/fund/sr_query.asp
    投資信託は星の数ほどあれど、世界の転換社債に投資する商品は極めて少ないです。

    モーニングスターの投信検索によれば2本です。
    ・JFグローバルCBオープン95
    ・JFワールドCBオープン
    ともにJPモルガンフレミング社の運用です。

    参考URL見てみてください。
    中段の「投資対象」の「国際ハイブリッド転換社債F」を選択し、検索してみましょう。上の2本が表示されます。
    ファンド詳細画面の右の方(レ... 続きを読む
  • 13位

    【博打と投資の違い】リスクが取れない投資のことを博打と言う。 よって...

    【博打と投資の違い】 リスクが取れない投資のことを博打と言う。 よってパチンコは一概に博打とは言えない。 自由に使えるおこずかいが月2万円の大人が1万円をパチンコに使っても、たとえ負けて0円になってもリスクが自分で取れるのでそれは投資と言える。 しかし、月に1万円しか自由に使えない人が2万円をパチンコに投じるとリスクを補い切れないのでそれを初めて博...

    A
    ベストアンサー
    パチンコはもともと賭博ではありません。 法律では、射的や輪投げと同じく、ゲームの結果を景品に交換できる「遊戯」と定められています。
  • 14位

    投資で最もローリスク、ローリターンな方法を教えてください。

    投資で最もローリスク、ローリターンな方法を教えてください。 株やFX,スワップ、バイナリー、社債、国債など、様々な投資方法がありますが、なるべく大きな痛手を受けず、確実に少しずつでもいいので増やしていけるようなもので、今ある投資方法No.1を決めるとしたら何になりますか? もちろんローリスクでハイリターンなものがあればそちらのほうを教えて下さい。 条件...

    A
    ベストアンサー
    やり方次第では元本割れリスクの可能性の低い方法は有ります。
    まずは日本国債10年物(現在の利回りを年1.3%(税引年1.04%))と仮定します。
    これを45万円分購入します。
    残り5万円をe-Maxis新興国株式インデックスに投資をします。

    10年間に入る税引利息は46800円ですから、10年間投資を続けられれば元本割れリスクは大きく低減できます。
    e-Maxis新興国株式インデックスは信託報酬年0.64%でMSCIエマージング指数に連動させる成果を目指します。
    新興国株式ですからハイリスク・ハイリターンです。
    しかし、新興国株式の投資が50000円→3200円までで有れば元本割れは有りません。
    10年間投資しますから、新興国株式はよりハイリターンを期待できます。

    仮に新興国株式が50000円→100000円になったと仮定すると(税率20%を適用)・・・
    450000+46800+100000-10000=586800(単利ベースで年1.736%)
    新興国株式が50000円→150000円になったと仮定すれば・・・
    450000+46800+150000-20000=626800(単利ベースで年2.536%)
    やり方次第では元本割れリスクの可能性の低い方法は有ります。
    まずは日本国債10年物(現在の利回りを年1.3%(税引年1.04%))と仮定します。
    これを45万円分購入します。
    残り5万円をe-Maxis新興国株式インデックスに投資をします。

    10年間に入る税引利息は46800円ですから、10年間投資を続けられれば元本割れリスクは大きく低減できます。
    e-Maxis新興国株式インデックスは信託報酬年0.64%でMSCIエマージ... 続きを読む
  • 15位

    100万を500万にするローリスクハイリターンな投資はありませんか?

    100万円を500万円に増やしたいのですが、 ローリスクハイリターンの投資か せめて、ミドルリスクハイリターンなものはないでしょうか? やはり、レバレッジ掛けての先物、FXぐらいですかね、、、 買いは家まで 売りは命まで というから、レバレッジ掛けて勝負したら、最悪命まで逝っちゃう可能性すら 出てくんですかね?

    A
    ベストアンサー
    そういう美味い話があれば、みなやっていますからね。美味い話を自分が見つけて水面下でやっていても、そういう美味い話は必ず露呈して広がり、やっぱりみながやるようになります。そういう美味い話が巷にないということは、不法なもの以外は存在しないんですよ。

    100万円を500万円に増やすローリスク・ハイリターンの投資がもしあるとすれば、それは自分に投資して自分(の能力)を磨き上げ、それで稼ぐことです。自分ならリスクの程度とリターンの程度が分かるでしょ。自分に投資するのは危ないと思えば、それ以上に安心な投資先はありません。
    そういう美味い話があれば、みなやっていますからね。美味い話を自分が見つけて水面下でやっていても、そういう美味い話は必ず露呈して広がり、やっぱりみながやるようになります。そういう美味い話が巷にないということは、不法なもの以外は存在しないんですよ。

    100万円を500万円に増やすローリスク・ハイリターンの投資がもしあるとすれば、それは自分に投資して自分(の能力)を磨き上げ、それで稼ぐことです。自分ならリ... 続きを読む
  • 16位

    株の資金が9万円なのですが、早く資金を増やしたいので、リスク覚悟の短...

    株の資金が9万円なのですが、早く資金を増やしたいので、リスク覚悟の短期投資で取引した方が稼げますよね?

    A
    ベストアンサー
    こういうのもありますが、
    その投資の仕方が合う合わないの場合もありますしね。難しい問題です。

    アマゾンの株
    1997年に上場してから20年で株価(株式分割などを考慮)は約500倍に膨らんだ。(日経新聞)
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC31H0B_R30C17A5MM0000/
  • 17位

    一番ハイリスク・リターンの投資はFXだと思うのですが?

    いちばんハイリスク・ハイリターンの投資は FXだと思うのですが如何ですか? 当方、FX暦2年で負け組です、 投資といえば株、FX、先物が思い浮かびますが FXほどハイリスク・ハイリターンは無いと思うのですが、 先物はやったことが無いので分かりませんが、 如何でしょうか? また、他の投資でよく行われるものは何がありますか?

    A
    ベストアンサー
    結局、年利が大きくてドローダウンが小さいシステムが優秀です。
    以下で、sysman228さんが詳しく解説しています。http://okwave.jp/qa4581895.html
    「年利÷最大ドローダウン」が優秀であることが最も重要で、あとはハイリスク・ハイリターンかローリスク・ローリターンかはレバレッジの問題です。

    負けているのであれば、システムトレードがお薦めです。
    下記サイトで、いろんなシステムトレードの登録と成績(フォワードテスト含む)が見られます。第3者が評価しているので信頼できます。

    しかし、基本的にシステム販売は、自分でトレードするよりもシステム販売したほうが儲かるからそうしているだと思って疑ったほうがよいです。特に225先物やFXはカーブフィッティングがひどく、過去の成績をよく見せるだけで販売後はいきなり下降まっしぐらの商材ばかりでうんざりしています。まさに販売目的と言えます。株でよいものがあればと思って探しています。

    また、ロジック非公開での売買シグナル配信などは、フォワードテストが良ければ、それなりに信頼できると思いますが、今のところ上記サイトへの売買シグナルの登録はないようです。あきらめずにチェックしています。
    結局、年利が大きくてドローダウンが小さいシステムが優秀です。
    以下で、sysman228さんが詳しく解説しています。http://okwave.jp/qa4581895.html
    「年利÷最大ドローダウン」が優秀であることが最も重要で、あとはハイリスク・ハイリターンかローリスク・ローリターンかはレバレッジの問題です。

    負けているのであれば、システムトレードがお薦めです。
    下記サイトで、いろんなシステムトレードの登録と成績(フォワード... 続きを読む
  • 18位

    美術品に投資するのはリスクが高いですか。

    先日、友人と会いました。 彼は、以前から陶器や絵画を買い集めるのが趣味でした。 別に、それで儲けようとは思っていないようで、ただ単に好きだから買っているだけだと言っていました。 でも、中には将来有望な作家もいて、その人の作品はいまでは買った値段の倍になっているということでした。 そんな話を聞くと、有望な作家の陶器や絵画を買って、すぐには売らず...

    A
    ベストアンサー
    美術品を投資対象とするのはウルトラハイリスクです。資産家であれば長く取引したいということで美術商もいい商品をそこそこ安く提供する可能性もありますが、ごく一般人が購入するのであれば目利きができないのだからカモられます。キャッチセールのような街中で売っているのは有名は先生(本当は無名)が描いた絵と言って80万から50万程度でローンを組ませて売るのが多いけれども実際に南米で類似品が10万未満くらいで売っています。私は投資も絵画も好きですが、好きでなければ特に美術品はやめた方がいいです。興味があるのであれば購入はせずにまず美術品を観て楽しむことから始めた方がいいです。好きなら段々価値が分るようになるかもしれません。
    美術品を投資対象とするのはウルトラハイリスクです。資産家であれば長く取引したいということで美術商もいい商品をそこそこ安く提供する可能性もありますが、ごく一般人が購入するのであれば目利きができないのだからカモられます。キャッチセールのような街中で売っているのは有名は先生(本当は無名)が描いた絵と言って80万から50万程度でローンを組ませて売るのが多いけれども実際に南米で類似品が10万未満くらいで... 続きを読む
  • 19位

    投資における無リスク資産について

    1年ほど前から投資について勉強しています。 リスク資産と無リスク資産を7:3の割合で考えているのですが、この無リスク資産の考え方がわかりません。 本やブログを読むと「無リスク資産には国債がおすすめ」などと書いてありますが、これは定期預金などでも代用できるものなのでしょうか?

  • 20位

    新興国投資は今でもリスク資産ですか?

    新興国株に投資する投信の購入を考えています。 投資の世界では、新興国はリスク資産だから割合が多すぎると危険、というのが一般常識ですよね? でも最近の動きを見ていると、例えばリーマンショックからいち早く回復したのは新興国でしたよね。 日本や欧米はまだまだなのに、中国やインドはもう元の水準に戻ってる。 政情不安もよく理由にされるけれど、インドのムン...

←前の結果 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 50 次の結果→